七夕には織姫と彦星のランデブー

7月になって梅雨の真っ只中とはいえ、何となくもう夏って気になりませんか。あちこちで夏祭りの声が聞こえてきますし、遠い夜空に流れる天の川では、1年に1度しか会えないという織姫と彦星がランデブーを楽しんでいるようですよ。
写真素材 PIXTA
(c) PG1104NA写真素材 PIXTA


どうして七夕と書いてたなばたと読むの?
7月7日は七夕(しちせき)といわれ、日本の五節句の一つですが、一説にはお盆(旧暦の7月15日)頃は水不足が深刻で、水神信仰が盛んでした。祖霊を迎える禊(みそ)ぎの行事として、収穫した麦や雑穀をお供えして、ご先祖さまに感謝していたのです。その時水辺の小屋に籠もった棚機女(たなばたつめ)と呼ばれた女性が、祖霊に着てもらう衣服を機織で織り、つくりあげた布を笹につけて神に捧げたといわれています。それが七日の夕方だったところから、たなばたつめのことを七夕と書いて「たなばた」と読むようになったということです。

織姫と彦星の悲しい恋の七夕物語
『天の川の西岸に住む織姫は、機織りの名手。毎日機織りに勤しんで美しい布を織り上げ、父親である天帝を喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、ふたりはめでたく夫婦になりました。
しかし、結婚してからというもの、あまりにも夫婦仲が良すぎて全く仕事をしようとしません。これに怒った天帝が、天の川を隔ててふたりを離れ離れにしてしまいました。
しかし、悲しみに明け暮れるふたりを不憫に思った天帝は、仕事に励むことを条件に七夕の夜に限ってふたりが再会することを許します。こうして、七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、ふたりは年に一度の逢瀬をするようになったのです。』(All aboutより抜粋)

悲恋から乞巧奠(きっこうでん)へ
七夕の由来には、織姫と彦星の物語だけでなく、手技(機織・手芸・習字など)の上達や豊作の願いが織り込まれています。古代中国では織姫にあやかり機織りが上手くなるよう、さらに手芸や手習いの上達を願い、巧みになるように乞う祭り(奠)という意味の「乞巧奠(きっこうでん)」が催されました。日本では先の祖霊祭とこの乞巧奠が融合し、現在のように定着したようです。

笹飾りは7日の夜取り外します
今でこそ、七夕には願いごとを書いた短冊を笹に吊るすのが一般的ですが、本来は、裁縫の上達を祈願する日でもあり、江戸時代には「習字の上達を祈願」する風習もあったそうです。
七夕の笹飾りは前日6日の夕方飾り、翌日7日の夜には取り外します。取り外した笹飾りは、その夜に川や海に流していました。しかし、環境問題が騒がれている今は、しっかりと分別してごみに出すようにしてください。

7月7日は二十四節気の小暑です
小暑(しょうしょ)は二十四節気の1つで、この日から大暑(7月23日の前日)までの期間をいいます。太陽黄経が105度のときで、梅雨明けが近づき、暑さが本格的になるころといわれております。「大暑来れる前なればなり」といわれ、蝉が鳴き始めるころです。立秋までの間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送るようにしましょう。
小暑の期間の七十二候は次の通りです。
初候 温風至(おんぷう いたる) 暖い風が吹いて来る
次候 蓮始開(はす はじめて はなさく) 蓮の花が開き始める
末候 鷹乃学習(たか すなわち がくしゅうす) 鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。小暑は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)」(←クリックして見てください)をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

ジュエリー・アクセサリーや結婚指輪・エンゲージリングなどの
ブライダルジュエリーをお探しなら、日本全国送料無料のツツミ。
安心と信頼の日本最大ジュエリーメーカーです。


ジュエリーならツツミに決まり!当店なら送料無料

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。
関連記事

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

こんにちは
いつも訪問&コメントありがとうございます

昨年の七夕の時自分もいろいろ調べて見ました!
今日の東京は晴れそうで、しかも満月!
ミルキーウエイが見れるといいなあと思います。

応援ポチっとしていきます!
またよろしくお願いいたします♪
  • |2009.07.07(Tue)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:スーパーサイドバックさんへ☆

こんにちは、 いつも訪問コメントありがとうございます

今日の東京の天気予報は晴れ時々曇り。
降水確率も6時以降10~20%ですから
たぶんミルキーウェイも見れるんじゃないですか。

どうぞ満月の明かりで二人が1年ぶりに再会する
姿をご覧ください。

  • |2009.07.07(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

七夕の事がよくわかりました。何故、織姫様と、彦星様が離れ離れにされたのか(;^_^A アセアセ・・・
なんとまぁ。そんなに仲が良かったのですね♪
でも年に1度は可哀想ですw
  • |2009.07.07(Tue)
  • |cyonsa
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

「たなばた」って良い響きですね。
おっしゃる通りこれから夏祭りなどのイベントがあったりで、良き日本の情緒を感じることができます。
しか~し、最近では夏の暑さに耐えられないので、外出するのも億劫になってしまいました><。。
8月ですが、大分でも七夕まつりがあるんですよ。
  • |2009.07.07(Tue)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:cyonsaへ☆

やきもちやさんが多いんですかね。
でも仕事に支障をきたすほど仲が良くても。
ほどほどにってところかもですね。

でも年に1度っていうのもロマンがあっていいじゃないですか。
久し振りに会う感触って新鮮でいいかもしれませんよ。


  • |2009.07.07(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:まろゆーろさんへ☆

これからは夏祭りのシーズンで、各地でも盆踊りやら
縁日市が始まり、活気が蘇ってくるでしょうね。

七夕祭は7月の地方と8月の地方がありますよね。
こちらの大きな七夕祭というと8月の仙台が有名ですよ。
8月の大分っていうと外に出たらムーッとするでしょうね。
メタボ散歩はもう予定終了ですか。
ご自愛ください。
  • |2009.07.07(Tue)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top