FC2ブログ

三陸ジオパークのジオサイト「奇岩三王岩」

三陸復興国立公園にある数多い奇岩景観の中で一際目を引くのが宮古市田老の男岩、女岩、太鼓岩からなる三王岩(さんのういわ)です。白亜紀から1億年もの歳月をかけて、寄せ返す波と海原を吹き渡る風雨が作り上げた美しい自然の芸術品です。

女岩と太鼓岩を両側に従えるようにそびえる高さ約50mの石柱状の男岩は、砂岩とれき岩が水平な縞模様の岩肌をしています。その左側には高さ約23mの尖頭状の女岩と、右側に黒岩から転石したとみられる高さ17mの太鼓岩が寄り添うように並んでいます。
これらの三王岩は2011年の東日本大震災による津波にも倒れたりすることなく変わらない雄姿を見せつけております。
三王岩①


5年前に三王岩の間から昇る初日の出を撮影したことがありました。その時の記事はこちらをご覧ください。防寒着は万全を期しての撮影ではありましたが、正月の早朝午前7時前は何しろ寒いです。手指は刺されるような痛さで感覚はありません。
その苦痛を和らげてくれたのが岩と岩の間から昇る初日を背景にシルエットに浮かび上がるサッパ船の船影でした。写真ではうまく映ってませんが、その時は感動的で小雪がチラつく極寒も忘れるほどでした。もうあのような寒さの中での撮影は2度とできないでしょうね。
三王岩②


冒頭にも記したように津波による三王岩自体には被害はなかったのですが、遊歩道に作られた鋼鉄製の手摺が金太郎飴を熱く溶かしたようにグニャグニャと曲がりくねっていました(写真左)。人間の作った鋼材ですが自然の力には一溜まりもなかったようです。現在では写真右のように遊歩道も復旧し、三王岩の自然の偉大さを間近で見ることができます。
三王岩⑤ 三王岩④


震災遺構として以前にも記事にしてきました「たろう観光ホテル」。東日本大震災による津波で被災、損壊した後、津波の脅威を伝えるための震災遺構として整備されました。その時のホテル事業者が付近の高台に移転新築し、「渚亭 たろう庵」と名称を改めて2015年4月に営業を再開しました。近くにある展望台からは三王岩の全貌が見渡せます。
たろう庵前の道は三陸ジオパークの体験ツアーコースにもなっており、時折参加者の一行がすぐ目の前の展望台まで歩いていく姿を見かけることもあります。
三王岩③



三王岩に興味とご関心がお有りの方は下記地図をご参照ください。



ただ今の二十四節気は「小雪」です。詳しくは11月21日付の「日本の季節・小雪」をご覧ください。次の二十四節気は12月7日の「大雪」です。12月6日頃までにご案内いたします。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

日めくりカレンダー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
41位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top