民族大移動がみられる盂蘭盆会

13日からは月遅れのお盆が始まりますね。郷里でお盆を過ごそうとここ数日帰省ラッシュが続いており、この辺りも県外ナンバーのマイカーが増えております。お盆は懐かしい故郷で先祖を敬い、子供たちには大自然と触れ合ういい機会でもありますね。
写真素材 PIXTA

先祖の魂を供養する盂蘭盆会
「盆」とは、先祖の魂を供養する祭りで、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、梵語(ぼんご)のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字に表したものです。
お釈迦様の弟子の目連(もくれん)が、地獄餓鬼道に落ちて苦しんでいる自分の母親を救うため、お釈迦様に教えを請い、7月15日に供養したところ、母は救われて極楽浄土へ行くことができたという「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」という経典をもとにしたのがお盆だそうです。詳しくは昨年の記事「迎え火に昔日の想いをはせる盂蘭盆会」をご覧ください。

宗派によって違う盆飾り
お盆には、精霊棚と言われる盆棚をつくり先祖の霊を迎え供養します。地方によっては真菰(まこも)を敷き、位牌や供物などを並べます。四隅に注連縄(しめなわ)を張った青竹を立て、そこにほうずきや素麺、昆布などを飾ったりもします。キュウリの馬やナスの牛も精霊棚にお供えしますが、そこには「キュウリの馬に乗って早く来て、ナスの牛でゆっくり戻ってくださいね」という願いが込められているんですね。
私の地元の曹洞宗ではお参りされる部屋に金襴3段位の盆棚をつくり、位牌、季節の果物や野菜、お菓子などの供物、供花や栗の実の付いた枝、提灯などを飾りますよ。地方によっていろいろ飾り方が違うんですね。浄土真宗では地域によっても違いますが、基本的にお盆独自の飾りも迎え火や送り火の習慣もないそうです。だからといってお盆の行事をおろそかにしているわけではなく、ご先祖を尊ぶ気持ちは同じなんだそうですよ。

迎え火や送り火で先祖の霊を供養
お盆は新暦の7月13日~16日に行われる地域と、月遅れの8月13日~16日に行われる地域があります。
何れにおいても12日に盆棚を整え盆提灯を飾ります。地域によっては13日の午前中に飾るところもあります。13日は迎え盆といって、夕方に玄関先などで迎え火を焚き、先祖の霊をお迎えします。14、15日はお墓参りやお寺参りをし、先祖の霊を供養します。16日には送り火をして霊を送ります。撤去した盆棚を精霊流しや灯篭流しで送る地方もあります。
東北の一部では14日早朝お墓参りをし、引き続きお寺に立ち寄り線香をあげたり、親戚や初盆を迎える家に供物を持参しお参りするところもあるようです。

新仏が初めて迎える新盆(初盆)
亡くなった後、初めて迎えるお盆を新盆または初盆といい、新仏を出した家では、この年の盆は特に丁寧に供養します。絵柄入りの提灯は亡くなった人の霊が家路をたどるときの道しるべと言われていますが、新盆に限り白い提灯を使うのがしきたりでした。しかし現在ではあまり色にこだわらないようです。
また一度きりしか使用しませんから、お盆が終わったらご住職にお炊き上げ供養してもらいます。最近では白提灯を省略して、何度も使用できる絵柄の提灯のみを置く家も増えています。
新盆では、お供え物のほか故人の好きだった食べ物をたくさん供え、僧侶に読経してもらいます。また、故人と縁の深かった人たちを招いて会食をする地域もあるようです。
この新盆供養は、その年の盆にまだ忌明けしていない場合翌年に行うことになります。

お盆は地域によって時期が違ったり、宗派によって作法や慣習も違います。嫁ぎ先によっては習慣が違うことがありますから、「実家ではあ~だった、こうだった」と言う前に、その家の慣習にしたがった方がいいですよ。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:All About、冠婚葬祭プチ辞典
写真提供:(c) 東風写真素材 PIXTA
FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑ポチッと、お願い。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんにちわ^^

お墓参りに行ってきました。
ちょうど、お盆が命日なもので・・・
父は墓というものを嫌っていましたので
長い事行かなかったのです。
でも、やはり、スッキリしました。
報告したい事も色々あったので・・・
  • |2010.08.12(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

不況で故郷に帰って親父の墓参りも出来ないなんて、
なんて親不孝者でしょうか。
すぎもとまさとの吾亦紅ですな!
あっ、来月離婚する予定はないです..
  • |2010.08.12(Thu)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

最近はお盆飾りを燃えるごみで出すなどということを聞きます。
昔は家の前を、鐘を鳴らしながら近くの川へ流しに皆さんが夕方に通って行ったものです。

時代は流れましたね
  • |2010.08.12(Thu)
  • |kissy
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは!
いつもどうもありがとうございます。

うちは曹洞宗なのでおっしゃるとおりでした。
盆棚は2段でしたが、栗の実のついたのはなかったでした
やはりいろいろあるんですね~

お盆の最中に亡くなったらどうなるんでしょうか・・・
親戚で危ない人が居るんですが・・・

すみません

またよろしくお願いいたします
  • |2010.08.12(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

身近なお盆行事のお話に日本の伝統行事の奥深さを改めて感じました。
我が家も明日からお盆体制に突入です。昨年が亡父の初盆だったので今年は幾分、いや随分と楽な供養三昧になろうかと。
これだけ気候が変動しながらも、お祀りごとの忽せのない風習って素晴らしいことだと思います。
ちなみに秋田人の従弟も曹洞宗です。当家は臨済宗。どちらも戒律の厳しい禅宗ですが日々の私の行いは……。やれやれです。
  • |2010.08.12(Thu)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

私の実家は神道だったので、結婚して真言宗のお盆とかには興味シンシンでした。
うちも真菰を敷いた上に供物を載せますね。
仏壇の両側に笹を立ててその間に縄を張り、その縄にそうめんとかほうずきを飾ります。
東京なので7月に済ませるのですが、なんか心楽しいお盆です。
  • |2010.08.12(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

ご両親のお墓参りをされましたか。
小さかったたえさんを残して逝ったことをどれだけ残念で、
心残りだったでしょうね。
こんなに大きくなったよって、報告できましたか。
それと今度結婚するよ‥あっ、これはまだ早いか(笑)。

あれほど好きだったご両親を目の前に手を合わせると、
気持ちが落ち着くでしょう。
両の手で合掌するということは、仏の心いわゆるご両親の心とご
自分の心が一つに成るということだそうですから、心強いですよね。
  • |2010.08.13(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

吾亦紅(われもこう)とお読みするんですか。
すぎもとまさとさんも初めてお聞きする方です。
お好きな歌手なんですか。
私と同年代なんですね。

あなたに謝りたくてと連呼する吾亦紅。
この曲を作った時、後ろめたい何かがあったんですかね。
この歌に共感する釣るべーさんも‥怪しいですね(笑)。
お父さんの墓参りが出来ない親不幸を謝りたいのはわかりますが、
それが原因で離婚を取り沙汰されてたんですか(笑)。
  • |2010.08.13(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

昔はそういう風習もあったんですね。
今では汚染問題などで、精霊流しも勝手に川に流せなくなりました
からね。
ですから灯篭流しなども、下流の方で係員が回収してるんですって。

燃えるごみに出されてる方も見かけますね。
お寺のご住職に聞いてみると「お持ちください。まとめてご供養しま
すから」と言われたことがあります。
お寺の設備やご住職のお考えにもよるのでしょうが、燃えるゴミに
出す前にご相談してみたらいかがでしょうかね。

  • |2010.08.13(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

栗の枝にはお釈迦様の絵柄が入ったミニサイズの盆旗を吊るすん
ですよね。同じ曹洞宗でも地域によって飾り方が違いますね。

お盆の期間中にご不幸があった場合は、おそらくご遺体はお盆が
終わるまで葬儀社の斎場で預かってくれるでしょう。勿論ご自宅
にご遺体を保管できるお部屋があればそちらで保管します。
年末年始も同様のことが言えますが、医者によっては延命処置を
してくれる病院もありますよ。

  • |2010.08.13(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

こちらではお盆期間中に親戚宅にお参りする習慣がありますが、
初盆を迎える家では他家へのお参りはご法度という言い伝えも
あります。確かではありませんが、これは忌むべき状態にある
忌中を意味してるんでしょうかね。

同じ禅宗の曹洞宗が地方豪族や一般民衆に広まったのに対し、
臨済宗は鎌倉時代の武家政権に支持され、政治・文化に重んじ
られたんだそうですね。いわゆる一般庶民の曹洞宗に対し、武家、
貴族の臨済宗とでもいうんでしょうか。支持者のレベルが高いん
ですね(笑)。まろゆーろさんの先祖は武家でしたか、貴族でしたか。

  • |2010.08.13(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

神道から仏教に変わると戸惑いがあるでしょうね。
でも神道も仏式も同じようなスタイルでお盆を迎えるようです。
それは古来から日本の生活習慣・信仰として行われていた「ご先祖
さまを迎える」という神事・行事に外来の仏教が入り込み、時代の
変遷と共に融合してきたからなんだそうです。
真言宗も精霊棚の飾り方は、細かいところの違いはあっても、大筋
は同じなんですね。

東京はほとんどのところで7月に行ってますから、今度のお盆は
休まれないんですか(笑)。
  • |2010.08.13(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ちょうど新盆の迎え火をやってきました。
色々な方がお線香をあげに来てくれて、けっこう大変です。
まぁ大変なのは私じゃなくて、母ですけど。

盆提灯は白い大きなやつを玄関に吊るしてありました。
お寺に持っていくんですね。
ありがとうございます。
  • |2010.08.14(Sat)
  • |こちくん
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

この盆は、キャンプで墓参が出来ずでした。
秋の彼岸には行かないとなりません。
墓の下のジジババたちが怒ってしまいますからね(^_^;

あたたかいお言葉、ありがとうございます。
  • |2010.08.14(Sat)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こちくんさんへ☆彡

こちくんさんのところ今年新盆だったですね。
お付き合いの深いお祖父ちゃんだったようですから、
大変だったでしょうね。

迎え火はお墓で火を起こし、それを提灯に移してご自宅まで霊を
案内するんですってね。家についたらその火から門戸口で迎え火に
移すか自宅の提灯に移すんだそうです。墓地が遠いということも
あって、今はどこも簡略化し、いきなり門戸口で迎え火を焚いてる
みたいですね。
送り火はその逆でお墓まで提灯で霊を案内し、お墓で別れるみたい
です。お墓と自宅の道順は行きと帰りを変えるんだそうですよ。
白提灯は新盆だけですから終わったらお寺で供養してもらいましょう。
  • |2010.08.14(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

そうですよね。キャンプだから仕方ないですよ。
秋の彼岸に行けるようでしたら、ぜひ行ってあげてくださいね。
ご両親、淋しがってますよ。
お孫さん連れて行ったら大喜びするんじゃないですか。

生前お孫さんとはお会いしてないんですか。
お祖父ちゃん、お祖母ちゃんにとって、お孫さんと一緒に
過ごせるって、何よりの楽しみですからね。

私もそんな域に入ってきました。
  • |2010.08.14(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

お盆はいつも、近頃、でかけてしまいます。
新盆のお客様の所には、でかけるので・・と、
断って、盆前にお供え物を持って線香をあげに行ってきました。

罰あたりかな?・

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

お盆は温泉旅行にでもお出かけなんですか。
お客様相手のお仕事だからしようがないですよね。
もしご先祖のお墓があるんでしたら事前に墓参りを済ませておけば
いいんじゃないですか。新盆をお迎えのところにもお断りしてある
んでしたら、問題ないんじゃないですか。
お盆の行事はあくまでも形式的なもの。必ずしなければならないも
のでもありませんからね。まして新家庭には仏様いないですから。

することをバッチリしてれば。ご先祖様は罰をあてませんよ(笑)。
売上好調なクーラーの1台でも取り付けてやると、今夏に限ってご先
祖様喜ぶかもしれません(笑)。

  • |2010.08.16(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top