土用丑の日はやっぱり鰻でしょう

梅雨も明けて温度計はドンドン鰻(うなぎ)のぼりです。そう、鰻といえば、土用丑の日。今年の土用の丑の日は7月19日です。店頭で鰻を焼く香がたまらないですね。いまでこそいつでもどこでも食べられますが、なぜ鰻が土用丑の日の定番になったのでしょうね。
写真素材 PIXTA
(c) 都子写真素材 PIXTA


土用は春夏秋冬にもあります
土用とは中国の五行思想にある木火土金水を、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割り当て、残った土気を季節の変わり目に割り当てました。これを「土旺用事」、「土用」と呼んだのです。いわゆる暦における雑節の一つで、各季節の終わりの約18日間のことをいいます。
土用の間に丑の日が2回巡ってくることがあり、2回目を二の丑といいます。二の丑は約2年に1回あるそうです。今年は7月31日が二の丑にあたります。一般的には土用の丑の日といえば夏の土用を指し、暑さを乗り切る栄養をつけるために、うのつくものを食べる習慣があります。梅雨明けと重なる夏の土用は、湿気をとる虫干しをしたり、梅干し・うどん・うり・鰻などを食べて夏バテ防止をしたのです。

土用の鰻は平賀源内が発案?
『江戸買物独案内』によると、土用に大量の蒲焼の注文を受けた鰻屋、春木屋善兵衛が、子の日、丑の日、寅の日の3日間で作って土甕(つちがめ)に保存したところ、丑の日に作った物だけが悪くならなかったという春木屋善兵衛説や天保10年(1839年)の『天保佳話』では、やはり鰻屋に相談をもちかけられた蜀山人こと太田南畝が、「丑の日に鰻を食べると薬になる」という内容の狂歌を考え出したという話もあります。その中でも有名なのは、江戸時代の蘭学者・平賀源内が夏場の営業不振に悩んでいた鰻屋に助言し、土用の丑の日に鰻を勧めたという説です。
鰻にはビタミンB類が豊富に含まれ、夏バテ、食欲減退防止、滋養強壮に効果があるからだったのでしょう。現在でも疲労回復に効くビタミン類やエネルギー源となる脂質をたっぷり含んだ鰻は大変人気がありますよね。

関東は背開き、関西は腹開きの蒲焼
いまでは夏バテ防止以外にも、風邪の予防などに効果的だと知られてますから、夏のみならずいつでも蒲焼として召し上がってますよね。ちなみに、養殖もの鰻は大量に出荷する夏の土用の消費を満たしており、天然物は脂ののった秋が旬だそうです。
一般的調理法としては、開いて頭と骨を取り去った身に串を打ち、たれをつけて焼く蒲焼が知られています。関東では背開きにしていったん蒸し上げたものを焼き、関西では頭のついた鰻を腹開きにし、蒸さずに焼きます。九州では背開きで蒸さずに深めに焼くものが主流だそうです。当初は筒切りにした鰻に縦に串を打ち、焼いて山椒味噌などを塗って食べていたそうです。その形が「蒲の穂」に似ていたことから蒲焼の名前がついたということです。
鰻は蒲焼のほか、たれをつけずに炭火で焼く白焼や名古屋名物の鰻飯の一種ひつまぶし、うなぎの頭部を串に刺したかぶと焼き、内臓部分を吸い物にした肝吸い、九州では有名な鰻飯のせいろ蒸などいっぱいあります。

さ~、土用丑の日は美味しいうなぎを食べて食欲増進、精力をつけて猛暑の夏を乗り越えましょう。


FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

こんばんは。
明日を待ち切れずに今日、鰻屋に急行して一日早い土用の丑の日をしました。
これでご利益半分にしても夏バテせずに暮らせそうな……、気休めながら納得しています^^
  • |2009.07.18(Sat)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ウナギ屋さんにもよるけど、やっぱり焼いたのが美味いかな。
  • |2009.07.18(Sat)
  • |よりじょん。
  • URL
  • EDIT

代替画像

ブログのコメントありがと☆

特上のうなぎは2000円位しますよネ!

私は中国産で我慢しますv-91

ランキングぽち☆
  • |2009.07.19(Sun)
  • |イセリナ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:まろゆーろさんへ☆

こんにちは。
「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり食せ」
『万葉集』に大伴家持が痩せこけた知人を憂い、夏バテ防止に鰻を勧めた歌があります。この頃から鰻が滋養強壮に効く食べものとして注目していたようですね。

  • |2009.07.19(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:よりじょん。さんへ

九州の蒲焼は背開きだと聞きますが、これは武士の切腹に通じることがないようにという願いが込められているそうですよ。
ちなみに関西の腹開きは、商人社会で腹を割って話せるようにという、こじつけのような話もあるみたいです。


  • |2009.07.19(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: イセリナさんへ☆

素焼きうなぎの卸でキロ(3~4匹)3500円ですって。
肉厚で脂の乗りもよく、それなりに評価も高いそうです。
とはいえ、料理として皆さんのお口に入るときは
さらにいいお値段になるんでしょうね。
高い疲労回復剤になるのか、安い滋養強壮剤になるのかは
皆さんのお考え次第でしょうね。

  • |2009.07.19(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

鰻というと蒲焼のイメージがすっかり定着していますが
反面生態はあまり知られておらず
産卵については研究者の間でさえ
最近まで判明していなかったのは意外でした。
身近(?)ながら結構謎の多い魚なのですね。
  • |2009.07.20(Mon)
  • |ごんべえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:ごんべえさんへ☆

鰻は河川の泥底に5年~15年生活した後、秋になると産卵のため海へ下り、温かい深海で産卵するそうですが、実は仰るとおりその生態がはっきりしてないのが現実だそうです。
養殖鰻は、孵化し日本の河川に遡上してきた稚魚を捕獲して飼育したものだそうです。
ごんべえさんは鰻についても詳しいんですね。

  • |2009.07.20(Mon)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは
いつも訪問&コメントありがとうございます

今回は鰻は食べませんでした・・・残念。
関東風と関西風一体境はどこ?なんてやってましたが
愛知と静岡の境あたりだそうで・・・(笑)
鰻は一昨年食の安全で騒がれましたが、最近は
あまり産地偽装や消費期限の偽装も騒がれなくなりましたね
のどもと過ぎると・・・なんでしょうか

応援ポチっとしていきます!
またよろしくお願いいたします♪
  • |2009.07.20(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:スーパーサイドバックさんへ☆

こんにちは。 いつもコメントありがとうございます

偽装問題や賞味期限などで社会を揺るがしていましたね。
今年は大きな騒ぎにはなっておりません。
問題が解決されたというわけなんですかね。
日本人の特徴でしょうか、熱しやすく、冷めやすいのは。

うなぎは食べなかったんですか、残念。
かくいう私も実は食べてません。へへっ。
高いですからね。
  • |2009.07.21(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top