セキレイ鳴く頃 北上山地に木挽き星人現わる!

9月は転勤や異動に伴う引越しが多いシーズン。引越しには欠かせない「そば」ですが、実は身内や引越しを手伝ってくれた人に振る舞うのではなく、もともとは引越し先の近隣へ配るものですよね。「お側(そば)に末長く」「細く長いお付き合いを」などの意味が込められているとか。都会のマンション暮らしなどでは「向こう三軒両隣」どころか、両隣と面識がないという人も少なくないでしょう。「遠い親戚より近くの他人」ともいいますが、「引越しそば」を手土産に、新天地でのご近所付き合いをスタートさせたいものです。

セキレイ

七十二候は恋教鳥ともいわれる「鶺鴒鳴」
さてさて七十二候も9月12日頃からは第四十四候の「鶺鴒鳴(せきれいなく)」になります。
セキレイが鳴き始める頃です。セキレイは川や湖などの水辺に住み、羽色は白黒を主とし、種によっては頭部や下面が黄色いものがあり、それぞれセグロセキレイ・ハクセキレイ・キセキレイなどと呼ばれています。
長い尾を上下に振る特徴があり、その動きから「庭たたき」あるいは「石たたき」などの異名があります。日本神話ではイザナギとイザナミは、セキレイが尾を上下に振るのを見て、性交の仕方を知ったとされ、別名を「恋教鳥(こいおしえどり)」ともいわれているそうです。縄張り意識が強く、車のミラーに映った自分の姿を攻撃することもあります。
私の庭に舞い降りるセキレイは近づいても逃げようともしません。気が強い性格なんですかね。


木挽き星人!やまびこフェスタ会場に現わる
木挽き(こびき)とは大鋸(おおが)という大きなノコギリで丸太を材木にする仕事です。木挽き職人さんは室町時代からいたといわれ、太い原木から柱、板、棟木、化粧材と、ありとあらゆる材木を大鋸一丁で取っていたそうです。「南部木挽き唄」は昭和初期に活躍した渡り木挽きといわれる職人が、木の伐採などの時歌っていたもので、哀感あふれた唄です。「南部木挽き唄」をご存知ない方は下の動画からご覧ください。平成23年一般の部優勝・小田代直子さんの「南部木挽き唄」をお聞きになれます。

木挽き星人
木挽き職人
この日9月8日は雨のため、半てんの上に蓑を付けた木挽き職人の星人(?)が会場に現れ、木挽き体験コーナーで参加者を指導。大鋸という縦挽き用の大きな鋸を使って原木を挽いていきます。力が入りそうですね。
大鋸が伝えられてからは、日本の製材技術が大きく進歩していったのだそうです。鋸で切った時出る切り屑を「おがくず」といいますが、ここから来たんですね、なるほど。

藤岡祐衣
この日の「やまびこフェスタ」は第14回南部木挽き唄の全国一を決める大会でもあり、前日の予選を勝ち抜いた約30名が、会場の「道の駅やまびこ館」野外ステージにその喉を響かせました。昨年のフェスタはこちらからご覧になれます。
昨年一般の部の優勝者、地元の藤岡祐衣さんも登場。母親(右側)の打つ太鼓のリズムに乗って、伸びのある南部木挽き唄を披露しました。今年は保母さんとして社会人の一年生。子供たちに唄のレッスンでもしてるんでしょうか。

森山 ミニSL
南部木挽き唄最終審査が決まるまでは演歌歌手森山愛子さんのやまびこコンサート。会場内のおじさんも祝福の握手。おじさんの長靴スタイルと森山さんの白いステージ衣装がミスマッチでした。森山良子さんのお嬢さんかと思っていたら関係ありませんでした(笑)。会場内にはミニSLもあり、親子で楽しんでいました。

B級グルメ 野菜販売
B級グルメが勢揃いしたグルメコーナー。コロッケや唐揚げ、帆立焼きの美味しそうな香りが漂ってきます。道の駅やまびこ館では産直野菜の即売会。25㎝位のキャベツが140円、5コ入りナスが100円。買ってきちゃいました(笑)。






参考サイト:ぴお森林インストラクターのんぶーOgawaのホームページ、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便りvol.359

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを頂戴します。


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top