初夏の高原牧場は牧歌的

7月1日からは1年の後半が始まります。多くの山では既に山開きがはじまっているようですね。登山家にとってはウズウズしていたところでしょう。
日本には多くの山があり、中でも富士山は日本人なら一度は登ってみたい山のひとつですが、世界遺産に登録されたことで、登山客の急増が予想されます。日本の象徴でもあるこの美しい山。後世に残すためにも、ルールをしっかり守っていただきたいものですね。
地元にそびえる早池峰山。県内でも岩手山に次ぐ標高1917mの霊峰です。6月8日に山開きしましたが、今年は1度登ってみたいと思っています。ハハハッご心配なく。ま~、年ですから頂上は無理としても、中腹位までは自分の足で登り、平地では見られない高山植物などを見てみたいですね。

くずまき高原牧場①

草原と赤いサイロのケヤキ並木
岩手の観光牧場といえば小岩井牧場があげられますが、県北にある葛巻町の「くずまき高原牧場」も見逃せない牧場の1つです。
「くずまき高原牧場」は昭和51年3月にオープンしてますから、わりと新しい牧場なんですね。くずまき牧場の他袖山、上外川、玉山、安代の4つの牧場を擁し、総計1,524haの広大な農場を運営しております。
先日そのくずまき高原牧場に行ってきました。高原牧場というだけあって標高1200mの雄大な自然の中に広がる牧場。牧草地帯で草を食む2500頭の乳牛たちを見ていると牧歌的で、心が洗われました。
新鮮な風味の濃厚なミルク、生乳をふんだんに使ったアイスクリーム、自然の美味しさを活かした飲むヨーグルト。大自然の恵みからつくられた「おいしい」「うれしい」が伝わってきます。

くずまき高原牧場④
あいにくこの日は曇、肌寒さも手伝ってちょっと寒い位でした。

くずまき高原牧場③
怪訝そうに見守るホルスタイン。「初めまして、何か」。

くずまき高原牧場②
それでも温かく出迎えてくれた乳牛たちからは、オッパイ丸出しで熱い歓迎(笑)。

くずまき高原牧場⑤
牛乳やヨーグルトを販売している「パンハウスくずまき」では、地産素材を使った焼きたてのおいしいパンやくずまきワインが勢ぞろい。翌日行われる高原牧場祭りの準備で、この日は会場づくりのため、店内は閑散としておりました。

くずまき高原牧場⑥買ってみたい食べてみたいで、買って飲んでみたのがこれ。風味と自然の美味しさを溶かした「くずまき高原ヨーグルト」。90mlの小さな小瓶ですが、中味は濃厚。甘さ控えめでほどよいとろみの中に高原の味がギュッと詰まっています。
「まずい~、もう1杯」…じゃなかった、立て続けにもう3杯。いやいやお酒じゃないんだから、でも飲みたかった。

くずまき高原牧場⑦
愛犬をお連れの方にはドッグランがすぐそばに。

パンハウスくずまきでも軽い食事はできるようですが、本格的な焼肉をお召し上がりの方はくずまき高原牧場から少し離れた「レストハウス袖山高原」がご用意されています。岩手山、姫神山、早池峰山など岩手の連峰が見渡せる袖山高原牧場で美味しい牛肉を堪能できそうですよ。

この日までに田植えを終わらせたい「半夏生」
7月2日から6日頃までは七十二候の第三十候「半夏生(はんげしょうず)」に変わります。
夏至から11日後を、半夏生といいます。半夏(はんげ)とは、植物の名前。薬草としても知られる烏柄勺(からすびしゃく)の漢名で、この「半夏」が「生」える頃という意味です。農家にとっては大事な節目で、田植えがこの日までに終わっていないと「半夏半作(はんげはんさく)」といって収穫が半減するといわれています。
また、ちょうど梅雨の後半期にあたることから、この頃に降る雨は「半夏雨(はんげあめ)」と呼ばれ、大雨になることが多いといわれております(詳しくは過去記事2013年6月30日「農作業の骨休みだった雑節半夏生」を参照)。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気十番目の節気。6月21日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」」
太陽が最も高く昇り、昼が一番長く、夜が一番短くなる。
夏至七十二候は次の通り。
第三十候夏至末候)7/2~7/6   半夏生(はんげしょうず)
半夏が生えはじめる時季。苗が生える季節でかなり暑さを感じる。


今日の独りごと

今日の独りごと630全国には鉄道ファンと呼ばれる方が大勢いますよね。列車に乗ることを趣味とする人を「乗り鉄」、列車の撮影を趣味とする人を「撮り鉄」、走行音または発車メロディなどを録音、録画する人を「録り鉄」などと呼ぶそうです。
先日の4月、三陸鉄道が再開した時、列車の撮影に奔走したのがきっかけで撮り鉄ファンにはまってしまいました。この間はJR釜石線にSL銀河列車が復活したというので撮りに行ってきました。撮影ポイントには数人の撮り鉄ファンがカメラを構えています。まだそれ程撮影経験がないので、皆さんの見様見真似です。あっという間に通り過ぎてしまいますから、失敗は許されないんですね。緊張感が走ります。そこがまた魅力なのかな。
撮り鉄!少し卑下していたところもありましたが、はまってしまったら楽しいですね。今度また撮りに行ってきます(笑)。





参考サイト:水と生きるサントリーくずまき高原牧場、トクトク便り Vol.399

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

東北春の風物詩 人馬一体で競う馬力大会

商品に貼られたPRシールや値段シールなどを剥がすときは、剥がしたいシールの上からドライヤーで1分弱、熱風を当てるときれいに剥がせるそうです。これはいいですね。これまでは熱湯に暫く付けて剥がしてましたが、きれいに落ちないことが多々ありました。剥がれない時は爪で引っ掻いてましたよ。特にビン類のラベルは剥がしにくいですよね。今度試してみよ。
熱風をあてるとなると、耐熱性の弱いものは不向きですね。プレゼントしようと思って買ったビニール袋の商品に、値段シールが貼られていたら厄介です(笑)。

馬力大会①

馬の里遠野郷に生まれた輓曳(ばんえい)競馬
(今回も長いです。お時間があるときご覧ください)
先日の6月22日岩手県遠野市において「第39回東北馬力大会馬の里 遠野大会」が開かれました。
カッパ伝説が多く残る遠野は古くから馬産地としても栄えた町で、馬と人間が共存する「南部曲り家」などの文化が育まれてきました。最近では馬を主体とした地域活性化を目指し農耕馬や乗用馬の育成に力を注いでおります。
この遠野で開催される輓曳競馬は、山から木を切り出す地駄引きの技術を生かし、コース上に設けられた2つの障害を乗り越えて重い荷物をどれだけ早い時間で運べるかを競うレースです。直線150mのコースを、人馬一体となって疾走するレースは勇壮で思わず手に力が入ってしまいそうです。

宮守町の河川敷に設けられた会場では午前9時、全国から集まった農用馬36頭によって熱いレースが繰り広げられました。馬の年齢や体重別によってソリの積載量が違います。1番軽いクラスの二歳馬で積載量80貫(300㎏)です。五歳馬の上に四流馬から一流馬に分けられたユニークなランク別。1番重い一流馬は260貫、975㎏の積載量です。体重70㎏の男性約14人を運ぶということですから、過酷な過重ですよね。
この重いソリを引いて150mのコース上に作られた高さ2.5mの小高い丘を乗り越えます。疾走する馬からは荒い息遣いが伝わってくるようです。

馬力大会②
そのレース模様を実況でお伝えします。ただし1レースを最後までお伝えできませんので、通過ポイントごとに他のレースの出走馬をつなぎ合わせてお送りします(笑)。

馬力大会③
各馬一斉にスタートを切りました。力強いスタートダッシュです。といっても2頭立てですけどね(笑)。

馬力大会④
まずは第1関門。高さ1mの盛土です。各馬余裕をもって難なく通過しました。

馬力大会⑤
続いてこのコースの難所、高さ2.5mの盛土。下から見上げると脅威の高さです。各馬立ち止まってしまいました。さあ~、この障害物をどう乗り越えるのでしょう。ここで重いソリを引き上げられないと5分以内の制限時間(一流馬クラスのみ7分)を超えタイムアウト。失格になるとブルドーザーで後ろからソリを押されてしまいます。

馬力大会⑥
馬と引手、助手の3者が呼吸を整え、力を振り絞ります。馬の引手が倒れ込むように手綱を引き、息遣いの荒くなった馬は砂を蹴散らし最後の力でソリを引き上げます。何度か繰り返しながら、少しづつ登りつめる様はまさに人馬一体となった難所越え。思わず手に力がこもり、観客席からは「頑張れ」「もう少しだ」の声援がかけられます。

馬力大会⑦
馬と引手とが呼吸を合わせ、タイミングをみて駆け上った難所。馬の力強さが垣間見られた瞬間でした。固唾を飲んで見守っていた観客からは拍手喝采。頂上を乗り切った馬は颯爽とゴールを目指します。

馬力大会⑧
さ~、ゴール。青森県出身「みたことない号」、タイムは2分55秒17。一流馬クラスの優勝です。

馬力大会⑨
「よくやった」「よく頑張った」と馬主さんから労いの言葉がかけられました。馬主と出走馬の固い愛情でしょうかね。この日6,700名の観客からも惜しみない拍手の嵐が飛び交いました。

馬力大会⑫ 馬力大会⑩
大会では4年振りにポニーのクラスも復活。小さなポニーでも50貫(187.5㎏)のソリを引いて走りました。会場内では子供2人を乗せていましたが、これでも軽い方。

馬力大会⑪ 馬力大会⑬
アユの塩焼きで魚の味覚を楽しみ、コースの真ん前には急造「カーコーヒーショップ(?)」が出店。ここはレースの特等席です。

馬力大会⑭ 馬力大会⑮
コースでは遠野郷馬っこ王国ライディングクラブによる流し馬の妙技を披露。最後に一流馬優勝の「みたことない号」には岩手県知事賞が贈られました。

この日は日曜日とあって、炎天下の中、若いファミリーが大勢集まり、思い思いの休日を過ごしていました。会場内では勝ち馬投票券も売っているんですね。馬券を買っているおじさんの姿を見ていると、何だか昔の自分の姿が懐かしく思い出されました(笑)。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気十番目の節気。6月21日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」」
太陽が最も高く昇り、昼が一番長く、夜が一番短くなる。
夏至七十二候は次の通り。
第二十九候夏至次候)6/27~7/1 菖蒲華(あやめはなさく)
菖蒲(あやめ)の花が咲きはじめる時季。
第三十候夏至末候)7/2~7/6   半夏生(はんげしょうず)
半夏が生えはじめる時季。苗が生える季節でかなり暑さを感じる。

七十二候の第二十九候「菖蒲華」の解説ははお休みします。


今日の独りごと

今日の独りごと625先日国道沿いを1人トボトボと歩いていたら、後ろから乗用車が寄ってきて「どこまで行くの」と中年のおじさんに声をかけられました。
500m位先に止めてあった車に乗り込むため、歩いていた後姿が疲れている感じだったんでしょうね。駅には遠いし、タクシーもあまり走らないこの場所。見かねたおじさんが「車で送るよ」と、親切に声をかけてくれたんでしょう。嬉しかったけど事情を話してご辞退しましたが、親切ですね、田舎の人たちは。
昔「小さな親切」運動というのがありましたが(今でもあるのかな)、こういう行為に出合うと気持ちがほっこりしますね。日本人のやさしさ、親切心は今でも脈打っていました。





参考サイト:遠野市公式ウェブサイト遠野市観光協会イーハトーブログ、TEPOREレター Vol.577

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

岩魚も山女も勢いづく夏至

喉の渇きをうるおしてくれる夏の定番と言えば麦茶。ミネラルが豊富でゼロカロリー、ノンカフェインの麦茶は、幅広い年齢の方に愛飲されているようです。暑い時は路上の自動販売機で冷たい飲み物を買って飲むのもいいんですが、汗をかいたときなどは、冷えた麦茶が一番です。中には熱中症防止のために、お出かけの時は麦茶を入れた水筒を持ち歩く人もいるそうです。
とはいえ、冷たいものばかり口にしていると、胃腸の機能が低下してしまうこともあります。時には胃にやさしいホット麦茶にして、体を休ませてあげたいものですね。

釣り大会①

渓流釣り大会 優勝は3尾942gの釣果
(今回もちょっと長いです。最後までお付き合いください)
梅雨の真っ只中、6月15日。宮古と盛岡を結ぶ国道106号線、閉伊街道と並行して流れる閉伊川を中心にした「閉伊川つり大会」が開かれました。今年で第26回を数えるこの大会は年々知名度も浸透し、青森県八戸市や東京の新宿区からも大勢の太公望が駆けつけました。
午前5時10分、「道の駅やまびこ館」に集合した参加者は、受付を済ませ、はやる気持ちを抑えて、それぞれ競技エリアとなる閉伊川75.5㎞の本支流へ。岩魚(いわな)と山女(やまめ)の釣りポイントを目指して散っていきます。この日の参加者は親子連れなどを含む42名。競技方法はえさやルアー、フライによります。

釣り大会③ 釣り大会②
参加者の川釣りをカメラに収めようと後を追いかけましたが、広い競技エリアでは釣り師の姿を見つけることができません。支流や源流などで釣り具を積んだ車を見かけますが、当然中は空っぽ。川の流れに掻き消され声も聞こえません。どこから川に降りるんだろう。背の高い雑草や笹薮が生い茂る鬱蒼とした川べりには、獣道さえ見つかりません。華麗なフィッシングを収めようとしたのに空しい時間ばかりが過ぎていきます。

釣り大会⑬
と諦めかけていたところ、道の待避所で準備をしている渓流釣りの3人組ミ~ッケ。
やった~、釣り人発見。聞いてみると前日神奈川からきて、この日は渓流釣りを楽しむつもりだったそうです。大会に参加しているわけではないので、とやんわり取材拒否。あえなく撃沈。

釣り大会④ 釣り大会⑤
競技終了の12時までは時間がありません。もうタイムリミットです。大会本部のある会場まで引き返しました。
と、その付近で釣っている2人発見。大分下流まで下りてきているので、渓流釣りの醍醐味を見ることはできませんが、とりあえず撮影許可をいただきました。ということで釣りの写真は4枚しかありません。海釣りと違って渓流釣りの撮影の難しさを思い知らされました。次回は最初から密着取材しないとなりませんね(笑)。

釣り大会⑥ 釣り大会⑦ 釣り大会⑧
1時からの閉会式に先立ち、この日釣り上げた収穫を申告計量します。1人3尾まで。岩魚の部と山女の部があります。重さが同じ場合は長さで判定します。それぞれ自慢の魚は計量器に量られ、係員の発表に一喜一憂していました。

釣り大会⑨
釣り大会⑩ 釣り大会⑪ 釣り大会⑫
この日の結果は岩魚の部で3尾合計942g、最長で35.8㎝。山女の部では3尾合計が594g、最長33.5㎝。いずれも同じお父さんが1人占めの独壇場。表彰式では賞状、トロフィーの他に数多くの副賞を受賞。1人では持ちきれない様子。さすがお父さん、渓流釣りには慣れており、釣りポイントも熟知しているようでした。

この日の参加条件として釣り場から空き缶、空きビンなど5本以上のゴミを持ち帰る「閉伊川クリーンアップ作戦」に賛同いただくことでした。これで河原が少しはきれいになりましたでしょう。
来年は自ら参加し、渓流釣りの醍醐味を伝えなければなりません(笑)。


冬至の昼より4時間50分長い夏至
6月21日からは二十四節気夏至(げし)。一年の中で最も昼間が長く夜の短い日です。 冬至(12月22日頃)に比べると、昼間の時間差は4時間50分もあります。暦の上では夏にあたりますが、実際には梅雨でうっとうしく、長い昼の実感を味わえません。そのため北欧のように夏至祭を楽しむ風習がありません。梅雨寒などで気温の上昇が抑えられながらも、恵みの雨によって草や木が緑を深くして行くのがこの時季です。

靫草(うつぼくさ)枯れる夏至の初候
そして夏至の初候でもある七十二候は第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」に変わります。
夏になると黒く枯れていく「夏枯草(かこそう)。別名「靫草(うつぼくさ)」とも呼ばれ、枯れた花穂は漢方として用いられています。
この時期の言い伝えとして、ある地方には、「夏至はずらせ 半夏(はんげ)は待つな」という言葉があります。半夏とは、夏至から11日目のことで、田植えは夏至より少し遅く、半夏よりは前に終わらせようという習わしのようです。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気十番目の節気。6月21日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」」
太陽が最も高く昇り、昼が一番長く、夜が一番短くなる。
◆夏至の七十二候は次の通り。
第二十八候(夏至初候)6/21~6/26乃東枯(なつかれくさかるる)
草木いずれ繁茂する中で乃東(だいとう・夏枯草)のみが枯れていく時季。
第二十九候(夏至次候)6/27~7/1 菖蒲華(あやめはなさく)
菖蒲(あやめ)の花が咲きはじめる時季。
第三十候(夏至末候)7/2~7/6   半夏生(はんげしょうず)
半夏が生えはじめる時季。苗が生える季節でかなり暑さを感じる。


今日の独りごと

今日の独りごと620いつも車を運転していて気になることがあります。ご覧の写真のように青いラインの路面標示。皆さんご覧になったことありますか。
このブルーラインは何を意味するのでしょうか。白線あるいは黄線だけだとセンターラインを示しますけど、加えて青い線が並ぶように敷かれています。しかも片側の路側帯には白線と並んでいます。
広島県のとびしま海道ではサイクリングロードとして車道と分離するため、ブルーラインを路面標示したそうですが、こちらの道路とは使用目的が違うようです。よく見ると10m間隔くらいで点線のラインになっています。
このような道路標示はこの地域特有なように思います。道路交通法では各地域の単独で設定できるんでしょうかね。





参考サイト:NPO法人PTPL暮らしのミニ知識水と生きるサントリー、トクトク便り Vol.396


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top