正月の労をねぎらった女正月

お正月気分もやっと抜けてきた気分ですが、なんとまた正月がやってくるんですね。やった~、正月でまた休める、と思ったかもしれませんが、そうはいきません。今度の正月とは1月15日の小正月のことなんです。この小正月何をかくそう、ある人を労わる正月だったんですね。ある人とは一体誰なんでしょうか。
写真素材 PIXTA

1月15日は小正月です
昔の旧暦では正月15日の満月が新年の第1日として正月を祝ってたそうです。その後太陽暦が用いられるようになってから、元旦から松の内までを大正月(おおしょうがつ)、15日を小正月(こしょうがつ)と呼ぶようになったんですね。この時「公的性格」の強い行事は元日に移し、豊作祈願などの家庭的な「私的性格」の多くは小正月に残ったものといわれております。現在では新暦15日に行われる場合もあるようです。

正月の労をねぎらった女正月
一般的に1月15日を小正月といいますが、地方によっては女正月と呼ばれています。女正月とは旧暦で年の始まりとされる1月15日の満月が、女性の年始回りだったところから言われたそうです。大正月を男正月と呼ぶのに対し、小正月を女正月という地方もあり、男正月に接客するための家事で忙しかった女性をねぎらい、家事から解放する日ともいわれています。また、男子禁制の酒宴を開いたり、この日前夜の夕食は男性がこしらえるしきたりになっているところもあるそうです。

五穀豊穣を祈願し、まゆ玉を供えます
小正月にはもちをまゆの形に作った赤や白の「まゆ玉」を神棚にお供えしたり、竹柳の枝先を稲の穂垂れにたとえて、門前や家の中に吊るすところも多く見られます。これは一年の五穀豊穣を祈願する行事といわれてたようですね。地方によっては餅花、あるいは花餅と呼び、小正月が終わるとこれをもぎ取り食べます。何のご馳走もなかった昔はこれがまた美味しかったものです。

関西などでは小正月の朝、小豆粥を食べる風習
松の内が明けた1月7日に食べる七草粥に対し、小正月の朝には小豆粥を食べると、1年中病気をしないという慣わしがあります。この風習は現在でも関西地区に残っています。紀貫之の「土佐日記」には小正月の朝、小豆粥を食したとも書かれてあるようですね。また江戸時代には、小豆粥に餅に入れて食べる風習もありました。東北地方の農村などには、左義長(どんと焼き)の前に小豆粥を食べる習慣が残っているところもあります。

怠け者はいねが‥のなまはげは小正月の行事だった
国指定重要無形民俗文化財で有名な秋田県男鹿半島の「なまはげ」は、旧暦小正月の行事でした。鬼の面、ケラミノ、ハバキを身に付け、大きな出刃包丁(あるいは鉈)を持った「男鹿(おが)のナマハゲ」は、恐ろしい姿をして年越しにやってくる伝統的な神です。一般的に赤面がジジナマハゲ、青面がババナマハゲとされています。12月31日「怠け者はいねが、泣ぐ子はいねが」と男鹿市内の集落を回り、悪事に訓戒を与え、災禍を祓い、祝福を与えて去っていきます。今年も2月12日から3日間、なまはげ柴灯(せど)まつりが男鹿市で開催されます。

小正月は三元節の一つ
中国では小正月の1月15日を「上元節」と呼び、この夜に百歩以上歩いたら、一年中元気で病気にかからないという説があるそうです。日本には上元節は伝わっていませんが、お中元の贈物で知られている7月15日の中元と10月15日の下元は三元節に基づいているのだそうです。

ということで、小正月に労わるべきある人物とは、大正月に忙しかった女性の皆さんでした。女正月にはゆっくりしてくださいね。ご主人が美味しい夕食をご用意してくれますよ。きっと‥‥。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia,All About, いきいき長生き人生、湯沢グランドホテル、こよみのページ,
(c) キョウスケ写真素材 PIXTA



レディスファッションおすすめ情報なら
信頼と実績のある人気サイトにおまかせ!

情報サイト(234X60)

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。



関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

こんにちは
いつも、どうもありがとうございます♪

そういえば、何年か前に仕事で上海行ったときに
ちょうど15日くらいでしたが、めっちゃくちゃ盛り上がっていて
びっくりしたことがあります。
中国では元旦より、こっちみたいですね

またよろしくお願いいたします♪
  • |2010.01.15(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

小正月、大正月、女正月、男正月。
すべて初耳でした。
色々な風習があるんですねぇ。
薮入りと似た感じがしますね!

ちなみにイギリスでは12/26はボクシングデーで、クリスマスも仕事した使用人の休日らしいです。
発想が似ていますね。
  • |2010.01.15(Fri)
  • |こちくん
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

小豆粥、この間お店のpopで見て
初めて知りました。

実家は兵庫県ですがそういう風習はないですね。

またひとつの歳時記として全国的に取り上げられると
販売チャンスにもなるのですが(^O^)
  • |2010.01.15(Fri)
  • |kissy
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは!
女性の労をねぎらう為の小正月だったんですね。
これをきっかけにねぎらいますか^^
夫婦間がうまくいくキーポイントですね。☆
  • |2010.01.15(Fri)
  • |hebaseijin
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

じゃあ、今日は家事を休んで良い日なんですね!
とは言っても毎日休んでるようなものなんですが・・・
子供の頃、餅花のセットを買って来て柳に付けた記憶があります。

すごく勉強になりました。
ありがとうございます。
  • |2010.01.15(Fri)
  • |あいのしっぽ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。
仕事とはいえ、海外にはよく行かれるんですか。いいですね。
日本の歳時記はもともと中国から伝わったものが多いですよね。
中国は旧暦で行事を行うことが多いみたいです。

中国には行ったことがないんですが、横浜の中華街などでは
お盆も正月も旧暦で行ってるようです。
いろいろ世界各国で風習が違うんですね。
今度アジア圏の歳時記も一緒に勉強してみます。
ありがとうございました。
  • |2010.01.15(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こちくんさんへ☆彡

呼び方を変えてるだけなんですけどね。
知らないとこんがらがっちゃいますよね。

藪入りご存知でしたか。死語かなと思ってましたよ。

そうですか、イギリスにもボクシングデーという風習が
あるんですか。世界的な知識をお持ちなんですね(笑)。
歳時記も世界的に視野を広げなくちゃ。勉強、勉強。
こりゃ、死ぬまで勉強かな。

  • |2010.01.16(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

小豆粥は京都を中心とした関西方面の風習として残っている
そうです。おそらく都市部より農村地帯に見られるんでしょうね。

七草粥がパックになって売られておりました。
7日を過ぎた昨日店頭を見たら、売れ残ったパックを
格安な値段でバーゲンしてましたね。
季節ものですから売りさばくのも難しいんでしょうかね。
クリスマスケーキのようなもんですよね。
小豆粥はもっと知名度が低いから、単独で売り出すには
大変かもしれませんね。


  • |2010.01.16(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hebaseijin さんへ☆彡

子供の頃の小正月って、まゆ玉飾りが晴れやかって感じでした。
女正月って知りませんでしたが、今思えばこの時母と一緒に
実家に行ったような記憶がありますね。
これが大正月の労をねぎらった女正月の風習だったんでしょうかね。

里帰りするのもいいんですけど、ご主人の手料理でもてなすと、
奥さんきっと泣いて喜びますよ(笑)。
いつもご主人が料理を作られていると、喜びも半減でしょうけどね。

  • |2010.01.16(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: あいのしっぽさんへ☆彡

そうですね、堂々と胸を張ってお休みください。
但し、ご主人にご理解がある場合ですよ(笑)。
これが元で喧嘩をされないように。

子供の頃餅花飾られたんですか。
あれ楽しみだったんですよ。柳の枝に赤と白のまゆ玉を1つ1つ
くっつけていくんですね。出来上がったのを母が見て
「あ~、きれいきれい」と誉めてくれたのが記憶にあります。
懐かしいですね。


  • |2010.01.16(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

小正月

小正月は、前日から凍りつきそうにな寒空で、どんと祭の裸参り
に参加された人は大変だったようです。

そっか、この日は女性を労うべき日だったんだ。肝に銘じておきま
す。

  • |2010.01.16(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

この数日今冬一番の寒さが続いてますからね。
こんな時の裸参り、大変でしょうね。
仙台のどんと祭りって小正月の前日14日なんですね。
規模が大きいだけに勇壮な祭りなんでしょう。
小正月は奥さんをねぎらいましたか。
なかなかね、あらたまってやるとなると照れちゃいますよね。
あ、ねぎらったんですか。そうですか、それは失礼しました。

  • |2010.01.16(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

「女正月」。
なんていい響きなんでしょうか。一度でいいからその恩恵にあずかりたいと思います、、(泣)。
  • |2010.01.17(Sun)
  • |見張員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張員さんへ☆彡

「女正月」いいですよね。
先人の男性たちもやはり女性には労わりを持っていたんですね。
その表れが女正月だったんでしょう。

ぜひご家庭内においてその恩恵をご体験なさってみてください。
その前にご家族のご理解を得ていただく必要があるでしょうけどね(笑)。

  • |2010.01.17(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top