年賀欠礼の喪中メールは略式です

11月も残すところあと僅か。もうすぐ師走です。
師走といえば年賀状です。もう書きましたか。早めに準備しておいた方がいいんでしょうが、実はまだ私も書いてません(;一_一)。自慢するわけじゃないですけど、間際にならないとアクション起こさない性質なんですよね。
とはいえ今年は身内に不幸がありまして、年賀を控える立場なんです。ヨカッタ(汗汗)
そこでちょっと喪中はがきについて調べてみました。もうすでに出されておられる方もいらっしゃるでしょうが、確認のためにちょっと耳を、いや目をお貸しくださいね。
喪中はがき

喪中はがきは12月上旬までに出しましょう
この時期あまりお付き合いのない方から年賀欠礼状(喪中ハガキ)が届くと、びっくりすると同時に初めてその方の身辺に不幸があったことを知るということはよくありますよね。できれば喪中はがきには、誰がいつ亡くなったかの一文を入れたいものです。そして相手が年賀状を準備する前、遅くとも12月10日までに届くように出しましょう。
また最近ではメールが普及し、喪中の案内をメールで送ろうとお考えの方もいるようですが、基本的にメールは略式であり、年賀欠礼という大事な内容をお知らせするには控えた方がいいでしょうね。そのうちに喪中メールが一般的になる時代が来るかもしれません。

喪中の範囲は父母子供、兄弟・姉妹、義父母
喪中はがきを出す時一番頭を痛めるのがどの範囲まで出したらいいのか、ということですよね。もちろん年賀状をやり取りされている方は当然でしょう。ただし、会社名付きの年賀状は差し障りがないという一般的な考えからすると、仕事関係の方への喪中はがきは出さなくても差し支えないでしょう。公私の違いははっきり分けた方がいいと思います。
少なくとも故人の知り合い、家族でお付き合いをしていた方だけに絞った方がいいかもしれません。また、身内(親、兄弟姉妹、日々交流がある親戚など)には喪中はがきは出さなくても構いません。ただし、葬儀に参列された方でも毎年年賀状を頂いている方には、形式的になりますが、出すようにしましょう。
次に、喪中とするお身内の範囲は、父母子供、兄弟・姉妹、義父母(夫や妻の父母)などがほとんどです。祖父母、義兄弟姉妹(夫や妻の兄弟姉妹)の場合、喪中にする人と、しない人がいるようです。基本的にはご本人のお気持次第ですので、最終的にはご自身でお決めください。

喪中はがきを出し忘れたら寒中見舞いで
喪中はがきを出すタイミングの問題で、年賀状を出した後に身内が急死した、あるいは12月に入って父親が逝去しバタバタし年賀欠礼状を出せなかったという場合は、事情を書き添えて、寒中見舞いとして出す方法もあります
喪中はがきを出し忘れ、亡くなった夫に年賀状が届いた場合も松の内が明けた頃出す寒中見舞いで事情を説明しましょう。相手から年賀欠礼状が先に届いた場合などは、自分も喪中である事、新年のご挨拶を辞退させていただきます、ということをお伝えしておきます。
いろいろなケースが考えられますが、ある専門業者のQ&Aコーナーでは、こんなお悩みの方もおられました。ご参考にしてください。

冠婚葬祭の問題はその時季、その地域によっても風習、習慣が違います。詳しい方にお聞きし、最善の方法で対処したほうがいいかもしれませんね。これがベストというものはありません。基本を踏まえてあれば、後はご本人のお気持ち次第かと思いますよ。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。

気になる葬儀情報!おすすめ比較5サイトでご紹介します。
おすすめ葬儀


 
FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。


関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

私は年賀状ではなく、寒中見舞いを出しています。

小寒を過ぎたあたり着くようにしています。
  • |2009.11.27(Fri)
  • |イセリナ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: イセリナさんへ☆彡

寒中見舞いは年始の挨拶状というより、基本的に寒さのために相手の健康を気づかう便りですから、最も寒い時期に書くようです。期間にしますと寒の入りから立春の前日頃までといわれていますね。
寒中見舞状を利用されているイセリナさんは賢いです。PCや携帯のメールが普及してきていますから、
寒中見舞いの風習が減ってるようです。古来から伝わる日本の良き伝統を見直したいものですね。
  • |2009.11.27(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは。
いつも生活に密着した儀礼のお話、頷きながら拝見しています。
日本古来からの伝統には、それにまつらう素晴らしい典礼がありますよね。主にたずさわらなくても家庭で四季折々、また冠婚葬祭の折々に伝統や風習に対して敬虔な思いで接していきたいですね。
作法やマナーが欠如している昨今こそ、日本の伝統文化を学び直したらいいのにと思っています。

昨年は我が家も喪中のハガキで済み、宛名書きのみの随分と楽な今時分でした。今年はちょっと真面目に年賀状を書くつもりでいます。来年は……。
  • |2009.11.27(Fri)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

日本の歳時記をひも解いてみますと、まだまだ分からないことばかりです。
調べてみると奥が深いです。まだまだここでは上辺しか見ることができませんが、伝統文化などを探求してみると、なるほど、そういうことだったのか、ということが発見されることもあります。
その基本となるものを崩さなければ、マナーが悪い、常識がないといわれても、いまの社会生活に合わせて変形させることはやぶさかでないと思いますけどね。

来年も真面目な年賀状を書き続けることを祈ってます。


  • |2009.11.28(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます
いつも、どうもありがとうございます♪

2年前の12月の中旬に父が亡くなった時
さすがに、落ち着いて喪中葉書出そうとしたころは
もう25日過ぎで、間に合いませんでした・・・
しかも、自分も年賀状出してしまった後だったし
そういう覚えがあります。
いつも勉強になります

またよろしくお願いいたします♪
  • |2009.11.29(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。
12月の訃報というのはせわしいですよね。
暮れのご不幸なんかは正月をまたぎますから大変です。
もちろん晴れの正月を迎えるわけにはいきませんから、
どこにも出かけられません。お節料理も食べれません。

年内に故人をお見送りできても残務整理で大変だと思います。
年賀状1つにしても、寒に入ったらあらためて寒中見舞い状を
出しておく必要もあります。
なかなか経験できないことを体験されたようですね。

  • |2009.11.29(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは♪

勉強になりました。
でも、年賀状・・・
毎年出そうと思って
ついつい遅くなってしまいます(-_-;)
  • |2009.11.30(Mon)
  • |manager
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: managerさんへ☆彡

年賀状を書かなくちゃと思いながらもついつい先延ばし、
というのはよくありますよね。
12月25日までに投函すれば元旦に着くようです。
最近ではいろいろなサービスがありまして、声の年賀状
なるものもあるそうです。1度使ってみてはいかがですか。
  • |2009.11.30(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

喪中はがきが

私宛にも一通きました。10年来の友人の母親の不幸です。
私の祖母が10年ほど前に亡くなった際は、私は喪中はがきを出したんですが、家自体は関係なかったですね。
嫁の実家の方の不幸は考えには入れない、という方針のようです。
それはそれでいいんですが、、、、ちょっと。
  • |2009.12.02(Wed)
  • |見張員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張員さんへ☆彡

そうですか。喪中はがきはもらってもあまり嬉しいもんじゃないですけどね。

> 嫁の実家の方の不幸は考えには入れない、という方針のようです。
配偶者の祖父母は自分からみれば親族ですが、民法上、両家の祖父母同士は親族ではないなど複雑な関係があるようです。詳しくはよくわかりませんが、昔からの慣習で家対家の付き合いになると、親族血族の問題が絡んでくるんでしょうね。

  • |2009.12.02(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top