寒中みそぎも行われる寒の入り

あっという間の正月三が日。今日から仕事始めという方が多いんじゃないですか。いくつになっても長期休暇の後の初出勤というのは、期待に胸を膨らますと同時に仕事への不安感が募るものですよね。どうでした?1日で自分のペースを取り戻しましたか。そんな懸念をよそに日々の暮らしは動いていますよ。
写真素材 PIXTA
(c) taka写真素材 PIXTA


1月5日は寒の入りです
1月5日は小寒です。二十四節気の1つで、この日から大寒(1月20日)の前日までの期間をいいます。太陽黄経が285度のときで、寒さが最も厳しくなる前の時期です。太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版された「暦便覧」では、「冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也」と説明の中で引用しています。
この日は寒の入り、この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」といい、冬の寒さが一番厳しい時期となり、池や川の氷も厚みをます頃です。年賀状も「松の内(1月7日)」までに先方に届くように出し、それ以降2月3日までは「寒中見舞い」となりますのでご注意ください。
凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれるのもこの時期です。寒の入りから、一定の間の天候によって「寒試(かんだめ)」という天気占いをする地方もあるそうです。また、寒の入りから9日目、「寒九の雨」が降るとその年は豊年だという諺もあります。この日の水を汲んでおいて薬を飲むと良いともいわれてるようですよ。
小寒の期間の七十二候は以下の通りです。
初候 芹乃栄(せり すなわち さかう) 芹がよく生育する
次候 水泉動(すいせん うごく) 地中で凍った泉が動き始める
末候 雉始雊(きじ はじめて なく) 雄の雉が鳴き始める

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。小寒は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ」をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

厳寒の津軽海峡で寒中みそぎ
北海道木古内(きこない)町の佐女川(さめがわ)神社には、厳寒の津軽海峡に飛び込んで豊漁・豊作の祈願を行う伝統行事が引き継がれております。この寒中みそぎ祭は天保2年(1831年)から続く神事で、1月13日から佐女川神社にこもり、冷水をかぶって鍛錬を行った行修者4人が、15日に厳寒の津軽海峡の中でご神体を潔(きよ)めるのだそうです。
1831年1月15日の早朝、神社守の夢枕に「御神体を潔めよ」とのお告げがあり、直ちに神社の真下を流れる佐女川(さめがわ)の氷を打ち砕き、身を切るような冷水で自身を清め御神体を抱いて海岸に臨みました。すると河口には大鮫が波に打たれ、その背中に白衣をまとった女性の姿が見えたそうです。聖なる神の使者と信じた神社守は、御神体を幾度となく沐浴していました。ふと見ると女性の姿はなく、大鮫は川の上流へ上がり小さな沼に消えたそうです。その年から、豊漁豊作が続いて村は大変賑わったという言い伝えがあります。
以来佐女川神社では毎年、別当稲荷山の神弁財天の4体の御神体を抱き、厳寒の津軽海峡に飛び込んでその年の豊漁・豊作を祈願する伝統行事を守っているそうです。

成人式は元服加冠の儀がルーツです
1月の第2月曜日は「成人の日」です(08年1月13日成人おもしろ雑学参照)。奈良時代の貴族社会、武家社会では男子が15歳になると、「冠」をかぶる「元服」が行われていました。これが現在の成人式のルーツです。女子も、15歳頃に「髪上げ」という儀式を行っていました。明治初期になると、男子は初めて褌をしめ、女子は初めて腰巻きを身につけたり、お歯黒で歯を染めたりしていたのです。
また各地では村単位で成人の儀式を行っていたところもあったそうです。それは年齢基準ではなく、「1日に60キロの柴を刈って12キロ売り歩いたら一人前の男である」などと、年齢に関係なくその行為が出来れば成人として認めるといったものだったようです。しかしこれらの儀式は、明治以降衰退してしまったそうです。

今年の成人の日は1月11日です。慣例化した成人式よりは成果方式で目標値をクリアした若者を、大人として認めるというのも面白いかも。ハハハッ、あまり深刻に受け止めないでね。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia,All About, 木古内町公式ホームページ, 暮らしのミニ知識,こよみのページ,こよみ博物館



結婚・婚活のおすすめ情報なら
信頼と実績のある人気サイトにおまかせ!

情報サイト


FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。


関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

冬本番

> 小寒は日本の四季の移ろいを肌で感じることができる。
良く言ったものですね。

これからが冬本番、寒さが苦手な私は、いけないと思い
つつどうしても引き篭もりがちになってしまいます。

寒中みそぎ、ブルルル…、とてもとても考えられません。

  • |2010.01.05(Tue)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

日本の四季は本当に肌身で季節感を感じます。
特に北日本では冬を強く感じ、
西日本では夏を強く感じるのではないでしょうか。

地球全体から見たら小さい国ですが、
南北に長い日本では同じ寒の入りでも
肌に感じる寒さはそれぞれですよね。

寒中みそぎは極端にしても、暑さ寒さは年とともに苦痛
になり、冷暖房のきいた室内で過ごす機会が増えてきます。
それが健康を損なうもとともなりますから
できるだけ外出の機会を作るようにしたいものですね。
インフルエンザや熱中症の問題もありますけどね(笑)。


  • |2010.01.05(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

初めてコメント差し上げます。
外の風がだいぶ荒れてきました。
まさしくこれから寒くなりそうです。
有益な記事に応援です。
  • |2010.01.05(Tue)
  • |hebaseijin
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

最近は成人年齢引き下げの議論がありますが
私は逆に引き上げてほしいと思うくらいです。
確かに体格的には十分大人ですが
心が大人になれない人もたくさんいらっしゃるようで、
何が大人化というのは難しいところですね
  • |2010.01.05(Tue)
  • |kissy
  • URL
  • EDIT

代替画像

寒の入り・・・
これからもっと寒くなるんですねぇ・・・
ちょっと憂鬱ですね!
元気ださなきゃ!

関東は幸いに雪害などは少なくて、今年の東京は降雪もないですけど。
他の地域は大変みたいですね!
matsuyamaさんもお気をつけくださいね~

ちょっと早めの寒中見舞いでした(笑)
  • |2010.01.05(Tue)
  • |こちくん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hebaseijin さんへ☆彡

こんばんは。コメントありがとうございます。
寒いですね。旭川の今日の最高気温は氷点下7.1℃ですって。まさに寒の入りです。
寒といえば、脂がのって美味しいとされる「寒鰤(かんぶり)」や「寒鯔(かんぼら)」を、寒中に造られた「寒造(かんづくり)」のお酒で一献戴きたいですね。
‥余計なことを、失礼しました。良かったらまた来てください。


  • |2010.01.05(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: kissy さんへ☆彡

そうですね、ニュースなどで見ていると嘆息が出てしまいますよね。
成人式での暴動事件などは、群集心理とかお酒の影響もあって、自分本位のことしか考えない思考能力の貧困性からくるんでしょうかね。
新入社員歓迎会で本人が無断欠席したという話を聞いたこともありますが、これはまさに子供のまま大きくなったという感じですね。社会のルールをわきまえない嘆かわしい行為です。


  • |2010.01.05(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こちくんさんへ☆彡

寒中お見舞いありがとうございました。
寒に入って寒さも厳しくなりますが、憂鬱な事ばかりでもないんですよ。
「寒卵(かんたまご)」ってご存知ですか。
「寒中」に生まれた卵で、他の季節に産卵されたものより栄養価が高いそうです。食べるとお金に困らないとか、金運がアップするともいわれてるんですって。
養鶏場の卵を全部買い占めましょうか。ハハハッ。


  • |2010.01.05(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは
いつもどうもありがとうございます。

寒の入りニュースでもやってましたが
どうりで寒いわけですね・・・
成人の日もハッピーマンデー制度になって
毎年変わるんで、まだ慣れませんが
また、沖縄あたりで面白いニュースがみれそうです
明日は七草粥ですね、うちでも毎年母が作ってくれるんで
今年も楽しみです♪

応援P
またよろしくお願いいたします
  • |2010.01.06(Wed)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。コメントありがとうございます。
今年こそ何事もなく成人の日がすめばいいんですがね。

ところで明日は七草粥ですけど、ご年配の方は
よくお作りになっていただけるみたいです。
最近では七草もセットされたものが売られているようで、
便利になりましたよね。
7日の朝食べると、万病を除くと伝えられています。
雑煮、お節料理、祝い酒で疲れた胃腸を休ませる意味でも
ぜひ召し上がってください。

  • |2010.01.06(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

今年もよろしくお願いいたします。

寒の入り、にふさわしく寒さが戻ってきましたね。
まだまだインフルエンザなんかの感染症に気をつけねば、、と思います。

成人の日、以前は15日でしたが最近は<ハッピーマンデー>とかで第二月曜、、ですか。
それなりに15日で意味があったはずなのに、とちょっと残念です。
本当の成人とはなんなのか?もっと世間に問い直したい気がしますね。
  • |2010.01.06(Wed)
  • |見張員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張員さんへ☆彡

暖冬だという予測を裏切るように地域によっては豪雪が続いてますね。
そんな中成人の日は11日に行われれます。
ハッピーマンデーの特典によって連休の恩恵を受けられるようになりましたが、私等の年代には成人式は15日というイメージが出来上がってますので、あまりピンときませんね。
一部の若者の言動、行動のために、二十歳を真面目にとらえている若者にはえらい迷惑を被っているんですよね。自分の二十歳の頃はどうだったのか振り返ってみて、もう1度成人の日の在り方を根本から見直す必要があるかもしれません。

  • |2010.01.07(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

ありがとう御座いました

はじめまして~
エディタ・コミュニティ(edita)よりのブログへ訪問
ありがとう御座いました!
北海道、道東は例年雪が少ないのですが
この冬は昨年暮れより、本当に雪多いです
一昨日の雪は31年ぶりとの事で、過去の記憶を振り返りましたが
思い出せません(笑)
除雪機は用意していませんので手作業~
腕も腰も体、ガタガタです(笑)
まだまだ豪雪地域もありますので これ位の雪で
悲鳴を上げてもいられませんが・・・
本当に雪国って大変だと実感しました!!
  • |2010.01.07(Thu)
  • |飛鳥
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 飛鳥さんへ☆彡

コメントありがとうございます。
本州でも太平洋側は積雪が少ないんですよね。
ですから個人で除雪機を持っている人は少ないです。
少ない雪でも手作業で雪かきをしなければなりません。
これが大変な重労働なんですよね。
ほっておけば自然に融けますけど、今日明日の生活に
支障が出ますからね。大変です。
ご苦労お察しします。


  • |2010.01.07(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

今日は七草粥の日でしたよね?
お正月から結構食べてますので
胃腸をいたわらないといけないのですが
うっかり忘れていました。
明日は山菜を入れたお粥を作って食べたいです^^b
  • |2010.01.07(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

昔の人は7日の朝、厳寒の下で年を越した生命力の強い「春の七草」で粥を焚き、五節句のひとつ人日(じんじつ)の節供に、一年の無病息災を祈ったそうです。
聞くところによると唐土の鳥から疫病を持ち込まれる前に、健康と平安を願っての七草粥だったという説もあります。万病を除するといわれる七草粥、ぜひ召し上がってください。そう言ってる自分は食べませんでした(アセアセ)。

  • |2010.01.08(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top