簡略化した野辺送りでまたも失敗

葬儀繰り出しの呼び出しは省略するはずだったのに

梅雨の合間に晴れ渡ったその日は、亡母を見送るにふさわしくすがすがしい1日だった。
朝からその日のスケジュールに念を押す。慌しい時間が過ぎていく。
喪主の挨拶内容、初七日の席次、葬具を菩提寺まで持ち込む葬儀繰り出しの確認。
祭壇の母に線香を上げ、今日の送り出しが無事済むように手を合わせた。

やがて兄弟、親戚、近隣の方々が三々五々集まってくる。
午前11時、菩提寺に行く前に導師による最後の読経がおこなわれた。これをこの地方では先葬(さきそう)という。 3人の僧侶による先葬は、木魚と鈴によって厳粛にすすめられた。
自宅で畳が敷かれた二間つづきの急造式場では、30人くらいの兄弟親戚が着座し、
重々しく回し焼香で供養。

15分くらいの先葬も無事すみ、導師は一足先に菩提寺に帰って我々を待つことになっている。
いよいよ葬儀繰り出しだ。
遺影写真、位牌、遺骨は勿論、燭台、香炉、枕飯、御鍬、死華などの葬具を、それぞれ親戚兄弟が
持ち、菩提寺まで持ち運ぶ。昔からの風習で、その担当者を、集まってくれたみんなの前で名乗りあげる。
しかし最近ではそれも簡略化し、その場に居合わせた人に頼むようになってるそうだ。
その昔は供野火といわれる先導者を先頭に、のぼりを持った旗印や台花、台菓子、台線香がつづき、棺おけを積んだ荷車を引いて、葬送の行列が菩提寺まで行進していたそうだ。女性は魔除けのため、喪服の背中から白い小さな生地を垂らし、行列に加わる。これらのことを野辺の送りといっていた。
いまでも地方によっては、このしきたりが残っているところもあるようだ。

昨夜の打ち合わせ通り、その役割だけはめぼしを付けておき、呼び出しは簡略化しようと意見の一致をみていた。
葬具はすべて葬儀屋さんが準備し、自宅の前の軒下に集まった参列者に一つひとつ手渡す。その役割を次兄が受け持った。ところが大勢の人を前に緊張したのか昨夜の決め事を忘れ、次兄は繰り出し帳をもとに、一人ひとりの名前を読み上げてしまった。繰り出し帳を持った手元は、小刻みに震えている。
「あらら、違う違う。読み上げなくていいんだよ」
しかし、耳の遠い次兄は私の進言も耳に入らず、どもりながらもどんどん読み上げていく。
語尾を跳ね上げながら、時にはかすれ声になり、 
「野団子 鈴木○○殿」
「七本仏 伊藤○○殿」
事情も知らず、読み上げられた人は前に出て、葬具を受け取る。
「あ~あ、母さんまたやってしまったよ。許して」 
緊張感も消えうせ、背中からは冷たい雫が流れ落ちてきた。

この繰り出しには、お使い(いわゆる招待した親戚縁者)を受けた方全員が参列し、何かの係りにつくことになっている。参列者が呼ばれなかったということは、本来ないことなのだ。
これが後になって、問題になるとは。

関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

はじめまして、あし@たどって、このページにきました。死をテーマにしたなかなかないブログだと思います。人はいつか死ぬのですが、死ぬまでに精一杯生きたいなと思っています。
また、私のブログにも遊びにきてください。(お勉強ブログですが・・・)
それでは、また。
  • |2007.11.02(Fri)
  • |network_imet
  • URL
  • EDIT

代替画像

ご訪問ありがとうございます。自己満足的なブログですが、人が触れたくない死を通じ、地方の葬送スタイルを見つめていきたいとはじめました。更新は不定期ですが、よろしかったらまた訪ねてください。
network_imetさんもテクニカルエンジニア合格めざして頑張ってください。
  • |2007.11.03(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top