風薫る空に舞う鯉のぼり

苔むした岩肌からは清らかな水滴が滴り落ちる夏の山の「山滴り」、紅葉が鮮やかに彩る秋の山の「山装う」、深い雪に閉ざされ眠るような冬の山の「山眠る」、そして春の山を「山笑う」と四季折々の山を表現する俳句の季語。
暖かくなって、動植物が目覚める春の山。若葉や春の花が柔らかな日差しを浴び、あたかも微笑んでいるかのように感じてきます。
写真素材 PIXTA
鯉のぼり

震災で被災した東北も春に目覚め、ゴールデンウィークがもうすぐやってきます。
男の子がいる家に、はためく鯉のぼりが見られた風薫る5月。数匹の鯉のぼりを立てる家には鼻歌が出るほど活気づいていました。屋根の上を泳ぐ鯉のぼりをみて「一番上がお父さん、二番目がお母さん、その下のはぼくだよ」。子供の心には夢と希望が満ち溢れていました。
真鯉や緋鯉の上には、子供を5つの災いから守る五色の吹き流し。そして竿の上には魔よけの矢車。子供を思う親の想いが鯉のぼりに託されていたのです。

鯉のぼりの始まりは江戸時代で、町民文化の中から生まれた節句飾りの一つ。
鯉はきれいな水の中はもちろん、池や沼といった所でも生息する魚。このことから、鯉は生命力が強く縁起がいいとされてきました。中国では鯉が急流をさかのぼり竜門という滝を昇りきると天上で竜になる、という登竜門伝説。私たちは男の子の出生や成長を祝い、どんな困難にも負けずに立派に育ってほしいと、立身出世を願います。

しかし、爆撃の目標になるとタンスにしまったままの戦時中から、男女同権の風潮に合わないと敬遠された戦後。今では鯉のぼりを立てる家はあまり見かけなくなりました。僅かに町興しや観光用のために飾られる鯉のぼりだけ。なぜか心は寂しい5月の節句です。
子供が小さかった頃、団地住まいだった我が家ではベランダに小さな鯉のぼり。部屋には勇猛な武者兜を飾っていました。

桜の開花が遅い北国では、鯉のぼりと桜の時季が同じ頃になることもあります。
桜吹雪を浴びて泳ぐ天上の鯉。北国なればこそ見られる光景です。
♪甍(いらか)の波と雲の波
重なる波の中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる朝風に
高く泳ぐや、鯉のぼり
(作曲 弘田龍太郎)
端午の節句を前に空に舞う鯉のぼりは、5月の風物詩ですね。

参考サイト:Wikipedia、Infoseek天気きょうの豆知識
写真提供:(c) モーリー写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑


関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

爆撃の目標になるという話は知りませんでした。
今は確かに廃れてきた感じがします。
少子化の影響も大きいのでしょうね。
  • |2011.04.24(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

鯉 の ぼ り

 
もう、そんな季節なんですね

風にたなびく、たくさんの鯉のぼり

懐かしくも、あたたかく、ほのぼのと
してきますね

今日は抜けるような青空

鯉ちゃんたちも、歓んで揺れ動くことでしょう


ありがとうございます


  • |2011.04.24(Sun)
  • |ponsun
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

被災地で、避難所生活していらっしゃる方が、
鯉のぼりを、おくってもらって、
たくさんの鯉のぼりを、泳がせて、子供に見せたい・・と、
言ってらっしゃいました。

鯉のぼりが、空を舞っている姿は、
本当に、すがすがしくて、雄大ですよね・・

元気になれる、気がしますよね!

代替画像

No title

こんにちは!いつもどうもありがとうございます♪
早いものでもうすぐ5月ですね・・・
GWはどこも自粛ムードなのか、すいてるようです
これでは経済復興まだまだ先になりそうですが
鯉のぼりも、賛否両論
被災地の人たちは、子供に見せたいのであげてほしいと
言うところと、逆に港など人たちは鯉のぼりを見ると空しく
なってしまう・・・というのがあり
悩んでるようですね・・・
難しいです

またよろしくお願いいたします
  • |2011.04.24(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:itchannさんへ☆彡

鯉のぼりを立てている家には、将来軍人を目指す男児がいる。
今のうち攻撃しておけ、とでも指令が飛んでたんでしょうかね。
鯉のぼりを目標に爆撃するというのも冷淡ですよね。

確かに廃れてきた要因には少子化の影響があるかもしれません。
マンション、アパートなどの急激な増設で鯉のぼりを立てる場所
も無くなってきていることも理由の1つかもしれませんね。
それにお祖父ちゃん、お祖母ちゃんと住まない核家族構成も尾を
引いてるんじゃないですかね。
だんだん日本の伝統が消えかかってるような気がしてなりません。

  • |2011.04.24(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: ponsunさんへ☆彡

今年は鯉のぼり、あまり見かけないですね。
風になびいて泳ぐ鯉のぼりを見ると、今年も薫風の5月を迎えるん
だな、という気になるんですけどね。
年々減ってきてはいるようですけど、今年は特に大震災の影響も
あるんでしょうか、鯉のぼりを立ててる家が少ないようですね。

紙で作った兜をかぶり、木の棒を持った子供たちが友達相手に
チャンバラごっこをして遊ぶ。そんなほのぼのした光景が見れなく
なりました。時代は変わりました。そんな思い出のある大人として
寂しく感じます。

  • |2011.04.24(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

甍(いらか)の波と・・・と屋根より高い・・・と

こいのぼりの歌が二つありますよね。

小学生の時前者は高学年で習いました。
運動会で高学年が歌うのが前者、低学年が後者でした。

甍の波とをうたったとき大人になったような気がしましたね(^_^)v
  • |2011.04.24(Sun)
  • |kissy
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

避難所生活も長く続いてくると、古来から続く伝統行事が懐かし
く思えてくるんでしょうね。
もし普通の暮らしをしていたら、今頃鯉のぼりを立てて息子を
祝ってあげたのに。その鯉のぼりどころか家も流され、何もなく
なってしまったそのもどかしさ、今は辛い時ですね。
町には鯉のぼりが消えてしまいました。
でもみんなの心の中には、きっと5月の風にたなびく真鯉に緋鯉の
鯉のぼりが、元気良く泳いでいると思いなすよ。
1日も早く元気になって、来年は鯉の5匹や10匹、まとめて泳いで
もらいましょう。
  • |2011.04.24(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。
5月のGWはもうすぐだというのに、なぜか楽しさが伝わってきま
せんね。沿岸と内陸を結ぶ国道は自衛隊のあのモスグリーンの車が
行きかってます。被災地の復興のため連日身を粉にして支援してく
れてるんでしょうが、自衛隊の車を見るたびに、被災者のことを
考えてしまいます。
記事の下の鯉のぼりの写真、去年まではその雄姿を見せてくれてい
たのに今年は全く見られません。やはりここでも自粛してるんで
しょうかね。憂いてばかりでなく、伝統の行事で被災者の気持ちを
勇気づけてはどうなんでしょうか。

  • |2011.04.24(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

確かに鯉のぼりの歌には2種類ありますね。
1つは記事で取り上げた「鯉のぼり」ともう1つは作詞が近藤宮子さん
の「こいのぼり」。
「こいのぼり」は昭和6年に発表されてますが、「鯉のぼり」はその前
大正2年に尋常小学唱歌第五学年用として出されてるそうです。
当時から小学校高学年用として歌われていたんですね。
ところが口語体のやさしい歌詞である「こいのぼり」が、よく歌われ
るんだそうです。お兄ちゃんたちには文語体の「鯉のぼり」の方が、
大人っぽく感じたんでしょうね。
kissyさんの学校は「春季大運動会」でしたか。

  • |2011.04.24(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

今日、自動車販売店が店先にこいのぼりをたくさんくっつけたものを飾っていました。
私は子供のころお雛様もそうですがこいのぼりも大変あこがれたものです。

母親が疎開した山梨の田舎では、こいのぼりもそうですが、大きな「のぼり旗」が幅を利かしていたそうです。確かに今でも地方によっては幟をあげてるようですね。

鯉が逆境に耐えて滝を登るように日本と日本人もこの逆境に打ち勝たねばいけないですね。
時間はかかっても絶対出来ると確信します。あの戦禍から立ちあがった日本ですもの!

matsuyamaさん、御身大切にお過ごしくださいね。
  • |2011.04.25(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

そうですよね、鯉のぼりって私の近所では、知る限り1件だけ
飾っているところがありましたが、最近は止めたみたいですね~

でも、ちょっと車で20分ほど、田舎の方に向かって走ると
結構、たなびいていますよ^^
そういえば、今年もそろそろ飾っているところがあるかも??
自粛していなければいいけれど・・・どうかな???
  • |2011.04.25(Mon)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

私も長男のために大きな鯉のぼりを上げました。
住宅街だったので、物置のトタン屋根の角に引っかかり、
ビリビリに破けてしまった苦い記憶が有ります。
広い土地の一軒家に悠々と泳ぐ鯉のぼりが羨ましかった!!
  • |2011.04.26(Tue)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは☆彡

こんばんは☆彡
情緒的な文章の中に復興へのメッセージを強く感じます。
こいのぼりはこちらでもあまり見かけなくなりました。しかし、あえて立てないのと、立てられないのでは訳が違いますものね・・。
最後の歌のように、力強く、たくましく。
一日も早く平穏な日々が過ごせますように('-'*)
  • |2011.04.28(Thu)
  • |AKIRA
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

しばらくぶりに大阪の自宅に戻って一息ついてま~す。
いつの間にやら、ゴールデンウィークですね。時間の経つ速さにビックリです。
風にたなびく鯉のぼりの姿は、郷里の香川県でも、かなり田舎の方まで行かないとお目にかかれないですねー
もっとも別府のところは、女2人姉妹でしたから、鯉のぼりとは無縁でした(笑)
  • |2011.04.29(Fri)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2011.05.02(Mon)
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

私事の都合により遅くなりましたことをお詫びいたします。

昨年まで川をまたいで沢山の鯉が泳いでいる姿がありましたが、
今年は鯉のぼりの姿が見られないのが残念です。
やはり震災の影響なのでしょうか、鯉のぼりにも自粛ムードが
漂っているようですね。
子供たちに夢と希望を持ってもらうためにも、日本の伝統を見せ
てほしいもんですけどね。大人たちにそれだけの余裕がないのか
もしれません。
被災地もこの逆境を乗り越えて復興を願いたいものです。

  • |2011.05.02(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

私事の都合により遅くなりましたことをお詫びいたします。

鯉のぼりの生産地や観光名所では数の多さを誇るかのように雄大な
姿を見せてくれたものですが、今年はどうなのでしょうか。
一般家庭でも年々5月行事が廃れてきているようですね。
鯉のぼりどころか、ちまきを食べることもなく、紙兜を被ることも
なく、元気に育ってほしい子供の行事が忘れ去られて行くのは残念
なことです。
いまやこの伝統行事を支えるのは町から一歩奥に入った田舎だけに
なってしまったんでしょうか。

  • |2011.05.02(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

私事の都合により遅くなりましたことをお詫びいたします。
ご長男のために鯉のぼりを上げられましたか。偉い(笑)。
親として息子に託す夢もまた、この鯉のぼりにはありますからね。
最近では住宅事情で鯉のぼりの竿を立てることさえ、思い通りに
なりませんよね。
大きな鯉を立てようと思うと、それなりに屋根より高い竿を用意
しなければなりません。そんな長い竿を行事が終わった後に保管
しておく場所もないですからね。
私は小さな兜を買って室内に飾りましたが、その時サービスでいた
だいた小さな鯉のぼりをベランダに飾りました。そのためでしょう
か、子供が大きく羽ばたいていないのは(笑)。

  • |2011.05.02(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  AKIRAさんへ☆彡

私事の都合により遅くなりましたことをお詫びいたします。

家屋の事情によってひな飾りの行事が減ってきているように、日本
の伝統行事でもある鯉のぼりがまた一つ薄らいで行きますね。
こちら被災地は事情もあって、なかなか鯉のぼりも立てられない
状況にあるのかもしれませんが、被災されなかった地方では古来か
らの伝統を引き継いでほしいもんですね。
子供たちに夢と希望を与え、期待をこめた親の愛がこの鯉のぼりに
託されているのですから。
とはいえ諸事情がからんで思い通りにいかないのが現実なんでしょうね。

  • |2011.05.02(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

私事の都合により遅くなりましたことをお詫びいたします。

チャリティコンサートは上手くいかれましたか。
我々被災地のために骨身を削っていただき感謝に堪えません。
この後はゆっくりとご休息ください。
別府さんは女性ですから、鯉のぼりには縁がないかもしれません
が、お雛さまと同様、子供たちの成長を祝う伝統行事は大人たち
の気持ちをも安らげてくれますよね。
鯉のぼりに限らず、日本の伝統は荒んだ被災地の皆さんを勇気づけ
てくれると思うんですけど。

  • |2011.05.02(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top