迷いから悟りへお彼岸のお墓参り

ここ数日猛暑もなりを潜め、涼しい秋の訪れがやってきたようですね。思えば9月23日は秋のお彼岸です。やはり、暑さ寒さも彼岸までと言われるように暑さが秋にその座を明け渡したようです。自然の四季と昔の人は裏切らないですね(笑)。
写真素材 PIXTA

迷いの此岸から悟りの彼岸へ到彼岸
9月23日は秋のお彼岸です。仏教行事でありながらお彼岸にお墓参りをする習慣は日本独特ですね。諸外国にはこのような習慣はないそうです。
インドから中国、朝鮮半島を経て日本に伝わった仏教。その中のお彼岸とは、生死の境目にある海(または河)の向こう岸を「彼(か)の岸」という悟りの世界をあらわしています。つまり、極楽浄土といわれるあちらの世界のことです。反対に迷いや煩悩の世界を此(こ)の岸、此岸(しがん)といいます。此岸から彼岸へ到る到彼岸(とうひがん)と名付けられた彼岸会(ひがんえ)として、ご先祖様に感謝し、特別な法要やお墓参りをするようになったんですね。
平安時代になると、お彼岸の法要は朝廷の年中行事となりましたが、その頃のお彼岸は時期が定められていたわけではありません。時代によってお彼岸の時期も長さがまちまちでした。1844年から春分(秋分)の日を中心に前後3日間が彼岸として定められたようです。

幸せになるための6つの戒律
お釈迦さまは自分も他の人もともに幸福になる到彼岸として布施(ふせ)=物質であっても心であっても、人に喜びを分け与えること。持戒(じかい)=規律を守り、節制ある生活を行うこと。精進(しょうじん)=目的に向かってたゆまず努力すること。禅定(ぜんじょう)=常に平静な心を持ち続けること。忍辱(にんにく)=心を動かさずに耐えしのぶこと。智恵(ちえ)=人生の真実を見きわめ、迷いを去って無上(真に悟る)の境地にいたること、の6つを示されたそうです。

ご飯をあんこでくるんだお萩と餅をくるんだ牡丹餅
秋のお彼岸といえば「お萩(おはぎ)」ですよね。牡丹餅(ぼたもち)は春彼岸に出されます。基本的にはあんこの中に入っているのがご飯(餅米)の場合お萩、突いて餅にしている場合を牡丹餅というそうです。お萩は地域によって海苔巻きや稲荷ずし、団子など、お供え物も違ってきます。
四季がはっきりしている日本では、お彼岸は季節の変化を感じる時期でもあり、春はその年の豊作を願い、秋には収穫を感謝するという自然信仰がありました。自然の神々に対する信仰と仏教の教えとが結びつき、生活の中にお彼岸が定着していったんですね。
神道の場合も、お彼岸の過ごし方は仏教と同じ。祖霊舎(仏教でいう仏壇)をキレイにお掃除して、お墓参りをします。氏神様にお願いすれば、祝詞をあげていただくこともできます。神社でもお彼岸の中日(ちゅうにち)には神事が行われることが多いようですね。

お墓参りはお彼岸の間に
お墓参りには決まった時期があるわけではなく、いつ行っても構わないのですが、一般的には命日、祥月命日、お盆、お彼岸に墓参りするようです。
お彼岸の場合彼岸入り(9月20日)に、仏壇の両側に一対、お団子を山型になるよう備え、中日にはお萩をお供えします。お墓参りはお彼岸のうちにお花の他にお団子やお供えのお菓子なども持参します。仏教の場合は、お線香をあげますが、キリスト教の場合は白いお花、神式の場合は榊やお神酒などをお供えします。お彼岸明け(9月26日)には再び仏壇にお団子をお供えするのが一般的です。地方によっては習慣が違う場合もあるようです。
お墓が遠くにある場合を除き、事前にお墓の拭き掃除や周辺の草取りなど、掃き清めてから清々しい気持ちでお参りをしたいものです。寺院墓地の場合、お墓参りの前に本堂、本尊にお参りすることも忘れずに。

折角の休みなのにと言わず、お墓参りで先祖のご供養をしてくださいね。

※記事の内容は一般的なお彼岸の例に基ずいてます。地方によって慣習が違う場合はご容赦ください。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、All About、暮らしのミニ知識、こよみのページ
写真提供:(c) miku写真素材 PIXTA
FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑ポチッと、お願い。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

そういえばお墓参りって長い間行ってません。
子供のころは親に連れられて毎回行っていましたが、
成人してから一度行ったっきりになっています。

お墓のあった山(?)も道路の開発で
今ではどこにあるのかすらよくわからないようになってしまっています。

場所くらい知っておかないとばちが当たりますね
  • |2010.09.16(Thu)
  • |kissy
  • |URL
  • EDIT

代替画像

今晩は

やっと、秋らしくなってきましたね!
おはぎとぼた餅のちがいってそう言うことだったんだ。
子供のときはぼた餅と言っていたような。
大人になってちょっとお洒落におはぎなんで言ってみたりして・・・
ご飯をあんこで包んだのをお萩、
もちをあんこで包んだのをぼた餅ねぇ~
謎が溶けてスッキリしました。
  • |2010.09.16(Thu)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは!
いつもどうもありがとうございます♪

東京は昨日あたりから急激に涼しくなり
今日当たりは半そでだと肌寒いくらいです
週末はまた暑さが戻ると予報が出てるようですが・・・

ほんと彼岸まで・・・ってそんな感じですね
自分も20日にはお墓参りに行く予定です♪

またよろしくお願いいたします♪
  • |2010.09.16(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

なんと。
秋彼岸は「おはぎ」でしたか、シマッタ!

しかし一年ってこうしてみれば何と早いことか。もう秋の彼岸ですものね。
暑さももう少しで涼しさにとってかわりやがて、また冬が来るんですね・・・。
  • |2010.09.16(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

涼しくなりましたね。やっと秋が巡ってきてくれました。
此岸に生きて迷いや煩悩が多いもので、お彼岸はしっかりとお墓参りをせねばと毎年頭を低くしてお参りしています。
お盆や命日のお墓参りとはまた違う趣が季節を感じ、亡き人を偲ぶよすがになりますね。春秋のお彼岸はそこはかとない温もりや穏やかさを感じさせてくれます。
今年は少々季節がずれていますが、時を合わせたように彼岸花が咲きはじめる不思議さに毎年感じ入っています。
  • |2010.09.16(Thu)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ウチもお墓参りに行かないと…

千葉と箱根と小田原なので大変です(^_^;
  • |2010.09.17(Fri)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ここにきて、大分過ごしやすくなりました。
果たして彼岸までに涼しくなってくれるのだろうかと心配した時期もありましたが、よくしたものですね。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、今年の仙台の春分の日の気温は13度でした。一方、このところの気温は25度くらいですから、実は春に比べて倍もちがいます。
それでも涼しいと感じられるのは、やはり夏の猛暑の後だからなのでしょうね。

  • |2010.09.17(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

お彼岸って日にちが決まったのが意外に最近で驚きました。
もっと昔から決まっているものかと思いましたよ。

23日にお墓参りに行ってきまっす!

お萩と牡丹餅は同じものだとばかり思い込んでました・・・
  • |2010.09.17(Fri)
  • |こちくん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

道路が開発されたんですか。
工事会社も無断でお墓を移動したり、埋没させたりするようなこと
はしないはずですから、現在も残っていると思いますけどね。
管理されてるのはご実家ですか。ご存知の方がおられましたら
1度調べて置いた方がいいかもしれませんね。

kissyさんは分家されてるんですよね。となると一般的にはご自分の
墓地が必要になってくるかもしれません。
先祖代々とか○○家代々、一族墓、永代供養墓など最近ではいろい
ろな形のお墓があります。調べておく必要があるかもしれませんね。
  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

そうですね、おはぎってお洒落に聞こえますね(笑)。
ご飯と言っても餅米ですけどね。焚いた餅米をそのままあんこで
くるんだものがおはぎ、その餅米をすりつぶして餅状にしたものを
あんこでくるんだものがぼた餅ですね。
ぼた餅っていうと何かダサい食べ物のように思えますよね(笑)。

おはぎやぼた餅にもいろいろあって、枝豆をすりつぶしたあんこの
ずんだあんおはぎ、胡麻あんこをまぶした胡麻あんおはぎ、きな粉
で包んだきな粉あんおはぎなどがあるようです。各種揃えて出すと
バラエティに富んで、それこそお洒落ですよ。

  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

暖かかったり涼しかったりの繰り返しで本格的な秋が訪れるんで
しょうね。季節の変わり目ですから仕方ない自然現象かもしれませ
ん。暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったものです。

お墓参りも涼しくなって、いいお参り日和になりましたね。
ご家族で恒例のお彼岸墓参りですか。ご多忙の中をご苦労様です。
日本独自の伝統行事だそうですから、古来から伝わる慣習を守り、
子供たちにも引き継いで行ってほしいですね。

  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

おや、シマッタとは何かお間違いされましたか。
おはぎのところをぼた餅を作ってしまったとか(笑)。

日本の四季っていうのはその移り変わりを肌に感じながら楽しめま
すよね。雨季と乾季しかない国はその楽しみも半減しそうです。
2~3カ月前までは寒いの、暖かいの、いつになったら夏が来るのと
ボヤいてましたが、もう夏も過ぎ去ってしまったようです。
いつになく長い夏でしたが、そのため観賞の秋は短くなるかもしれ
ません。美しい紅葉の秋は今年は望めそうにありません。
すぐに厳寒の冬がやってきそうです。

  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

待望の秋が巡ってきましたね。夏嫌いのまろゆーろさんにとって一日
千秋の思いで待ち焦がれていた秋です。そして来週はお彼岸です。

彼岸の入りから彼岸明けまでの7日間。この7日間は迷いや煩悩の世
界から悟りを得た世界の彼岸に到達するため、心を鍛えるための期間
だそうです。逆にいえば7日間で悟りを得られるんなら短いものです。
曼珠沙華と別名を持つ彼岸花ですが、鮮やかな赤い花を咲かすこの
花は有毒性があるところから死人花、地獄花、幽霊花などと異名も
ありますね。迷いや煩悩から抜けきれない人を見守るように咲き乱
れます。この花の手を煩わせないように悟りを開いてください(笑)。
  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

千葉と箱根と小田原ですか。随分離れていてお墓参りも大変です
ね。1日で済まそうとしたら朝から夜までかかっちゃうんじゃない
ですか。

3か所一遍にお墓参りするのは大変でしょうけど、時には1か所の
お墓に絞り、残りは春の彼岸にお参りするというのはどうでしょう
かね。そうすれば時間も空きますから、近くに管理している寺院が
あったら本堂に寄ってご住職にお経をあげてもらうのも方法ですね。
出来ることならお墓で故人を偲ぶだけじゃなく、お経をあげてもら
ってご先祖様に感謝することもお墓参りの原点だと思います。

  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

やっぱり昔の人が考えた諺は、異常気象が続く現代でも通用するん
ですね。見事に帳尻を合わせてくれました(笑)。

仙台の春分の日は13℃でしたか。ここのところがが25℃ね。
12℃も開きがあるんですね。
熱帯夜に悩まされた東京でも、過去30年間の平均気温は春分の日が
9.4℃、秋分の日が22℃だったそうです。その開きは12.6℃ですから
この開きは全国共通なんですかね。これは茶々さんも仰ってるよう
に、暖められた空気はなかなか冷えにくいことがおもな原因のよう
です。願わくばこのまま冬まで冷えないでほしいもんですよね(笑)。

  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こちくんさんへ☆彡

源氏物語には「十六日、彼岸のはじめにて、いとよき日なり」と記さ
れたり、「蜻蛉(かげろう)日記」にも彼岸の記述があるそうです。
しかし彼岸を特定する日はなかったようです。彼岸の行事が始まった
のは1844年江戸時代に公式の暦になった天保暦からだそうですよ。
7日間の彼岸の中日には先祖に感謝し、残る6日は悟りを開くための、
いわゆる記事に書いてある6つの徳目を、1日に1つずつ修めるんだそ
うです。こちくんさんも23日のお墓参りで先祖に感謝し、徳目を修め
て悟りを開いてくださいね(笑)。
お萩と牡丹餅は餅米か餅かの違いですが、あんこの小豆は邪気を払う
という効果があるそうです。花より団子にはこういう効果もあるんで
すね。

  • |2010.09.17(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは☆彡

こんばんは♪
お彼岸というのは平安時代からの風習なのですね。
日本には古くから伝わる風習があることに改めて驚きました。もっとも、私にはお墓参りとお萩を頂く日という認識しかなかったのですが(^▽^;)

また、お萩とぼた餅の違いについては初めて知りました。
もち米がそのままのこってるお萩が苦手な妻ですが、仙太郎のぼた餅だけは好物というのも・・・納得です^^
粒つぶが消えているのですね。
  • |2010.09.17(Fri)
  • |AKIRA
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

「お萩(おはぎ)」と、牡丹餅(ぼたもち)って、
違うのですね?
私は同じもので、季節が違うだけと聞いたのですが
地方によって違うのかも?
お墓参りは、うちは少し前もって行く事にしているのですが
亡くなった父はお墓が嫌いで、死んでも来るな!と
言っていました。
掃除はしますが、「千の風になって」じゃないけど
やっぱりココには居ないんだろうなあといつも思ってしまいます。
  • |2010.09.17(Fri)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re AKIRAさんへ☆彡

飛鳥時代(574年~)、仏教の導入に積極的だった聖徳太子がお彼岸
の行事を始めたという説もあります。ただこの頃は定着もせず、
漠然的なものだったようですね。

現代に受け継がれている伝統行事は、先人達がその知恵と経験を積
み重ね、慣習となって私たちの暮らしに根付いているわけですよね。
お彼岸はお墓参りとお萩を食す日とイメージされているのも、昔から
伝わる伝統行事を受け継いでいるということになりますよ(笑)。
私も若い頃その時季なると和菓子屋さんに行って買って食べたことが
ありますが、お萩と牡丹餅、区分けが付きませんでした(アセ)。
  • |2010.09.18(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

通常、牡丹餅は字のごとく牡丹が咲く春の彼岸に、お萩は萩の花が
咲く秋の彼岸に、神仏や先祖への供物として献上されたそうですよ。
ただ地方によっては春にお萩、秋に牡丹餅として売ってる小売店も
あるようです。春夏はぼたもち、秋冬はおはぎと季節によって呼び
分けてるところなど、牡丹餅とお萩との区別は次第に薄れているよ
うですね。
死んでも来るなとは、意志の固いお父さんだったんですね。
きっと、きらいなお墓にはいないのでしょうね。
静かな鳥たちとともに輝くやさしい星になって、たえさんを見守っ
ているのかもしれません。

  • |2010.09.18(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

昨日、お寺に行ってきました。
お墓もきれいにしてきました。ちょうど彼岸の入りでお寺でこの日の午前中に大法要を行ったようです。
そのせいもあり、周囲のお墓はお花がたくさん上がっていてにぎやかでしたがその中にも一つ二つ、花の一輪も上がっていないお墓があって・・・ちょっとものさみしい気分になりました。
遠くに住んでいたり、高齢になられるとお墓参りもままならないですものね。
御先祖様もご了承済み、なんでしょうか。
  • |2010.09.21(Tue)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

私も昨日行ってお墓の掃除をしてきましたよ。他にも掃除をしていた方がおりましたが、中にはやはり雑草が生い茂り、手入れが行き届いていない墓地も数多く見受けられました。この方々はこのままなのか、後で掃除に行くのかわかりませんが、お墓も後継者の問題を抱えてるところが多いようですね。ご先祖様も嘆いておられるんではないでしょうか。
そして雨の上がった今日、お墓参りをしてきましたが、平日のせいか人もまばらです。目につくのはお墓に供えた食べ物をねらうカラスの大群です。お墓に供えた直後、ちょっと離れた隙を狙って獲物をくわえていくんですね。帰る頃には折角供えた食べ物がすべて持ち去られました。羽を広げたカラスって大きいんですよね。その姿は恐怖とともにすさまじいです。
  • |2010.09.22(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top