7月盆派 8月盆派 あなたの地方はどちら?

最近耐えがたい暑さが続いていますね。小暑の暦通りですよ。梅雨も関東、北陸まで明けましたしね。平年より10~15日、昨年より8日早いそうです。今年は長~い夏が続きそうですね。
梅雨明け後の1週間から10日ほどは、気温の高い夏らしい晴天が安定して続く「梅雨明け10日」と言われているそうです。こまめに水分と休憩をとって、熱中症に十分気を付けましょう。
ヨーヨーを見せ合う子供たち[703898] - 写真素材

今日は7月10日。さて何の日でしょう? ? 歳時記としては特に何もありません(笑)。いろいろと頭を巡らしましたか。しいて言えば3日後の13日から新暦のお盆ですよね。
お盆ですか~。早いもんですね。震災でワサワサしている間にお盆が来てしまったという感じです。
お盆(詳しくは過去記事「2010.8.12 民族大移動がみられる盂蘭盆会」を参照)といえば、仏壇やお墓の掃除、ご先祖様をお迎えする迎え火や送り火、果物や菓子、茶湯、霊膳などを備えた精霊棚でご先祖様をおもてなしする、という夏の恒例行事ですよね。

ところがこのお盆、東京などの都市圏、特に都内23区内においては7月に行われますが、地方に行くと8月実施がほとんどです。なかには東京にお住まいの方が7月にお盆をして、8月に帰省して田舎でもう1度お盆を体験するなどということもあるでしょうね。東京のお盆に顔を出したご先祖様が、1ヶ月後には田舎の実家に行かなければなりません。お忙しいですよね、飛行機にも新幹線にも乗らず、しかも高速道路も使わず(笑)。
でも何で同じお盆が地域によって別々に行われるんでしょうかね。

その第1の理由は新暦と旧暦によるもののようです。
明治5年に旧暦から新暦に移行しましたが、当時は何の前振りもなくいきなりだったため国民は大混乱したようです。開国して間もなく、外国列強に相対する近代化のため、政府は新暦を徹底させたのです。暦の作成権を独占し、旧暦の併載を認めず、旧暦を国民に忘れさせようとしたのです。これに即座に従わざるをえなかったのが政府のお膝元の東京都心部だったんですね。

しかしながら、旧暦の使用を禁止したとしても、暦自体が農事中心であったところから、当時国民の8割を占めていた農家にとって新暦7月15日では多忙期と重なり、都合が悪かったんでしょう。経済にしても農産物中心だったところから、今までの規則性を切り替えるわけにはいかなかったようです。結局、新暦と旧暦の2本立てで実施されることになったようですが、正月と盆だけは、東京が新暦に沿ったのに対し、ほかの全ての地域は時季に従ったという事の顛末があったようです。とはいっても旧暦は不定で煩雑なため、新暦の一ヵ月遅れという折衷案に落ち着いたようですね。

今でこそ旧正月は廃れ、新正月に吸収されてしまったようですが、旧盆の時季は「日本の夏」という風情が沢山残っております。麦の収穫が終わり、あとは稲のたわむのを待つだけの農閑期、子供の夏休み、昔ならやぶいりと言われた盆休みの帰省、各地の夏祭り、高校野球など、日本中が開放的な気分に満たされる夏。
やはりお盆は灼熱のもとでかき氷を食べたい位の8月がピッタンコという感じですね。

平成になって「日本の古き良き伝統文化を見直そう!」という動きに、一旦廃れてしまった祭りや盆踊り、縁日などの復活は嬉しいことですね。
お仏壇が無くても、年に一度霊具膳を作り、写真や花を飾り、他界したお爺ちゃんお婆ちゃんのご先祖様に想いを馳せる、そんな感謝の気持ちを持つお盆の心。脈々と受け継がれて来た命の尊さについて子供達に伝えていきたいものです。

7月お盆にしろ、8月お盆にしろ、この時用意する精霊棚やお墓参り。子供心に興味津々だったことを思い出します。自分も楽しみながらしっかり子供たちに伝えたい日本の心ですね。

参考サイト:日蓮宗 仏教・仏事のQ&A、和菓子の喜屋 錦秋篇、GLホーム本部スタッフブログ
写真提供:(c) うさぎのミミ写真販売 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

北海道でもやはり7月盆と8月盆が有ります。
これは北海道開拓で入ってきた出身地による所が
非常に大きいと思われます。
女房の父方の先祖は四国から開拓で北海道に・・・
やはり7月にお盆をやります。
  • |2011.07.10(Sun)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

うちは東京ですから7月派ですねw。

今日お仏壇をお盆バージョンにしました、今年は(今年もですが)菩提寺のお坊様はお見えにならないのでお棚経はなしのお盆となります。
そして店で売る「お盛り籠」を作ってきましたが年々これの需要が亡くなってさみしい限りです。
例年は7月に入ると「盛り籠はいつから売るの?」と聞かれたものですが昨年・今年と一件も聞かれず。
なんだかなあ、日本の伝統・風習も廃れて来たんでしょうか。す垂らしてはいけないものがたくさんあるんですがねえ。
最近では、ハロウインは熱心にするけど日本の風習に見向きもしない若い世代が増えているのも確かです。
もっと自分の育った国に目を向けてほしいですね。
  • |2011.07.10(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

誠に以てその通りだとおもいます。
盆正月は、日本人の豊かな感性が花開く大きな催事だと思います。大切に継承してもらいたいといつも思っています。
それにしても今夜も良い勉強になりました。
なんでお盆が7月と8月に分かれているのかと思っていた矢先でしたから。
  • |2011.07.10(Sun)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

お盆までもう一ヶ月、こちらの梅雨明けはまだのようですが、いよいよ夏本番です。
また、これからは夏まつりの時季でもありますね。
今週末には、震災復興への狼煙をあげるという趣旨で、青森ねぶた・秋田竿燈・盛岡さんさ踊り・山形花笠・仙台七夕・福島わらじまつりの六つの祭りが仙台に集結して繰り広げられることになっています。

  • |2011.07.11(Mon)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

当時の政府と今の政府…
急に変更を言い出して国を混乱させる姿勢は、
何も変わっていないんですね。
この国の民主主義が進歩してないのがよく分かります(^_^;
  • |2011.07.11(Mon)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます!
いつもどうもありがとうございます♪

梅雨明けたとたん、猛暑が続いており嫌になってしまいます・・・
今週はずっとこんな感じだそうで、結局空梅雨でしたね・・・

自分は都内23区在住ですので
お盆は今週後半からです!
昨日お施餓鬼にいってきました。
基本的にお墓があるところでお盆はやるみたいですので
こちらに住んでて地方にお墓がある人でも2回やるという人は
自分は聞いたことがありませんが、いらっしゃるんでしょうね。
大変だと思います。
ただ、うちの母親みたいに嫁いだところと実家と2回同じ仏様でなく2回やる人は多いようですね♪

今週は熱中症対策で気をつけないとですね

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.07.11(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

新盆

もうそんな季節なのですね

例年のことではありますが、一日一日と陽気が変わって…

今、この時を味わい楽しむことの大切さをひしひしと感じます


ありがとうございます
  • |2011.07.11(Mon)
  • |ponsun
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

北海道でもお盆は7月、8月に分かれるんですか。
そうですね。北海道の文化は、当時の開拓者によって築かれた
功績が大きいですからね。その時代の文化が今でも脈々と続いて
いるんでしょうね。

奥さん方のご先祖は開拓者だったんですか。
四国から北海道まで、当時は大変だったんでしょうね。
以前北海道開拓をテーマにしたテレビドラマを見たことがありま
すが、その開拓者魂というものは凄まじいものがあったようです。
お盆にはご先祖様の供養をして差し上げたいものですね。

  • |2011.07.11(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

同じ東京でも都下の方では8月に実施するところもあるようですね。
盆飾り、10日に作られたんですか。早いですね。
うちの方では毎年お盆が始まる13日の午前中に作っておりました。
14日早朝にはお墓参り、16日午後には片付けて、夜には送り火です。
最近の菩提寺は棚経あげに来ませんね。ただ今年は義母が亡くなっ
て初盆ですからくるかもしれません。
盆飾り用の盛籠もお供えするんですか。うちは霊具膳に菓子果物を
供えた精霊棚に栗の木を飾り、買った花を花瓶に活けます。
地方によっていろいろしきたりが違うんですね。
統一されたしきたりがないからこそ魅力が半減し、ハロウィンなど
の外国の風習が勢力を伸ばしてるのかもしれませんね。

  • |2011.07.11(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

博識の高いまろゆーろさんにそう言っていただくと何より心強い
ですね。豚もおだてりゃ木に登るといいますが、思わず登っちゃ
いました(笑)。

日本の盆正月は伝統行事の代表的なものですからね。
これによって民族大移動という社会現象が起きる位ですから、
これから先も後継者に継承してもらいたいものです。
細かなところの簡略化は時代の動きとともに変遷しますけど、
動かし難い真髄は守り通してほしいもんです。
願わくば、地方による習慣の違いを改め、全国統一にしてもらい
たいもんです。
  • |2011.07.11(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

東北は月遅れ盆が主流ですよね。
やはり昔から伝わる農事暦からすると、この8月は雪に閉ざされた
冬に続いて農閑期にあたるのでしょうかね。
春に植え付けた野菜や穀物が、秋の収穫期に向けた五穀豊穣を願う
祭礼は8月9月に多く見られるようです。

東北の代表的なお祭りが1箇所に集結し、1つの目標に向かって突き
進むということは、東北の絆を強める上で必要な事ですよね。
この日の仙台は大いに盛り上がることでしょうね。東北の祭を一辺
に見られるわけですからね。茶々さんもブログ取材に行かれます?

  • |2011.07.11(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

確かにそうですね。
昔は士農工商の制度が確立され、2番目に位が高いはずの農業が
ないがしろにされていた感もありました。
そこに武士の精神を盾にした横暴な軍国主義が政治を司り、一般
国民に有無を言わせない政治を企てたんでしょうね。
今でこそ民主主義の思想が浸透してきたとはいえ、今でもその
名残りがあるようで、国民不在の政治が続いてます。

どなたか気骨のある方が、今の政治の流れを変えてもらえないも
んでしょうかね(笑)。

  • |2011.07.11(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

例年ですと梅雨の末期には豪雨に見舞われたもんですが、九州の
一部を除いては、うんっ、もう明けたのって感じでしたね。
東京の今週はお盆ウィークに入りますね。
8月の月遅れ盆と違って、一斉にお盆休暇をとれることはないで
しょうが、必要な方は有休を利用してご先祖をご供養していただ
きたいと思います。
女性の場合、特に嫁ぎ先のお盆と実家のお盆を迎えることがあり
ますからね。供養するご先祖が違っても、2度お盆を迎えることが
あるかもしれません。

  • |2011.07.11(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: ponsunさんへ☆彡

いつもより早い梅雨が明けて頭は猛暑対策に走っているかもしれ
ません。とにかく今年も暑さにしごかれるかもしれませんね。
まして今年は電力不足による節電で、電力消費の高い冷房設備の
使用が制限されています。

こんな状況の中で昔の暑さ対策が見直されています。
扇風機、よしず、簾、団扇、風鈴。打ち水なども暑さ対策のアイ
テムとして注目されているようです。
これからやってくる暑さのピークが目に見えてます。
逃げず避けず、逆に暑さと共生することを考えたいものですね。

  • |2011.07.11(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

今回もいいお話ありがとうございました☆

横浜は七月ですが、この時期は晴れ着関係はあまり売れません^^;;;

横浜にいると、街全体が「お盆一色」になるということはあまり無く、個人個人によって、お盆を強く意識する人と、(ちょっと極端な言い方ですが)お盆の存在じたい意識しない人とに分かれているような気がします。

新暦、旧暦いずれにしても大切にしていきたい美風ですね☆
  • |2011.07.11(Mon)
  • |三代目
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 三代目さんへ☆彡

横浜も7月でしたか。
自分も以前横浜に住んでおりましたが、横浜でお盆をした記憶が
ないですね。勿論お墓もないですし、仏壇もありませんでした。
いつも8月の月遅れお盆に帰省し、田舎の実家でしてましからね。
その頃、近所の方々をみていても、お盆実行中なんていうご家庭
を見る機会もありませんでしたね。
昔から横浜にお住まいの方なら7月お盆をなさるかもしれませんけ
どね。その時期、横浜霊園とか鎌倉霊園に行くとお墓参りをされ
てるご家族もおられたようですね。
7月であろうが、8月であろうが、お盆を機会にご先祖様に思いを
馳せることはいい慣習だと思いますよ。

  • |2011.07.12(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

うちの父の実家が名古屋なので8月がバッチリお盆、
ナスやキュウリに割り箸さして馬を作ったりしてました!
玄関先で何かを燃やしたりしていたような?
でも、記憶が曖昧です。
新暦を無理に普及させようとして、失敗して場所によって
お盆の季節が違ってしまったんですねー。
すごく勉強になりました!
  • |2011.07.12(Tue)
  • |シーブック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: シーブックさんへ☆彡

名古屋ですか。名古屋だと8月の月遅れのお盆ですよね。
ナスやきゅうりを牛や馬に見立てて作った乗り物は、精霊馬
(しょうりょううま)と呼ばれているものですね。
きゅうりは足の速い馬として、ご先祖様があの世から早く家に戻っ
てくるように、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、あの世に帰るの
が少しでも遅くなるように、との願いが込められているそうです。
玄関先で燃やしていたのは松明かしだと思いますが、これも迎え火
送り火があって、実家にやってくるご先祖様の足元を照らしてくれ
るんだそうですよ。
1つ1つにいわれがあるんですね。時期も無理矢理変更すると支障が
でてくることもありますよね(笑)。
  • |2011.07.12(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ^^

お盆はこちらは8月ですね^^
8月は父の命日もあるのですが
お盆のころは混雑するので、7月に
行くことが多いです。

お墓は嫌いな父でしたが、やはり行かないと
こちらがすっきりしないんですよね^^

今は京都の祇園祭の最中でもありますし
暑い中にも、日本古来からの行事も多く
夏は楽しみな季節でもあります^^*/
  • |2011.07.13(Wed)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

8月盆ですか。やはり多いですね。

お墓参りは8月のお盆に限定することはないですよね。
心からお墓参りがしたい、供養したいとなった時が最良の思いや
りです。それが故人に対する残された家族の思いやり、供養です
よね。お墓が遠くて行けない場合は、霊が宿るといわれるお位牌
に手を合わせるだけでも供養になると思います。
梅雨が明けて毎日が暑い夏ですが、これからは夏祭りのシーズン
です。東北も8月になると夏祭りの銀座通りになります。
心が開放的になりますね。 たえさんもご自愛ください。

  • |2011.07.13(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

仏様のない我が家にとってお盆は夏休みでしかありませんでした。

7月にお盆があって8月にもあるのならそれはそれでいいかもしれません(笑)
  • |2011.07.13(Wed)
  • |kissy
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

お盆と言えば、当然8月です。
と思っていたので、7月にお盆という方も少なくないようで、ちょっとビックリしました。
今年も汗をかきかきお墓参りです。
  • |2011.07.13(Wed)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

仏様のいないご家庭はいっぱいおりますよね。
特にお若い方のご夫婦、まだ独身の方などにはまだ仏様は存在
しないと思います。そういった方々でも郷里の実家を辿ってみれ
ば、ご先祖様がおられるんではないでしょうか。
後継者が絶えておられたら別ですが、後を継いでおられる方が
毎年お盆でご先祖様をご供養されてるんではないかと思います。
ご実家とはいろいろ諸事情がおありかもしれませんが、お盆を
機会に、ご先祖に思いを馳せることもいいかもしれませんね。
自分も実家と遠く離れて暮らしてた頃は、盆と正月に帰省をし、
仏壇に線香をあげてました。

  • |2011.07.14(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

現在7月お盆は主に東京都心部が多いようですね。
最近ではその周辺地域でも7月お盆に移行しているという話も
聞きます。
地方ではまだまだ8月盆が主流ですよね。
子供が成人すると仕事場の少ない地元を離れ、都会で暮らします。
子供の生活を案じながら親は帰省を待ちわびます。ご家庭によっ
ては新妻を連れ、あるいは小さなお孫さんを連れて帰ってくると
老夫婦だけの暮らしに花が咲きます。
こういった現象もお盆がもたらす、いわばご先祖様が引き合わせる
家族の再会、家系の再認識となるのかもしれませんね。

  • |2011.07.14(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top