寒の内に見られる正月行事と自然現象

正月飾りや書き初めを持ち寄って焼くどんと焼(左義長・三毬杖・さぎちょう)「過去記事 どんと焼おもしろ雑学参照」が1月15日に行われます。この日は小正月でもあり、本来小正月までが松の内だったそうなんですね。近畿地方の一部では現在でもこの日まで松の内なんだそうですが、自分の中ではもう既に松が明けちゃってます(笑)。
    写真素材 PIXTA

1月20日で今年の正月も終焉
小正月とは、正月の望の日(満月の日、旧暦1月15日)のことですが、現在は新暦1月15日に行われていますね。元日に年神や祖霊を迎える大正月に対して、小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事や家庭的な行事が中心となるようです。
ミズキの枝に紅白のまゆ玉(かまくら)を飾ったり、この日の朝には小豆粥を食べたりしていました。本来は人日まで竈(かまど)を休ませるはずの松の内に、忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月「過去記事 正月の労をねぎらった女正月参照」という地方もあります。
今でこそ1月第2月曜に変更されましたが、かつてはこの小正月に元服の儀(成人式)を行っていたんですね。成人の日と小正月の関連が分りにくいことと、小正月の馴染みが薄いところから変更されたんだそうです。なんか成人「過去記事 成人おもしろ雑学参照」の日は1月15日って頭に残ってるのは、私みたいに昔の人ばかりなんでしょうかね(汗)。
この後1月20日には正月の終りとなる節目の二十日正月(はつかしょうがつ)があります。この日をもって正月の行事は終了ということで、地方によっては正月のご馳走や餅などを食べ尽くす風習があるんですね。
いろいろ続く正月ですが、目出たきもこれにてお終いということですかね(笑)。

餅を食べ、甘酒を飲み、水神を祀るかまくら
日本の降雪地に伝わる小正月の伝統行事であるかまくら。かまくらは雪で作った「家」に祭壇を設け、水神を祀ります。700年の伝統を持つ、秋田県美郷町六郷で行われる「六郷のかまくら」は、重要無形民俗文化財に指定されているんですね。その中では、子供たちが雪で室を作り、水神様を祀り、鳥追いの歌を歌うのだそうです。
かまくらは、形が竃(かまど)に似ているから「竃蔵」であるとか、神の御座所「神座(かみくら)」が転じたとする説などがあります。
新潟県の魚沼地方ではかまくらのことを「ほんやら洞」といい、小千谷市や南魚沼町で「ほんやら洞まつり」が毎年2月に開催されていますね。
かまくらでは七輪の火を囲んでお餅を焼きながらおいしい甘酒を飲むといった風習があります。大人にとっても魅力的ですよね。このかまくらの中、意外と暖かいそうなんです。単に雪の壁が風除けの役割をしているだけではなく、雪の壁の優れた断熱効果があるんですね。雪の壁で外の冷気を遮断し、内部の冷えを防いでいるのです。1度本格的なかまくらでお酒を飲んでみたいですね(笑)。

今年は見られるか長野の御神渡り
1年で最も寒さが厳しいこの時期、凍りついた湖にジグザグと氷の盛り上がった道ができることがあります。気温が下がる夜中に氷が収縮し、亀裂が入ります。亀裂の隙間には水が入り、薄い氷ができます。日中、気温が上がると氷は膨張するため、両側から圧力がかかって薄い氷が割れ、せりあがります。これが繰り返される現象のことを御神渡り(おみわたり)と呼ぶのですね。
御神渡りで有名なのが長野県の諏訪湖です。諏訪湖の御神渡りの記録は1440年代から実に5世紀以上も残っているそうです。ここでは神様が渡った跡とされ、古くからその年の天候、農作物の豊作・凶作、世相などの占いに使われてきたそうです。
諏訪地方に伝わる神話には、諏訪大社の「上社(かみしゃ)」に住む男の神様が、凍った湖の上を渡って「下社(しもしゃ)」に住む女の神様に会いに行ったという言い伝えがあります。このとき歩いた跡が、凍り付いた湖面を南から北に走る「御神渡り」として呼ばれるようになったんだそうです。

御神渡りは毎年見られるわけではなく、その年の天候が氷点下10度以下の日が続くと観測されるそうです。最近では2008年に観測。長野日報の記事では今年も地元の期待が大きいようです。
さて、御神渡りができない「明けの湖」となるのでしょうか、どうでしょうか(笑)。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、Infoseek天気きょうの豆知識
写真提供:(c) 北海洋写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

かまくらにしても御神渡りにしても全く縁のない岡山ですが、
今ではいろんなメディアで目にするようになりました。

寒い地方ならではですよね。

先日テレビで北海道の湖の御神渡り(こう呼ぶのかどうかわかりませんが)
も見ました。

ただやはり実際にこの目で見たり手で触れたりして
体験してみたいものですね
  • |2011.01.14(Fri)
  • |kissy
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

正月行事が終わるとなんとなく暦が寂しくなるような気持ちもしますが、次の春が待ち構えているんですね。
秋田生まれの我が家の従弟、「かまくら」が懐かしいようです。逆に九州人の私は小さい頃に本か何かで見た、「かまくら」の冬そのものの風景にいまだに憧れています。
  • |2011.01.14(Fri)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

かまくらってすごいんですね~
まさか文化財にまでなっているとは知りませんでした。
産まれてから関東以外に住んだことのない私には、<かまくら>ってちょっとした憧れのような感情を覚えます。
  • |2011.01.15(Sat)
  • |こちくん
  • URL
  • EDIT

代替画像

あたたかい

餅を食べ、甘酒を飲み、水神を祀るかまくら

寒い中での温かい風習ですね
  • |2011.01.15(Sat)
  • |ponsun
  • URL
  • EDIT

代替画像

どんと祭

仙台では、昨日14日、全国でも最大級の正月送りの行事といわれている大崎八幡宮のどんと祭(松焚祭~まつたきまつり)が盛大に行われました。
以前、お宮近くの社宅に住んでいた頃は何回か出かけたものですが、こちらに越してからはとんとご無沙汰しています。
例年、この行事を節目として正月も終わり、そして寒い寒いみちのくの冬も折り返しの時期に近くなります。
  • |2011.01.15(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こっちは明日、どんど焼きが行われます。

ウチのお子たち、団子じゃなくてマシュマロ欲しがるんじゃないかと…
ちょっと不安ですが…(^_^;
  • |2011.01.15(Sat)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

厳寒地における古来伝わる文化ですよね。
暖冬地の皆さんにはピンとこない文化かもしれません。
同じ日本民族でありながら居住地域によって食文化、生活様式、
しきたりが違うように、生活文化も異なります。
その地域の生活圏に目を向けることで、その地域の文化を吸収し、
同じ民族として共有することも必要かなと思います。
今回は降雪地域の伝統文化を取り上げてみましたが、限られたス
ペースの中で、その文化のすべてを伝えることは不可能です。
概略でも目を引き、関心を持っていただくことが本ブログの主旨
でもあります。各地の生活文化を頭の片隅にでも入れていただけ
ればと願っております。

  • |2011.01.15(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

正月飾りを焼いたりするの、あれ、どんと焼と言うんですね。
たしかに、うちに田舎でも、その日までを松の内としていたような記憶があります。かなりアイマイな記憶ですけど(笑)
  • |2011.01.15(Sat)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

暦をめくると小正月前後までは毎日のように年中行事が続いていた
ものが、この日以降はスカスカ、空欄が目立っていますね。
この1月前半だけで、日本の伝統行事が消化されてしまったような
気もします。現実には雪に閉ざされていると、まだまだ正月期間が
抜けきらないような気もしますけど(笑)。

降雪地帯のかまくらはそんな北国の文化を象徴するような行事です
よね。とはいえ、かまくら自体の伝統を個人で受け継いでるところ
は少なく、自治体主体の観光用祭事に委ねられてるのが現実のよう
です。冬の風物詩も観光用になり変ってしまうのでしょうか。

  • |2011.01.15(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こちくんさんへ☆彡

あの雪洞の中で炬燵に入り、ゆらゆら揺らぐローソクのほのかな
灯りのもと、お餅を食べ甘酒を飲む光景を想像したら、誰でも憧
れてしまいます。
まして雪の少ない地域にお住まいの方は、1度あの雰囲気を味わっ
てみたいと思われるでしょう。
私でさえあの中で鍋を囲み、熱燗で一杯やってみたいですよ(笑)。
かまくらは東北の寒い地域に見られる冬の風物詩ですよね。
でも今は観光化され、地元の子供たちもあまりかまくらに入ること
は無くなってるようです。だからこそ重要無形民俗文化財で保存
しなくちゃならないのでしょうね。

  • |2011.01.15(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: ponsunさんへ☆彡

今でこそ交通も通信も発達し、雪の積もった冬のさなか何処にで
も行けますが、昔は雪に閉ざされた北国では子供たちの遊びが
少なかったんでしょうね。
700年の伝統を誇るかまくらは、唯一厳粛な行事とともに子供たち
の楽しいひと時だったのかもしれません。
子供たちの心を豊かにし、自然と共存する慣習は未来にも承継し、
いつまでも保存していきたいものですね。

  • |2011.01.15(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

仙台のどんと祭は大規模に行われてるようですね。
今年も大崎八幡宮で盛大に行われたんでしょうね。
何しろ無形民俗文化財ですものね。
一般的などんと焼ですと正月飾りや書き初めなどを持ち寄って
焼くみたいですが、規模が大きくなると各家庭の正月飾りや書き
初めなんかは取り扱わないんでしょうね。
大勢の人がどんどん集まるとなると、燃やす火もチョロチョロじ
ゃ恰好もつかないし、場所を確保するのも大変でしょう(笑)。
こうして今年の正月も終わるんですよね。大寒を過ぎれば春です。
もうすぐ寒い冬ともお別れですね。気が早いですかね(笑)。

  • |2011.01.15(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

そちらでもどんど焼が行われますか。
最近では火災防止やエコなど環境に配慮して、それなりの場所が
確保されないと消防庁の許可が下りないという話も聞きます。
確かに危険とは表裏一体ですけどね。万全の態勢で臨めば問題は
ないかと。
あの勇壮に燃え上がる炎を見れば、人々の心も大らかになります。
規制一つで古くから伝わる日本の伝統行事の灯を消さないでほしい。
時代の流れとともに団子がマシュマロに変わっても‥‥、うん!
そちらのどんと焼では団子を配られるんですか。地域性があるん
ですね。

  • |2011.01.15(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

またの名を左議長(さぎちょう)というそうですが、全国でもどんど
焼とかどんと焼というそうで、地域性があるようですね。
元々の松の内は1月15日までだったようですが、江戸幕府の通達に
より、1月7日を飾り納めとするようになったんだそうです。それ以
後関東は1月7日を松明けとしておりますが、西日本では元々の1月
15日を松明けとしているようですね。

日本には大正月、小正月、二十日正月などいろいろあって、その
時々の正月を祝ってた習癖があります。別府さんはフランスに行か
れてたことがありますよね。フランスの正月ってどんなんですかね。

  • |2011.01.15(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

諏訪湖の近所に住んでいる人を知っています。
やはり、温暖化の影響なんでしょうか?
この何年も、諏訪湖に氷は張ってないらしく
御神渡りは、見れないそうです~
残念ですね、私も名前は聞いたことあるのですが
せめてTVでも、見てみたい物だと思っています^^
  • |2011.01.15(Sat)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます!
いつもどうもありがとうございます♪

母の実家が諏訪に近いこともあり
子供のころこの祭りに行った記憶があります
定かではないですが・・・(笑)
かまくらも、雪がここ数年皆無な東京では
ちょっと降雪地域まで行かないと難しいですね
うちの子供たちは、まだそのあたりを知りませんので
ぜひ雪の楽しさを教えてあげたいです。

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.01.16(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

長野日報によると、14日早朝の諏訪湖は全面結氷しており、このま
ま-10℃以下が数日続くと3季振りの御見渡り出現があるかもしれな
いと期待しているようです。
御見渡りはここ数年見ることもできず、地元では諏訪湖の御神渡り
の出現日を当てるクイズを始めるなど、今年こそはの意気込みがあ
るようですけどね。

やはり暖冬の影響もあるのでしょうが、毎年見れるものでもない自
然現象だからこそ、明けの湖にならないよう、今年こそは見ておき
たいものですね。

  • |2011.01.16(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

諏訪湖には縁があるんですね。なかなか夏の避暑に行くことは
あっても、厳寒の諏訪湖には縁がない限り、行く機会もありませ
んからね。
数年に1回の珍現象ですから、一見の価値があるかもしれませんよ。
特にお子さんたちは東京で見る機会の少ない雪を楽しめるかもし
れません。
仕事がお忙しくてそれどころじゃないかもしれませんけど、雪合
戦、雪だるま、そり、かまくらなどで雪の遊びを体験しておいて
もいいかもしれませんね。

  • |2011.01.16(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

栃木県の湯西川温泉はご存じでしょうか??
今、冬に、宇都宮とか、多分、東京からもバスがでるかもしれないです。
かまくらまつりをもよおしておりますよ・・・

昨年、そちらで、新年会を催しました。
かまくらの中で、お酒を飲んだり、料理を運んでもらえるので、
バーベキューしたりすることが、できますよ・・・

只、そちらに入っている行者さんが、最悪で、けんちん汁の、
まずかったこと(笑)

それが、解消されていれば、おすすめですよ(*^。^*)

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

仕事で日光の湯ノ湖へ行ってた頃、湯西川まで足を伸ばしたこと
がありましたよ。雪深いところですよね。
そうですか、かまくらまつりやってるんですか。

大人何人くらいでバーベキューされたんですか。大人が数人入れ
るとなると相当大きなかまくらですよね。
そこで新年会ですか。大人の熱気でかまくら融けませんでしたか
(笑)。
まずいけんちん汁を食べさせられたんですか。具材の大根や人参、
里芋があまりにも寒くて、凍っていたんじゃないですか(笑)。

  • |2011.01.18(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

やっぱりフランスはキリスト教圏ですから、お正月よりクリスマスって感じですね。
そうそう、お正月に食べる「王様の焼き菓子」っていうのがありました。
お菓子の中にコインとかが入れてあって、それが当たった人は王様のような1年がやってくるみたいな…
  • |2011.01.20(Thu)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  別府葉子さんへ☆彡

やっぱりそうですよね。お正月というのは日本独特ですもんね。
キリスト教国ならクリスマスを盛大に祝うのでしょうね。
祝い方も違うんですか。日本のクリスマスはどこか商業的なとこ
ろがあるような気もします。
年賀状もクリスマスカードと一緒にしちゃうんですかね。
「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」とか。あっ、これは
英語か(笑)。

「王様の焼き菓子」って正月に食べる習慣があるんですか。
コインが当ると1年が王様気分。なんか日本のおみくじみたいで
すね。大吉、とか(笑)。

  • |2011.01.21(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • |2011.08.28(Sun)
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top