日本の四季 穀雨

穀雨バナー






カモシカにジーっと見つめられました
ニホンカモシカ
先日海の近くの森林公園を散策していたら林の中でニホンカモシカと遭遇。
野生動物ですから、見たくなったからと言って動物園に行って見るわけにもいきません。
最近は出没回数も増え、近隣の苗木や農作物を食い荒らす問題も発生しているようです。
物珍しさに思わずシャッターを切ってしまいましたが、自然が残る野生の宝庫なんですね。
周囲には民家もあります。観光地でホテルもあり、観光客も近くを歩いています。
熊ほど危険性はないにしても突然の出会い頭は怖いですね。
出没は特別天然記念物として保護されたり、自然林伐採による餌不足が要因なのかも。
これ以上増え続けるなら保護区を設定し、保護区外のカモシカを見かけたら駆除する対策が必要かもしれませんね。
(平成29年4月25日:追記)




今年も花筏が浮かんでます
花筏
この1週間で急激に春めいてきた北国地方、今が花時です。
5日前の開花宣言から桜は一気に咲き綻び、満開の桜吹雪は桜人の心を魅了しました。
花筵(はなむしろ)を敷いてお花見弁当を広げる先に、舞い散る零(こぼ)れ桜。
この日花冷えで散った花吹雪が、さらさらと流れる小さなせせらぎに花筏(はないかだ)を浮かべます。
水面に敷き詰められた桜色の浮き橋は薄暗くなると、
焚く花篝(はなかがり)によってぼんやり明るく見えはじめます。
花あかりは桜を愛でる人に風情を感じさせてくれます。
今年も夜桜は幽玄の世界に誘なってくれそうでした。
(平成29年4月20日:追記)




大きくなって戻ってきてね~!
さけ稚魚壮行会
先日4月13日、地元の津軽石川で漁業協同組合主催による鮭の稚魚壮行会が行われました。
幼稚園、保育園など大勢の園児たちが、「元気に戻ってきてね」と今年1月に誕生した鮭の稚魚5万尾を放流。園児たちに見守られ、6センチ程に成長した稚魚たちは太平洋の大海原目指して元気よく旅立ちました。
本州で一番多くの遡上が見られるといわれている地元の河川。東日本大震災の影響で危惧されていた回帰問題も杞憂であって欲しいと願いつつ、今年で36回を迎える壮行会は、サーモンの町宮古ならではの風物詩です。
楽しみな4年後、故郷を忘れない鮭ですが、園児たちも今日の壮行会を覚えている、カナ!
(平成29年4月15日:記)




二十四節気バナー
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第六節気 穀雨 こくう      4月20日~5月4日

二十四節気は4月20日から「穀雨(こくう)」を迎え、5月4日頃まで続きます。
穀雨は「雨が降って百穀を潤す」といわれ、田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける春雨が降る頃でもあります。稲作を農業の中心としている日本では、発芽したばかりの稲を育てる雨として重視されてきました。

この頃から天気も安定し、日差しも強まり始める一方で、穀物の成長を助ける春雨が降る頃となります。この時期に降る雨は「百穀春雨」ともいわれ、百穀を潤し発芽させます。これが連続して降り続くことを「菜種梅雨(なたねつゆ)」といい、菜の花に潤いを与える長雨となります。これを春霖(しゅんりん)ともいいます。

雨の日が続くと憂鬱な気分になりますが、植物にとっては大切な恵みの雨ともいえます。
大地の草原には緑が甦り、春が一層色濃くなってきました。シャツを1枚脱ぎ捨て桜花爛漫の季節を満喫しましょう。
夏野菜を植えるにも最適な時季、晩春の穀雨です。夏を迎える前の八十八夜は茶摘みを始める目安の日でもあります。



※次の二十四節気は5月5日の「立夏」です。5月1日頃更新予定です。



七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第十六候 葭始生 あし、はじめてしょうず   4月20日~4月24日頃

水辺に葭(あし)が芽を吹き出しはじめ、山の植物、野の植物が緑一色に輝きだす春爛漫の時季です。
「葭」とも、「蘆」とも書く葦。日本はかつて「葦原の国」と呼ばれたほど葦は古くから親しまれていた植物であり、すだれや屋根、紙や楽器などに用いられ、人々の生活に欠かせませんでした。大地が緑色に輝くこの時季、それまで枯れていたように見えていた葦の成長が見られます。
パスカルは「人間は考える葦である」と言いました。葦は強い風が吹いてもしなって倒れることはありません。人間は考えることができるということは、葦のように精神のしなやかさを持っているということなのかもしれません。


第十七候 霜止出苗 しもやみてなえいずる  4月25日~4月29日頃

霜が発生することをよく「霜が降りる」と言い、乾燥した地域の冬の朝によくみられます。朝早く散歩のために家を出て、寒さに襲われる日、植物の葉や茎、地面、建物や車の窓などに霜が降りていることがあります。
遅霜は、農業に大きく影響することがあります。霜が消える頃を迎えると、稲作農家は田植えの準備に入ります。水を張った田に初夏の太陽が降り注ぐと、田が生き返ったように輝いてきます。
稲が順調に育った苗床は若芽がまるで絨毯のように見えます。この時季を迎えると、農家では田植えが近づいたことを知り、人々の間には活気が満ち溢れてきます。


第十八候 牡丹華 ぼたんはなさく       4月30日~5月4日頃

牡丹が大きな花を咲かせる時季であります。中国では花の王といわれ、華やかさの象徴とされています。「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」など、たくさんの呼び名を持っています。
完全無欠の女性美を謳った言葉に「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」があります。
優美なだけでなく端正で、しなやかさと謙虚さも兼ね備えた女性像でもあります。条件の揃った女性など、現代ではなかなかお目にかかれないかもしれません。



下の<続きを読む>をクリックすると、穀雨前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2017
  • 04/01
  • Sat

日本の四季 清明

一本桜(4/4)






災害防止優先か自然景観優先か
宮古湾防潮堤
東日本大震災で壊滅的な被害を受けたわが町の港湾周辺は、今新たな防潮堤作りが進められています。幅約2m、高さ10m程の巨大な防潮堤で湾内を覆い尽くす計画です。完成後は沿岸一帯が水難から守られることになるでしょう。
しかし、災害防止のためとはいえ、堅牢な防潮堤はどこか冷え冷えとした安全策に見えてしまいます。巨大な防潮堤のために陸中の美しいリアス式海岸が見られなくなり、自然景観を破壊してもいいものかという思いもあります。だが海岸沿線に住み、常に津波の恐怖と暮らす人々にとって、美観より災害防止が優先なのかもしれませんね。
(平成29年4月10日:記)



JR線の運営移管で観光客増加が期待される三陸鉄道
十府ヶ浦駅開業
3月25日三陸鉄道北リアス線に十府ヶ浦駅開業。新駅誕生は東日本大震災後初めて。大震災直後は津波により不通。が、スタッフの熱意と努力で5日後には運転を再開。一方同じ不通だったJR山田線(宮古―釜石間)は再開を断念。同線の三陸鉄道運営移管により、北リアス線(久慈―宮古間)と南リアス線(釜石―盛間)の直結が図られました。
陸中海岸沿線住民の足となり、観光客誘致の原動力となる三陸鉄道の完全復興が、今後ますます期待されます。4月3日の三陸鉄道入社式では業容拡大のための新スタッフ6名を採用。人材を確保して、平成19年春のJR山田線運営移管に備えています。頑張れ、三鉄!!
(平成29年4月5日:記)



災害公営住宅 安定生活 6年目の復興
災害公営住宅
平成29年1月、最後の災害公営住宅完成。25団地766戸、当初の建設計画が達成された。
6年目の復興で被災者は長かった仮設住宅暮らしと惜別し、
人並みの生活ができるようになった。が、遺影に残る心の傷跡はまだ癒えない。
(平成29年3月31日:記)






二十四節気(清明バナー)
歳時記の概要はこちらからご覧いただけます。


第五節気  清明 せいめい  4月4日~4月19日頃

清明とは万物が「清浄明潔」の略で、この頃になると春気玲瓏として、草木の花が咲き初め、 万物が清々しく明るく美しくなるといわれております。春分後の15日目にあたる清明は旧暦3月辰の月の正節であり、新暦では4月5日前後となります。

雪融けも進んだ庭畑には草花の芽が元気に伸びてきました。確実に春を迎え入れているようです。
清明はお花見のシーズンでもあり、山吹、ひなげし、蓮華草、チューリップ、芝桜、花梨など寒さにジッと耐え忍んだ花々がその姿を漂わせ、可憐な姿を次から次へと私たちに魅せてくれます。水墨画から水彩画へ。自然の色彩は私たちの気持ちを、一年中で最も浮き立たせてくれます。百花の咲き競うのがこの季節でもあるのですね。

この時季、桜前線は北陸地方や東北地方の一部にまで到達し、その鮮やかな花を開花させてくれます。下北半島を渡り北海道に開花の報が伝わる4月下旬から5月の連休明け頃、北国のお花見が最盛期を迎えます。


※次の二十四節気は4月20日の「穀雨」です。4月15日頃更新予定です。



七十二候バナー(4/4)
歳時記の概要はこちらからご覧いただけます。



第十三候 玄鳥至 つばめきたる   4月4日~4月8日頃

冬の間、暖かい東南アジアの島々で過ごしていたツバメが海を渡って、日本にやってくる頃。つばめの飛来は、本格的な春と農耕シーズンを表しています。4月上旬に飛来した燕(つばめ)は、卵を産み、ヒナを育て、冬を迎える前に東南アジア方面へと羽ばたいていきます。
つばめがやってき、代わって雁が群れをなし北に飛び去っていきます。空の主役が交代することになる季節でもあります。


第十四侯 鴻雁北 がんきたへかえる   4月9日~4月13日頃

前年の寒露の初侯にやってきた雁は、清明の次侯に帰っていきます。またこの時季は初侯の玄鳥至(つばめきたる)でつばめがやってき、代わって雁が群れをなし北に飛び去っていきます。
春に飛来するつばめとともに、昔から季節をあらわす鳥として文学の上で親しまれ、多くの詩歌に詠まれています。雁は「がん」とも「かり」ともいいます。がんは、森鴎外の小説に、かりは新国劇の「国定忠治」の「あゝ、雁(かり)が鳴いて南の空へ飛んで往(い)かあ」というセリフでも印象に残っています。


第十五侯 虹始見 にじはじめてあらわる     4月14日~4月19日頃

春雷をともなうにわか雨が止み、雲間からさす柔らかな光に、不意に虹が浮かび上がることがあります。夏の虹と違って、淡くたちまち消えてなくなりますが、その淡さが妙に心に残ります。
春が深くなるとともに空気が潤うこの時季、雨上がりにきれいな虹を見ることが多くなります。若葉茂る野山を背景にかかる虹は幻想的です。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top