成人おもしろ雑学

明日は成人の日ですね。数年前までは1月15日と決められていたのですが、今はハッピーマンデーといって、1月の第2月曜日と決められたようです。
また今年も大勢の若者が大人の仲間入りをします。

ところで成人になるって、どんなことなんでしょう。
お酒が飲め、選挙権が得られるだけなんでしょうか。

男は「元服」、女は「初笄(ういこうがい)」 が始まり
七世紀、天武天皇の頃、13歳から16歳の間で心身ともに成育した男子に対し、結髪加冠の制が規定されたのがルーツで、奈良時代には、宮中や公家、のちには武家の男性が、15歳になると成人と認められ、おとなの髪に結い直しました。公家は冠を、武家は烏帽子をかぶり、大人の装束をまとって成人の儀が行なわれたのです。これが「元服」であり、「首服」「加冠」「初冠(ういこうびり)」「烏帽子祝」などとも呼ばれました。
女子では、奈良から平安時代にかけて、12歳から16歳までに、垂れ髪を結って笄という髪飾りをさし、女性の正装である裳(も)をつけて成人を祝いました。これを「髪上(かみあげ)」「「初笄(ういこうがい)」などと呼ばれたそうです。

現代では20歳で成人
現在の我が国では民法第4条に年齢20歳をもって成年とする、と明記されており、法的にも飲酒、喫煙、投票などが可能になりました。今では1948年に公布・施行された祝日法により、翌年から1月15日を成人の日として制定されましたが、1998年のハッピーマンデー法による祝日法改正に伴って、2000年より1月第2月曜日には、全国の市町村で盛大に成人式を行なうようになりました。そのルーツは終戦間もない1946年11月22日、埼玉県北足立郡蕨町において実施された「青年祭」だったそうです。
今日では前日の日曜日、又はその年のゴールデンウィークやお盆、あるいは松の内に行う市区町村もあるようです。これは就職や進学で郡部を離れる人が多く、実家に帰省する人が多いお盆や松の内に前倒しして行う方が参加しやすく、晴れ着などに金銭をかけなくて済むという理由からのようです。特に岩手県では、半数以上の町村がお盆に開催しております。

モラル低下の成人式に疑問視
もともと成人式は、成人した青年を行政が祝福・激励し、自立した社会人として責任ある態度でより良い社会を築くことを、社会に啓蒙するためのものでした。しかし、1970年代に入ると、成人式離れがクローズアップされ、最近では新成人が会場に入らない、私語や携帯電話を使い、主催する側の式辞・講演に関心を示さないモラル低下の七五三現象が現れています。一部では、会場で暴れ回り式を妨害するケースも見受けられるようになり、成人式というイベント自体の存在の意義が問われています。

成人式は着物の良さを見直すいい機会
暴れる新成人に困りながらも、成人式では振袖を着用する新成人も多く、呉服業界や子どもの成人の記念に振袖を着せたいという親からの要望、要請もあり、成人式を続けている自治体も多いようです。近年、着物離れが進んでるなかで、若者に日本の着物のよさをアピールできる場として、絶好の機会でもあるのでしょうか。近年では女性のみならず、男性の紋付袴などの着物姿も多くなってきています。

ビールやワインで祝杯
現在では「成人式」は地方自治体や企業の公的祝賀会と見られがちですが、本来は一家の祝い事なので、わが子の成人を家族で祝いたいものです。
家庭で赤飯、尾頭つきの祝い膳を囲み、成人の証しとしてビール、清酒、ウイスキー、ワインなどで祝杯をあげましょう。ホームパーティー形式で、特に親しい人を招いてもいいですし、レストランやホテルのダイニングルームを予約してわが子とともに食事をし、成人として必要なマナーテーブル学んでもらうためにもディナーで祝う方法もありましょう。

お祝いの品々
女性の晴れ着や男性のスーツは、親が贈りますが、最近はレンタルを利用することが増えてます。親戚やごく親しい人からのお祝いは、おとなの装いを念頭におき、本人の希望を聞いた上で、贈るように心がけましょう。
女性には、ハンドバック、ネックレス、イヤリング、ブレスレットなどのアクセサリー類、スカーフ、香水など。男性には、ネクタイ、バック類、ワイシャツ、腕時計、靴、ワインなどが一般的です。
表書きは、お祝いの品に熨斗をつけ、紅白蝶結びの水引をかけて、「祝成人」または、「成人御祝」「成人式御祝」などと表書きします。

必ず本人がお礼の挨拶を
お返しの必要はありませんが、本人が必ず礼状を書くか、口頭でお礼の挨拶を述べるようにします。先方に謝意を伝えるのがマナーです。お礼の挨拶は、必ず本人がするのが成人となった義務と考えましょう。
お祝いの品が高価で、同程度のお祝いをするのが負担な場合は、親に相談してみましょう。成人のお祝いは、しばしば本人よりも家と家のあいだで行なわれるケースがあるからです。

今年も酒に酔った新成人が、成人の式の主役にならないよう願っております。
<参照:冠婚葬祭ネット Wikipedia>

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top