凍てつく寒さも節分で寒の明け

最近ガラス戸を横切るたびに猫背になっている自分の姿が気になっていました。これは寒いだけじゃないですよね。正しい姿勢をと、その時は胸を張ってみるんですが、すぐまた元の姿勢に逆戻り。
正しい姿勢とは、立ったときに真横から見て、耳、肩、わき腹の中間、腰、ひざの横、くるぶしが一直線になっている状態なんだそうです。壁を使って正しい姿勢を覚えようと、つま先を少し開いて、後頭部、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとの5ヶ所を壁につけ、練習してみました。そしてお腹とお尻にキュっと力を入れ、壁と背中にできるだけ空間ができないように立ってみました。
う~ん、それを維持するのはなかなか難しい。財布が潤っていれば無意識のうちに正しい姿勢を取れるかもしれませんね(笑)。

ひな鳥

冬の終局 大寒
さてさて2月3日までは二十四節気の最後、大寒です。長い冬でしたね。凍てつく寒さもこの日まで。4日の立春からは次第に寒さも和らぎ、季節は春へと向かいます。七十二候では1月30日より2月3日までが「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」となり、終わると冬の季節を閉じることになります。
春の兆しを感じた鶏が交尾をし、鶏小屋に入って卵を産む時候です。動植物は人間が感じ取れない季節の機微を感じ取ります。夜明けを知らせる鶏は長い冬の終わりを告げるにふさわしいものでした。
子供の頃は鶏を飼っている家庭も多く、毎日鶏小屋に入って産んだばかりの卵を集めていたものです。今では養鶏家庭も減り、卵ご飯も朝の食卓にはなかなかお目にかかれなくなりました。

季節の終焉は豆まきと恵方巻
立春の前日、節分には豆まきをする風習がありました。季節を分ける節分。もともとは立春、立夏、立秋、立冬の前日、年4回ありましたが、旧暦による新年の始まりとされる立春の前日のみが節分として一般的になったのです(詳しくは過去記事2013年1月31日「立春は二十四節気の始まり」を参照)。
この日、邪気を祓い、幸せを願う様々な行事が行われてきました。室町時代、宮中で追儺(ついな・俗にいう鬼やらいや厄払い)という行事が行われ、そのひとつである豆打ちの名残りが豆まきとして定着したようです。一時各家庭でも豆まきの行事は行われていましたが、今では各地の神社やお寺で、その年の年男、年女が豆を撒くようになりました(詳しくは過去記事2010年1月31日「豆まき、恵方巻、福茶で厄年を追い払う」を参照)。
私も小さい頃、暗くなると玄関口に向かって、父親が「鬼は外、福は内」と叫んで撒いたこの地方特有の落花生を一生懸命拾い集めていました。歳の数だけ食べると魔除けになるといいます。厄年の方は自分の年齢に1個加えた豆を食べると厄除けになるそうです。

豆と恵方巻また近年では、関西地方が発祥といわれている太巻き寿司を食べる習慣。歳徳神のいる恵方に向かって、無言で丸かじりしながら願い事をすると夢がかなうそうです。夢が叶うといっても無言で丸かじり。異様な感じもしますけどね。今年の恵方は東北東です。
皆さんの地域では恵方巻食べておりますか。こちらでは最近スーパーやコンビニなどで見かけるようになりましたが、まだまだ浸透はしてないようですね。


2月4日は春を告げる立春
節分が終わると待望の春がやってきます。4日からいきなり春というわけにはいきませんが、野山には緑が芽生え、里の雪はゆっくりと融けはじめます。

新しい二十四節気の始まる立春。この季節の巡り合わせを「華麗なる歳時記」では毎年、追って紹介して来ましたが、今回で7巡目を迎えます。その都度その季節の彩をしたためてまいりました。二十四節気の詳しい内容は左サイドのカテゴリーあるいは下記二十四節気メモからご覧いただくとして、今年は今までの更新ペースを維持しながら、さらに視野を広げ、地元を中心としたその季節の特色、気候、風土、観光、町の動き、出来事などに目を転じてみようと思います。
あまり期待しないでお待ちください。途中で挫けるかもしれません(笑)。


◇二十四節気 立春(りっしゅん)のメモ◇
二十四節気一番目の節気。2月4日および雨水(2月19日)の前日まで。
暦の上で一年の始め、春の始めとされ、暖かくなりはじめる。
◆立春の七十二候は次の通り。
初候 第一候(2/4~2/8) 東風解凍(はるかぜ、こおりをとく)
東の風が吹き始め、氷を溶かしはじめる時季。
次候 第二候(2/9~2/13)黄鶯睍睆(うぐいす、なく)
まだ寒さは厳しいが、黄鶯(こうおう・うぐいす)が山里で声美しく鳴きはじめる時季。
末候 第三候(2/14~2/18)魚上氷(うお、こおりをいずる)
魚が肥えて躍る時季。


ご迷惑をお掛けしております。本日はあなたのコメントを承っております。







参考サイト:びお、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便りVol.378
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2014
  • 01/25
  • Sat

凍てつく厳寒に消防出初式の観閲式

長い間使いこんできた財布。最近傷みがひどく、かなりくたびれてきました。財布の寿命は3年なんだそうですが、この辺で気分一新するつもりで買い替えてみようかと思います。
ネットを見たら「財布を買い換えるなら春の時季」こんな記事が目につきました。「春」は「張る」に通じ、財布が膨らみ、お金が沢山入るそうなんです。しかも二つ折り財布より長財布の方が金運に恵まれるとのこと。
福沢諭吉さんの紙幣で膨らむことを願ってみたいですね。

氷柱

身も心も凍てつく厳しい「水沢腹堅」
さてさて二十四節気も終盤に迫り、1月25日頃から29日頃が大寒の真ん中で、寒さのピークに達します。七十二候では第七十一候「水沢腹堅(みずさわあつくかたし)」となります。
川を流れる水が凍るほど寒い時候です。1年で最も冷えを感じる厳しい時季ですが、僅かながらも少しずつ日照時間が長くなり、春の足音がかすかに近づいているのが分かります。豪雪による生活への支障が出る地方は別にして、氷や雪の美しい景色を楽しめるのもこの頃です。

沢水の大氷瀑で作柄占い
全面結氷した川は見たことありませんが、上流で流れが緩やかなところは凍りついています。氷瀑といわれるように、条件次第では滝でも凍ります。滝は滝壺の端から段々と登りながら上に向かって凍るのだそうです。
花巻市にある「たろし滝」は川に注ぐ沢水が凍りついて大氷柱となります。地元の人たちは氷柱の太さでその年の作柄を占うそうです。毎年行われている氷柱の測定会、今年は2月11日に行われるようです。寒い今年のたろし滝、果たして過去最高の太さ8mを上回ることができるでしょうか(詳しくは過去記事2013年1月20日「大寒に見られるダイヤモンドダスト」を参照)。

みちのく五大雪まつりで冬の祭典満喫
東北三大祭りが「ねぶた祭り」「竿灯まつり」「仙台七夕まつり」なら、青森県弘前市の「弘前城雪燈籠まつり」、青森県八戸市の「八戸えんぶり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」、秋田県横手市の「横手かまくら」、岩手県雫石町の「いわて雪まつり」が北東北の冬を代表する「みちのく五大雪まつり」でしょう。
さっぽろ雪まつりにも負けないみちのくの五大雪まつり。2月中旬頃に集中して開催されます。みちのくを一周しながら雪のイベントを楽しむことができます。
寒さをものともせず、時間とお金に余裕のある方は雪まつりと温泉旅行で存分にお楽しみください。雪まつりもいいですけど、深く積もった雪景色を見ながら露天風呂に浸かるのもいいものですよ(笑)。


「凍てつく厳寒に消防出初式の観閲式」はこの後も続きます。
閲覧される方は下の『Read More』からどうぞ。


本日もコメント欄を閉じております。申し訳ありません。






参考サイト:びお、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便りVol.377
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2014
  • 01/20
  • Mon

大寒を裸詣りで無病息災

近頃、都会には、地方の特産品を紹介・販売するアンテナショップが増えていますね。店内にはその地域の名産品が並んでいるのを目にします。地方から上京してきた方にとっては、故郷を味わえる場所として、また、その地を知らない方にはもの珍しさに……、というように色々な楽しみ方があるようです。
私も一度このアンテナショップを利用したことがあります。東京銀座にある「いわて銀河プラザ」。三陸特産の海鮮物も展示されております。かつて同僚だった方々から慰労会を開いていただいたお礼に、ここで買った出身地の「わかめ」を全員に配りました。新鮮で美味しいと大好評。わかめの美味しさと共に出身地の名産品をアピールできたのではないかと自負しています。

ふきのとう

大寒は二十四節気の最後の季節
さてさて季節は二十四節気の最後、1年で最もしばれる大寒を迎えております。文字通り1年の中で最も寒い大寒は1月20日から2月3日の節分まで続きます。
寒いとはいえ、その一方で日差しは少しづつ強まってきており、大地の動きからも春の気配が近づいてきているのを感じることができます。雪も凍り付くような「寒の内」でも、南の国からは梅の開花の便りが聞かれ、徐々に春に向かっていることを感じる季節です。冬といえる季節も後2週間です。
寒い日が3日続くと暖かい日が4日続くという「三寒四温」。この言葉には風情が感じられます。この時季の水は1年で一番澄んでいて腐らない「寒の水」といわれ、寒仕込みと呼ばれる酒や味噌の仕込みには欠かせません。この時季に作られる味噌は、気温が上がる春から夏にかけて熟成が進み、気温が下がる秋に落ち着いた味噌に仕上がるため、最も美味しいとされています。

春を呼ぶ「款冬華
七十二候では1月20日頃から1月24日頃までが第七十候となり、二十四節気の初候でもある「款冬華(ふきのはなさく)」となります。
款冬とはフキのことです。蕗の薹(ふきのとう)は氷を破るようにして生え、その蕾は、土手の上や籔陰などに、萌黄浅緑色の花穂を土中からもたげます。冷たい地面から顔を出している蕗の薹は春の象徴であり、気持ちもふっと明るくなってきます。香りがつよく、口に入れるとほろ苦さが舌に走りますが、苦みを取り除いて煮物、炒め物、おひたしなどに珍重されています。
まだ大寒でありながら、春の兆しを示す蕗の薹をこの季節に持ってきているところに、七十二候のおもしろさと、自然のもつ生命力を感じますよね。

二十日正月は正月最後の締めくくり
1月20日は正月の祝い納めの日、二十日正月です。この日の早朝には、正月にお迎えしていた神様方が、それぞれの居場所にお帰りになる日と考えられていました。
京阪神地方など、西日本では骨正月とも呼ぶところもあります。正月料理に欠かせないぶりの骨や頭を大根などと煮て、昼までに食べ尽す風習からついた別称のようです。
7日、11日、15日と、正月終わりといわれる行事はいろいろありますが、これが本当の意味での新暦における正月終いとなります。


「大寒を裸詣りで無病息災」はこの後続きます。
閲覧される方は下の『Read More』からどうぞ。


本日はコメント欄を閉じております。申し訳ありません。






参考サイト:びおWikipediaこよみのページ、七十二侯がまるごとわかる本、TEPOREレター Vol.553
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

日めくりカレンダー

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top