天地人が育てた!三つ子の魂百までも

11月15日は七五三ですね。先日の土曜日曜には着物や袴に身を包んだかわいい子供の姿が目に付きましたね。七五三を迎える皆さんのお子さんもお祝いは済ませましたか。ご両親も大変ですが、子供にとっても大切な行事のひとつなんですね。
写真素材 PIXTA
(c) Stargazer写真素材 PIXTA


病弱だった将軍綱吉の幼少の頃、袴儀で健康祈願
ご存知の通り、七五三は男の子の三歳と五歳、女の子は三歳と七歳に、健やかな成長を感謝し、将来の幸福を氏神神社に詣でる行事ですね。
七五三は中国から伝わる行事ですが、日本では宮中や公家、武家で行われていました。その後江戸時代の三代将軍家光が、四男徳松(後の五代将軍徳川綱吉)の病弱を心配し、健康を祈って袴着の儀式を行ったのが11月15日だったということです。それが明治時代になって、一般に広まったのです。
当時は数え年でお祝いしていましたが、現在では数え年の場合と満年齢でお祝いする場合と両方あるようです。

七五三の祝いには重要人物が介在していた
3歳は、男女ともに髪を伸ばし始める「髪置き」、5歳は男の子が初めて袴をつける「袴着」、7歳は女の子が着物の付けひもをとって帯を使い始める「帯解(帯祝い)」の祝いですが、髪置き・袴着・帯解にはそれぞれ「○○親」と呼ぶ重要な人物がいたそうです。この親は子どもが地域社会へ参加するため、保証人としての役割があったんですね。
髪置親 髪置きで、白髪に見立てた綿を子どもの頭に載せる役割として、長寿の人が担当していました。
袴親・冠親 袴着で袴の腰を結ぶ人を「袴親」、冠をかぶせる人を「冠親」といい、どちらも地位や名誉ある人が選ばれました。特に冠親には、その子の生涯の後見者、庇護者になるという重要な役割があったのです。
帯親 帯解において、初めて締める帯を送る人のことで、女の子の親代わりとなる女性が選ばれたそうです。

三つ子の魂百までも
中国の道教による天地人三才の思想が日本の生活に溶け込み、七五三の風習が生まれたという説もあります。いわゆる三歳は、天地人の三つの気が備わり、人間としての基礎が出来上がる大切な年齢であり、5という数字は五惑星、木星、火星、土星、金星、水星の生み出す木火土金水の五行の気(エネルギー)を表わすそうです。満五歳でこの五種類全てのエネルギーが備わり、さらに人間が満七歳になると、五歳に備わった五種類のエネルギーに加え、太陽と月のエネルギーが備わると考えられていたようです。
道教の思想は解釈が難しいですが、エネルギー体としての人間形成を祝うおめでたい行事でもあるのです。
満三歳までの時期に愛情を注がれて育つ事が、立派な大人になるための前提条件であり、医学的に見ても三歳の頃には脳の重さが大人並になっているそうです。そんなところから、「三つ子の魂百までも」という言葉が生まれたんでしょうね。

童謡通りゃんせは七歳のお祝いの歌だった
よく知られた童謡の「通りゃんせ」ご存知ですか。七五三の祝いに天神様にお札を納める時の事を唄った歌ですよね。城内にあったここの天神様は警護が厳しく、無事に帰れないかもしれないことを危惧し、帰りは怖いと歌われたのだそうです。
♪通りゃんせ通りゃんせ ここは何処の細道じゃ 天神様の細道じゃ ちょっと通してくだしゃんせ ご用のないもの通させぬ、この子の七つのお祝いにお札を納めにまいります 行きは良い良い帰りは怖い 怖いながらも通りゃんせ通りゃんせ♪
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。

気になる美容整形の情報!おすすめ比較5サイトでご紹介します。
情報サイト




FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは~☆

ブログのコメントありがとう~♪

私の七五三は何年前になるやら…
  • |2009.11.14(Sat)
  • |イセリナ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: イセリナさんへ☆彡

懐かしいでしょう。
袴でしたか? スーツでしたか?

自分の記憶はないんですけど、
息子には袴を着せた記憶がありますね。
  • |2009.11.14(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます
いつも、どうもありがとうございます♪

昨年長男が5歳になり
七五三やりました。その時自分もいろいろ調べましたが
男の子の3歳はしりませんでしたし
現代では、女の子が3・7歳、男の子が5歳というのが
定番になってるようです
うちも3歳の時やりませんでしたし・・・

うちは羽織袴で、自分が撮影しました(笑)
  • |2009.11.15(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

おはようございます。いつもありがとうございます。
昨年ご長男が5歳になられたんですか。七五三おめでとうございました。
凛々しい袴姿を記念の写真に収められて良かったですね。

昔の子供たちの頭は不衛生で、しらみなどが生息し病気になりやすいからと、髪は伸ばさなかったそうなんです。ご存じないですか。私らの子供の頃、学校でしらみ防止策として、DDTなる白い粉を頭に噴霧されてたことを。
当時は3歳になって男女とも初めて髪を伸ばすことが許されたんでしょうね。それを「髪置き」という儀式で祝ってたんです。現在はそういう習慣もなく、男の子は5歳の袴着だけを祝うようになったようです。ただ神社によっては昔の慣習を踏襲して、3歳の男の子でも祝ってくれるところがありますね。
  • |2009.11.15(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

通りゃんせ

わらべ歌「通りゃんせ」の歌詞ですが、女の子が七歳になると、神
の国の加護がなくなり、お札を納めたとたんに人間界に属するこ
とになる。 
だから行きはよいよい帰りは怖いとなる。なんて説もありますよ。
何か不気味な感じがしないでもない。
  • |2009.11.16(Mon)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

そうですね。通りゃんせの歌詞については諸説ありますね。
神社本庁の説からいうと茶々さんのおっしゃる通りです。
そのほか、生け贄にささげるために神社に行ったという説や、
遊廓に行った男が遊女に梅毒などの性病をうつされたという説も
あります。
通りゃんせの童謡そのものも江戸時代に本居長世が作ったもの
だとか、野口雨情が作者だとかいろいろ諸説ありますね。
背景となる天神様も川越市の三芳野神社説と小田原市の
菅原神社説もあって定説となるものがないようです。
いずれにしろ童謡って暗い、怖いって感じですね。

  • |2009.11.16(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

七五三。二人の娘の時のことを思い出しました。もう、高校生と中学生ですが昨日のように思い出せます。
なんだか、奇数にまつわるものが多い気がしますね。そういえば関西では十三参り、というのがあるそうですね。最近は関東でもする人が多いらしいですが。

七五三に関してのいろいろ、ためになります!!
  • |2009.11.17(Tue)
  • |見張員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張員さんへ☆彡

お二人とも七五三済んでおられるんですか。ご準備大変だったでしょうね。
奇数が用いられるのは縁起がいいとする中国思想から来ているそうです。
もともと七五三は関東中心に行われていたそうで、関西では十三参りとして、
数え年13歳になった少年少女が大人となったことに感謝し、お参りしてますね。
旧暦3月13日(新暦4月13日)に行われますが、最近では関東でも
十三参りをされる方が増えてるそうです。

  • |2009.11.17(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top