ただ今紅葉前線南下中!

昨年、放っておくと消えてしまう文化を保護するユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」。いま食料自給率が40%を割った伝統的な日本の食文化が失われつつあります。
日本では昔から料理は「見せるもの」として伝えられてきました。和食文化の特徴は第一に食材の自然の味わいを楽しむ、二番目に「健康的」、三番目に「自然の美しさ」を表現する。そして和食は年中行事と深くかかわり家族や地域の絆になっていることです。
ごはん、汁、お菜(=おかず)、漬物をセットにした「一汁三菜」。ごはんと漬物は必須なので、数えませんが、昔の家庭のお膳では日常のお菜は多くて三品でした。客をもてなす場合はお膳の数を増やします。二の膳をつけて二汁五菜、さらに三の膳をつけて三汁八菜。これが昔のおもてなし料理の基本でした。和食の最大の特徴は、汁も漬物も菜もすべてごはんを食べるためにあること。大事なのは箸で食べるということです。
フランスなどのシェフの地位が高い世界では食をしっかり文化として認めています。日本では、どれだけ素晴らしい板前さんがいても人間国宝にはなりません。和食をもっと見直したいものですね。

早池峰マラソン

南下する紅葉前線
さてさて和食党の私がお贈りする日本の七十二候。11月2日からは第五十四候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」に変わります。
晩秋を迎え、山から麓、街へと紅葉の絨毯が下りてくる時期です。中国の五行説(ごぎょうせつ)によると西の方角が秋にあたることから、昔は平城京の西にある竜田山に住む竜田姫が紅葉をもたらすと考えられていました。カエデやウルシ、ツタなどに彩られた秋の山は、美しい織物の錦に例えた「野山の錦」、「山粧う(やまよそおう)」などと表現され、紅葉狩(もみじがり)に出かける人々の目を楽しませてくれていました。江戸時代に入り、八代将軍・吉宗が東京・飛鳥山に数千本の桜とモミジを植えたことから、飛鳥山は今でも紅葉の名所となっているようです。
北国の自然界は巡り来る季節が早いのでしょうか、紅葉の見ごろは先週頃でした。これからは次第に南へと下って行きます。これから紅葉前線を迎える皆様の地域でもご覧になれます。お楽しみに。

標高1068mを駆け上る早池峰マラソン
今月初め紅葉を見入った早池峰山。さる10月26日、この麓で第4回早池峰マラソン大会がありました。標高1068mの過酷な峠越え25㎞の他、里コース3㎞から10㎞までの10コース。参加者は健脚を誇る49名が25㎞コースにエントリー。合計161名の中には遠く東京からの参加者も見られました。

早池峰マラソン①
25㎞コースは会場から離れた標高400mのキャンプ場をスタート。標高1068m、スタート地点からの標高差668mの峠トンネルに向かいます。トップのランナーは2位の選手を大きく引き離しての峠越え。先日車で登りましたが、相当な急坂です。選手は標高ごとに変化する紅葉を見ながら難なく走り抜けていました。前半で難所越えをした選手たちは残るゴールまでは下り坂です。ここは気をつけないと膝を痛めてしまいそうですね。

早池峰マラソン②
早池峰マラソン③この日はアテネや北京五輪体操のメダリスト富田洋之さんがゲストに登場。スターターや入賞者へのメダル授与などがありました。25㎞コースの選手がゴールするまでの間、撮影会や質問コーナーなどで地元の方々と一緒に過ごしていました。







早池峰マラソン④おっ、トップのランナーでしょうか、両手をあげてのフィニッシュランです。疲れを見せず、元気にゴールです。







早池峰マラソン⑤あらあら、どこへ行くんですか。ゴールはそっちじゃないですよ。コースに戻ってください。







早池峰マラソン⑥「パパお帰りなさい」。アララ、お嬢さんのお出迎えでしたか。小さな妹も駆け寄ってきました。







早池峰マラソン⑦手に手を取って親子のフィニッシュランでした。ほのぼのとした親子の深い絆ですね。









◇二十四節気 霜降(そうこう)◇
二十四節気十八番目の節気。10月23日および立冬(11月7日)の前日まで。
暦便覧は「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」
北国や高地では霜がおりはじめる。刈り入れの光景がみられる。
◆霜降の七十二候は次の通り。
第五十四候(霜降末候)11/2~11/6 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
紅葉や蔦が黄葉する時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1031 日本のプロ野球、ソフトバンクが日本シリーズで阪神を破り、3年ぶりの日本一に輝きましたね。阪神の守備妨害で試合終了となるハプニングの幕切れではありました。混乱する中、今季限りで退任する秋山監督が胴上げされ、宙を舞いました。日本一になりながらの勇退ですよね。男の花道を最高の演出で飾ったようです。
来季ももう一度という願いがないわけではありませんが、療養が続いていた奥様との生活を優先したようですね。胃薬や睡眠薬を手放せない自身の健康への不安。日本シリーズを終えるまで隠しておくはずだったそうですが、外部に漏れてしまったようです。プロ野球80年の節目を制した男は静かにユニホームを脱ぎ、愛する家族の元へ戻っていったんですね。
夫婦の愛情には強いものがあるんですね。





参考サイト:水と生きるサントリーSANSPO.COMCLUB MITSUBISHI ELECTRIC


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

晩秋を色濃く映す霜降のポエム

地方から東京、大阪、名古屋の3大都市圏に転出する人が転入する人を上回る「転入超過」が昨年まで18年続いていることが、国土交通省の調査で分かったそうです。13年の転出超過は9万人と前年より2万人増えており、地方の人口減少に拍車をかけているようです。「これからは地方の時代だ」と言いながら、地方への機能分散を進めようとしている政府の思惑はうまくいってないようですね。
実際東日本大震災で被災した岩手県沿岸市町村も人口減少は続いており、最も減少率が高い市町村では震災前から22%も減るなど深刻な状況です。人口15000人の小さな町から22%の人が流出したら過疎化は免れません。被災地では仕事がない、復興を待っておれないと各地に転出しているようです。例え国の復興予算が組まれているとはいえ、人口流出に伴う税収減少は、市政の再建にも波及してくるでしょう。 
「流出人口の帰還や復興需要などで、長期的には震災の影響はなくなるだろう」と分析している関係機関もあるようですが、果たして阪神淡路大震災と同じような復興経過を辿れるのかどうか…。

紅葉①

時雨雲の切れ間に見事な時雨虹
さてさて人口流出に歯止めが効かない震災被災地の愁いとは別に、10月28日からは七十二候の第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」に変わります。
短時間で降ったり止んだりする雨や雪を時雨(しぐれ)といい、秋から冬にかけておこります。時雨雲の切れ間などに陽光が射し込むと、次の時雨雲の雨脚に見事な時雨虹(しぐれにじ)がかかることもしばしばあります。
時雨は冬の季語で、旧暦10月の異名です。「しぐるるや 田の新株の 黒むほど」(新しい稲の刈り株がみるみる黒ずんでいくほど、降ってきた時雨が新株を濡らしていく)など、芭蕉が好んだ句材でもあったため、芭蕉の忌日である10月12日は「時雨忌(しぐれき)」と呼ばれています。
秋晴れが続く中の時雨どき。一時的な雨とはいえ、最近の時雨は豪雨を伴うこともあります。十分注意したいものですね。

岩手の高原は今が錦秋の頂点
二十四節気霜降に入って列島の紅葉前線は足早に南下しているようです。先日数回にわたって巡った高原には3色の美しい色彩が錦秋の風景を織りなしていました。
岩手は今が紅葉の見頃です。秋を染める赤、黄、橙。萌えるような自然の変化に心を奪われました。

紅葉②
紅葉⑤ 紅葉⑥
萌えつくす岩手の大地を走り抜ける列車の影はメルヘンに誘ってくれます。まるで宮沢賢治のポエムの世界に吸い込まれるように。
ブナやシラカンバの黄葉を水面に映し出す大峠ダム。その畔には誰もいない落ち葉の絨毯を敷いた遊歩道が続きます。ひらひらと舞い散る楓の葉を肩に受け、10月22日の深まりゆく秋のひと時を感じることができました。

紅葉③
紅葉⑦ 紅葉⑧
岩手の山々に上り詰めると四方に北上山地を見渡せます。冬は雪に覆われる頂上付近。10月12日、市道川内夏屋線の頂にひっそりと佇む峠の茶屋「楓」では、冬支度を前にした「紅葉まつり」で賑わっておりました。
鮎の塩焼きや秋野菜で盛り上がる中、ゲストの歌声やサックスの鳴り響く音色は、真っ赤に燃えるカエデやヤマツツジの葉にリズムを整えてくれます。

紅葉④
紅葉⑨ 紅葉⑩
まだ早いかなと思いながら行った10月3日の早池峰山麓。思っていたより山の紅葉は早い。9月後半には中腹まで下りてきていたようです。残念ながらこの日は雨。頂上付近は煙っていて何も見えませんでした。
写真は1200m付近の河原ノ坊登山口付近。ダケカンバやブナなどが色づいていました。頂上まで後約700m、ここからは車は入れません。この日は花巻方面から県道25号線を上って行きました。途中早池峰神社、清廉の滝などを見ながらさらに上ると、車が行き交うこともできない狭い道を黄葉のアーチがお出迎えでした。10月20日には初冠雪もあったようで、早池峰山はもう冬ごもりです。

標高1917mの早池峰山には1度登って、特別天然記念物でもあるハヤチネウスユキソウや高山植物を見てみたいと思っていましたが、登山口を目の当たりにして「山を甘く見てはいけない」と感じました。年寄りは自分の体力をわきまえ、無理をしないことです(笑)。


二十四節気 霜降(そうこう)◇
二十四節気十八番目の節気。10月23日および立冬(11月7日)の前日まで。
暦便覧は「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」
北国や高地では霜がおりはじめる。刈り入れの光景がみられる。
霜降七十二候は次の通り。
第五十三候霜降次候)10/28~11/1霎時施(こさめときどきふる)
秋も終わりとなる頃で、霎(そう・こさめ)がしとしとと降って、わびしい時季。
第五十四候霜降末候)11/2~11/6 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
紅葉や蔦が黄葉する時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1025JR東日本盛岡支社では12月6、7日、JR釜石線の蒸気機関車「SL銀河」を夕方から夜間にかけて団体専用列車として運行する「SL銀河ナイトクルーズ」ツアーを実施するそうです。
東京や仙台からの団体客と個人客計150人が対象で、花巻市の宮沢賢治童話村や遠野ふるさと村などを見学する1泊2日のコースです。遠野市の宮守駅では途中下車して撮影スポットでもある「めがね橋」を通過する「SL銀河」を見学。「銀河鉄道の夜」の雰囲気を味わえるように企画されているようです。
私も何度かめがね橋を渡るSLを撮影に行ったことがありますが、なかなか絵になります。夜のSL銀河はまだ撮ったことがないので、ぜひ今度挑戦してみようかと思っています。お時間と興味のある方はナイトクルーズにご参加してみてください。詳しくはびゅう予約センター(0570-04-8950)へ。
寒いだろうな~、冬支度は必須です(笑)。





参考サイト:水と生きるサントリー岩手日報Webサイトほしがらす通信


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

秋を締めくくる霜降 晩秋を彩る秋祭り

日本の伝統芸能でもある歌舞伎。最近歌舞伎座のリニューアルや、若手役者の活躍で、歌舞伎が盛り上がりを見せているそうです。
そもそも歌舞伎とは1600年に出雲の阿国の「かぶき踊り」がはじまりのようです。もともと女性による踊りだったのが、幕府の取り締まりですべての登場人物を男性が演じることになり、「立役」と「女形」が生まれたんですね。今では芝居と踊りが柱となった演劇となっています。
東京では銀座の「歌舞伎座」や国立劇場、新橋演舞場などで、大阪だと松竹座、京都では南座で見ることができますが、残念ながらうちの方の田舎では見られません。でも昨年の三陸鎮魂復興祭では名勝浄土ヶ浜を背景にした特設ステージで、中村勘九郎、中村七之助兄弟による歌舞伎舞踊「団子売」を見ることができました。
秋には全国の市民ホールなどで歌舞伎巡業が行われているようです。歌舞伎の人気演目「仮名手本忠臣蔵」や「勧進帳」など、日本の伝統芸能を継承する中村吉右衛門や尾上菊之助などの歌舞伎役者をご覧なって見てください。
ちなみに、歌舞伎の語源は「傾く(かぶく)」で「変わっている、派手な」という意味からきているそうですよ。

郷土芸能の秋①

日本列島は秋色満載
さてさて日本の伝統でもある二十四節気は10月23日から11月7日(立冬)の前日まで、第18番目の「霜降(そうこう)」となります。
早朝に霜が降りはじめる頃です。この頃になると、東北地方や本州中部では霜が降りるようになります。すっかり秋も深まり、もみじや楓が紅葉し、日本列島は北から徐々に、燃えるような赤色に染まります。
霜降を「しもふり」と読んでしまうと、おいしい牛肉のことを連想してしまいます。脂の白味があたかも大地に霜が降ったように見えるからでしょう。
実は先日泊まった温泉宿の夕食。岩手県内でも有数の前沢牛でした。鉄板で焼き上がった霜降りの牛肉は、それはそれは口の中で、もう1度ジュワーっととろけるような美味しさでした。
霜降り肉ならずともちょうど食欲の秋。美味しいものを美味しく食べられるこの時季。馬ならぬ人間も肥えてしまいそうな時期でもあります。

東北を代表する二大祭りが小さな漁港を席巻
二十四節気も霜降は秋の締めくくりです。秋の収穫も一段落した全国の農村地帯では、五穀豊穣に感謝し秋祭りが行われます。
震災の被災地でもあるここ岩手県・宮古でも10月12・13日の両日、いわて三陸海と大地の復興フェスタ「宮古街なかUltra復興祭」がおこなわれました。この秋に収穫された海の幸、山の幸を一堂に集めた旬の市場。花を添えるように東北を代表する「盛岡さんさ踊り」と「仙台すずめ踊り」のパレードが、小さな漁港を盛り立ててくれました。

郷土芸能の秋②
その昔、南部盛岡城下で悪さをしてあばれていた鬼を三ツ石神社の神様が、この悪鬼を境内の大きな三ツ石に閉じ込め二度と悪さをしない誓いの手形を押させました。これが岩手の名前の由来でもあります。里人たちは喜んで三ツ石のまわりをさんささんさと踊り回ったのが「さんさ踊り」の始まりだそうです。
この日は盛岡より約80名の踊り子さんたちが笛や太鼓を従え、商店街をパレード。復興に湧く市民たちに元気を与えてくれました。

郷土芸能の秋③
慶長8年(1603)、仙台城新築移転の宴席で、泉州・堺から来ていた石工たちが、即興で披露した踊りが始まりだったといわれています。伊達家の家紋が「竹に雀」であったことや跳ね踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたことから「すずめ踊り」と名付けられました。途絶えかけた伝統を守るため、昭和62年より「仙台すずめ踊り」として復元したものだそうです。
老若男女だれにでも楽しめるよう練り直された「仙台すずめ踊り」。「仙台、宮古、仙台、ソーレソーレ」の掛け声と共に激しい踊りを、商店街パレードと路上ライブで楽しませていただきました。

郷土芸能の秋④
郷土芸能も路上ライブで賑わいました。三陸沿岸山田町の虎舞は「虎は一日にして千里行って、千里帰る」ということわざから漁師が無事に帰ることを念じた踊りです。男と女が1つの太鼓を交互に打ち鳴らすその変わり身も見もの。大漁祈願と豊年万作が念じられています。


◇二十四節気 霜降(そうこう)◇
二十四節気十八番目の節気。10月23日および立冬(11月7日)の前日まで。
暦便覧は「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」
北国や高地では霜がおりはじめる。刈り入れの光景がみられる。
◆霜降の七十二候は次の通り。
第五十二候(霜降初候)10/23~10/27 霜始降花(しもはじめてふる)
朝晩の冷え込みで、明け方に霜が降り始める頃。この時期には東北や北陸、甲信越地方などでも紅葉が見ごろを迎える。日本では万葉の時代から春には桜の花見、秋には紅葉狩りを楽しんできた。
紅葉(もみじ)という植物は学術的には存在せず、ヤマモミジやイロハモミジなどはカエデ科である。また、カエデの由来はカエルの手に似ていることから、「カエルデ」から「カエデ」になったともいわれている。
第五十三候(霜降次候)10/28~11/1霎時施(こさめときどきふる)
秋も終わりとなる頃で、霎(そう・こさめ)がしとしとと降って、わびしい時季。
第五十四候(霜降末候)11/2~11/6 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
紅葉や蔦が黄葉する時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1020先日本州最東端の灯台を見学に行った時のこと。50mはあろうかという断崖絶壁で磯釣りを楽しんでいる方がおりました。太平洋の荒波が押し寄せる釣場から下を見たら吸い込まれそうです。
それまでのんびりしていたおじさんに動きがでました。引いたのかな、慎重にリールを巻き上げていました。徐々にその姿が見えてきました。「なんだアイナメかよ」と落胆したようなおじさん。周りからは「刺身は美味しいよ」という掛け声に「俺の狙っているのはヒラメなんだよ、こんな小さいの返してやるわ」と、30㎝ほどのアイナメを太平洋のもとにドボン。
あ~もったいない。要らないならどうぞ私に恵んでください、思わず言いたくなってしまいました。確かにアイナメとヒラメでは味の違いはありますけどね。釣り人には釣り人の拘りがあるんでしょうね。





参考サイト:水と生きるサントリーTrace盛岡さんさ踊り仙台すずめ踊り


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top