立夏 風薫る5月

気象的には6月からが夏ですが、二十四節気では 5月6日頃を立夏とし、いよいよ夏がやってくることになります。この頃になると大地は草で覆われ、気持ちの良い風が吹いてきます。晴天が続くので外に出ることが楽しみになりますよね。
1年でも過ごしやすい新緑の季節で、九州では麦が穂を出し、北海道では馬鈴薯や豆の種まきが始まります。北日本ではこの頃ようやく桜が満開となるのですが、今年はこの時期下北半島を越え、北海道辺りでも桜が開花しているようですね。被災地にも緑が甦り、さんさんと降り注ぐ陽光に、気持ちも夏を感じ始めています。旧暦ではこの日から立秋までをいわゆる夏としています。
写真素材 PIXTA

立夏を前にした5月2日は八十八夜でしたね。立春からかぞえて八十八日目にあたる日です。春から夏に移る節目なんですね。昔から夏への準備をするのに縁起のいい日とされていたようです。八十八夜の別れ霜とか忘れ霜というように、この頃から霜もなく安定した気候となり、茶摘み、苗代のもみまき、蚕のはきたてなど農作業に最適な季節となるんですね。
もう季節は夏です。そういえばここ数日気温も暖かく、額に汗する日が続いていますよね。この日の3日後には子供の日、端午の節句です。4日後には立夏を迎え、本格的な夏を迎えることになります。

5月5日は子供の日、端午の節句です。端午とは、本来は月の初めの午の日のことで、午の音が五に通ずるところから、特に5月5日をさすようになったんですね。古来中国では5月はなぜか物忌みの月とされ、この日に薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだりした、けがれを清める習慣があったそうです。
日本でもこの時期は、若い女の子が、田植えの前に家にこもって身を清める「さつき忌み」の行事があり、この二つが合わさって端午の節句になったんですね。もとは女の子が主役だったはずなのに、男の節句になったのは、武家社会となった鎌倉時代以降、この日につきものの菖蒲が尚武に通じることから男子の節句となり、武具を飾ったり、立身出世を願って鯉のぼりを立てるようになったようです。
そういえば住宅事情も変わったせいか、鯉のぼりを立てている家も見かけなくなりましたね。

◇二十四節気 立夏(りっか)のメモ◇
第7番目の節気。5月6日および小満(5月21日)の前日まで。
暦便覧:夏の立つがゆへなり
立夏の頃は、野山は新緑にあふれ、茶摘みの適期となる。
特徴:行楽のシーズンでもあるが、農家は農作業に忙しくなり、田植の始まる地方もある。
立夏の七十二候は次の通り
初候(第十九候)5/6~5/10 蛙始鳴(かえる はじめて なく)
蛙が鳴き始める時季
次候(第二十候)5/11~5/15 蚯蚓出(きゅういん いずる)
蚯蚓(ミミズ)が地上に這出る時季
末候(第二十一候) 5/16~5/20 竹笋生(ちくかん しょうず)
筍(たけのこ)が生えて来る時季
京都二十四節気
京都には二十四節気のいろいろな表情を見せてくれます

参考サイト:Wikipedia、こよみのページ、NPO PTPL、暮らしのミニ知識、kotobank
写真提供:(c) DREAMNIKON写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんにちは

鎌倉以前は女の子のねぇ~
φ(.. )メモメモ・・・勉強になりました。
ほんと住宅事情が変わったのか、
鯉のぼりの数が少なくなりましたね。
家のなかで豪華な五月人形でも飾っているんでしょうね!
  • |2011.05.03(Tue)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは☆ 鯉のぼりをあげている家は確かに少なくなりましたね・・。

でもうちのお店では、鯉のぼり柄の手ぬぐいや風呂敷がこの時期はとても売れるんです☆

それをはさんで使う「飾り棒」とセットで。

みなさん何かの形で端午の節句を楽しんでらっしゃるのですね。
  • |2011.05.03(Tue)
  • |三代目
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

いよいよ五月ですね。
まさに風薫る五月、なんですが・・・今日の東京は朝からどんより。しかも午後からはものすごい大雨になってしまいました(泣)。
昨日は黄砂の影響で、もやった感じがして今日は喉さえいたいです・・。

そうはいっても街道のケヤキ並木の緑が随分とたくましくなってきました。
被災地もこの緑のようにたくましく復興してゆくことを願ってやみません。

matsuyamaさんには御身大切にお過ごしくださいね。
  • |2011.05.03(Tue)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

金太郎さん

久しぶりに見たような気がします

子どもの頃の、無邪気なありようが
思い出されます

1年中半袖半ズボンで過ごした日々…

毎日毎日、今を楽しんでいたような気が


ありがとうございます

  • |2011.05.04(Wed)
  • |ponsun
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

もう立夏なんですね。
時間が経つのが早いです。

歳をとった証拠でしょうね(^_^;
  • |2011.05.04(Wed)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

もともと端午の節句の主役が女の子だったなんて知りませんでした。ちょっとビックリです。
それにしても、気持ちの良い季節になりましたね。
明日から別府は小旅行です。
  • |2011.05.04(Wed)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

鯉のぼり、やはり近所ではみれないですね^^;
でも、今日は一気に暑くなった気がします。
毎年この時期は衣替えなので、部分的にですが
冬物、夏物の整理をしています。
季節の変わり目、体調にお気をつけ下さいね^^
  • |2011.05.05(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

いろいろ大変な中ご苦労様でした。
暦ではもうそういう時期なんですね・・・
先日まで汗ばむ感じでしたが昨日は一転して
気温が下がり、肌寒くなりましたが
そういうときに限って
厚手の冬物クリーニングへ・・・
かなり屋外の仕事がつらかったです

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.05.06(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

何か、今年の気候は、おかしくありませんか?
昨年、連休に出かけた時は、夏日だったように、思います。

今年は、寒くないですか?
カーディガンをひっぱりだして、羽織っています。
昨日は、大きな地震のある日と予想した方がいたみたいですが・・
何でもなくて良かったです。(*^_^*)

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

昔はいい米を生み出すために、子を生める早乙女といわれる女性が
田植えをしていたそうです。女性は神聖な田植えにそなえ、家の中
でけがれを払い、身を清める行事を行っていたんですね。
今なら女性にぶっ飛ばされそう(笑)。
鯉のぼりが少なくなったのは、住宅事情にもよるのでしょうが、
これらの風習が廃れて来ているのにもよるのでしょうね。
昔は親に紙の兜を作ってもらって、鯉のぼりの下で遊んでいたもん
ですが、今は見かけませんね。皆うちの中で身を清めてるんでしょうか。

  • |2011.05.08(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 三代目さんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

ビルに囲まれた都心はもち論、横浜辺りでもあまり見る機会が
減ってきてるんでしょうね。
自分の田舎の周辺でもあまり見かけません。

でも三代目さんのお店で見られるように、鯉のぼりの手ぬぐいや
風呂敷が売れるということは、皆さん現代風の端午の節句を楽し
んでおられるのでしょうね。
それはそれでアレンジして伝統を守っておられるのですね。

  • |2011.05.08(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

現代の鯉のぼりは突然の大雨や黄砂、しいては花粉まで浴びながら
汚れた空を泳ぎ切らなければならないとは、かわいそうですね。

自分のところも鉢に挿したケヤキに、緑色の葉っぱが挿し始めまし
た。逞しさを感じるとともに春の兆しを感じますね。
ケヤキの地面に根付く生命力の逞しさは、見ていて力強く感じます。
被災地も少しづつ地面に根を張るように、そして緑の葉を多くつけ
るケヤキのように成長してまいります。ありがとうございました。

  • |2011.05.09(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: ponsunさんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

ふくよかな体形の金太郎さんですよね。
金太郎にはいくつかの伝説があるようですが、その1つに静岡県の
金時神社には956年5月に誕生したとあります。
成長した金太郎は足柄山で熊と相撲をとり、母に孝行する元気で
優しい子供だったそうです。
まさかり担いで熊の背に乗り、菱形の腹掛けを着けた元気な少年像
として、五月人形のモデルとなったんだそうですね。
子供たちの憧れの1人だったのかもしれません。

  • |2011.05.09(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

もう季節は夏になってしまいました。
今年くらい慌ただしい季節はないですね。大震災で右往左往してる
間にいつの間にか春が過ぎ去ってしまったかのようで、ゆっくりと
桜を見ている暇もありませんでした。
時間は遠慮なく経ってしまいます。気がつけば震災から、もう2ヶ月
が過ぎ去ろうとしています。
これからも何回か四季を繰り返し、被災地は復興していくのかもし
れません。

  • |2011.05.09(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

昔日本では女性だけで、田植えの前に穢れを祓い身を清める五月忌
み(さつきいみ)という風習があったんだそうです。これが中国か
ら伝わった端午と結び付けられたんですね。
ですからもともと端午は、女性のための節句だったんですね。
中国では5月5日を端午の日とし、邪気を追い払う菖蒲を薬草として
門に掲げていたそうですね。それが日本に伝わって鎌倉時代になる
と、菖蒲が尚武を連想させることから、男の児の節句に変わったん
だそうです。昔から男の子は家督相続として、大切に育てられてい
ましたからね。後半の5月連休、楽しんで来てください。
  • |2011.05.09(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

そうですね。この時期衣替えですよね。
一般的に6月1日と10月1日が衣替えですが、南西諸島では5月1日と
11月1日だそうです。衣替えは習慣であって強制ではないのですが、
学校だけは強制ですよね。
ややこしいのが着物の衣替えで、6月1日~30日が単衣、7月1日~8
月31日が薄物(うすもの)、9月1日~30日が単衣、10月1日~5月31
日が袷(あわせ)だそうです。
知ってました? 

  • |2011.05.09(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。
私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

自分も5月連休の後半東京へ行ってましたが、涼しかったですね。
田舎と変わらない気温でした。もっとも寒暖の差がなかったこと
で体調を崩さなくて済んだのかもしれません(笑)。
帰省した翌日から東京は再び暑さを取り戻したようですけど。
ついてたのか、ついてなかったのかわかりません(笑)。
こうして夏は徐々に進んでいくのでしょうね。
電力不足が懸念される夏が恐怖です。

  • |2011.05.09(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

私事の都合でご返事が遅くなりましたことをお詫びいたします。

異常気象は今年に限って見られる傾向ではなく、昨年あたりから
顕著に現れてきたような気もしますね。
確かに今年の連休は涼しかったですね。半袖では寒い位でした。
東京の連休前は夏日の連続だったようですが、連休も後半に入っ
て涼しくなったようです。お天気も気まぐれのようですね。
なんか、自分の姿を見せつけられいるようです(笑)。
近近M8クラスの地震が強襲するなどという予測をされていまし
たが、空振りに終わったのでしょうか。ある意味良かったですね。

  • |2011.05.09(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top