黄金色に彩づく麦秋は夏の季語

麦秋や子を負ながらいはし売(小林一茶)

野の道や童蛇打つ麦の秋(正岡子規)


写真素材 PIXTA
(c) Syaka写真素材 PIXTA


黄金色に染まる麦畑は夏の風物詩です
ちょうど今頃麦の穂が黄色く色付く時期を迎えます。
俳句の季語にも使われる「麦秋(ばくしゅう)」。旧暦四月の異称でもあり、5月31日頃より6月4日までは、七十二候の末候で「麦秋至(いたる)」に当たります。
秋は作物の収穫期といわれていますが、麦は初冬に蒔かれ越冬し、5~6月頃実りの時期を迎えます。昔は米の裏作と して雑穀と同じような扱いをされたそうです。農家にしてみれば、米でも麦でも収穫の喜びは同じなんですね。秋は「飽き」に通じ、喰い飽きるほど取りたいという思いもあったのでしょう。
秋を百穀成熟といいますが、麦は夏であっても麦の秋と言い表します。俳句の世界では秋という言葉を使いながらも夏の季語として扱われます。また、時候の挨拶として今ごろの季節には「麦秋の候」が使われます。秋が付いてるからといって勘違いしないように気をつけましょう。
湿気の多い今頃、まだ稚い緑の田圃の隣で、そよ風にさざめき黄金色に熟した麦畑のコントラストを眺めることもできます。もっとも現代では減反政策で生産調整され、文字通り小麦色に染まった麦畑を見ることも叶いませんでしょう。

ビールや食パンの原材料として使われてます
現在では麦ご飯として食べることはあまりないようですが、ビールとか食パンの原料として使われているのはご存知の通りです。夏の風物詩となりましたが、これから暑くなってくると、冷えたビールをジョッキで飲みたくなりますよね。ググーッとノド越し通る最初の一杯。お酒好きにはたまらないですね。

映画「麦秋」は1人の巨匠を育てました
1951年芸術祭文部大臣賞を受賞した小津安二郎監督の名作「麦秋」も有名ですね。原節子、笠智衆、淡島千景、佐野周二などそうそうたる方々が、結婚にあまり興味のない娘と、そんな娘に早く結婚してほしいと気を揉む家族を中心にさりげない日常のユーモアを織り交ぜ淡々と細やかに描いた感動作です。巨匠・小津安二郎監督を代表する傑作の1本だったのでしょうね。どうして麦秋という題名になったのかはわかりませんけどね。

高品質とデザイン性に優れたビールグラス。
至福の一献を最高に美味しく飲むワインセラー。
男の美酒を引き立てるお酒グッズ特集もあります。



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんにちは^^

わぁ~そうなんですかぁ?麦畑は夏の風物詩なんですかぁ?

いやいや、難しい季語?私なら、すぐ、秋のものとして使っちゃいましたねwwww

でも勉強になりましたm(__)m
  • |2009.06.03(Wed)
  • |cyonsa
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

ブログのコメントありがと☆

明日は芒種ですね!
  • |2009.06.04(Thu)
  • |イセリナ
  • URL
  • EDIT

代替画像

cyonsaさんへ

ご返事遅くなりました。
そうなんですね。秋の字が使われてるから
季節的に秋と思っちゃいますよね。

手紙なんかも時候の挨拶として使うと
cyonsaさんの知性を認められるかもしれませんよ。


  • |2009.06.04(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

イセリナさんへ

コメントありがとう。
そうですね。6月5日は芒種ですね。
芒(のぎ)というイネ科植物の果実を包む穎(えい)を持った植物の種をまく頃だそうです。実際の種まきはもっと早いですけどね。
詳しくは今日アップしますので、ご覧ください。

  • |2009.06.04(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは
いつも訪問&コメントありがとうございます

麦秋って夏の季語なんですか!!!
びっくりです、まったく知りませんでした
勉強になります、このままだったら普通に秋の季語だと
思ったままで恥ずかしい思いをするとこでした(笑)

応援ポチっとしていきます!
またよろしくお願いいたします♪
  • |2009.06.04(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

スーパーサイドバックさんへ

こんにちは。 訪問&コメントありがとうございました。

麦秋っていうとのどかな田園風景が思い浮かばれますね。
5月、6月は二毛作で作られた麦の収穫期です。
麦にとっては収穫の秋なんですね。

こういったところから麦秋の季語は夏ということに
なったのではないでしょうか。

自分でも記事を書きながら勉強させていただいてます。
  • |2009.06.04(Thu)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top