節分おもしろ雑学

お父さんが電気を消した玄関めがけて「鬼は外」、
そして明るい室内に向けて「福は内」の掛け声とともに豆をまく。
こんな光景が見れたのは日本だけでしょうかね。
子供心に拾って食べた豆が美味しいこと。
いまは家庭よりもお寺の大きな行事になっているみたいです。

疫病退散の追儺式が始まり
豆まきで知られる節分とは、二十四節気のうち季節の分かれ目である立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指しましたが、農耕民族の日本人は四つの節分のうち、春の節分を農事始めの日として重んじたようです。古来から邪気をはらい、幸福を招くために、豆まきをする習慣がありました。

古い中国の最古の風習で、「鬼やらい」という豆まき行事の追儺式(ついなしき)は、季節の変わり目に起る災害や疫病などの厄を鬼に見立てて追い払う儀式でした。豆を鬼に投げつけるのは、散米の神事儀礼の変型といわれています。日本に伝ったのは非常に古く、平城京(奈良)遷都の直前でした。706年に疫病が流行し、農民の多くが死んだので、朝廷の行事として、鬼やらいを行ないました。おにやらいとしての追儺式が行事として定着したのは、平安時代、鞍馬山に鬼が出たのを三石三斗の豆を打ちつけて追い払ったという伝説に由来するようです。
地方によっては節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てたり、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられことから、それを追い払うためでもあったそうです。また、福豆を煎じた福茶を飲むところもあります。

夜に福豆を大声でまく
 鬼やらいの行事はやがて庶民に広がり、節分の豆まきは季節の節目の行事として定着したのです。家庭では、この日夕方までに大豆を炒って升に入れ、神棚に供えます。これを福豆といいます。夜に福豆を下ろして、一家の主人がまきます。
まき方としては、まず玄関の戸口をあけ、外に向かって「鬼は外」と二度大声で唱えて戸を閉め、内に向かって「福は内」と二度唱えます。そのあと部屋ごとに窓や戸を開け、同じように唱えて豆をまきます。終ったら自分の年齢の数だけ豆を食べます。これは、マメに無病息災で暮らせるように、という縁起からきているそうです。また、地方によっては自分の年の数より1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるようです。
鬼を神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としています。家庭においても「鬼」の付く姓(鬼塚、鬼頭など)の家で「鬼は内」の掛け声が多いそうです。

その年の年男、年女が豆まき
今年は2月3日が節分ですが、この季節になると、スーパーマーケットなどで節分にちなんだコーナーが設けられ、福豆が売られたり、厚紙に印刷されたおまけの鬼の面を、父親がかぶって鬼の役を演じたりして豆撒きが盛り上がります。
全国の神社や寺院では、氏子や信者の中からその年の干支にあたる年男が選ばれて豆まきが行なわれます。最近では人気力士やスポーツ選手、芸能人などの年男が豆をまいたりしていますね。
小学校では年男・年女にあたる5年生が中心となって豆まきをしたり、神社と幼稚園・保育園が連携し、園児が巫女や稚児として出演するなどそのバリエーションも多くあるようです。

恵方(えほう)巻
節分には恵方巻といわれる太巻きの寿司をたべます。節分の夜にその年の恵方(歳徳神のいる方位)に向かって、まるかぶりするのだそうです。

特色ある全国の主な節分祭・節分会
東北  中尊寺(平泉町、厄男厄女による厄払い招福を祈る豆まき)
北関東 龍光寺(富岡市、園児が厚化粧、裃を着て登場)
     鬼恋節分祭(藤岡市、「福は内、鬼は内」!鬼呼び豆まき)
     鬼神神社(嵐山町、「福は内、鬼は内、悪魔は外」)
     總願寺(加須市、大たいまつの赤鬼、稚児行列)
南関東 成田山新勝寺(成田市、「福は内」有名力士、芸能人が登場)
     増上寺(港区、稚児行列)
     箱根神社(箱根町、厚化粧の少女の巫女たちが水上スキーの鬼に豆を撒く)
     最乗寺(南足柄市、舞妓(京都から出張)の豆撒き)
東海  鬼岩福鬼まつり(御嵩町、「鬼は内」)
北陸   成田山福井別院(坂井市、舞妓の豆撒き)
京都府 八坂神社(京都市東山区、舞妓の豆撒き)
     廬山寺(京都市上京区、三色の鬼が舞い踊る)
     大原神社(福知山市三和町、「鬼は内、福は外」)
     あびこ観音(大阪市住吉区、節分大法会 護摩焚き)
     日吉大社(大津市、破魔矢を射る「放射の儀」)
中国・四国
     吉備津神社(福山市、豆まきのあと焚き火を囲んでほら吹き大会)
     防府天満宮(防府市、神くじにより御神幸祭の神牛役を定めるという牛替神事)
     須佐神社(出雲市、蘇民将来の説話にちなんで茅の輪くぐりや神楽の奉納がある)
九州   阿蘇神社(阿蘇市、ゴマ木まき)

他にも皆さんお住まいの近くで、節分会をしている神社や
お寺があるかもしれませんよ。出掛けてみませんか。
いやっ、家族と一緒に豆まきをされたいという方は、
「まき方」の項でご説明したような要領で楽しんでみてください。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

matsuyamaさん、こんばんは。
節分について勉強になりました。
恵方巻は、ちゃんとした行事なんですね。
寿司屋がはじめたのかと思っていました。

また、遊びにきます。
では、また。
  • |2008.02.01(Fri)
  • |network_imet
  • URL
  • EDIT

代替画像

network_imetさん、ご訪問ありがとうございます。
恵方巻って、今はコンビニでも売ってますからね。
ポピュラ-になってきたんですね。

また来てください。
  • |2008.02.02(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top