義理チョコおもしろ雑学

2月14日はご存知のように、バレンタインデーですね。
最近では小中学生からご年配のご婦人まで、我も我もとチョコレートを買い込んでいる姿が目に付きますよね。きっと自分の恋人や好きな人、身近な人への贈り物として買われるんでしょう。おじさんも時には貰うこともあります。もちろん義理チョコでしょうけどね。
貰って悪い気はしないけど、女性にとっては大変ですよね。本命の男性ならともかく、気もないおじさんの分まで用意しなくっちゃならないから。

2月14日は愛の誓いで熱くなるのかな
いつからこんな悪習、いや楽しみな習慣がついたんでしょうね。
その歴史を探ってみると、西暦269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ヴァレンティヌス(バレンタイン)に由来する記念日であるとされています。これにローマ神話の女神ジュノーとのロマンスが結びつき、ヴァレンティヌスは愛の守護神となり、愛を語り贈り物を交換することになったのが、2月14日だったということです。
この日は男女の愛の誓いの日とされ、ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人に贈ることができる日とされています。今日のようにチョコレートを贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまったそうです。

健康を考え、チョコの食べ過ぎに注意しましょう
日本でのバレンタインデーにチョコレートを贈る慣わしは、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行ったのが始まりです。ただ、どちらも結果は芳しくなかったようです。
それがどうでしょう。いまではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されるほどの国民的行事となっているんです。女性が男性に、愛を告白するのが目的だったのが、現在では交際中の恋人や、結婚している夫妻の間、上司、同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にも贈る「義理チョコ」や女性同志で贈る「友チョコ」などもあるそうです。

チョコの習慣なくなればいい??
ここでちょっと注目したい調査結果があります。
2006年2月にインターネットで調査したバレンタインデーに関する独身男女(20代~30代)に対するアンケートによれば、回答した300人のうち「チョコレート受け渡しの習慣なんかなくなればいい」という回答がOLで70%、男性社員は50%であったそうです。ただし、OLの反対意見のなかには、男性から贈られるのであれば賛成とする「ご都合主義的意見」も多かったとか。
また一方では、全国の10代~30代の1,030名の女性からは、「日頃の感謝の気持ちを表す機会」が69%、次いで「コミュニケーションの円滑化」(49%)、「楽しい年中行事」(32%)という回答結果もあるそうです。

おじさんは欧米に逃亡したい!
チョコレートを贈る習慣が定着していますが、なかには会社の庶務係で男性用の「義理チョコ」を用意するところもあるようです。個人的に「義理チョコ」を贈るにしても、プレゼントされたことで、自分に思いを寄せているかと勘違いし、その後ストーカー的な行動をとられてしまう危険性もありますので、くれぐれも注意したいものです。
義理チョコに義理堅いおじさん達は、3月14日のホワイトデーに、そのお返しを大変ご苦労されているでしょうが、欧米諸国には、ホワイトデーの習慣はないそうです。その日だけは、おじさんもそんな国に行ってみたい。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top