FC2ブログ
  • 2018
  • 12/22
  • Sat

二十四節気「冬至」

2018二十四節気「冬至」
本記事は昨年の「冬至」を編集し直した予約投稿です。ただ今ブログ活動は休止中です。
そのためタイムリーな記事もお休みしてます。折角お見えいただいても何のおかまいもできませんで、申し訳ありません。
足跡を残していただいた方には後日改めてご訪問させていただきます。




二十四節気
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第二十二節気 冬至 とうじ       12月22日~1月5日

12月22日からは二十四節気の第二十二番目「冬至」に変わります。
北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなる頃。翌日から日が長くなるということであり、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえられていました。

この日の冬至には運盛りといって「ん」のつく人参、大根、蓮根、うどん、銀杏、金柑などの他に、お馴染みの南瓜(かぼちゃ)といったものを食べる習慣があります。これらは縁起かつぎで食べるだけではなく、栄養をつけて寒い冬を乗り切るための先人の知恵でした。
さらに「柚子湯」に入る習慣もあります。柚子湯は血行促進や冷え性緩和、風邪予防、美肌効果などがあり、元気に冬を越すための特効薬でもあります。

古くから世界各地では冬至の祝祭が盛大に行われており、古代ローマではこの日の太陽を神様として崇め、復活祭として祝っておりました。その頃の冬至は12月25日だったため、キリストの誕生祭がこの日に生まれ変わったともいわれております。
中国や日本では、太陽の力が一番弱まり、冬至を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意味の一陽来復(いちようらいふく)が使われております。

午後4時過ぎには日没となり、4時半には薄暗くなってしまいます。冬至を過ぎると日1日と日が長くなりますが、寒さはこれからが本格的。正月が明けると寒の入りとなり、暫く寒さとの戦いになります。
運盛りのかぼちゃでも食べ、柚子湯に浸かって、どなた様もくれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。



次の二十四節気は1月6日の「小寒」です。




七十二候
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。




第六十四候 乃東生 なつかれくさしょうず     12月22日~12月26日 

草木いずれも枯れている中で乃東(だいとう・かこそう)のみが緑の芽を出し始める時季。
乃東とは夏枯草(かこそう)のことで、別名、漢方薬に使われる「靫草(うつぼくさ)」のことです。冬至の頃に芽を出し、夏至の頃に枯れることからこの名前が付けられました。
うつぼ草はイチゴと同じように出走枝によって茎を地面に這わせ、芽や根を延ばして繁殖していきます。夏場に黒ずんだ花穂は生薬として使われ、利尿、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎など消炎作用に効果があります。


第六十五候 麋角解 おおしかのつのおつる      12月27日~12月31日

大麋(たいひ・おおしか・となかい)のたぐいもその角を落とす時季。
大鹿が角を落とす頃。麋角(びかく)とは、「なれしか」の角をいい、一般的に大鹿のことで、トナカイの一種でもあります。トナカイはサンタクロースの橇(そり)を引く動物として親しまれておりますが、フィンランドの奥地では、あちらこちらにトナカイがたむろしているそうです。奈良公園の鹿のように馴れ馴れしくなく、人が近づくと逃げるそうです。昔人によって危害が加えられたのかもしれません。
奈良公園の鹿は、この時期に角を落とされます。鹿の角が生え変わる頃で、枝分かれした大きな角が抜け落ち、春にまた新しい角が生え始めます。毎年生え変わる角の状態で年齢が分かるそうです。目安ですが、角に枝分かれのない状態が1歳、枝分かれが1つだと2歳、2つだと3歳です。3つに枝分かれして大人になり、4つ以上は滅多にないようです。


第六十六候 雪下出麦 ゆきわたりてむぎのびる    1月1日~1月5日   

一面、雪に覆われていても、その下では麦が芽を出しはじめる時季。
麦は冬場の裏作として多く育てられていました。秋に芽を出し冬を越す越年草の麦は稲の終わった10月から11月頃にかけて田畑に撒かれ、すぐに緑の針のような芽を出します。寒風に吹かれながらじっと成長の時を待つ麦は、年を越えると随分成長し、麦踏みなどを経て春には立派な穂をつけます。
寒さの厳しい地方ではすっかり雪景色が当たり前のこの時季、寒さにも強くすくすくと育ち、6月頃には収穫することができます。麦は環境適応力が高く、世界中で食料にされています。



下の<続きを読む>をクリックすると、冬至前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2018
  • 12/07
  • Fri

二十四節気「大雪」

大雪
本記事は昨年の「大雪」を編集し直した予約投稿です。ただ今ブログ活動は休止中です。
そのためタイムリーな記事もお休みしてます。折角お見えいただいても何のおかまいもできませんで、申し訳ありません。
足跡を残していただいた方には後日改めてご訪問させていただきます。




二十四節気
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第二十一節気 大雪 たいせつ            12月7日~12月21日

師走を迎えた12月初頭には、通年だと雪国の山々はほぼ冬化粧を終える頃。大雪とは、山岳ばかりでなく平地にも雪が降り積もる季節ということからついた呼び名です。本格的な冬の到来となり、動物たちも慌ただしく冬ごもりに入ります。

今年は大雪を迎える前の先日12月4日、西日本では最高気温が25℃を超え夏日を迎えたところもあったようです。私の住む岩手県でも沿岸を中心に記録的な暖かさとなり、12月の観測史上最も高い22.8℃を観測しました。少し動き回ると汗がにじんできます。こんな異常気象に桜の花が蕾を見せてくれました、などと笑えない冗句がまかりとおっていました。この話題には続きがありまして、2日後の6日にはあまり降雪の機会がない太平洋沿岸部の宮古でも午後から本格的な雪となりました。真っ白に薄化粧したこの日の最高気温は4℃。2日前とは18℃も寒暖の差がありました。ひ弱な老体には堪えますね。昨日スタッドレスタイヤに交換しておいて良かった。
通常の年だとこの頃はまだ旧暦11月ではありますが、北の空にはシベリア寒気団、いわゆる冬将軍がやってきて完全な冬型の気圧配置となり、さらに朝晩の冷え込みが一層厳しくなります。真冬の象徴として使われる「冬将軍」は1812年、ロシアに攻め入ったナポレオン率いるフランス軍が、極寒の気候に退却を余儀なくされたことを、イギリスの新聞が「冬将軍に敗れた」と報道したことに由来しています。

海洋では鰤(ぶり)などの漁も盛んで、熊は冬眠(疑似冬眠)に入り、南天の実は赤く色付いてきます。地方によってはすでに深雪に埋れたり、厚い氷に閉ざされます。スキー場開きのニュースもちらほらと聞かれるようになり、街はクリスマスのイルミネーションで賑やかになる頃です。

大雪は冬至の前でもあり、日の暮れるのが1年で1番早い頃。日本の大部分ではまれに風花(かざはな)が舞う程度ですが、意外と寒さを強く感じる時でもあります。寒い地方では根雪になる雪が降り始め、本格的な冬の到来となります。



次の二十四節気は12月22日の「冬至」です。



七十二候
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第六十一候 閉塞成冬 そらさむくふゆとなる      12月7日~11日頃

天地の気が塞がれ、冬がおとずれる頃。字面からも分かるように「閉塞」には、すべての生き物が活動を控える様子が表れています。
空を塞ぐかのように重苦しい真冬の空の下、生き物はじっと気をひそめています。塞ぐとは、寒さから生き物を守るという意味にもとらえられますし、また寒さを塞ぐことにより人々を守るという意味でもとらえることができます。そのため、家庭ではエアコンやストーブが威力を発揮することになります。同時に暖房費がかさむ時季にもなります。


第六十二候 熊蟄穴 くまあなにこもる          12月12日~16日頃

熊が冬眠のため自分の穴に隠れる時季。熊は秋になると冬ごもりのため、旺盛な食欲を発揮しますが、近年では立木の伐採やら山林の開拓で、熊の餌となるブナやどんぐりなどの木の芽が減少しており、餌を求めて住宅地に降りることもしばしば見受けられます。そのため、東北では茸狩りの人々に熊の急襲を受けたという事故が多発しました。
冬眠直前の熊は松の木の皮も食べますが、これは空腹のためではなく、松の木に含まれる松脂で腸内の糞を固め、いわば腸内を無理矢理便秘状態にし、排泄のできない長い冬眠を乗り切るためなのです。


第六十三候 鮭魚群 さけのうおむらがる         12月17日~21日頃

鮭が群がり、河川をさかのぼって行く時季。海で育った鮭は、産卵のために自分の生まれた川へと里帰りをします。産卵で一生を終える鮭。遡上は鮭の習性でもありますが、文字通りその姿は冬を代表する光景のひとつです。
北国ではこの時季、鮭の遡上が近くの小さな川でもよく見られます。上流を求めて遡上する5~10匹集団の鮭は急流をものともせず、力強いその姿は感動的であります。時には力尽き川のほとりにその死にがらを晒すこともあります。現在は暦より早く、10月から11月が遡上期にあたるようです。




下の<続きを読む>をクリックすると、大雪前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

日めくりカレンダー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
287位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
39位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top