FC2ブログ
  • 2018
  • 07/07
  • Sat

二十四節気「小暑」

七夕飾りバナー
本記事は昨年の「小暑」を編集し直した予約投稿です。ただ今ブログ活動は休止中です。
そのためタイムリーな記事もお休みしてます。折角お見えいただいても何のおかまいもできませんで、申し訳ありません。






二十四節気バナー
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第十一節気 小暑 しょうしょ     7月7日~7月22日

暑さがだんだん強くなり、各地の梅雨も明けてくる頃です。梅雨の末期には時として猛烈な雨が降りますので注意が必要です。梅雨の間、厚い雲でさえぎられていた太陽が、カッと照るようになると気温も急速に上昇。体調を崩す人も多く見受けられます。
7月7日の小暑と同時に迎える五節句の七夕。天の川を隔てた織姫と彦星の2人が年1度のデートを許された、儚くも悲しい物語が繰り広げられる中国の伝説です。この舞台を見られるのが7日夜の天の川ですが、梅雨空がつづくこの時期はなかなか見ることが叶いません。
七夕飾りの短冊に書かれたお願い、本当に子供が書いたのか疑いたくなるものもあります。「毛が生えますように」、「お父さんが会社で変なあだ名で呼ばれませんように」、親思いの子供ですね。
小暑から立秋までの1ヵ月間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に、立秋を過ぎたら「残暑見舞」となります。小暑の終わり頃に夏の土用に入ります。今年の土用の入りは7月19日、土用丑の日は25日、二の丑は8月6日です。美味しい鰻でもお召し上がりください。



※次の二十四節気は7月23日の「大暑」です。




七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第三十一候 温風至 あつかぜいたる        7月7日~7月11日

日に日に暑くなり、もわんとした湿気を含む温風が肌をなでる頃です。夏本番は、すぐそこ。現在の暦では梅雨が明けるかどうか微妙な時季です。
七夕を晴天で迎えることは少なく、湿った温かな空気が流れ込み雷雲が発生しやすくなります。そのため、突然の雷雨や突風などが起こることもあります。
このあつかぜ、熱風ではなく温風とあてているところが、日本の気候に配慮した表現でもあるように思えます。


第三十二候 蓮始開 はすはじめてひらく      7月12日~7月16日

沼や池に浮かぶ蓮の花が開き始める時季です。夜明けと共に紅やピンク、白色の優雅な花を咲かせ、4日目には散ってしまいます。蓮の花の中には、何千年もの間、泥に眠り続けている種子があるといわれています。それがあるとき、水上に現れ、花を咲かせることもあります。
蓮は根や実など、全草食べられる水生植物で、インド原産の蓮は中国を渡って日本へ入ってきたと言われています。また、花を開いて仏陀の誕生を知らせたとされるところから、お釈迦様の座す蓮台や極楽浄土の象徴にもなっており、仏教と密接な関係にあります。泥に染まらない優美な花が咲くため、汚れた濁世においても法(教え)の花(悟り)を咲かせる、とたとえられています


第三十三候 鷹乃学習 たかすなわちわざをならう  7月17日~7月22日

鷹が飛ぶことを覚えて空に舞いあがる時季。鷹の幼鳥が飛び立ち獲物を捕ることを覚える時季でもあります。「一富士二鷹三茄子」ともいわれ、鷹は飛翔力に優れていて、最高時速80kmのスピードで、獲物を急襲します。鋭い爪で獲物の鳥やリス、キツネ、野ねずみ,ウサギなどをつかみ、くちばしで引き裂いて食べます。
「鷹狩(たかがり)」は、日本書紀にも記述があるほど古くから行われていました。主には天皇や貴族、大名、戦国武将などが好んだ狩猟で、鷹好きで知られる織田信長へは、多くの武将が鷹を献上したそうです。優れた狩猟の能力をもつところからその強さ、速さ、権力、高貴さの象徴として、紋章や意匠などに使われてきました。
東北の秋田には農業を営みながら、伝統の鷹狩りを守り続けた鷹匠(たかじょう)がいましたが、近代化の波に呑まれ、戦後姿を消してしまいました。


下の<続きを読む>をクリックすると、小暑前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top