梅雨にむせぶひょっこりひょうたん島

6月27日からは七十二候の第二十九候、夏至の次候にあたる「菖蒲華(あやめはなさく)」に変わります。
菖蒲と書いて「アヤメ」とも「ショウブ」とも読みます。2つは見た目も似ていますが、背丈は低く畑などの乾燥地で咲くのがアヤメです(詳しくは過去記事2012年5月16日「いずれがあやめかかきつばた」を参照)。
6月から7月にかけて全国各地の名山を祀る神社では山開き祭などが行われます。
古来、人々は山を崇拝し神が宿るとして山へ登ることを禁じていました。その中である一定期間だけ山に入ることが許されていたのです。このことを山開きと呼んでおり、現在は夏の登山シーズンの始まりとして賑わっています。
各地の山開きはそれぞれ異なりますが、私の地元の早池峰山は6月14日に行われました。機会があったら特別天然記念物に指定されている「ハヤチネウスユキソウ」が咲く早池峰山に登って見たいと思っているんですが、何しろ1917mの標高は体力のない私には大きな壁となっております(笑)。

150625早池峰山
写真は右が早池峰山、左が薬師岳です。山開き前の早池峰山にはまだ雪が残っているようでした。

さてさて各地で山開きが始まっているようですが、海開きも7月後半になると解禁されるところが多くなります。本格的な夏の到来が近づいていますね。
唐突ですが、皆さんは「ひょっこりひょうたん島」ってご存知ですか。
そうなんです。昭和39年、NHKテレビで放送された連続人形劇ですよね。火山の噴火により島が流され、取り残された子供たちが、色んな出来事に遭遇するという奇想天外な作品で、私も学校時代よく見ておりました。「すすめ~、ひょっこりひょうたんじ~ま」なんて口ずさんでいましたよ。いま再ブームに沸いているそうですね。
そのひょっこりひょうたん島が地元にあったんです。まさかと思ったので、噂される島へ早速行って見ました。

150625蓬莱島
そこは三陸沿岸の大槌(おおつち)町という漁港の湾内300mに浮かぶ周囲200m位の小さな蓬莱(ほうらい)島でした。真ん中が窪んだ「ひょうたん」のような形をしています。
蓬莱島の隣にある釜石市に、「ひょっこりひょうたん島」の作者・故井上ひさしさんが住んでいたこともあり、ここがモデルだったのではないかとも言われています。
以前、蓬莱島は防波堤で結ばれており、島まで歩いて渡ることができました。ところが大震災の津波で防波堤が流され(現在は一部修復されています)、灯台は根元から折れ、弁財天を祀ってあったお堂も、鳥居が流されてしまったのです。

150625三陸ジオパークガイド
三陸ジオパークのガイドさんに説明を聞く観光客

島の所有者だった大槌町漁業協同組合も津波で被災し、多額な負債を抱え込むことになりました。幸い蓬莱島は今年大槌町が「島は震災復興の精神的なシンボル。町民皆さんの財産にしたい」と買い取ることを決め、修復に乗り出しました。年内を目標に工事を完了し、震災前に毎年開いていた「ひょうたん島まつり」を来年4月に復活させたいとしています。


動画を探してみました。懐かしいテーマソング。当時の番組を思い出してください。(動画が削除されている場合もあります。その際はご了承ください)
ひょうたん島のモデルではないかといわれる島は全国各地に点在しますが、ここ大槌町のひょうたん型の蓬莱島はモデルに相応しい可愛らしい島でした。
ひょうたん島大統領のドン・ガバチョや欲深いながらも涙もろい海賊トラヒゲ、冒険好きのハカセと美人のサンデー先生。みんながこの小さな島でワイワイ騒いでいる様子が伝わってきます(笑)。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気10番目の節気。6月22日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「陽熱至極し、また日の長きに至るなりを以ってなり」
梅雨が明けて、暑さが次第に厳しくなり、セミが鳴きはじめる。
夏至七十二候は次の通り。
第二十九候(夏至次候)6/27~7/1 菖蒲華(あやめ、はなさく)
菖蒲(あやめ)の花が咲きはじめる時季。
アヤメが花を咲かせる頃。アヤメが咲くと、梅雨到来といわれていました。
アヤメ、ハナショウブ、カキツバタはよく似ており、非常に見分けがつきにくいです。


今日の独りごと

今日の独りごと0625宮古港400年記念ロゴmiyakokou400th-data確定版去る6月11日、昨年に引き続き通算6回目の寄港をした「ぱしふぃっくびいなす」。今回の寄港は宮古港開港400周年記念事業の一環で、午前10時に入港したクルーズ船は宮古市の歓迎式典に臨みました。
復興途中の埠頭に錨を降ろした流線型の白い船体は、巨大な海のビーナスをイメージ。四囲の小高い新緑の山々に囲まれた湾内に浮かぶ船体はひと際目につきます。
埠頭では地元小学校の生徒が踊りを披露したり、船長に花束を贈呈するなど、同船の寄港を歓迎。前夜横浜港を出港したクルーズは、オプショナルツアーの浄土ヶ浜や三陸鉄道に乗り換え三陸海岸などを観光、夕刻7時次の寄港地青森港へと向かって出港しました。
今回、同船のクルーズは宮古と青森の2泊3日。2泊3日位なら私もクルーズに参加してみたいな。


参考サイト:暦生活彩時記The Huffington Post 、読売新聞





テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

洞穴から神秘的な夏至の日の出

6月22日からは二十四節気の1つ、「夏至(げし)」となります。
一年で最も昼の時間が長く、夜が短くなる日です。ただ、この時季は梅雨に入っている地域が多く、日照時間は冬よりも短いことが多いようです。昨日(19日)の時点ではこちらの日の入りは午後7時頃、その後30分位は薄暮が続いていました。ほんとに日が長くなりました。というのも束の間、明後日からはどんどん日が短くなっていくんですね。なんか淋しいようなセンチな気持ちにもなりますが、季節はこれから夏の最盛期に向っていきます。

150620夏越の祓い

黴や雑菌が繁殖しやすいこの時期に健康を願い、各地の神社では夏越の祓が行われます。7月になれば夏の風物詩でもある夏祭りが目白押し。東北の夏は8月です。短い夏の夜空を鮮やかな色彩が跳ねます
夏至の夜8時からの2時間、皆で一斉に電気を消しましょう」、が合言葉になっている「100万人のキャンドルナイト」。最近全国に定着してきたようです。スローライフが時流にあったこともあり、瞬く間に広がったのでしょう。趣旨に賛同して参加をメールすると、事務局からメッセージ返信と共に住所地付近のボードに明かりが灯るんだそうです。参加意識が高まるところが好評なんでしょうかね。

北回帰線上から昇る夏至の太陽。夏至の前後1週間、早朝4時過ぎに奇岩の洞穴から、神秘的な日の出の天体ショーを繰り広げる地域があります。
朝の連続テレビドラマ、あまちゃんで全国に名を馳せた北三陸の久慈。市中心部から車で約15分の小袖海岸は断崖と岩礁続きの景勝地です。奇岩の連なる海岸線、狭く曲がりくねった道のトンネルを抜けると、目の前に洞穴から水平線が見渡せる小島が飛び込んできます。

150620つりがね洞
ここが洞穴から日が昇る奇岩の「つりがね洞」。かつては洞穴の天上から釣り鐘の形をした岩がぶら下がっていたそうです。夫婦であの世に行くときこの鐘を撞いてから極楽浄土に入ると言われていたことから「つりがね洞」と命名されたのだそうです。明治29年の津波でこの釣り鐘型の岩が破壊され、現在は大きな洞穴だけが残っております。先の東日本大震災もここ小袖海岸を襲い、その時床部分の岩が押し流され、さらに穴が大きくなったんだそうです。ゴツゴツとした地層の「つりがね洞」は北三陸久慈の代表的な景勝地として、観光客が絶えないようです。

私がここを訪れたのは6月7日の夕刻。洞穴の中の水平線を昇る太陽は、夏至の前後1週間位しか見ることができないとは知らず、小袖漁港の漁師さんに聞いて初めて知りました。知っていれば夏至の頃行って見たんですけどね。ということで写真は日の出もない「つりがね洞」夕刻の写真でした。
7月になると小袖海岸道路脇の岩壁には、オレンジ色のスカシユリが花開き、男性的な断崖や岩礁のたくましさを包容してくれるそうです。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気10番目の節気。6月22日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「陽熱至極し、また日の長きに至るなりを以ってなり」
梅雨が明けて、暑さが次第に厳しくなり、セミが鳴きはじめる。
◆夏至の七十二候は次の通り。
第二十八候(芒種末候)6/22~6/26 乃東枯(なつかれくさ、かるる)
草木いずれ繁茂する中で乃東(だいとう・夏枯草)のみが枯れていく時季。
冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。色鮮やかな夏の花が開花するという時期に、枯れていく花に思いを寄せた、古人の優しさを感じる言葉です。


今日の独りごと

今日の独りごと0620 東北で唯一行われている闘牛大会。久慈市の平庭闘牛大会は野田塩を運んでいた短角牛「野田(赤)べこ」がその力を競い合う闘牛大会です。
6月7日に開催された闘牛大会つつじ場所には26頭の赤べこが参加。2~7歳までの短角牛は横綱クラスで1tを越す最重量級。千秋楽としての最後の一番は1t同士のぶつかり合いです。闘牛を駆り出す勢子の「さ~、さ~、行け~」の気合で、角を突き合わせる短角牛同士はガツン、ガツンという激しく重い音を響かせ、両者の押し合いが始まります。激しいぶつかり合いに思わず手に汗を握ってしまいました。
迫力ある闘牛大会。沖縄や新潟、鹿児島とは違い、こちらでは最後の決着は付けません。引き分けを原則とし、丈夫な短角牛を育て上げるのが使命なんだそうです。戦い終えた赤べこの傍に近寄ると激しい息遣いと闘志が伝わってきました。


参考サイト:暦生活彩時記100万人のキャンドルナイトきてきて久慈市




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

幼児の憧れ父親像もひとり親で変貌か!

6月16日頃からは七十二候第二十七候で芒種の末候「子黄(うめのみきばる)」に変わります。
の実が黄ばんで熟す時候をいいます。雨(つゆ)は、まさにの実が熟れる時季の雨であって、きれいな言葉ですね。は古来から調味料、保存食、防腐剤としてお馴染みです。クエン酸や有機酸を多く含んで栄養も豊富。いい塩に漬かった梅干しは大変に美味しく長持ちします。貧困だった昔は梅干しがおかず代わりでもありました。梅干し1個の「日の丸弁当」懐かしいですね。
またこれから暑くなってくると、よく冷えたメロンが一層美味しく感じられるようになります。梅干しと違ってメロンは少々値が張る果物。風邪をひいた時だけしか食べられなかったバナナと同じように、私の子供時代は食べたことがありません。大きくなって初めて食べたメロン。世の中にこんな美味しい果物があったのかと思い知ったものです。

150615梅干し

さてさて6月第3日曜日の21日は父の日です。母の日があるのに父の日がないのは不公平ということで、アメリカのジョン・ブルース・ドットが、戦後の混乱期に男手ひとつで6人の子ども達を育てあげた自分の父親を称え、1909年に「父の日」を提唱。やがて1972年に6月の第3日曜日を「父親を尊敬し、称え祝う日」としてアメリカ国民の祝日となり、白いバラを贈るようになりました。
日本に広がった父の日は、1981年「FDC 日本ファザーズ・ディ委員会」が、「父の日黄色いリボンキャンペーン」や「ベスト・ファーザー賞」などの活動によって、親しまれるようになったのですね。

私の父はもうおらず、プレゼントを贈ることは叶いませんが、その姿は今でも脳裏に焼き付いています。昔堅きの人間で1度言い出したら後に引かない強情っぱり、何事も信念を持ってやり通す融通の利かない親父でした。近くの酒屋で盛っ切り酒を飲んだり、晩酌をして酔いつぶれても、翌朝は早くから仕事に出掛ける仕事人間(?)だったんですね。
そんな飲兵衛でも困窮した兄弟や親戚知人の金銭的な面倒をよくみ、人望が厚かったようです。晩年は消防分団の副分団長も務めていました。

150615レトロ自転車
あまりいい思い出の無い親父ですが、1つだけ今でも忘れない記憶があります。ある寒い日の夕方、自転車の荷台に乗せられて町の銭湯に連れて行ってもらったことがありました。泥酔のイメージしかない親父と一緒に入浴したことは、親子の肌の触れ合いを感じたひと時でした。
今は毎朝仏前に燈明を灯し、手を合わせておりますが、父の日を機会に父親像の存在感を改めて思い見つめております。親父の孫、いわゆる私の息子は私という父親像をどう見ているのでしょうかね。あまり印象に残るような父親ではないのかもしれませんね。

150615親子
6月の「父の日」に保育園や小学校ではさまざまな行事が行われるなかで、父親の似顔絵や自分の手形を作るという流れが定番でした。ところが、そんなイベントが近年減少傾向にあるそうです。片親世帯など複雑な事情を持つ家庭が増えたため、多くの保育園では子供への配慮としてイベントを取りやめているんだとか。
ひとり親世帯は増加の一途をたどっており、2010年の総務省「国勢調査」によると、1995年に全国で約308万世帯だったのが、2010年には約450万世帯まで増えているそうです。保育園でも当然、ひとり親の子どもはごくありふれたケースになってくるでしょうね。
中には母の日と父の日の間をとった5月下旬に「ファミリーデー」を設定、家族にプレゼントを作る保育園もあるようです。

子どもにとっていい意味で思い出に残るのならいいのですが、なんか最近の夫婦事情によって母や父への敬愛感覚が薄れてきているような危惧を感じますね。


二十四節気 芒種(ぼうしゅ)◇
二十四節気9番目の節気。6月6日および夏至(6月22日)の前日まで。
暦便覧は「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」
梅雨入りの頃、梅の実が黄ばみ、田植えが盛んになる。
芒種七十二候は次の通り。
第二十七候(芒種末候) 6/16~6/21 梅子黄(うめのみ、きばむ)
梅の実が黄ばんで熟す時季。
梅雨入りと同じくして、梅の実が薄黄色に色づく頃。梅雨という言葉は、梅の実が熟す頃の雨という意味です。黴(カビ)が生えやすい季節なので、「黴雨(ばいう)」と書くこともありました。


今日の独りごと

今日の独りごと0615 先日6月7日、恒例となっている消防団の大演習会がありました。毎年初午の行事として行われるもので、市民の生命、財産の保護を兼ね、災害等有事に備えた消防団員の心身の研鑽や消防活動に精励した必技の向上を披露するものです。規律訓練や応急救護訓練、初期消火訓練などが行われた後、この日のメインイベントでもある放水訓練が行われました。
市内45全分団が集まり、ポンプ車が川から取水し青空に向って放水する訓練は見事な迫力でした。その高さ100m位まで飛んだでしょうか。近くで見ていると飛沫が飛び散ってきます。各分団員のきびきびした訓練には思わず拍手喝さいでした。本番でもある有事の災害にはこの日の訓練を実践していただき、市民の命を守ってほしいものです。頼みましたよ、消防団員の皆さん。


参考サイト:暦生活彩時記びおキッズgooJAPAN AIRLINSJCASTニュース




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top