本格的な初冬を迎える大雪

秋に紅葉した南天は、いま真っ赤な実をつけています。生け花の世界では難を転じる南天と福寿草の花をセットで「難を転じて福となす」という縁起物の飾りつけがされることもあるそうです。
写真素材 PIXTA
(c) vasyow写真素材 PIXTA


冬魚が盛漁となり熊が冬眠する大雪
12月7日は二十四節気の「大雪」(たいせつ)です。大雪は冬至(12月22日)までの期間で太陽黄経が255度の時です。「雪いよいよ降り重ねる折からなればなり」(暦便覧)といわれ、山岳ばかりでなく平地にも雪が降り積もる季節です。この節気は冬至の前でもあり、日の暮れるのが1年で1番早い頃です。大雪とはいえ、日本の大部分ではまれに風花(かざはな)が舞う程度ですが、意外と寒さを強く感じる時でもあります。寒い地方では根雪になる雪が降り始め、本格的な冬の到来となります。スキー場のオープンもこの頃からですね。鰤など、冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入ります。
大雪の期間の七十二候は以下の通りです。
初候 閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる) 天地の気が塞がって冬となる
次候 熊蟄穴(くま あなに こもる) 熊が冬眠のために穴に隠れる
末候 鱖魚群(さけのうお むらがる) : 鮭が群がり川を上る

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。大雪は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ」をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

顔見世興行で生まれた!「いよっ、二枚目」
歌舞伎界では10月の名古屋御園座、11月の東京歌舞伎座、12月京都南座において顔見世興行を豪華に公演します。中でも京都南座の顔見世興行は「吉例顔見世興行」として有名ですね。東西の歌舞伎役者が勢揃いして行われます。これは、江戸時代には役者との契約が年棒制であったため、翌年の芝居の役者をお披露目する意味があったそうなんですね。そのため正面玄関に役者の名前を書いた「まねき」を掲げます。「まねき」は隅から隅まで観客で埋まるようにとの願いを込め、檜板につやを出すため清酒を混ぜた墨で一気に書き上げるそうです。じつは「いよっ、二枚目」「三枚目~」という言葉は、このまねきから生まれたんだそうです。ちなみに一枚目は座主、二枚目は主役をいうそうですよ。
また、顔見世興行には「総見」といって、京都五花街(先斗町、祇園甲部、祇園東、宮川町、上七軒)の芸妓・舞妓さんたちが、客席両側の桟敷席で盛装し観劇するのが毎年の恒例だそうです。顔見世、総見は京都の冬の風物詩なんですね。

12月13日は芸妓・舞妓さんも事始め
芸妓・舞妓さんといえば、12月13日には1年の区切りとしてお正月の準備をはじめる「事始め」が行われますが、京都の花街では江戸時代からの風習で、お師匠さん宅や日頃お世話になっているお茶屋さんなどへ挨拶回りをし、鏡餅を納めるそうです。色とりどりの芸舞妓さんの姿があたり一面に映ったら優雅でしょうね。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。

気になるくらし・ショッピング情報!
おすすめ比較5サイトでご紹介します。

情報サイト


 
FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

寒い

今朝は、ことさらに寒さを感じると思ったら「大雪」ですか。
たしかに最近は日が暮れるのが早いと実感します。

いよいよ年の瀬ですね。今年は暖冬だと言われていますが冬は冬。お互い風邪などひかないようにして、この年を乗り切りたいものです。
  • |2009.12.07(Mon)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

ほんと寒くなりましたね。
明朝8日はさらに冷え込みが予想され、氷点下まで下がりそうです。
寒いですけど、雪の便りはまだよく聞きませんね。
スキー場では手ぐすねひいて待ってるんでしょうけどね。
暖房はフル回転してるんですけど、
冬タイヤの装着はまだ出番が来ないみたいです。

門松用の松迎え、神棚を取り替える年棚、しめ飾りなど
正月の準備に取りかかる事はじめは13日だそうです。
しっかり準備して新しい年を迎えたいものですね。
  • |2009.12.07(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

そちらではもうじき雪に覆われるころでしょうか。
冬の訪れが遅いように感じる今年ですが、暦は大雪・・・さすがにここ数日の冷え込みがまさしくそれを感じさせますね。
  • |2009.12.07(Mon)
  • |tomokitch
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: tomokitchさんへ☆彡

今年は暖冬なんでしょうか。この辺りではまだ初雪も
見られませんね。もっとも沿岸部では年間を通しても
積雪はあまり見られませんけどね。

先日車で林道を走り、ここはよく熊が出るところだと
教えてもらいましたが、今年はもう熊も冬眠に入った
のでしょうかね。
さすがに冷え込んできました。風邪をひかずにお過ごし
ください。
  • |2009.12.07(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは。
いつもきれいな日本語が散りばめられていて、日本の伝統文化も紹介して下さってて、疲れて尖った時に拝見するととても心が休まっています。
今日は「大雪」ですね。
農耕とともに発達していったという二十四節気の素晴らしさ。これは日本人の「明け暮れの」ルーツだといつも思っています。

大きな町、小さな村に至る遍く共通する季節の素晴らしい暦。
これからもっと大切に守っていきたいですね。その前に、二十四節気を壊さないように……、エコですね。
  • |2009.12.07(Mon)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

どおりで今日は冷えました。
帰り道の夜風が冷たかったです。

舞妓さんの事始は早いんですね~
これから忙しくなるといいですね!
舞妓さんにあやかりたいです(笑)
  • |2009.12.07(Mon)
  • |こちくん
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

今日は大雪だったんですね。寒いわけだあ、、、。
夕方から一気に風が強くなって気温がぐっと下がりました。早めに仕事を仕舞って、夕飯作ってから炬燵にこもってました(笑)。
京都の舞妓さんがたの「事始め」よくTVでも紹介されていますよね。
今年も終わるんだな、って実感できます。
  • |2009.12.07(Mon)
  • |見張員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

ありがとうございます。
日本に住んでいて日本の伝統文化が忘れ去られていくって、寂しいですよね。少しでもこのブログで日本の文化を伝承できれば幸いです。

二十四節気も暦と暮らしには多少のタイムラグがありますが、ここにきて二十四節気の季節感を脅かす現象がむしばんできているように思えます。冷夏だったり、暖冬だったり、それが地球温暖化の始まりなのでしょうか。1人1人もっと深刻に受け止める必要があるように思えますね。
  • |2009.12.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こちくんさんへ☆彡

今朝のこちらは氷点下まで下がりました。
県内の中でも暖かい地域なんですけどね。

舞妓さんの事はじめは京都の冬の風物詩に
なっているようで、13日には祇園一帯には
カメラの放列が後を絶たないそうですよ。
舞妓さんの年始参りみたいなもんですからね。
企業さんも年始回りに振袖姿の女子社員を
伴って挨拶回りしたらどうでしょう(笑)。
  • |2009.12.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張員さんへ☆彡

今日は穏やかですが、昨日は寒風吹きすさむ1日でまさに大雪を知らしめてもらいました。暖房全開で、これから先の冬をどう過ごしたら、と考えたら空恐ろしくなります。
そんな中心温まる冬の風物詩、舞妓さんの事はじめが京都の祇園一帯で見れますね。当日は朝から大勢の愛好家によるカメラの放列が続くそうです。私もまだ見たことがないので、1度機会があったら見てみたいものです。 
  • |2009.12.08(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは
いつも、どうもありがとうございます♪

朝晩と日中の寒暖の差がホント激しくなってきました
冬の魚、氷見の寒ブリなんて美味しい季節ですね♪
冬場は海の幸が美味しいといわれてますので
楽しみです、

ちなみに、自分の携帯ストラップの打ち出の小槌の中に
南天の実がちゃんと入ってます♪

またよろしくお願いいたします♪
  • |2009.12.08(Tue)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。冬の魚が美味しい季節になりましたね。
寒ブリをはじめ戻りガツオ、鮭、カンパチ、真イカ、甘海老、毛ガニ……。
おっとっと、よだれが出てきちゃいそうです。
これからが旬ですよ。熱燗がさらに美味しくなりますね。

難を転じてくれる南天を打ち出の小槌に忍ばせておくと、きっといいことがありますよ。
  • |2009.12.09(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top