母は気丈で愚痴もこぼさなかった

葬儀を終え、ホッとすると息の中に、喪主の苦労を痛感していた


焼香を終えた葬儀告別式は、会葬者に対し、喪主からのお礼の挨拶がはじまった。

「病床の兄になりかわりまして、弟であります私が一言ご挨拶申し上げます。
本日はご多忙のところ、亡母の葬儀告別式にご参列いただきまして、誠にありがとうございます。
母は、去る6月20日午前4時35分、腎不全のため入院中の病院において、享年92歳の人生を閉じることとなりました。母は気丈で、病による苦痛も口にせず、愚痴ひとつこぽさず、いつも笑顔で私たちに接してくれました。母が存命中、皆様方にご厚情を賜りまして、故人に代わり厚くお礼申し上げます。今後は祖先の御霊とともに私たち家族を見守ってくれることと思います。 本日は誠にありがとうございました」 

お礼の挨拶をまとめるうえでのポイントは、
・さしつかえのない範囲で、死因について述べる。
・生前の厚情に対する謝意とともに今後の決意などを伝える。
・死因が事故死の時には、事故の様子や原因、相手方への怒り、
 非難などは最低限に抑える。
・また、自殺の原因が金銭、異性とのもつれなどの場合、詳しくは述べない。
 生前の厚情に対する謝辞は控え、これからの支援や助言をお願いするにとどめる。
といったことを、「心のこもった葬儀・法要のあいさつ・手紙・マナー」
(池田書店)でアドバイスしている。


シーンと静まり返る式場に、前日までかかって作り上げられた原稿を読み上げた御礼の挨拶は、親族ををはじめ、会葬者の心に鳴り響いた。 梅雨とはいえ、まだ肌寒い本堂において母の葬儀は、滞りなく終えることができた。

長老の苦言、兄弟同士の痴話喧嘩、裏方料理人のいざこざなどあったが、 なにはともあれ葬儀の山場を終えたという、安心感からホッとと息が漏れてしまった。
皆さんの協力があってのことと感謝しているしだいです。とは正直な気持ちで、喪主の大変さを痛感していた。

しかし、このあと初七日の法要、納骨といった故人を供養する慣わしが待ち受けていた。

 

FC2ブログランキング参戦中

気が向いたらポチッ!ね


関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

matsuyamaさん、お久しぶりです。
葬儀ひとやまこえましたね。
私も10年前、喪主を経験しました。会葬者のあいさつは、記事のとおりの内容に近いものがありました。
おぼろげながら、今でも覚えていますね。
ブログ、また更新しましたので、遊びにきてくださいね。
お待ちしております。

応援クリック、ポチ。
  • |2007.11.26(Mon)
  • |network_imet
  • URL
  • EDIT

代替画像

ご訪問ありがとうございます。

コメントいただきありがとうございました。
葬儀の経験がない人には、つまらない話題ですけど、
読んでいただけるだけで、心強く思います。
ありがとうございます。
network_imetさん4,000アクセスおめでとうございます。
  • |2007.12.02(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

コメントありがとうございました

matsuyamaさん、コメントありがとうございました。
生前葬についての私の考え方をコメント欄に補足
しましたので、お読みいただけたらと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
  • |2007.12.09(Sun)
  • |おーりーおばさん
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top