本当の幸福は彼岸の世界にある!

台風15号が日本縦断を虎視眈々と狙っているようです。先の台風12号による傷跡がまだ癒えないうちに追い打ちをかけるようです。自然は容赦もないですね。進路にあたる地域の方は十分お気をつけください。
彼岸花.寺山式.曼珠沙華. - 写真素材

さて9月も20日となるとさすが夏の激しい暑さも影を潜め、朝晩は大分涼しくなってきました。暑さ寒さも彼岸までということばが示す通り、ようやくすごしやすいお彼岸のころとなりました。(詳しくは過去記事→2010年9月16日「迷いから悟りへお彼岸のお墓参り」を参照)
20日は秋の彼岸入りです。この日から7日間はお彼岸で、23日は中日であり、秋分の日でもあります。太陽が真東から昇り、真西に沈む日でもあり、昼と夜の長さが同じ日でもあります。そしてそして、お休みの日でもあるんですね(笑)。

このお彼岸年2回ありますけど、春には山の神様である祖先の霊を里に迎え豊作を祈り、秋には豊作に感謝し霊を里から山へ送る自然信仰として農村部で行われていたんですね。その後、仏教が伝来し浸透するとともに自然信仰と習合し、お彼岸として祖先を供養するようになりました。
明治時代には秋分の中日を秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)、春分の中日を春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)とし、宮中で祖先を祀る日となったことがきっかけで、一般市民の間にも定着していきました。1948年には「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」として国民の祝日に制定されたのです。

彼岸とは仏教用語ですが、元々梵語(ぼんご)の波羅蜜多(はらみつた)を漢訳した「到彼岸(とうひがん)」のことだそうです。煩悩に満ちた世界「此岸(しがん)」から解脱した悟りの世界、涅槃(ねはん)を指します。いわゆる死後の極楽浄土であり、亡くなった先祖たちの霊が住む世界と考えるようになりました。これが彼岸なんですね。彼岸とは仏の世界、此岸とは私たちが四苦八苦する迷いの世界なんです。

仏教思想家のひろさちやさんは次のように語っております。
彼岸は仏様の世界、そして仏様の世界でご修行しておられる私たちのご先祖さまの土地、安らぎの境地なんです。こちら岸の此岸は、私たち凡夫が住んでいる世界、煩悩の世界です。
私たちは煩悩の世界に住んでおり、毎日毎日をあくせくと暮らしていますが、たまには彼岸(仏の世界)から此岸を眺めてごらん、そうすればきっと違った世界が見えてくるよ・・・・と。つまり安らぎの世界から煩悩の世界を見ることは、仏様の目で、私たち凡夫の世界を見ることであります。そうすると、この世界のありようがまったく違って見えるのです。それがお彼岸の意味なんです(曹洞宗・特集お彼岸より一部引用)。

また、ひろさちやさんは天台ジャーナル「仏教の散歩道」で、本当の幸せを得るためには、此岸(仏教でいう娑婆の世界)を捨て、彼岸に渡れという仏教の教えを取り上げています。
激烈な日本の競争社会(つまり此岸、娑婆)に勝ち抜いてもその先に幸福があるとは限りません。負けたからといって不幸が待ち受けているとも限りません。お金持ちに執着している私たちは、お金にこの世の価値観を絶対視しています。その結果、欲望に苛(さいな)まれながら生きています。競争社会の中で真の幸福を得るためには、此岸を捨てて彼岸に渡らねばならないのです。所有しているすべてを捨てろというわけではなく、この世に対する執着心を捨てるということです。金持ちになるために、ゆったりと生きる幸せを失ってしまいます。金持ちになったところで、幸せになれるとは限りません。
この世の価値観を絶対視しないこと。それが仏教の教える「彼岸性」なんですよ。(詳しくはこちらから)

確かに今の私はゆったりと生きております。不幸ではないと思います。でも明日暮らして行く少しだけのお金はほしいな(笑)。

◇二十四節気 秋分のメモ◇は下記「続きを読む」よりご覧ください。

参考サイト:Wikipedia日本文化こよみ事典こよみのページNPO PTPL曹洞宗公式サイト天台宗公式サイト
写真提供:(c) td.lemon画像素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

◇二十四節気 秋分(しゅうぶん)のメモ◇
第16番目の節気。9月23日および寒露(10月9日)の前日まで。
暦便覧:陰陽の中分なれば也
春分と同様に、秋分では昼夜の長さがほぼ同じになる。しかし、実際には、昼の方が夜よりも長い。日本付近では、年による差もあるが、平均すれば昼が夜よりも約14分長い。
◆秋分の七十二候は次の通り。
初候(第四十六候) 9/23~9/27 雷乃収声(かみなり、すなわちこえをおさむ)雷が鳴り響かなくなる時季。
次候(第四十七候) 9/28~10/2 蟄虫坏戸(むし、かくれてとをふさぐ)虫が土中に掘った穴をふさぐ時季。
末候(第四十八候) 10/3~10/8 水始涸(みず、はじめてかるる)
水田の水がなくなる、即ち実りの時季。
京都二十四節気
京都には二十四節気のいろいろな表情を見せてくれます

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

私は一足早く昨日墓参りに行ってきました。
彼岸にいる御先祖は私をどう見てるのかなあとちょっと気になりながら。
きっとどうにもしょうがない奴だなあと思ってらっしゃるかもですね。
私も此岸にいる間は思い切り楽しみ、悩み、憂い、喜んでから彼岸に行ければいいなと思います。物欲とか金欲に心煩わされないで生きて行きたい・・・と思う昨今です。

台風、大きな被害がありませんよう祈ります。
  • |2011.09.20(Tue)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

秋分の日から冬至までの季節が一番好きです。
華やぎとざわめきとトキメキに満ちた春に比べて、深まっていく秋の趣が何とも言えない落ち着きで、あ~~日本人に生まれて良かったと思うことしきりです。
そんな凡夫の最たる私も此岸では毎日、煩悩と懊悩と憂悶と物欲にまみれた生活に明け暮れておりますが、今年は春以降「奢り高ぶり」には注意して暮らそうと思うようになりました。決して質素倹約ではありませんが、当たり前に居てくれた人や物が消えるということは慟哭の悲しみのはずなのに、静かな悲しみのなかに身を置いている被災地の皆さんの姿を見て、その気高さに衝撃を覚えました。なんという美しさ、見苦しさのない品位なのかと。
感謝イコール慎みではないかと思うようになりました。変わらずに暮らせる毎日があることだけでも有難いことだと思っています。

台風、被害が少ないようにと祈っています。
  • |2011.09.20(Tue)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

生老病死の悩みも彼岸からすれば、
取るに足らないものなのかな…

そこまで達観できたらいいのですが…
子の病というのは親の心を締め付けます(T.T)
  • |2011.09.21(Wed)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

価値観にとらわれずに

この世の価値観を絶対視しないこと

人の数だけ価値観があるようですが、
そういうものだと割り切って、大らかに
過ごしたいものですね

ありがとうございます
  • |2011.09.21(Wed)
  • |ponsun
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

暑さ寒さも彼岸までというとおりに涼しくなりました
しかし極端で肌寒いくらいで体調崩す方も多かったようです。
台風のおまけ付でしたし(笑)

この時期なかなか仕事が多い時期ですので
お墓参りに行く機会も、空いた時間の隙間を縫って
行くのですが今回日曜までにいけるかなあと・・・

せみの声が懐かしく感じます♪

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.09.21(Wed)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

そうですか。もうお墓参りお済みですか。
きっとご先祖様も彼岸の地で喜んでおられますよ。
健康でいつまでも丈夫で長生きしろよ、と思っているかもしれま
せん。
此岸にいる間はなかなか彼岸の地に「ちょっと遊びに来ました」
という訳にはいきませんから、彼岸に行くまでの間、悩み苦しみ
楽しんで、彼岸へのお土産を沢山作っておきましょう。
激動の競争社会から抜け出すと、それまで固執していた物欲も
金銭欲も、呪縛から解き放されたかのように気が楽になります。
いかに競争社会に縛られてきたかということですね。

台風、日本縦断の恐れがあるようです。十分お気をつけください。

  • |2011.09.21(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ^^

台風12号には、直撃されましたが、今回の台風は
幸いにも進路には入らないでラッキーです^^b

でも、和歌山や三重、名古屋などの被害がひどいので
心配ですね~ブロ友さん達も心配です・・・

ところで、お彼岸に季節が秋になる感じがあるのですが
今年は、この台風で一気に秋を呼んで来たようで、
2日前までは半袖で汗をかいていたのに、昨日の夜は
長袖に何か羽織らないと寒いくらいでした~
体調を崩しやすい時期でもあるので、どうぞ、気をつけて
下さいませね^^*/
  • |2011.09.21(Wed)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

一雨一雨に色づく秋が深まっていくようです。
澄んだ空、萌え上がる山々、黄金色の田畑は秋色を見事に再現
してくれます。キャンバスには描き表せない自然の広大な演出
ですね。

例え自然の足蹴を受けようと災害からは立ち直らなければなり
ません。それが気高さか美しさかはわかりませんが、皆生きる
道を煩悶しながら必死に模索しているんだろうと思います。
何事もなく平静にその日を過ごすことのできる大切さ。有難い
事です。まさに彼岸の序の口を体験しているようでもありますね。

感謝、慎みを会得されたまろゆーろさんはまさに仏様の弟子でも
ありましょうか(笑)。

  • |2011.09.21(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

まさに今のitchannさんのいつわざる心境を吐露したお言葉だと
思います。
息子さんいかがですか。ご心配ですけど、かわいいお子さんを
心優しく見守ってあげてくださいね。

人間四苦八苦、生きている間、常につきまとう苦行ですよね。
生老病死、別離、怨憎、求不、五蘊を加えた八苦も生前に功徳を
積めば、輪廻転生には天道に生まれ変わるという仏教の教えも
あるようです。
一朝一夕では理解しがたい教えです。自分も人を説得できるほど
の認識は持っていませんが、例え未熟な私たちでも、深い絆で結
ばれた親子の情は大切にしたいものですね。

  • |2011.09.21(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: ponsunさんへ☆彡

この世の価値観とは人それぞれによって違うでしょうね。
お金に執着する方もあれば、地位や名誉に執着する方もおります。
見ていて浅ましいと思えることでも、本人にとってみれば真剣そ
のものの価値観かもしれません。
この世の価値観を絶対視しないことという仏教の教えは、幸せを
求めるためにはある程度の執着心を捨て去る必要があるということ
ではないかと、少なくとも自分はそう理解したんですけど。
自分の持つ価値観に執着する方はそれはそれでいいかもしれません。
執着しない方はのんびり、ゆったり生きる幸せを満喫すればいい事
じゃないんですかね。

  • |2011.09.21(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、今年はその言葉通り
になりましたね。彼岸過ぎに暑さが戻るかどうか分りませんが、
真夏のような暑さはもうないと思います。夏を象徴する蝉の声も
また来年までお別れでしょうか。
これから過ごしやすい時季が続くと思いますが、ただじっと過ご
すのももったいない感じがします。仕事もそうですが、スポーツ、
読書、観賞などに励みたいものですね。その人間性を磨くために
も。

  • |2011.09.21(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

台風15号は午後3時ごろには静岡県に上陸しそうですね。
この後、関東を通過して明朝には三陸沖に抜けそうです。
12号で被害のあった紀伊半島の土砂ダムも気になります。
雨台風のようですので、ダムの決壊が心配ですね。
こちらも21日午後3時現在、激しい雨が降り続いています。

冷たい雨と同時に寒い位の気温も運んできた今回の15号。
長袖を重ね着してもまだ寒いです。急激な秋の到来ですね。
墓参りもままならないお彼岸となってしまいました。
お気遣いありがとうございます。

  • |2011.09.21(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

寒くなりましたね・・・
台風のひがいが、少なければ、良いのですが・・・

今年は、いつになっても、心配の多い年に
なってしまいましたね・・

お彼岸も大荒れです!

金には、無頓着なんですが・・
そういう処には、全然、入ってこないようです。(笑)

代替画像

まもなくお彼岸ですね

彼岸花、妖艶で好きな花の一つです。
残念ながら北海道では見ることが出来ません。
札幌の個人宅で咲かせている方が居るみたいですが・・・
  • |2011.09.21(Wed)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

暑さ寒さも彼岸まで  ことば通り 
こちらは 涼しいを通り越して 寒いくらいです
慌てて長袖出しました 
仕事の都合や台風接近の予報で先週中にお墓参り
済ませてます   今日は予報通り台風再接近で
暴風雨です   十分お気を付け下さい
 
  • |2011.09.21(Wed)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

競争社会に勝ち抜いてもその先に幸福があるとは限りません。
仰る通りですね。
私もこの数年で痛感している事です。
会社をやっていると売上に目がいきがちでした。
世の中も、そんな風潮だったし・・・。
だけど、キリが無く満足は無い。むしろ減る不安が増えたり(笑)
世界中が最近この矛盾に少しづつ気付き始めていると思います。
私は特別何かを信仰している訳ではありませんが、仏教の教えなどは「そうだよなー」と納得することばかりです。
  • |2011.09.21(Wed)
  • |青ち
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

昨日までは寒かったですね。
台風が通過した後は陽気さが戻ってきました。
その代わり我が家にも小さな被害を置き土産に過ぎ去って行きま
した。後片付けが大変です(笑)。
お彼岸の墓参りはこれからなんですけど、散らかってるでしょう
ね。

ご商売されてると儲かる時と儲けなしのご奉仕だけという時が
あるでしょうから、小槌を打ち鳴らすほどお金は出てきませんよ
ね。それとも隠し口座に振り込まれてるのかな(笑)。

  • |2011.09.22(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  釣るベーさんへ☆彡

秋のお彼岸の頃になると決まって花を咲かせるから彼岸花という
んだそうです。別名曼珠沙華ともいって、山口百恵さんが同名曲
で歌っておりますね。関係ないか(笑)。
葉がない妖艶な花を咲かす彼岸花は、カメラマンのフラッシュが
数多く焚かれますが、実は見た目と違って有毒植物なんですね。
ご存知でした?
間違って食べると吐き気や下痢、ひどい時は中枢神経の麻痺を起
こして死にいたるそうです。ネズミやモグラ、虫など田を荒らす
動物はこれを嫌ったので、田の畔道などに作為的に植えたんだそ
うですね。そうですか、北海道では見かけませんか。

  • |2011.09.22(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

寒かったですね。こちらは15℃位でしたよ。それまでは27~8℃
ありましたからね。一挙に12~3℃下がりましたよ。
炬燵がほしい位でした(笑)。

今回の台風はそちらは大きな影響はなかったようですが、東日本
は直撃でしたね。土砂崩れや暴風による被害が相次いだようです。
自分の所は何とか被害は免れましたが、今年は大震災や台風の上陸
など自然災害の当たり年なんでしょうか。
お彼岸のお墓参りもままならない状態です。
台風の接近を予測してお墓参りを済ませていたのは正解ですよ。

  • |2011.09.22(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 青ちさんへ☆彡

最近田舎に退いてから社会の動向に疎くなりましたけど、現在は
どうなんでしょうか。

以前会社勤務していた頃は、毎朝朝礼や幹部会議で役員から勝ち
組とか負け組などという言葉を頻繁に聞かされ、尻を叩かれてい
ました。気が小さい自分なんかは耐えられなかったですね(笑)。
勝ち組になりたいのは、本人だけのことじゃないのか。社員を踏
み台にして自分の欲望を達成させるための、いわば欺瞞じゃない
のかという疑念が沸々と湧いてきましたね。社員の待遇はなんら
変わってないじゃないか。

そんな勝ち組と言われる役員の家庭環境をみると、ギスギスした
夫婦関係、親子関係だったんです。役員としての報酬は社員以上
にありますから、裕福な家庭なはずなんです。
でも人間としての生きる幸せ、家庭の幸福が見当たりません。

仕事の関係で仏教の教えには関心がありました。
仏教の書物を読みあさるうち、自分の生きるべき道を模索し始め
ました。
すみません、長々と不満を述べさせていただきました。

  • |2011.09.22(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

> でも明日暮らして行く少しだけのお金は・・・
まったく同感です。
老後のことを考えるにつけ不安がつのる今の世の中
何とかならないものでしょうかねぇ。

  • |2011.09.23(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

公共料金、税金、有無を言わせず取り立てられる支払いの山。
年令と共に年々減る収入。追いつかない年金。
現実的ですよね。

不幸ではないけど、空虚な毎日。現実逃避にさいなまれる老後。
どれだけプライドを捨て切れるか。老後の悩みは尽きないです。
お金持ちには執着しないですけど、ゆったりのんびり、お金の
工面も心配せず、老後を暮らしたいものです。
考えると不安になってきますね。彼岸の地に憧れます。

  • |2011.09.23(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top