秋の日は釣る瓶落とし

この時季の秋霖で迷うことが1つ。降水確率30%、傘どうしようかな。傘持って出掛けると降らないし、持たない時に限って降られたりするもんです。降られたらビニール傘買えばいいやと思うんですが、画一的なビニール傘は所有者がはっきりしないですよね。こんな方のために自分好みにカスタマイズできるシールが発売されたそうです。その名も傘に貼る「カサデコシール」。これをビニール部分に貼っておくと、自分の傘だと一目で分るそうです。そこまでするかな(笑)。
古井戸 秋田               - 写真素材

もう10月9日は二十四節気の寒露の秋です。秋の日は釣る瓶(つるべ)落としといいますけど、あっという間に日が沈んでいきますね。
ご存知のように、釣る瓶とは井戸の水を汲むための桶のことで、深い井戸に投げ入れると一気に落ちていくところから、秋の夕日をこの釣る瓶に例えた言葉ですよね。
秋は日没の時刻が早くなるので、急に暗くなったと感じます。東京の日の入りは、9月1日に18時10分ですが、30日には17時28分と、1ヵ月で42分間も早くなるんだそうです。地域によってもずいぶん違いますが、札幌で52分、那覇で32分と北日本ほど、日没時刻の時間差が顕著なんですね。「釣る瓶落とし」も地域によって速さが違うのでしょうか。紅葉狩りやハイキングで野山を歩くときは、あっという間に日没になりますから、特に注意してくださいね。

また、釣る瓶落としは京都府、岐阜県などで、木の上から落ちて来て人間を襲ったり、人間を食べる妖怪だともいい伝えられています。
大正時代の郷土研究資料によれば、京都府亀岡市では、釣る瓶下ろし(落とし)はカヤの木の上から突然落ちてきてゲラゲラと笑い出し、「夜業すんだか、釣る瓶下ろそか、ぎいぎい」と言って再び木の上に上がっていくそうです。同じく京都の南丹市では、ツタが巻きついた不気味な松の木があり、そこに釣る瓶下ろしが出て、人を食うなどと伝承されてるんだとか。そうかといえば岐阜県久瀬村では、昼でも薄暗いところにある大木の上に釣瓶下ろしがおり、釣る瓶を落として行くのだそうです。おもしろい妖怪伝説が残っているもんです。実際に出逢ったら腰を抜かしてしまうかもしれません(笑)。
とはいえ、伝説は伝説として夢は壊したくないもんですね。

さてさて、釣る瓶落としの伝説はそれまでとして、10月9日(旧暦9月13日)は十三夜ですね。古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習がありますが、旧暦8月15日の十五夜とともに十三夜も美しい月であると重んじていたんですね。
十三夜の月見は、中国から伝わった十五夜より前から行われていた日本独特の風習で、一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したものとも言われています。
十三夜にはお供えとして栗や豆を、神棚などに供えるところから豆名月あるいは栗名月といわれてます。また、中秋の名月の後なので、「後(のち)の月」と言われたり、「小麦の名月」と呼ぶ地方もあるようですね。

皆さんは十五夜をご覧になれましたか。私の所からは観ることが叶いませんでしたが、「十三夜に曇り無し」という言葉もありますように、今度こそは晴れてほしいもんですね。

◇二十四節気 寒露(かんろ)のメモ◇
第17番目の節気。10月9日および霜降(10月24日)の前日まで。
暦便覧:陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也
草花に冷たい露が宿るという意味。秋の長雨が終わり、秋も深まり始める頃。東日本ではもみじの紅葉が始まり、農作物の収穫も行われる。
◆寒露の七十二候は次の通り。
初候(第四十九候)10/9~10/13 鴻雁来(こうがん、きたる)
鴻雁(こうがん、秋に飛来する渡り鳥のがん)が飛来しはじめる時季。
次候(第五十候) 10/14~10/18菊花開(きくのはな、ひらく)
菊の花が咲きはじめる時季。
末候(第五十一候)10/19~10/23蟋蟀在戸(きりぎりす、とにあり)
蟋蟀(しつしゅつ・きりぎりす)が戸にあって鳴く時季。
京都二十四節気
京都には二十四節気のいろいろな表情を見せてくれます

参考サイト:WikipediaこよみのページNPO PTPL暮らしのミニ知識goo天気
写真提供:(c) 政宗画像素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

> 釣る瓶とは井戸の水を汲むための桶のこと
φ(・_・”)メモメモ
いつも勉強なります。
釣るベー(o^-')b_o/━━━━>゚)))≫彡 ~ ~ ~ (笑い)
  • |2011.10.05(Wed)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

秋の日は本当に落ちるのが早いですね。
あっという間に宵闇がせまって来てなんだかわびしいような、忙しいような・・・変なん気持ちになりますね。
やがて今年も暮れてゆくわけですね・・・

十三夜。
なんだか私は昔からお月見というと十月のイメージが強いんですね。
なんででしょうか???
十五夜も見たので十三夜もしっかり見たいものです!
そして月に日本の安定と安泰を祈りましょう。

今日の東京は一日大雨でした、そして寒い!
matsuyamaさん、どうぞ御身大切になさってくださいませ。
  • |2011.10.05(Wed)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ホント、日暮れが早くなりましたよね。
退勤時間定時あたりでもすでに暗くて、
自宅に着く頃はもう真っ暗です。

いよいよ秋キャンにもいい季節になってきました(^。^)
  • |2011.10.06(Thu)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます
いつもどうもありがとうございます♪
 
困ったときのビニール傘ですが
自分は油性のマジックで柄の部分に名前書いて
上からセロテープ張ってます、簡易ですがこれで
区別するように(笑)
職場に2本置いてありますが
途中で降られると買っちゃいますね(苦笑)

釣瓶落とし・・・
深く考えたこともなかったのですが
そういう意味なんですね
勉強になりました

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.10.06(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

カサデコシール、考えるものですね。
でもビニール傘より値段が高かったりすると、
何を買ったのか分からなくなってしまいますね。
秋の日は釣る瓶落とし、
黄昏世代としては複雑な心境になってしまいますです。

  • |2011.10.06(Thu)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:釣るベーさんへ☆彡

アハハ、釣るベーさんのことを意識して書いてましたよ。
写真の釣る瓶井戸も探すのに苦労しました。最近じゃこのような
釣る瓶のついた井戸も少なくなりましたからね。

昔、子供の頃には近所に釣る瓶井戸があって、そこに毎日水を
汲みに行ってました。バケツにいっぱい汲んで持ち運ぶのは子供
には重労働でした。年1回利用する近所の皆さんが集まって井戸
掃除をしたもんです。底にはヤマメが泳いでいて、それを大事に
新しくなった井戸に移し替えていましたね。
今はその井戸も使われていませんが、懐かしい思い出です。

  • |2011.10.06(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

釣る瓶落としとはよく言ったもんですね。
夜が長くなると物思いに耽ったり、人肌恋しい季節になりますか
ら感傷的になってしまいます。

そこに持ってきて今月は十三夜。美しい栗名月を鑑賞しながら、
時の移ろいを実感する。なんだかな~という感じですけどね。
澄んだ夜空に光輝く満月は人の心をも奪ってしまうんでしょうね。
中秋の名月は拝むことも叶いませんでしたが、十三夜はぜひ鑑賞
してみたいもんです。日本の行く末を祈りながら。

お気遣いありがとうございます。見張り員さんも御身大切に。

  • |2011.10.06(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

もうこちらの5時過ぎは薄暗くなります。
時の移ろいを感じますね。
確実に秋も深まっているということなんでしょうね。

大自然と共に過ごすキャンプは、変わりゆく日々を肌に感じるで
しょうね。
差し迫る夜の早さ、更けゆく満天の星空、浸みいる虫の鳴き声。
そして自然の懐に飛び込んで戯れる。
なんか自然と一体化しているように感じませんか。

  • |2011.10.06(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

安くて重宝するビニール傘ですが、誰かに間違って持っていかれ
ると無性に腹が立ちますよね。高価な傘と違って諦めもつくんで
すが。
管理のしっかりされた方だとネームテープを貼っておきますよね。
自分も会社に2,3本置き傘してましたが、いつの間にか無くなっ
ているんですよ。
釣る瓶井戸ってあまり見かけなくなりましたよね。手押しポンプ
で汲みあげる井戸はたまに見かけますけど。

  • |2011.10.06(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

カサデコシールもいいアイデアだとは思うんですが、ちょっと
値段がね。もしかしてビニール傘より高かったりすることもある
んじゃないですかね。
そのうち利用者に浸透して生産コストが下がれば、お手軽に入手
できるようになるんでしょうけどね。

秋の日は釣る瓶落としのごとくとは言いますけど、まさに団塊の
世代にとっては黄昏時ですよね。
茶々さんも黄昏世代なんですか。まだお若いとお見受けしてるん
ですけど。

  • |2011.10.06(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

日が暮れるの早くなってきました
うちにも井戸あります が流石に時代です
電動ポンプです  でも以前私がこどもの頃は
手押しポンプでした よく遊んでました もっと大昔は
釣る瓶落とし だったのかも?
透明ビニール傘に カッティングシートを加工して
貼ってます  オリジナル ハンドメイド
私10年以上前から やってました 
真似されたかな?
  • |2011.10.06(Thu)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

そうですね、午後五時を回るともう、暗くなってきますね~

傘ですか?
うち、何も無いのに傘が沢山有ります。
引っ越し前に整理しないといけないのですが
捨てるのももったいないし・・・
  • |2011.10.06(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

釣瓶落としに引き込まれて、日本の政治家たちも一度頭を存分に冷やしてもらいたいものです。
日本の侘び寂びを最も感じることが出来る今時分から冬至までが一番好きな季節です。春の芽生えと対照的な世界に心の底から無常を感じたりして。
二十四節気もだんだんと数が少なくなってきましたね。一年の過ぎるのが早いことったら。
  • |2011.10.06(Thu)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは☆

>自分の傘だと一目で分るそうです。そこまでするかな(笑)

私の傘には、うちの店名シールを貼ってありますww

本当に暗くなるのが早くなりましたね。

あの地震以来、節電のため照明をかなり落としていたのですが、ここにきて少しばかり復活させざるを得ませんでした。

春~夏の17時といまの17時とでは店頭の明るさが全然違っています^^;;

つけた照明の分、どこかで節電を考えなきゃ^^;;
  • |2011.10.06(Thu)
  • |三代目
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

「秋の日は釣る瓶落とし」
ほんと、気付くと外は真っ暗ですね。
会社の終業の18時はちょっと前までは明るかったのに今は暗くなりましたね。
室内作業なので、お日様を1日見ないなんて事もあります(笑)

10月は夜釣りをしながら月を眺めるはずなのに、なんだかバタバタしていて釣りに行けないのです(涙)
  • |2011.10.07(Fri)
  • |青ち
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

電動ポンプ式の井戸ですか。時代は変わったんですね。
手押しポンプ式の井戸は小学校の校庭にありましたね。
授業が終わって掃除の時はその井戸から水を汲んでたり、
給食のおばさんが利用してましたね。
釣る瓶式の井戸は近所にありました。近所の人たちが自由に
使ってたので、子供たちも釣る瓶に水を汲んでそのまま飲んで
たこともありましたよ。

ビニール傘もオリジナルハンドメイドですか。得意分野ですもん
ね。10年以上前からだったら特許を取っておけば良かったですね。

  • |2011.10.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

お気に入りの傘をいっぱいお持ちなんでしょうけど、知らず知らず
のうちに溜まるんですよね。逆に無くすることもよくあります。
特に飲んで帰る時、電車の中に置き忘れるとか。
1度気にいった傘を忘れて、東京駅まで探しに行ったことがありま
す。東京駅の忘れものコーナーには所狭しといっぱいの傘が集まっ
てました。あの中から自分の傘を探し出すのは至難の業です。
名前が書いてあれば見つけやすいんでしょうけどね。

ご自分の家にいっぱいあるかもしれませんけど、お気に入りの傘は
取っておいた方がいいですよ。いつ必要になるか分りませんから。

  • |2011.10.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

二十四節気も17番目になってしまいました。残るは数えるぐらいし
か無くなりました。巡りめく日本の美しい四季ですね。
これからはどんどん色深く鮮やかさが甦ってきます。
木々の青さは湧き出ずる濃紅さへ。心が躍り、気持ちが弾みます。
幽玄の世界では侘び寂びの美が露出されてきます。
ある神社の神主さんが言うには、幽玄とはモノの形が決まる前「誕
生の待つ瞬間の美」を指すんだそうです。能の子役が面をつけず素
顔のまま演じるのは、子供が人として完成する前の誕生の美をもっ
ているからで、最高の美である。時間とともにその美しさは失なわ
れ、その時変化する経過の美しさに「侘び」を感じるんだそうです。
なかなか含蓄のあるお話ですね。

  • |2011.10.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 三代目さんへ☆彡

そうですね。サービス業のお店などでは、名入れ傘を用意して
ありますよね。それもサービスの一環ですから。

日の落ちるのが一段とスピードアップして、早めの点灯が余儀なく
されてます。これからは点灯に加え、暖房も必要となってきます。
ますます電気の消費量が増えてくるんでしょうね。
電力会社は原発に代わる早めの電力需要量を確保してもらわなけれ
ば。いつまでも一般の方々の節電にばかり頼ってもおれないでしょ
う。もっとも今回のような機会があったからこそ、節電の意識が
高まったんでしょうけどね。

  • |2011.10.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 青ちさんへ☆彡

室内業務だとなかなか日の入りを気づかないことがありますよね。
今では5時過ぎには薄暗くなってるんですよ(笑)。

日が沈むのも分らずに夢中で仕事に没頭していることはいい事で
すよ。それだけ納期を忠実に守っておられるのでしょうから。

夜釣りもいいですね。10月9日は十三夜ですから、足元は明るいで
しょうね。その前後辺りに仕事を定時に終わらせ、お魚さんの待
ちわびる釣場に急ぎましょう。
きっと大物が釣れるかもしれません(笑)。

  • |2011.10.07(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

カサデコシールですか?
普通のシールと違って、雨に強いのかな??

そんなまでして、ビニール傘を保護しなくても良いかな(笑)
突然の雨は、本当に、こまりますよね・・・

今、pm6:00前ですが、真っ暗です。
秋の夜長・・・夜が長くなりましたね・・

何してあそぼうかな??(* ^ー゚)

代替画像

No title

「妖怪釣瓶落とし」
キャー
人を食べるって、怖すぎですよ。
無時に終わりましたー、大阪コンサート!
すごい解放感です。
はー、のんびりした休日を過ごしています。
  • |2011.10.08(Sat)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

カサデコシールを貼ることによって自分だけの「マイパラソル」
をかざすということは、優越感に浸れると同時に、自分のものだ
ということが一目で分る利点があるんじゃないですかね。
例えビニール傘とはいえども、雨に降られたら重宝しますからね。
多分、雨にも強い粘着力のあるシールだと思います。

後5時半前でも薄暗いですよ。冬になったらもっと長いですからね。
外作業の人は早く帰らないと、という気になってしまいますけど、
帰ってからの時間が長いんですよ(笑)。
遊ぶといってもね、ご主人と二人っきりだと‥‥(笑)。

  • |2011.10.08(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

妖怪の伝説は各地にいろいろありますね。
大阪コンサートに妖怪は現れませんでしたか(笑)。

お疲れ様です。ホッとしましたでしょ。
満足のいく結果が得られたんじゃないんですか。
何でもそうですが、一大事業を成し遂げた後は満足感とともに
解放感、脱力感が出てきますよね。脱力感は1晩で回復すると思い
ますが、満足感は長い時間浸って入れると思います。
さあ、次は反省点の復習と次のコンサートのためにも、気を引き
締めてステップアップしましょうか(笑)。
  • |2011.10.08(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top