FC2ブログ

2月3日は鬼退治の豆まき‼

2月3日は節分です。節分は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年4回ありました。室町時代の旧暦の頃、春を迎えることが新しい年を迎えることだという考えから、立春の前日だけを節分というようになったそうですね。
節分に豆をまく行事は、中国の鬼を追い払う「追儺(ついな)式」という邪気祓いからきていました。桃の木で作った弓矢で豆を打っていたのですね。日本では京都鞍馬山に鬼が出たとき、大豆を鬼の目に投げつけて退治したという言い伝えもあるようです。

例年2月3日の節分には、全国の神社や寺院で氏子や信者の中からその年の干支にあたる年男が選ばれて、豆まきが行なわれます。成田山新勝寺の節分会には有名人が豆まきに参加されますが、撒く量といったら大豆が860kg、落花生が400kgになるそうです。やっぱり撒く量は半端じゃないですね。また、神社と幼稚園・保育園が連携し、園児が巫女や稚児として出演するなどそのバリエーションも多くあるようです。
節分①


自分がまだ幼少の頃(ハハハッ、そんな時代もあったんです)、節分で家庭内の豆まきをしていました。豆まきといってもこちらでは落花生ですけどね(詳しくはこちらから)。夕方になると親が玄関を開けて外に向かい「鬼は外」と2回叫び、その後部屋に向けて「福は内」「福は内」と豆を部屋の中に撒いてたんですね。子供たちは我先にと争って豆を拾っていましたね。自分の歳の分だけといわれてましたが、拾うときはそんなこと忘れてました。食糧難の頃ですから。
後日自分が親になって子供に豆まきをしたんですが、子供相手とはいえ「鬼は外」「福は内」という口上が恥ずかしかったですね。子供もこの日に限って食べれる特別なものでもないし、食も満ち足りてましたよ。子供は豆まきの謂れも知らないですから、あまり関心がなかったような。翌年から豆まきは復活しませんでした(泣)。こうして日本の伝統文化も廃れていくんですかね((~_~;)。
節分③


神楽(かぐら)の世界にも節分はあるんですね。こちらの地元には陸中沿岸の漁業・交易を守護する神社として広く信仰を集めてきた黒森神社があります。重要無形民俗文化財となっている黒森神楽には「仕組み」という演劇的要素を含んだ節分・豆まきがあります。
日本を魔国にせんと企む実留女(みるめ)が美女に化けて天皇に近づきます。これを見破った源経基が、鬼の目をつぶすため、豆を撒き鬼神を退治します。あらかじめ勧善懲悪のスト-リーが分かっているとなかなか見応えがあります。演舞では赤鬼や青鬼の面を被った神楽衆によって静と動が入り混じった激しい舞いが演じられていました。
節分②

神楽は地域の生業に結びついた「山の神舞」や「恵比寿舞」などを演舞し、最後に劇仕立てで勧善懲悪的物語の仕組みで観客を楽しませてくれます。神楽衆は本業を持ったうえで長期にわたる巡行をもこなしております。興味があって一時追っかけ的に神楽衆について回ったことがありましたが、中々奥が深いです。


ただ今の二十四節気は「大寒」です。詳しくは1月19日付の「日本の季節・大寒」をご覧ください。次の二十四節気は2月4日の「立春」です。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

冬の風物詩「新巻鮭」に異変が‼

三陸沿岸の宮古湾最奥部に注ぐ津軽石川は本州で一番鮭が溯上する河川として知られています。昭和48年(1973)に三陸海岸で初めて行なわれ大好評でもあった鮭のつかみ捕り。しかしながら前年同期の3割程度と歴史的な不漁が続いている2019年は、台風19号の襲来による増水で漁獲用の設備が流失するダブルパンチ。補修工事が完了する12月前半まで休漁が続いたため、漁獲量が戻らなく、あえなく中止となったようです。
全体的に鮭の回帰率が減少しているようですが、それに加え、災害などにより「採卵が十分に取れないと3~4年後の回帰率にも響いてくる」と心配されています。


新巻鮭とは「荒巻鮭」とも書き、「あらまきざけ」などと読みます。鮭の内臓を取り除いて塩漬けにし、日干しした保存食です。三陸沿岸一帯では軒下に干した新巻鮭が、初冬の風物詩でもありました。昔から「災いを避け(鮭)る」、卵のイクラは子孫繁栄を象徴するとされていた新巻鮭は、暮れになると1本丸ごとお歳暮やお年始などのご進物に重宝されてきましたね。
新巻鮭


鮭の町を象徴するサーモンランド宮古では3~5年後に成長して地元の河川に回帰する習性を利用し、毎年市内を流れる河川に鮭の稚魚を放流しております。昨年も4月に2つの河川で体長6㎝に成長した稚魚合計15万匹を放流。第38回の鮭稚魚放流壮行会は地元の園児約220名によって見送られ、太平洋の大海原目指して元気よく旅立ちました。
毎年これだけの量が放流されているにも関わらず、回帰率は減少しているようです。原因の究明は専門家の間で研究されてるでしょうが、自然災害だけが原因とも思えませんけどね。
鮭壮行会


恒例の「宮古鮭まつり」は2018年12月に開催されました。2019年の昨年は鮭の不漁及び台風19号の影響により中止となりました。楽しみにしていた市民にとって中止の報は残念でしたね。不漁のため遅れていた昨年2019年の鮭直売所も1昨年より1週間ほど遅れて営業開始。待ちわびた住民らが列を作り買い求めていたということです。不漁の影響で鮭保護組合も大打撃だったでしょうが、価格も値上がりされ住民も大きな痛手だったようです。
鮭直売所


近年にない鮭の不漁が続く地元の津軽石川で昨年11月、伝説の人物後藤又兵衛を供養する奇祭「又兵衛(またべえ)まつり」が、併せて鮭の豊漁を祈願して行われました。又兵衛まつりの詳細はこちらからご覧ください。
伝説ですからどこまで信憑性があるか分かりませんが、ここ数年の不漁を神のご加護で豊漁に転ずることを漁業関係者は願っており、当事者としては藁をもつかむ思いかもしれません。
又兵衛まつり


冬の風物詩ともなっている「元祖宮古鮭まつり」のつかみ取り。2018年の鮭漁はどこの地域も振るわない中、津軽石川の鮭まつりは半世紀近く続く恒例行事として何とか実施されておりました。
漁網が張り巡らされた周囲で水しぶきを上げ、逃げ惑う鮭。格闘の末、仕留めた参加者も上半身はびしょ濡れです。鮭と格闘した参加者はこの年200名。参加者数の鮭も確保できなかった昨年は中止。主催者は断腸の思いだったでしょう。
鮭つかみ取り

鮭の不漁を打開するためにも地元の漁業関係者、津軽石の稚魚ふ化場などの施設では採卵のための試行錯誤をしておりますが、ふ化場そのものも昨年の台風19号による被害は大きく影響しているようです。鮭の回帰については大きな課題として残されたようですね。
果たして今後新巻鮭を賞味できる機会があるのでしょうか。


ただ今の二十四節気は「大寒」です。詳しくは1月19日付の「日本の季節・大寒」をご覧ください。次の二十四節気は2月4日の「立春」です。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

万歳、万歳、万々歳

日本には万歳を三唱するシーンが多くありますね。忘新年会、祝賀会や試合、大会などの壮行会、祝勝会等々。中でも3月に入れば学校などの卒業式でも万歳が唱和されることもあります。ことあるごとに唱和される万歳は日本人にしっくりと溶け込んでいるようですよね。万歳三唱をよく思わない人はいないと思います。その場の雰囲気が盛り上がりますし、高揚感も引き締まってきますからね。

万歳
万歳三唱って日本の文化に何時ごろから組み込まれるようになったんでしょうね。で、調べてみると、なんと万歳三唱の日ってあったんですね。毎年2月11日の建国記念の日は万歳三唱記念日だそうです。いやはや日本人って何でもかんでも記念日に仕立てちゃいますけど、万歳三唱記念日があったとはね。
1889年の2月11日大日本帝国憲法発布の式典で、日本で初めて「バンザイ」と発音して行ったのを記念して制定したのだとか。この日、記念式典祭が行われる予定だった青山練兵場での臨時観兵式に向かう明治天皇の乗った馬車に向かって、学生たちが万歳三唱を行ったのに由来しているそうです。

当初学生たちは観兵式に向かう明治天皇を最敬礼でお見送りする予定でした。それだけでは物足りなさを感じ、教師や学生たちの間から天皇を称える言葉として、中国語の万歳を「万歳、万歳、万々歳」と3回唱和し、さらに両手を挙げて高揚感を高めようと決めたそうなんです。

しかし当日、一声目の「万歳」の声の大きさに馬車の馬がびっくりして立ち止まったため、二声目は声が小さくなり、三声目は言うこともできなかったんだそうです。この出来事からお祝い事では「万歳」を三度繰り返すものとして、世間に広まったということです。

ちなみに「万歳三唱」で手を挙げる時は、万歳発声と共に手のひらを内側に向け、指を真っすぐ伸ばすのが正しい作法なんだそうです。手のひらが外側に向いていると、降参を意味することにもなりかねません。でも現代では大半の人が手のひらを前に向けているようですね(笑)。

嬉しくて気持ちが高ぶった時、万歳三唱すると何とも気持ちがいいもんですよね。(参照:気になる話題、おすすめ情報館)※上記写真は掲載承諾済です。


ただ今の二十四節気は「大寒」です。詳しくは1月19日付の「日本の季節・大寒」をご覧ください。次の二十四節気は2月4日の「立春」です。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
45位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

QRコード

QRコード

CREDIT

top