遊女の誘い水だった! 十三夜

今年は10月30日が十三夜。10月3日のサトイモなどを供える芋名月とも呼ばれた十五夜は、ところによって見られない地域もあったようですが、十三夜は星空に恵まれるでしょうかね。
写真素材 PIXTA
(c) puppy写真素材 PIXTA


名月を池に映して詠む貴族
中国や日本では、月を愛でる習慣が古くからありました。中国から月見の祭事が伝わった平安時代には、貴族の間で観月の宴や舟遊びなどで歌を詠んでいました。観月といっても月を直接見ないで、杯や池に映して楽しんだといいますから、当時の観月は優雅な遊びだったんでしょうね。

栗名月、栗を供えて十三夜
中国から日本に伝わった十五夜と違って、十三夜の月見は日本独特の風習で、日本独自の風習があり、その年収穫した栗や豆を供えるところから別名「栗名月」「豆名月」といわれています。旧暦9月13日のお月見(今年は10月30日)のことで、旧暦8月15日の十五夜(今年は10月3日)の後に巡ってきますが、十五夜はあまりすっきりしない夜が多いのに対し、十三夜の夜は晴れの日が多く「十三夜に曇り無し」ともいわれていました。十五夜に次いで美しい月でもあり、昔から大切にしていたんですね。そのためどちらか一方しか観ないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いとされていたようです。十五夜をご覧になった方、十三夜もご覧にならないと運気が逃げていくかもしれませんよ。

遊女に嫌われた片見月
江戸時代の遊里では、十五夜と十三夜の両方を祝い、片見月だけの客は遊女らに嫌われていたそうです。2度目も確実に来てもらうために、十五夜に有力な客を誘うのが風習だったんですね。さらに、地方によっては月待ちという風習があったそうです。十七夜以降の立待月(たてまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)などは、その名残なんですね。二十三夜待ちまでを行う地域もあったようで、月が昇る頃(深夜2時頃)まで遊びふけっていたそうです。羨ましい。けど、翌日はボーっとしていたんですかね。
この風習は明治時代に入って急速に廃れていったそうです。残念~。

案山子が天に帰る十日夜
十日夜(とおかんや)とは旧暦10月10日(今年は11月26日)に行われる収穫祭で、田の神様である案山子(かかし)がこの日に天に帰るともいわれているそうです。十日夜はお月見が主体ではないため、稲の収穫を祝ってお餅を食べたり、稲の茎をたばね、納豆の包み等に用いた「藁苞」(わらづと)で地面を叩きながら地面の神を励ましたといわれています。

何気なく見上げた星空に輝く月。ただ眺めているだけでいいんです。心が和みますよね。
十五夜、十三夜、十日夜の3日間とも晴れると昔から縁起が良いとされているそうですよ。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

十日夜

十日夜、田んぼの刈り獲りが終わった頃に、田の神に対して今年の稲の収穫を感謝するとともに、来る年の豊穣を祈るということなのでしょうね。
月がけじめのつけ時を教えてくれる。いいですねぇ。
  • |2009.10.30(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

小さい頃は木偶の坊と揶揄されていたとしか記憶にない案山子ですが、
田の神様の依り代だったんですね。
農耕社会では収穫を感謝する十日夜に、
田の神の案山子が天に上がるという習わしがあったそうです。

日本文化を探るとおもしろい言い伝えや習わしがわかりますね。

  • |2009.10.30(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

へ~え、15夜と13夜は一緒に祝ったほうがいいんですねー。
お勉強になりました。
風流ですね~^^
  • |2009.10.30(Fri)
  • |hanako
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hanakoさんへ☆彡

コメントありがとうございます。

江戸時代、十五夜と十三夜は同じ場所で見るもの。
別々の場所で見ることは片月見といわれ、
「片付見」に通じるとして嫌われていたそうなんです。
遊里での習わしも根底にあったのかも知れませんけどね。
  • |2009.10.30(Fri)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

今夜が十三夜、だったわけですね。
今夜の月はちょっとだけ朧でしたが、それでもここではよく見えましたよ!
いろんな日本の風習・習慣に照らしてみると、本当に奥が深いものがありますね。
いつも勉強になります!!ありがとうございます。
  • |2009.10.30(Fri)
  • |見張員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは
いつも、どうもありがとうございます♪

なるほど!
月はいろいろあるんですね~
また勉強になりました。
しかし、十三夜は見れませんでした
寝ちゃって(笑)

両方見る
便乗商法ですね・・・(苦笑)

応援ポチっとしていきます!
またよろしくお願いいたします♪
  • |2009.10.30(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張員さんへ☆彡

朧月でしたか。それもまた風情がありますね。
こちらは晴れ渡っていい栗名月でした。
十三夜の月は満月とは一致しません。
今年の十三夜は上弦の月でしたね。
  • |2009.10.31(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

片見月になっちゃいましたかね。

名月は十五夜だけではないそうですよ。
十四夜の月を「待宵(まつよい)」、翌夜にためらいながら出てくる月を「十六夜(いざよい)」。
さらに、17日の「立待月(たちまちづき)、18日の「居待月(いまちづき)」、19日の「臥待月(ふしまちづき)」、20日の「更待月(ふけまちづき)」などがあるそうです。
昔の人は風流だったんですね。

今なら観月キャンペーンとしてイベント企画を考えてもおもしろいですよね。


  • |2009.10.31(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは^^

いやぁ~絵になりますねぇ♪
関係ないですが、韓国でも、月にはうさぎが住んでいて、お餅ついているっていわれてるんですってぇ~♪
おとなりの国ですから、色々似てますね^^
十五夜だけでは、なかったんですねΣ(・艸・*)エェ!!
みんな、その時は、お饅頭たべるのですかね?w
  • |2009.10.31(Sat)
  • |cyonsa
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: cyonsaさんへ☆彡

地方によっては月に似せた黄色い饅頭、うさぎをかたどった饅頭などを作って供えるらしいです。風流ですね。
韓国でも、旧暦8月15日の秋夕(チュソク)は、親戚が集まり、墓参りをしたり、饅頭を食べるなど、正月と並んで大きな行事の1つだそうです。日本と同じように、うさぎがもちをついてるように見えるそうですよ。
  • |2009.11.01(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top