日本の四季 立夏

立夏バナー






海の自然をたっぷり焼いてBBQ
浄土ヶ浜まつりBBQ
ゴールデンウィークも後半に入りました。皆さん大型連休を楽しんでいますか。
天気に恵まれた後半5月の3日、お仕事されてる方々を横目に、
休暇を満喫されてる方々の様子を見てきました。
「浄土ヶ浜まつり」が行われた地元の名勝浄土ヶ浜では、海の自然を焼いて食べようと
「お楽しみ海鮮BBQ大会」がファミリーの人気を呼んでいました。
さんまやエビ、帆立などがたっぷりセットされて1人1000円。
自然の景観を借景してのバーベキュー、さぞや美味しかったでしょうね。
動くと汗ばむ陽気の立夏。観光地は平和に復興しつつあるようです。
(平成29年5月5日:追記)



環状交差点県内初の試み 戸惑いと事故防止!!
円形交差点
信号機のない直径約30メートルの環状交差点(ラウンドアバウト)がこの3月に完成。
信号機がなく、通行車両は一時停止してから一方通行(時計回り)のロータリーに入り、目的地方向に抜ける方式です。県内初の方式だそうですが、ラウンドアバウトに慣れてないドライバーはどのように走行したらいいのか戸惑っていたようです。
まだそれほど多くもなさそうな交通量で、果たしてラウンドアバウト方式が適切なのかどうか分かりません。が、市では住宅や商店、公益施設などが整備配置され交通が集中してくると、出会い頭事故の防止や災害による停電時などで、環状交差点の機能を発揮できることを期待しているようです。
交差点のすぐそばには小学校があり、毎日登下校で渡ることになるでしょうが、信号機のない交差点が果たして子供たちにとって有意義に横断できるのでしょうか。
(平成29年5月1日:記)




二十四節気立夏バナー
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第7節 立夏 りっか       5月5日~20日

青葉繁れる季節は5月を迎え、二十四節気では5日から20日まで「立夏(りっか)」となります。
気象的には6月からが「夏」ですが、暦の上では一足早く夏を迎え、立秋の前日までを「夏」としています。梅雨を過ぎなければ本格的な夏とはいきませんが、野山には新緑が目立ち、街中を吹く風には夏の気配が感じられてきます。春の長雨も過ぎ去り気候は安定し、過ごしやすい陽気の日が続きます。

青葉、若葉が太陽の光にキラキラと輝く季節。この時季は夏日といえる気温の高い日もありますが、湿度があまり高くなく、爽やかな風が頬をなでる「若夏」という言葉がいかにもふさわしく感じられます。
八十八夜も過ぎた近年では農家も繁忙期を迎え、田植えの終った田んぼのあちこちから蛙の声が聞こえ始めます。蛙の合唱につられてミミズも顔を出し、竹やぶでは気がつくと筍がたちまち背たけを伸ばしています。
先日近くのつつじ園に行ってみました。ツツジの蕾に混じって筍が生えてました。1本だけ大きく50㎝位まで伸びてます。観賞用にはいいかもしれませんが、食用にはちょっと伸びすぎですよね。

風薫る五月。布団から目覚めた清々しい朝。窓を開けると元気いっぱいな空気が辺り一面みなぎっています。一年の中でもこの時季が一番過ごしやすい季節ですね。



※次の二十四節気は5月21日の「小満」です。5月15日頃更新予定です。



七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第十九候 鼃始鳴 かわずはじめてなく        5月5日~9日頃

冬眠から目覚めていた蛙の鳴き声が聞こえ始める頃です。繁殖期、雄は雌を呼ぶために最も大きく鳴くといわれます。水田が多い地方では夏の夜にたくさんの蛙が一斉に鳴きだすなど、季節の風物詩となっています。
「痩せ蛙負けるな一茶これにあり」
長野の山寺に逗留していた小林一茶の句です。
裏庭の小さな池に、産卵のために集まってきたヒキガエルの雌の奪い合いから起こった凄絶な蛙合戦を見たときの句だといわれていますが、その実は病弱の子ども千太郎の命乞いの句でもありました


第二十候 蚯蚓出 みみずいづる         5月10日~14日頃

この頃になるとみみずが活発に動き出し、地面にはい出る姿を見かけるようになります。
グロテスクな姿で下等な動物と思われがちであまり歓迎されませんが、土の中の有機物や微生物を食べ、糞を排泄しながら土中に酸素量を増やし、肥沃な土地にしてくれるなど、極めて大きな役割を果たしてくれる良き生き物でもあります。
目がなく、手足もなく、紐状の動物であるみみずは、「目見えず」から「めめず」になったといわれています。


第二十一候 竹笋生 たけのこしょうず     5月15日~20日頃

竹の旬と書いて筍。旬は10日ほどの期間と言われております。頭が少し土から出たら堀ごろで、毎日掘っても掘っても、翌日行くと次の筍が生えてきているなど成長が著しい筍です。
現在、日本で食用とされている筍は、孟宗竹の若い茎が中心ですが、孟宗竹が日本に入ってきたのは、17~18世紀の江戸時代。七十二候がまとめられた頃は真竹が中心だったことから、「竹笋」は真竹だったという説もあります。


下の<続きを読む>をクリックすると、立夏前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top