山や草原は萌え萌えの季節

立春を暖かく迎えたとはいえ、まだまだ山々は枯れ枝が目につく季節ですね。緑の葉がついてないと寒々しい気がします。もっとも杉の木は緑を携えていますけどね。これが花粉症という名で人々を苦しめているんですよね。
それはさておき、日本の草原では今熱く萌えています。枯れ葉の山が焼けるように萌えているんです。
   写真素材 PIXTA

山焼きはその地域の春の風物詩
奈良の若草山で先月22日、古都の夜空を焦がす山焼き(野焼き)が行われましたね。赤々と燃え上がる炎の祭典を楽しんだようですが、この1月から4月にかけて、日本各地では山焼きが行われます。山一面が炎に包まれる光景は圧巻で、この山焼きはその地方の風物詩となっているようです。
お盆に行われる京都や箱根の大文字送り火は、精霊黄泉に返す精霊送りの意味を持ち、あくまでも宗教的行事であるのに対し、山焼きは新芽を出させるために山腹の広い範囲を焼くことであって、送り火とは全く異なります。
春先のまだ草木の新芽が出ないこの時期に野山の枯れ草を焼く山焼きは、土をよく肥やすために行われます。焼けた跡にできる灰は肥料となり、春の芽生えが生き生きとなり若葉が一斉に出てくるんです。地域によっては山菜の収穫にもつなげているようですよ。

山焼きは天候に左右される風物詩
草原は野放しにして置くと、いつしか森へと変わってしまいます。茅葺屋根や畑の肥料、家畜の飼料を得るために欠かせなかった草原は、山焼きによって新たな若草のための肥料とする効果もあるんですね。
山焼き跡の土地を好んで生育する植物、一定の加熱を経ないと種の殻が割れない植物もあります。山焼きは害虫を焼き殺す効果もありますし、日差しが良く地表に届くようにもなります。
しかし、山焼きは天気に大きく左右され、穏やかな晴天に恵まれれば、迫力満点の山焼きを見物することができますが、風が強いと飛び火する危険もあります。当日雨が降ったら当然できませんし、前日に雨が降り草や地面がしめっていても炎はなかなか広がってくれません。天気に大きく左右される風物詩なのですね。

山焼きはその地域の観光スポット
山焼きで有名な所は先日行われた奈良県の若草山をはじめ、静岡県伊豆の大室山(おおむろやま)、山口県秋吉台(あきよしだい)などがありますが、燃え上がる炎に迫力があるところから、観光スポットにもなっているところが多いようです。
先日行われた若草山の山焼きには、大勢の観光客も詰め掛け、夕刻約600発の花火が打ち上げられた中で、枯れ草に点火された火は瞬く間に燃え広がり、一面火の海と化したそうなんですよ。
この2、3月には次の地域で山焼きがご覧になれます。お近くの方はぜひご覧なってください。またこの地域以外にも山焼きを実施しているところもあります。ご自分でお調べのうえ、山焼きの迫力をご堪能ください(笑)。
静岡県伊豆市  大室山山焼大会  2月13日(日) 
山口県美弥市  秋吉台山焼き    2月20日(日) 
神奈川県箱根町 仙石原すすき草原焼き 3月9日(水)

ご自分の山に山菜を多く採ろうと勝手に山焼きをしてはいけませんよ(笑)。危険です。山火事の原因にもなります。絶対真似をしないでください。焼き払う場合は、地元の消防署に許可を取らないといけません。無許可は罰金刑です(笑)。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、Infoseek天気きょうの豆知識、奈良経済新聞
写真提供:(c) yuu503写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

  

写真の山焼きは見事ですねぇ。
一度この目で見てみたいものです。
東北ではあまり聞いたことがありませんが、観光化されている所があるのでしょうか。
かたや地中では、「萌え」の準備も盛んに進んでいることと思います。
  • |2011.02.07(Mon)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

伊豆の大室山、ぜひ行ってみたいモノです。
昨夏近くでキャンプしましたが、
機会を逸してしまい、そばを通っておしまいでしたし…

あのお椀が燃えるのは見てみたいモノです。
  • |2011.02.07(Mon)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

いい眺め

冬の山焼きに花火

とっても美しい光景ですね

ありがとうございます
  • |2011.02.07(Mon)
  • |ponsun
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡  

山焼きは全国各地で行われてますけど、観光化されてる山焼きは
極わずかのようですね。
サイトで調べた限りでは宮城県でも2か所ほど見つかりました。
ただ研究室発表のデータですので、観光化されてるかどうかは
わかりません。土地肥沃のためだけの山焼きですと、見ていても
炎の祭典という雰囲気はないですからね。

ご興味がありましたら、下記のサイトへアクセスしてみてくださ
い。
http://www.green.gifu-u.ac.jp/~tsuda/hiiremap.html

  • |2011.02.07(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

大室山の山焼きも、写真で見る限りは勇壮ですよね。
私もこの近くは何度か通りましたが、山焼きの時期は行ったこと
がありません。1度は見ておきたい風物詩です。
当日は参加者も点火で山焼きに参加(500円)できるようです。
貴重な体験もできるみたいです。
楽しんでみてください。

大室山は山焼き以外でも十分楽しめます。
今度お近くでキャンプされる時は、ぜひ足を運んでみてください。

  • |2011.02.07(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: ponsunさんへ☆彡

写真は今年1月22日、若草山での山焼きですが、花火も打ち上げら
れ、夜空に立ちこめる炎が幻想的ですよね。
観光化された山焼きは全国でも数少ないようなので、貴重な写真
です。

機会がありましたらぜひご覧なってみてください。
写真だけでは見られない山焼きの裏方さんの動きもご覧になれるか
もしれませんよ。
  • |2011.02.07(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつもどうもありがとうございます♪

山焼き
奥が深いですね、そう言うことだったんですね
自然に反してるのかどうかはわかりませんが
ある意味自然のためにもなってるんですね
難しいです、勉強になりました。

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.02.07(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

山ではありませんが岡山では
この季節に後楽園で芝焼きが行われます。

春の風物詩となっています。
  • |2011.02.07(Mon)
  • |kissy
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

刻一刻と花粉の季節が近づいていますね!
今年は例年の倍以上の花粉量だそうです。。
憂鬱です!!
  • |2011.02.07(Mon)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

かつて、箱根に行った時「山火事」に遭遇したことがあります。と行ってもごく小さなものですぐに消し止められたのですがあの緊張感を、「山焼き」の記事で思い出しました・・・。
しかしこのくらい乾燥がひどいと山焼きが丸焼きになりそうですね。コワッ。
  • |2011.02.07(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

奈良の若草山の山焼きは、有名ですよね^^
TVでしか、見たことがないのですが
実際に見に行ったら、かなり煙たいのでは?
と思いますけど、一度は見たいなあとも思いますね^^

まだまだ、春には遠いですが、梅や桃の花が
そろそろコチラでも見れるようになりそうで
楽しみです^^*/
  • |2011.02.07(Mon)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

肥沃な土を保持するためには、山焼き、野焼きといった荒療治も
時には必要なんですね。
かつての日本には焼畑農業という農法があったそうです。
今では特定の地方でしか見ることもなくなりましたが、焼畑農業
によるカブ栽培が行われている地方もあるそうです。
ある意味、いい例ではありませんが、山火事なんかは肥沃な土を
回復させるためにいい機会かもしれません(笑)。
山火事のあった数年後にはいろんな植物が活性化しますからね。

  • |2011.02.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

後楽園でも野焼きならぬ芝焼をしてるんですか。
庭園をきれいに維持していくためには芝焼も必要なんでしょうね。

新潟競馬場では害虫駆除、土壌改良、新芽の育成などのため枯れ
た野芝をバーナーなどで焼いているそうです。冬でも枯れない洋
芝などでは必要ないかもしれませんけどね。
毎年3月上旬に芝焼した後には、3月下旬頃新芽が出てくるそうで
す。芝コース一面真っ黒になる光景は異様でしょうけど、春を告
げる風物詩でもありますよね。

  • |2011.02.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

釣るベーさんも花粉持ちですか。
花粉症の方にとってはこれからの季節、憂鬱ですね。
花粉前線によると関東東海地方では2月15日頃と予測されている
ようですが、もう既に花粉が飛び始めているんじゃないかといわ
れているようですね。

暑かった昨夏はスギ花粉も例年になく成長しており、今年は昨年
の10倍もあるんじゃないかともいわれてます。
たまらんですね。幸い私はまだ花粉症にかかったことがないんで
すけど、油断は大敵ですね。

  • |2011.02.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

ハハハッ、うまい。山焼きが丸焼ですか。
山際の牧草地に放牧されている牛や馬などは丸焼になっちゃいま
すかね。ナイフとフォーク持参で消火活動をしていたりして(笑)。

山に覆われたこちらでも山火事はよくあります。たばこの不始末
が原因ということが多く、さらに乾燥した天候が拍車をかけるん
でしょうね。
町内放送で「山火事発生」のアナウンスを聞くと、一瞬緊張します。
人間でさえそうですから、近くに住む野生の動物も慌てて逃げ惑う
でしょうね。

  • |2011.02.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

自分も実際に見て確認したわけではないんですけど、勇壮でしょ
うね。あの幻想的な炎に包まれた光景は、見る人の心を奮い立た
せてくれると思います。
若草山の山焼きは観光化されてますから、花火まで打ち上げられ、
ショービジネス化してますよね。ですから観光客は遠くから全体
の様子を見学するようになると思います。
地方の観光化されてない山焼きは間近に炎を見ることができ、
その迫力が伝わると思いますよ。
山焼きが終わる頃には本当の春がやってくるでしょう。野山には
梅や桃の花が咲きほころびます。楽しみですね。

  • |2011.02.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはずかしながら、「山焼き」のことあまり知りませんでした。

現代では大文字焼きのようにごくごく一部で行われる特別なものだと思っていたのです。

いちどゆっくりと堪能してみたいです☆
  • |2011.02.08(Tue)
  • |三代目
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

山焼きというより、芝焼きかな?
私の今、住んでいる団地は、引っ越してきた当時、
芝焼きが行われていましたよ・・・

毎年2月の恒例行事でした。

消防の車とかもでるのですが、
火事になってみたり、大変だったのですよ・・

今では、嘘みたいなお話ですが・・・(笑)

代替画像

Re: 三代目さんへ☆彡

お盆に行われる箱根の大文字焼とは別ですね。あれは精霊送りの
宗教的要素がありますが、山焼きは山の土を肥沃にするために行
われます。

先日、三代目さんは箱根に遊びに行かれたそうですが、そのすぐ
そばの仙石原ですすきの草原を野焼きしてますよ。行かれた時期
が合いませんからご覧なれなかったと思いますけど。
ご商売されてるとなかなか実施日には行けませんよね。
その他全国各地で山焼きをしているようです。
日本の春の風物詩としてご記憶しておいてください。

  • |2011.02.09(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

団地のそばの公園とか、原っぱですかね。
新芽が出るように芝焼きして、土地を肥やしてたんでしょうね。

それにしても団地の近くじゃ、いろいろ弊害が出てましたでしょ
う。火事はもとより煙や煤による洗濯物への影響などあったんじ
ゃないですか。
他の地域でも火災防止には慎重で、地元の消防団が常に待機して
るようですよ。
山焼きをしていて山火事になった、なんて洒落にもなりませんも
のね(笑)。

  • |2011.02.09(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top