FC2ブログ

自分で選んだmy紅葉ベスト5

二十四節気で言えば10月23日より「霜降」です。七十二候では11月2~6日まで第五十四候の「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」です。もみじや蔦の葉が色鮮やかに装いを変える頃です。北国や山々はすでに紅葉に染まっている頃であり、平地でも美しい秋の景色が楽しめるのもこの頃からです。
ここ数年にわたって撮り続けた県内の紅葉スポットの中で、マイベスト5を取り上げてみました。自己評価(=自己満足)ですけど、matsuyamaが選ぶ紅葉ベスト5ご覧ください。      

第1位はJR山田線大峠砂防ダム付近の列車と紅葉です。美しい瀑布が見る人の気持ちを癒してくれます。ダムの周囲は遊歩道もあり、物静かに散策できますが、JRの列車を入れた紅葉写真はこれがベストでしょう。手前の国道106号線側道から撮りました。まさに自然の宝庫です。(2015年10月23日撮影)
my紅葉①


第2位は内陸雫石町にある葛根田渓谷の紅葉です。上流から飛沫を上げて流れ落ちる落差30mの鳥越の滝。近くの人に聞いたら滝壺には降りられないと聞き、諦めてこの位置からの撮影でした。上から眺める滝もいいものです。周囲に立ち込める白い湯気と紅葉の色が素敵でした。(2018年10月17日撮影)
my紅葉⑦


遠野市の重湍渓(じゅうたんけい)を3位に推します。重湍渓は猿ヶ石川上流にある渓谷で、巨大な花崗岩が階段状に浸食され畳を敷いたようで、紅葉の名所として知られています。訪れた日がちょっと早かったせいか鮮やかな紅葉は今一でした。訪れる人も少なくゆっくりと撮影タイムを楽しめました。(2017年10月17日撮影)
my紅葉③


自宅から車で30分。一番近いロケーションです。JR山田線箱石駅近くの鉄橋付近で見られる彩りのある黄葉をベスト4に推します。撮影可能時間帯に走る列車は1日2~3本しかありません。この時間は山深い中で光線具合がちょうどよく、日陰にならない黄葉がうまく撮れたと思います。実はこの日近くの中学校からスタートした山岳マラソン大会の撮影途中でした。レースはゴールで待ち構えていた小学生の娘と手を取り合い親子で感動のゴールをした印象深い日でした。(2015年10月25日撮影)
my紅葉④


遠野ふるさと村の古民家を借景する紅葉は第5位でした。村内は、江戸中期から明治中期にかけて造られた茅葺屋根の曲り家をそのままの形で移築しており、小川が流れ、水車がまわり、田畑あり、炭焼き小屋ありと、遠野の昔ながらの集落を再現しています。紅葉の楓が鮮やかでした。(2013年10月10日撮影)
my紅葉⑤


最後の番外編は我が家で育てる吊りしのぶです。日本の情緒漂う吊りしのぶは風情あふれるインテリアです。秋になると褐葉し冬には落葉します。春夏の緑葉と秋の褐葉には人の目を癒してくれます。自分で手入れした紅葉に拍手~🖐(2020年10月19日撮影)
my紅葉⑥

いかがでした。自分好みで選んだmy紅葉ベスト5。お気に召しましたでしょうか。
「えっ、評価できない?」、ごもっともです🧝‍♀️。


ただ今の二十四節気は「霜降」です。詳しくは10月23日付の「二十四節気・霜降」をご覧ください。次の二十四節気は11月7日の「立冬」です。前日頃までにご案内いたします。



人気ブログランキング

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

読書の秋と緑茶

だいぶ前から「本離れ」が進んでいるといいますが、暑くもなく寒くもない、そして夜の長いこの季節は、落ち着いた気持ちで本と向き合えます。新しい情報を得る手段としてはテレビやインターネットが勝っていますが、じっくり考えるには読書が一番かも知れませんね。
大きな声では言えないですが、そういう自分も「本離れ」してからだいぶ時が経ってしまいました。言い訳ではありませんが、年を取ってくると老眼だけではありません。文章の内容を理解するのに正直時間を要します。頭脳の回転も遅漏してきてるんですね、きっと。
読書茶


ところで、本を読んでいて眠くなってきたことってありませんか。自分は若い時からしょっちゅうありました。そんなときの息抜きに、マイカフェでお茶を一服してみてはいかがですか。ちょっとだけテレビを休め、横たわって好きな文庫本でも読みながら、緑茶や紅茶の時間をぜひ……。読書茶って言うんだそうです。

お茶を飲む風習は隋の文帝の時代に始まり、唐の時代になるとかなり流行したそうです。日本にお茶が伝えられた経緯には諸説があり、臨済宗の栄西禅師が宋から茶の種子を持ち帰って播いたともいわれてます。栄西は「喫茶養生記」を著して、二日酔いに苦しむ三代将軍源実朝に献上したそうです。

若い時はインスタントなんてコーヒーじゃないなどと粋がってサイフォンで入れたコーヒーを1日数杯飲んでました。ところが今は1日1杯が限度で、それ以上は体調を崩してしまいます。お茶には内臓の働きを調え、疲労を回復するなど、さまざまな効能があるんだそうですね。「お茶は健康と美容にいい」といいますが、やはり日本茶は最高です。緑茶の味や香りを楽しみながら、読書茶に親しむのもいいもんです。

10月27日から11月9日までは読書週間です。折しも10月29日は十三夜です。読書をしながら、灯火親しむ秋の夜をお楽しみください。


ただ今の二十四節気は「霜降」です。詳しくは10月23日付の「二十四節気・霜降」をご覧ください。次の二十四節気は11月7日の「立冬」です。前日頃までにご案内いたします。



人気ブログランキング

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

二十四節気「霜降」

二十四節気「霜降」
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。


昔ながらの稲刈りで刈り取った稲はさき掛けされ、約2週間余りの天日で干されます。十分乾燥した稲は脱穀され、後日精米されます。コンバイン一台で収穫・脱穀・選別の機能を併せ持った最近の農作業には見られない風情があります。
この日は脱穀している間、JR線の列車が通り過ぎて行きました。脱穀の農作業は二十四節気霜降を感じさせてくれます。
JR&脱穀



二十四節気 霜降 そうこう       10月23日~11月6日

朝晩の冷え込みがさらに深まり、北国や山里では霜が降り始める頃です。露が霜に変わりだんだんと冬に近づいてきます。地面が放射冷却によって冷え,空気中の水蒸気が昇華して氷の結晶となる霜。野菜にうっすらと付着している霜を見ると、一瞬ぶるぶるっと身震いし、秋の深まりを感じてしまいます。
農作物にとっては霜害にしばしば襲われる危険性をはらんでおります。春の霜害を「晩霜害」、秋の霜害は「初霜害」と言います。
園芸や家庭菜園を楽しんでいる方は、この頃から霜枯れの対策を、そしてご家庭内では暖房器具の準備も徐々に始めるころです。

実際に霜が降りるのは山間部や北国だけですが、紅葉する地域も少しずつ広がり、赤や黄色で色づき始めた山々には冬が目前に迫っています。
11月の声を聞くようになると、さすがに朝晩の冷え込みは顕著になり、最低気温も10度を切るようになります。日中はまだ過ごしやすい日が続いておりますが、夜は冷え込みも厳しく、ストーブやコタツなど暖房器具のお世話になっています。夏日が続く地域からは想像もつかないかもしれませんが、これが南北に長い日本列島の現実かもしれません。

早朝には霜が降りはじめ、裏山にも紅葉の色合いが漂ってきました。すっかり秋も深まり、もみじや楓で北国は徐々に、燃えるような赤色に染まりはじめております。紅葉は秋霜や時雨の冷たさに揉み出されるようにして色づくことから「揉み出づ」→「もみづ」→「もみじ」→「紅葉」と転訛したのだそうです。
紅葉狩りに行くとあらためて感じるのが日の短さです。秋の日は釣瓶落としといわれ、あっという間に日が暮れてしまいます。夏のつもりでいるといつの間にか懐中電灯が必要になってしまった、ということもありますから気をつけましょう。2カ月後の冬至までは、日に日に夜が長くなっていきます。



※次の二十四節気は11月7日の「立冬」です。前日頃までにご案内します。



七十二候「鮭」
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第五十二候 霜始降花 しもはじめてふる     10月23日~10月27日

朝晩の冷え込みで、明け方に霜が降り始める頃。
早朝散歩をしていると野菜の表面にうっすらと氷の結晶を見ることができます。
霜は地面や物の表面が放射冷却によって冷え,その上に空気中の水蒸気が直接、昇華して氷(結晶)ができる状態をいいます。この氷が霜です。霜降とは言いますが、霜が降りてくるわけではありません。霜の形を拡大してみると雪の結晶と同じです。この結晶は長く持ちません。
東北や北陸、甲信越地方などでは紅葉が見頃を迎えます。日本では万葉の時代から春には桜の花見、秋には紅葉狩りを楽しんできました。


第五十三候 霎時施 こさめ、ときどきふる     10月28日~11月1日

秋も終わりとなる頃で、霎(そう・こさめ)がしとしとと降ってわびしい時季。
短時間で降ったり止んだりする雨や雪が時雨(しぐれ)。初時雨は、人々や動物たちが冬支度をはじめる合図だといわれており、冬への足場を固めていきます。秋の時雨は冷たく大地を濡らし、雪へと姿を変えます。
落ち葉に向かって静かに降る雨はどことなくもの寂しく、秋の切なさが感じられます。さっと降っては止むことから、「女心と秋の空」(男心と〜)を表わす言葉とも言われています。
春雨が華やかに感じられるのに対し、秋雨はどこか淋しげな語感があります。秋雨は秋霖とも、霧雨とも呼ばれ、また秋時雨(しぐれ)とも呼ばれます。
時雨は冬の季語で、旧暦10月の異名です。「しぐるるや 田の新株の 黒むほど」など、芭蕉が好んだ句材でもあったため、芭蕉の忌日である10月12日は「時雨忌(しぐれき)」と呼ばれています。


第五十四候 楓蔦黄 もみじつたきばむ       11月2日~11月6日

もみじや蔦の葉が色鮮やかに装いを変える頃です。
古くから紅葉として楽しんできた楓。葉の切れ込みの深い方を「楓」、浅いのを「もみじ」と呼んでおり、どちらも秋の紅葉を代表する樹木として親しまれてきました。
葉が赤色に変わることを「紅葉」と呼び、銀杏のように黄色に変わることは「黄葉」と呼びます。また、秋の山が紅葉することを「山粧う(よそおう)」といいます。
北国や山々はすでに紅葉に染まっている頃であり、各地の名所は観光客で大いに賑わっております。紅葉前線が日ごとに南下し、平地でも美しい秋の景色が楽しめるのもこの頃からです。春の桜と秋の紅葉は日本の美の象徴として、人々の心と身体を癒してくれる季節の恵みでもあります。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しております。よろしければお気持ちの1クリックを。


下の<続きを読む>をクリックすると、霜降前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
北国岩手の四季と歳時記に取り組み、素朴な田舎生活を自由気ままに散策しております。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

人気ブログランキング参加中

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
41位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top