感動をありがとう!蛍と火垂る

今日、明日にでも梅雨入り宣言が気象庁から発表されそうな、そんな雲行きが続いています。これからじめじめしたうっとうしい毎日がやってくるのかと思うと、気が重くなってしまいますね。
ところで暦を見ると6月11日は入梅とでています。気象庁の梅雨入りとは違いますね。これはどうしてなのでしょう。調べてみました。

入梅は二十四節気の雑節、梅雨入りは気象用語
「入梅」は梅雨入りを意味する言葉ですが、季節の移り変わりを把握するための雑節で、太陽が黄経80度の点を通過する日を入梅としていました。芒種の後の最初の壬の日を梅雨入り、小暑の後の最初の壬の日を梅雨明けとしていた時期もあったようです。農家にとって梅雨入りの時期を知ることは田植えの日取りを決めるのに重要だったのですね。
現在は、気象庁の観測及び予報に基づいて梅雨入りを発表するようになりました。いわゆる「梅雨入り」は気象用語なんですね。「梅雨明け」も同様ですね。

こっちの水は甘いからと誘っても来てくれない蛍
梅雨は春から夏へと移るための大切な季節です。入梅は芒種を代表する言葉ですが、うっとうしい季節を忘れさせてくれるように、あの幻想的な蛍の舞が見られるのもこの季節です。
日本で「蛍」といえば、本州以南の日本各地に分布し、5月から6月にかけて発生するゲンジボタルを指すことが多いようですが、実際には遥かに多くの種類があり、国内には約40種が知られているようです。成虫が初夏に発生するため、夏の風物詩ととらえられています。
ホタル鑑賞のことを特に「蛍狩り」と呼び、ホテルなどで蛍を放つ例もあります。蛍が生息する地は清らかな水が流れる小川ともいわれ、最近では自然保護の気運とも高まって、自然回復や河川の浄化を含めた蛍の保護や放流が行われるようになってきました。「ホーホー蛍来いこっちの水甘いぞ」と知られる蛍狩りですが、「甘い水」とは農薬や洗剤に汚染されていない水で、ことさら砂糖水のような甘味のついた水分に好んで集まるわけではないですよね。

幼い兄妹の死別を描いた火垂るの墓
野坂昭如の小説「火垂るの墓」(ほたるのはか)は、1945年の兵庫県神戸市近郊を舞台とし、親を亡くした幼い兄妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わず悲劇的な死を迎えていく姿を描いています。野坂独特の饒舌で緻密な作品は、戦時下での妹との死別や情念が盛り込まれ、独特の世界観と感動を与えてくれましたね。映画は1988年高畑勲監督の作品として、宮崎駿監督の「となりのトトロ」と同時上映されています。
みなさん覚えていますか。死を目前にした幼い2人の兄妹愛。泣きましたね、涙が止まりませんでした。
写真素材 PIXTA
(c) tsuch写真素材 PIXTA


FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

蛍の墓って

私、見た事ないんです。きょうだいの可哀想な物語と聞いてから、なんとなく見てなくて(;^_^A アセアセ・・・
パソコンで「つゆいり」と打つと、何故、入梅とでましたw

こちらも、少しずつ入るでしょう・・・
どよよ~んw
  • |2009.06.09(Tue)
  • |cyonsa
  • |URL
  • EDIT

代替画像

cyonsa さんへ

火垂るの墓の作者、野坂昭如さんの実体験を綴った自伝小説なんですね。
自分が生きることに精一杯で、妹を死なせてしまったという自身の悔恨が
うかがい知れます。
機会があれば1度観ておいたほうがいいかもしれませんよ。

> パソコンで「つゆいり」と打つと、何故、入梅とでましたw

入梅は二十四節気の雑節で、「梅雨入り」の漢語的表現なんですね。
ですから「つゆいり」と入力して入梅とでても、
もう1度変換すると「梅雨入り」と出るはずです。
簡単にいえば入梅は実際の梅雨とは関係のない、暦上の呼称なんです。

  • |2009.06.10(Wed)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

昨年の夏、車で25分くらい行った所に
ほたるの里という名の観賞する場所あり
家族で見に行きましたが、ほたると会えて
みんな感動しました。
  • |2010.02.16(Tue)
  • |hebaseijin
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: hebaseijin さんへ☆彡

コメントありがとうございました。
お近くにほたるをご覧になれるところがあるんですか。風情があっていいですね。
昔はこの辺も自宅の近くを流れる小川で、ほたるを見ることができたんですけどね。何匹か捕って虫篭に入れて、持ち帰った記憶があります。清らかな水が流れてたんですね。
今は田畑も埋め尽くされ、造成されてるところが多く、ほたるも見れなくなりました。残念なことです。
  • |2010.02.18(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top