待望の春も間近!立春大吉祥

2月4日は二十四節気の「立春(りっしゅん)」です。いよいよ待ち望んでいた春の到来です。立春は冬至と春分の間で、冬と春の分かれる節目の日とされる「節分」の翌日でもあります。厳しい寒さは続いておりますが、寒さの頂点が過ぎ、この日から春に向かっていきます。梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の兆しがところどころで見られるようになります。
いわば春の初日とも言える日であり、二十四節気の新年でもあります。旧暦では一年のはじまりは立春からと考えられていました。そのため八十八夜や二百十日などは立春を基準にしており、様々な決まりや節目の日が存在しております。
「冬来たりなば春遠からじ」。四季は循環します。厳しい寒さの後に暖かい春がやって来きます。大寒の後に来る立春とは、「陰(寒さ)極まって陽(暖さ)生ず」という東洋哲学に通じます。

立春大吉①

立春の早朝、禅寺の門前に「立春大吉」と書いたお札を貼る習慣があります。立春は冬が終わり、春が始まる節目の日です。昔は立春が1年の始まりであり、暦の上では正月が1年の始まりでもありました。立春の前日の節分は大晦日にあたり、豆を撒いて1年間の厄を落としていたのです。そして立春の朝には檀信徒などでも1年間厄が来ませんようにと玄関などに「立春大吉」のお札を貼りだし、厄除けをしていたのです。
この文字は、薄い紙に縦書きすると左右対称になり、裏から見ても同じ「立春大吉」と読むことができます。つまりこの札を入口に貼っておくと、うちに上がり込んだ鬼が振り返った時、同じ札を見て「まだうちの中に入ってなかったか」と勘違いし、逆戻りし外に出て行くというわけです。いわば厄除けが込められていたのですね。

立春大吉② 立春大吉③
春の兆し=吉の兆しを感じる立春大吉。我が家の菩提寺である曹洞宗のお寺では、毎年寒が明ける立春の前日、ご住職が檀家を一軒一軒訪問し、門前で経を上げていただいております。そして「立春大吉祥」のお札を置いていかれます。檀信徒が良い一年を迎えられるようにという、曹洞宗古来からのありがたい習わしだったんですね。
2月3日の節分だからといって、決して間違ってでも住職めがけて豆を撒くようなことはしません(笑)。

皆さんの地域では節分に撒くのは炒り豆ですか。私の地方では炒り豆ではありません。落花生を撒きます。
節分の習わしの中の一つに恵方巻がありますよね。これは昭和30年頃、関西の販売業者が売り出したのをきっかけに、瞬く間に全国に普及しました。恵方巻は、太巻き(巻き寿司)を節分の夜にその年の恵方に向かって無言で願い事を思い浮かべながら、丸かじりするのが習わしとされています。
平成27年の恵方はおおよそ西南西(西微南)です。今お住まいの地域からの方角をお知りなりたい方はこちらからどうぞ。


二十四節気 立春(りっしゅん)◇
二十四節気最初の節気。2月4日および雨水(2月19日)の前日まで。
暦便覧は「春の気立つを以って也」
暦の上で一年の始め、春の始めとされ、暖かくなりはじめる。
◆立春の七十二候は次の通り。
第一候(立春初候)2/4~2/8 東風解凍(はるかぜ、こおりをとく)
暖かい春の風が、冬の間張りつめていた氷を解かし始める頃。いよいよ春の暖かい足音が聞こえ始めてきました。


今日の独りごと

今日の独りごと0130先日近くの道の駅に立ち寄ってみました。海の近くで冷たい風が吹き抜け、寒い1日です。レストランも冬期間は休業。ほとんどがトイレ休憩だけの利用者だけです。営業しているのは売店のみ。
中を覗いてみると近くの農家で生産された野菜が店内を占めています。道の駅の特徴ですね。しようがない、帰ろうかと思っていた時、目に入ったのが「大吟醸アイスクリ-ム」。見た目にはどこにでもあるアイスクリームです。「大吟醸」が気になって買ってみました。酒飲みの卑しさですかね(笑)。
普通のバニラアイスですが、食べてみるとほのかに酒粕の味がします。「おっ、酒粕だ」。酒粕が甘さをセーブしているのだろうか、意外と食べやすい大人のアイス。豊かな自然で育てられたホルスタインの濃縮な牛乳を、酒粕が覆い隠しているようです。
滅多に食べないアイスクリーム。たまにはいいもんです。一人悦に入ってました(笑)。


参考サイト:暦生活wikipedia気になる話題ル・ノーブル


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

復興を祈願 寒風跳ね返す裸詣り

1月6日の小寒から1月20日の大寒までの約15日間と、大寒から節分(立春の前日)までの約15日間の合計約30日間は、1年で最も寒い時期ということで、「寒(かん)」と呼んでいます。この季節になることを「寒の入り(かんのいり)」といい、小寒の日を「寒の入り」、「寒」が終わって立春になることを「寒明け(かんあけ)」と言います。
寒中のこの季節には武道の特別練習などをする「寒稽古」、このくそ寒いのに川や海で泳ぐ「寒中水泳」などがおこなわれます。北海道では「寒中みそぎ」として厳寒の津軽海峡に飛び込んで豊漁、豊作の祈願を行うところもあります。

この厳寒の時季に難行苦行することで無病息災、家内安全、五穀豊穣を願い、神仏の加護を得ようとする裸参りは、古くから各地で行われております。ここ地元でも大寒の前の1月18日、下帯姿で市内を練り歩き防災と商売繁盛を祈願する「祈願祭裸詣り」が行われました。

裸詣り⑩
今年38回目となる裸詣りは市内の消防団が中心となって繰り広げられ、屯所から八幡宮までの約1㎞をゆっくりと練り歩きます。裸詣りに参加した団員は19名。胴巻の上に注連縄(しめなわ)、足には草鞋(わらじ)掛け、額の中央で結ぶ鉢巻。悪霊が入らないようにと口紙をくわえた姿からは勇ましさが漂ってきます。
行列の先頭を行く幟旗には「復興祈願裸詣り」の文字が描かれています。団員は背筋をピーンと伸ばし、練り歩きます。

裸詣り⑪
続いて130年の歴史を持つ団旗。脈々と使われてきた団旗には今までの消防団の活動が染み付いております。こうして後輩、そして後世へと引き継がれていくのでしょう。

裸詣り②
行列は米や酒、餅、魚、野菜などを供えた三宝を持ち、防火防災、商売繁盛、無病息災、五穀豊穣、交通安全を祈願。

裸詣り③
最後尾は「ハサミ」と呼ばれる神の依代となる白紙を挟んだ板状の験竿を振りかざし、商店街を練り歩きます。

裸詣り⑥裸詣り⑦裸詣り➇
左右に大きく踏み出す独特の歩調を取り、一歩踏み出すたびに鈴を振りながら、行列は奉納する神社へ。

裸詣り④裸詣り⑤
口に咥えた紙を噛み締め、震える寒さに耐えます。消防団の長老が参加者1人1人を紹介する口上は、見学者への優しい労わりです。

裸詣り⑨
神社での奉納には神官が1人1人に祝詞をあげてお祓い、地域の安全や無病息災、五穀豊穣などを祈りました。

201301202136449bc岩手県の八幡平市には約280年前、岩手山の噴火を恐れた村人たちが、山の神を鎮めようと始めたとされる平笠裸参りが行われています。戦争中に出征した夫や息子の無事を祈る女性たちに受け継がれたことから、全国でも珍しい女性が中心の裸参りとなっているようですね(詳しくは過去記事2013年1月20日「大寒に見られるダイヤモンドダスト」を参照)。

いや~、それにしても気温2度のこの寒空、指先の出る手袋をして撮影していたのですが、手が冷たいというより、あまりの寒さに指先の感覚がなくなっていました。皆さん良く頑張りましたね。地元市の商売繁盛や無病息災を祈るその格好よさに思わず拍手喝さいです。まさに裸一貫の復興祈願祭でした。


二十四節気 大寒(だいかん)◇
二十四節気二十四番目最後の節気。1月20日および立春(2月4日)の前日まで。
暦便覧は「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」
最も寒い頃。大雪が降り、氷がはりつめる。
◆大寒の七十二候は次の通り。
第七十一候(大寒次候)1/25~1/29 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
沢の水が氷となり、厚く張りつめる頃。この時期に、一年での最低気温の記録がでることが多く、氷点下に達する地域も多くみられます。


今日の独りごと

今日の独りごと0125深堀圭一郎さんと金谷嶺孝さんのプロゴルファーお2人によるトークショーを聞いてきました。金谷プロは怪我で現役引退後、故郷の盛岡でゴルフビジネスを手掛けております。同年代の深堀プロは現在も現役で、2003年には日本オープン優勝。その後選手会長を務めるなど、日本プロゴルフ界の発展に尽力。2013年9月には宮古市の子供たちへスナッグゴルフの寄贈と指導をいただきました。今回も2組の用具を寄贈されたそうです。
成長した子供たちは昨年全国大会で健闘。この日は特別出場した小学生3人のスウィングを見ていただきました。プロをも唸らせるきれいなフォームはしなやかで、力強さが見られます。
「子供は成長が早い。呑み込みが早いですから」。技術もさることながら、ゴルフは礼儀が大切、とプロは力説。ゴルフの全体人口が減少しながらも、子供のゴルフ人口は増えています。石川遼君や宮里藍ちゃんに刺激されていると思います。
ゴルフに「はまる」ことは大切なことです。ゴルフで何を学ぶのか、それを皆に早く見つけてもらいたいと思います。


参考サイト:暦生活盛岡・八幡平ワイド観光エリアこころ通信ブログ


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

万物が凍る大寒 寒仕込みで適度な滋養強壮

万物を凍らせるといわれるほど厳しい寒さを迎える大寒(だいかん)。
1月20日は二十四節気の最後、大寒です。この日から立春までの期間をいいます。「寒の内」の真ん中で、最低気温が観測されるのもこの頃が一番多くなっています。武道などでは寒稽古が行われ、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれる時期でもあります。
いよいよ究極の冬を迎えますね。豪雪地帯では連日の除雪に体力を消耗していると思います。雪の少ない地方でも、今冬一番の寒気団が張りつき、極寒の冷え込みを記録しています。インフルエンザも猛威を振るい、風邪が流行しています。うがいや手洗いを忘れずに風邪を予防してくださいね。

大寒①

そんな厳冬の中、剣道、柔道などの武道においては精神力を鍛えるという意味で、この期間に早朝練習として寒稽古を行ったり、北海道木古内町では厳寒の津軽海峡に飛込み、その年の豊漁豊作を祈る「寒中みそぎ祭」なども行われました。その事前準備も大変でしょうね。我々経験のない者がいきなり凍えるような海に飛び込んだら一発で心臓麻痺を起してしまいますよ。

このような荒療治で大寒を克服するのもいいですが、大寒を機に美味しい健康食で風邪を予防したり、滋養を強壮する方法もあります。それが先達から古来承継されてきた日本伝統の食文化です。

大寒②
大寒の日に産まれた「大寒たまご」。寒さが厳しいこの時季、鶏の産卵数も本能的に少なくなるそうです。寒さに負けず産み落とされた卵は滋養に富んでおり、食べると1年を健康に過ごせたり、金運が上がり、お金に困らないといわれているようです。割った卵は黄身の部分が盛り上がり、箸でつまんでも破れにくいようです。飲み込んだ濃縮の黄身は、いかにも元気もりもりになってしまいそうですね。

寒たまごを使ったバウムクーヘン。3年程前買って食べたことがあります。何だか濃縮の黄身による粘りの強いバウムクーヘンのようで、ひと際美味しさが際立っていましたよ。

大寒③
大寒は最も寒さが厳しいことから、空気中の雑菌が少なく、水質も良いとされています。このことから様々な食べ物を仕込む時期で、大寒仕込みというそうです。家庭の食卓を潤す味噌もこの頃に仕込まれるんですね。発酵食品の味噌は生きている酵素や菌を頂くことで、自然と体調を整えることができます。

昔は各家庭でも味噌を作っていました。いわゆる「マイ味噌」ですよね。今の小家族と違って昔は大家族。作るのも大量生産でした。子供の背丈ぐらいの大きな桶に柔らかく茹でた大豆を入れ、きれいに洗った足で踏み潰します。今考えると不衛生だったようにも思えますけど、足に伝わる大豆の感触を楽しんでいました。子供の頃だったので詳しくは分かりませんが、この時糀と塩を混ぜていたんだと思います。
仕上がった味噌は立方体の味噌玉にし、軒下に吊るして数か月乾燥させます。後は勝手に発酵し味噌の出来上がりということになるんですよね。自分で作ったマイ味噌、格別に美味しいですよ。

大寒④
寒仕込みで語られるべきものに酒の寒仕込みがあります。水は酒にとっての命です。大寒の頃の水が一番安定していて腐りにくく、雑菌が少ないこの時期に酒造りが始まります。酒造りの技術に熟達した杜氏たちが、それぞれ伝統を誇る技術を今日まで伝えてきました。
この時期仕込んだお酒は3月頃、新酒の利き酒として蔵出しされます。水、米、麹、酵母などの組み合わせで出来上がるお酒はまさに十人十色。その組み合わせの一つ一つが全国の蔵元の味となるわけですね。

岩手県花巻市の国道4号線に道の駅「石鳥谷」があります。そこに併設されている「南部杜氏伝承館」は、酒造りの伝統文化を保存・伝承する施設。南部杜氏は越後杜氏、丹波杜氏とならび、日本三大杜氏の筆頭に数えられ、洗練された酒造りの技には定評があります。現在232人が登録されており、越後杜氏の331人に次ぐ規模を誇っています。
一昨年ここ「南部杜氏伝承館」を訪ねてみましたが、全国の清酒の一斗樽が積み重ねて展示され、直径2メートル、大人の身の丈以上もある酒仕込み用桶は壮観でしたよ(詳しくは過去記事2013年10月10日「食欲の秋、飲物の秋 南部杜氏を往く」を参照)。
お時間のある方はぜひ一度訪ねてみてください。


二十四節気 大寒(だいかん)◇
二十四節気二十四番目最後の節気。1月20日および立春(2月4日)の前日まで。
暦便覧は「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」
最も寒い頃。大雪が降り、氷がはりつめる。
◆大寒の七十二候は次の通り。
第七十候(大寒初候)1/20~1/24 款冬花(ふきのはな、さく)
凍てついた地面に蕗の花が咲き始める頃。地面には雪が積もり、強い寒さが襲ってくる時期ですが、草花は春に向けて着実に動き出しています。


今日の独りごと

今日の独りごと01201月15日は小正月、どんど焼きの日でもありましたね。青竹や藁、杉の葉などでやぐらを組み、持ち寄った古神札や松飾り、書初めなどを燃やす正月最後の行事。近くの氏神神社では16日行われました。宮司さんの祈祷した後、火が点けられ炎が空高く舞い上がっていきます。年神様が煙に乗って天上の地にお帰りになりました。
昨今では火災の恐れがあるということで民家の密集地では禁止されているようですが、この日は風も穏やかで絶好のどんど焼き日和でした。それでも消防署員は付きっきりで監視です。
無事焼き終わった後には燃えない土器や金物の山。神具の一部とはいえ、どうして燃えない土器まで一緒に出すんですかね。そうでなくとも塩化ビニール(ビニール袋)などでダイオキシン発生問題が一時話題になりました。塩化ビニールの焼却がダイオキシン発生の直接原因ではないにしろ、どんど焼きへの荷物の持ち込みには紙袋を用意した方が良さそうですね。


参考サイト:暦生活ちょっとした工夫で心豊かな生活をgreenz.jp酒匠館宇和島市カルチャーセンター


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top