母さんの葬儀、あまり期待しないで

野辺送りの人選に周りはシーン

荼毘にふされ、自宅に戻った母は、安置された祭壇から会葬者の弔問を受けた。
「生前は楽しかったね。今はこんな姿になってしまったけど、残った家族をよろしくね」
とでも言っているように、線香をあげてくれた弔問者一人ひとりにお礼をいっているようだ。
入院中の長兄に成り代わって喪主代行の自分は、一人ひとりに生前のお礼を述べる。
「わざわざのお参りありがとうございます。母も喜んでいるでしょう」
正座もしたことのない畳の部屋では、足がしびれてしまう。お帰りになったのもつかの間、次の弔問客が引きをきらない。ホッとする暇もない。 

「ちょっとでもいい。足をくずさせてくれ~」
悲鳴をあげてしまいそうだ。
そんな仮通夜は夕方6時頃までつづいた。

残った兄弟親戚を交え、明日からのお逮夜の準備をしなければならない。
問題は明後日の葬儀・告別式だ。

地元のしきたりで、葬儀繰り出しという儀式がある。
この儀式は昔の野辺送りといわれているもので、この地方では親族が位牌、写真、遺骨、墓印、七本仏、枕飯、死華花など、隊列を組んで菩提寺まで繰り出すことから、このような呼称でいわれているのだろう。
都会の葬儀では簡素化され、遺族が位牌、写真だけをもち、霊柩車で火葬場まで行く。火葬後遺骨を加えて、初七日が行なわれている。 もっとも今はお寺ではなく、専門式場で行われているケースが増えているようだ。そのほうが遺族にしても菩提寺にとっても、合理的なのだろう。

さすがに今は田舎でも隊列は組まず、それぞれの係りがそれぞれの持ち物をもってバスに乗り込み、式場となる菩提寺まで行くそうだ。その係りを親戚、兄弟、孫の中から決めなければならない。誰をどの係りにするか、ものよっては血の濃い親戚、近い親戚をえらばなければならない。その人選に頭を痛める。

「台菓子は誰がいいですか? 台団子は?」
聞いても何の返事もない。
「う~ん」
うなる声ばかりが、シーンと静まり返った部屋に響き渡る。 
「こんなとき長老はどこにいるんだ。世話役はどうしたんだ」
そんな大事なことを、親戚関係も良くわからない喪主が人選することは困難だ。
決めあぐねていると、場外から罵声が飛び交う。

おいおい、大丈夫かな。母の葬儀は失敗が許されない。
喪主としての重責が、双肩にかかってくる。
粛々と進められていく葬儀にも、こんな裏事情が秘められているのだ。 
「母さん、こんな状態だからあんまり期待しないでよ」 
子供の頃から優柔不断な性格を承知している母は、はがゆく感じているかもしれない。

関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

初めまして
お葬式は、大変です。
最近祖母のお葬式がありました
大変でした。
  • |2007.09.25(Tue)
  • |kk
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:はじめまして

コメントありがとうございました。
kkさん、ご返事が遅くなりまして申し訳ありません。
身内の死は切ないものがありますよね。
不定期ですけど、遺族のこころの模様を描写していきたいと
考えてます。今後ともよろしく。
  • |2007.10.07(Sun)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top