立春は二十四節気の始まり

2月4日は立春です
2月4日は二十四節気の立春です。寒が明け、厳しい寒さも徐々に和らぎ、春の気配があらわれてきます。暦便覧には「春の気立つを以って也」とされています。冬至と春分の中間に当たり、この日から立夏の前日までが春となります。九州など暖かい地方では梅が咲き始めます。暦の上ではこの日が寒さの頂点となり、翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられます。

節分

二至、二分、四立で季節を区切る
西欧では習慣的に暑くも寒くもない季節、つまり「春分から夏至まで」を「Spring」としました。一方古代中国では夏至、冬至の二至と、春分、秋分の二分を各季節の中心として、その中間に各季節の区切りとなる、四立(立春、立夏、立秋、立冬)をもうけたのです。
日本には飛鳥時代に中国の二十四節気が伝わりました。当時は冬至が年の分割の起点と考えられ、立春を一年の初めとして暦が作成されていました。明治時代に改暦が行われるまでは、立春は正月とほぼ同じ頃に重なっていました。このため現代でも年賀状には「早春」や「新春」という賀詞が使われています。

年内立春、新年立春、朔旦立春
立春を旧暦の日付で見た場合、大まかに言って新年1月の前半にある場合と、旧年12月の後半にある場合があります。旧年12月にある立春を年内立春、新年1月にある立春を新年立春と呼びます。また特に旧暦1月1日にあたる場合を朔旦立春(さくたんりっしゅん)と呼び、非常に縁起のよい日とされています。
2013年は旧暦12月24日が立春ですから年内立春、昨年は旧暦1月13日が立春でしたから新年立春でした。旧暦1月1日が立春になる朔旦立春は、近年では1992年でこの先は2038年と予測されています。

旧暦では立春が一年の始まり!
旧暦では一年のはじまりは立春からと考えられていたため、立春を基準に「八十八夜」や「二百十日」が起算されています。立春から数えて88日目を八十八夜といい、この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないため、高級な茶葉であると言われています。二百十日は立春から数えて210日目で、この日は台風が襲来する可能性が高く、農家の人々にとっては厄日だと言われていました。同様に二百二十日は220日目のことで、最近ではこの日の方が台風襲来が多いようです。

年4回ある節分 今年の恵方は南南東
立春の前日のことを節分といいます。節分は春夏秋冬を区切る節目の日で、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」それぞれの前日の総称で、今では春を迎える立春の前日を節分といっております。古くは立春を年の初めとしていましたので、節分は大晦日になり、新春を迎えるために邪気を祓(はら)う「追儺(ついな)」を行ない、無病息災で一年を過ごそうというお正月の風習でした(詳しくは過去記事2010年1月31日「豆まき、恵方巻、福茶で厄年を追い払う」を参照)。
いまでも各家庭では神棚に供えた炒り豆を年男、年女、厄年の人、あるいはその家のご主人が「鬼は外、福は内」と唱えて鬼にぶつけ、「魔目」や「魔滅」を追い払う厄除けをします。豆まきが終わった後は福が逃げないよう戸を閉め、歳の数だけ、厄年の人は年取り豆といって歳よりひとつ多い数の豆を食べます。
地方によっては豆にお茶を注いだ福茶や、柊(ひいらぎ)の枝に焼いたイワシの頭を刺したものを戸口に飾るところもあります。イワシの悪臭と柊のとげで鬼が退散する、という魔除けの意味もあるようです。
また近年では、節分の日に太巻き寿司を食べる習慣が定着してきました。歳徳神のいる恵方に向かって、無言で丸かじりしながら願い事をすると夢がかなうそうです。今年の恵方は南南東です。

春といえども実際には立春の頃が一年で最も寒い時期。「立春に卵が立つ」といわれていましたが、これは卵の重心の問題で根気よく実験すれば立春でなくとも立つものです。まだまだ寒さが続く中、根気よく寒さと向かい合えば必ず春はやってきます。万病のもとといわれる風邪には十分注意して寒さを乗り越えてください。

◇二十四節気 立春(りっしゅん)のメモ◇
二十四節気最初の節気。2月4日および雨水(2月18日)の前日まで。
◆立春の七十二候は次の通り。
初候 第一候(2/4~2/7)  東風解凍(はるかぜ、こおりをとく)
東の風が吹き始め、氷を溶かしはじめる時季。
次候 第二候(2/8~2/12) 黄鶯睍睆(うぐいす、なく)
まだ寒さは厳しいが、黄鶯(こうおう・うぐいす)が山里で声美しく鳴き始める時季。
末候 第三候(2/13~2/17)魚上氷(うお、こおりをいずる)
魚が肥えて躍る時季。





参考サイト:Wikipedia日本文化いろは事典NPO PTPLぴお筆まめネット

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

1月季節の名字ランキングは「鏡」さんに

日本で一番多い名字は何だかご存知ですか。1番目が佐藤で、2番目が鈴木と言われています。しかし世の中には読めない名前、珍しい名前もしばしばみかけますね。皆さん岩手県知事の名前ご存知ですか。そうです、達増拓也さんです。じゃ、なんとお呼びしますか。「たっそたくや」とお読みするんですね。はじめ「たつまたくや」だと思ってました。沖縄県知事も読みにくいお名前です。「仲井眞弘多」、「なかいまひろかず」というんですね。(詳しくは→全国知事会をご覧ください)
そうかといえばスポーツ界では読みにくいのが、横浜DeNAの「筒香嘉智」選手。「つつごうよしとも」と読むのだそうです。他にも史上最高齢でオリンピック代表になった馬術の法華津寛(ほけつひろし)選手や金本知憲(かねもとともあき)さん、岡田彰布(あきのぶ)さんなども正確に読めないですね。芸能界ではもっとわかりません。蛭子能収(えびすよしかず)、内村光良(うちむらてるよし)、九十九一(つくもはじめ)。皆さんご存知でしたか。

名字

人名だけではありません。岩手県のJR線にはこんな駅もありました。山田線の花原市(けばらいち)駅や吉里吉里(きりきり)駅、岩泉線の押角(おしかど)駅、釜石線の似内(にたない)駅、大船渡線の陸中門崎(りくちゅうかんざき)駅と陸前矢作(りくぜんやはぎ)駅、花輪線の大更(おおぶけ)駅などは読めないですね。
皆さんの地域にも難解な駅名、地名がありますでしょう。

今回は歳時記に関連する難解な珍名、奇名を探してみました。
四季の中で冬さんは見当たりませんでしたけど、春(はる)さん、夏(なつ)さん、秋(あき)さんがお揃いです。正月(しょうげつ)さん、元旦(がんたん)さん、元日田(がんじつだ、もとひだ)さん、十二月田(しわすだ)さん、四日(よっか)さん、三十日(みとうか)さん、四月朔日(わたぬき)さん、六月一日(うりはり)さん、八月一日(ほずみ)さんなどもおられました。さらには注連(しめ)さん、七夕(たなばた)さん、早月女(そうとめ、さおとめ)さん、冬至(とうじ)さん、入学(にゅうがく)さん、七五三(しめ)さんなどもいらっしゃいます。
冠婚葬祭でいえば四十九日院(しるしいん)さん、玉串(たまぐし)さん、神殿(こどの)さん、合掌(がっしょう)さん、仏(ほとけ)さんもおられます。

日本の名字は30万種類あるそうですが、珍しい名前だけでも相当な数になるでしょうね。
中には生江さんという方がいて、「あなたのお名前は?」と聞かれた時、「なまえです」と答えたという笑い話もあります。新妻さんという名前は新婚さんにとって最高の名前ですよね。逆に怖い名前も困るでしょうね。よく鬼頭さんというお名前は、節分の例に出されるんですけど、そのご自宅の豆まきには「鬼は外」とは叫ばないそうですね。「赤鬼」さん、「青鬼」さんというお名前もありましたけど、こちらでも「福は内」だけなんでしょうかね。
1月の季節にまつわる名前のランキングでは「鏡」さんが最も多く、続いて「羽根」さん、「祝」さんの順でした。やはり正月のイメージが強いようです(集計結果は→名字由来netをご覧ください)。

ところで珍名・奇名は改名できるのでしょうか。
改名手続きをするには家庭裁判所に行き、申請用紙に必要事項を記入し受理してもらいます(申請はインターネット上からも可能です)。受理後、1ヶ月以内に家庭裁判所で審判を受けます。審判が認められた証明書(許可証)を持って役所に届け、戸籍の変更をすることができます。
改名の申請には 1)永年通称名として使用した場合。 2)書きづらく読みづらい場合(奇名、珍名を含む) 3)女性でありながら男性と間違われたり、又はその逆の場合。 4)神官や出家して僧侶になった場合 5)結婚などで家族と同姓同名になった場合。 6)伝統芸能や商売上で襲名した場合。 7)精神的苦痛を伴う場合 (最近はこのケースが多い)などと言った正当な理由が必要です。姓名判断の理由などでは通用しないということですね。(詳しくは→戸籍名の変更と申請をご覧ください)






参考サイト:Wikipedia、こよみのページ漫歩マンのホームページ、Ryobi Express コラム

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

大寒に見られるダイヤモンドダスト

今日20日は二十四節気の大寒です。大寒の初侯は「款冬華(ふきのはな さく)」。蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す頃と言われています。雪解けを待たずに顔を出す春の使者。一番早くでてくる山菜ですね。冬眠から目覚めた熊は最初にふきのとうを食べる、などとも言われています。

とはいえ、今は寒中。中日であり、寒さのピークでもあります。北海道の内陸では氷点下30℃前後に冷え込む朝も見られます。日本で一番寒かったのは、1902年(明治35年)の1月25日記録した、北海道・旭川市の氷点下41度です。想像もつかない寒波ですよね。同じ年の1月25日、青森県の八甲田山では、雪中行軍の訓練中、連隊の200人余りが遭難、そのほとんどが命を失うという悲惨な事故がありました。新田次郎さんの「八甲田山死の彷徨」はあまりにも衝撃的でしたね。

最低気温で自然界にはどんな現象が起きるかというと、-4℃を下回ると水道管の凍結が起こり始めます。この辺りの気温でしたら何度か経験しています。昔は熱湯をかけて解かしたものですが、水道管には不適切でもありますね。そして-10℃以下になるとビールが凍り始めます。凍ったビールを飲んだことがありますか。味気ないもんですよね。ビールの味が全くしません。外出すると耳や鼻が冷たいというより痛くなります。耳あては必需品ですね。
-20℃以下は経験したことがありません。聞くところによると、素手で鉄などはつかめません。触ると皮がくっついてしまうからなんだそうです。そして-25℃前後から、地表の空気が極寒の空気に冷やされ氷の結晶になってしまう、ダイヤモンドダストという自然現象が現れます。太陽の光にキラキラ輝く美しい光景が見られるそうです。1度見てみたいものです。
-25~-30℃以下では立木が凍って裂ける「凍裂」が、-40℃以下では鳥が凍死してしまうそうです。
富士山の測候所も寒そうですが、最低気温の記録は-38℃なんですね。

平笠裸祭り
八幡平市の平笠裸参りは岩手山をバックに厳寒期の風物詩でもあります
(写真は八幡平市からお借りしました)


この寒さの中、各地の武道場では寒稽古や寒中みそぎなどが行われます。北海道の木古内町では1月13日~15日の寒中みそぎ祭りが行われました。(詳しくは過去記事2010年1月4日「寒中みそぎも行われる寒の入り」を参照)
みそぎ祭は、天保2年(1831年)から続く神事で、毎年行修者と呼ばれる4人の若者が、1月15日に厳寒の津軽海峡でご神体を潔(きよ)め、1年の豊漁豊作を祈願する行事です。
水は被りませんが、岩手県八幡平市にも市指定無形文化財の平笠裸参りがあります。寒中に難行苦行することで無病息災、家内安全、五穀豊穣を願うものです。およそ300年前岩手山噴火による、焼走りを恐れた村人たちが神の怒りを鎮め安穏を祈願したのが始まりだそうです。
戦時中には銃後を守った主婦たちが、夫や息子の武運を祈ったのが平笠女裸参りの始まりで、女性の荒業としては全国に例を見ないそうです。1月8日行われた平笠裸参りの参加者約50人中半数近くが女性でした。小学校低学年の女の子も参加していたようです。

たろし滝また、岩手県花巻市の石鳥谷町には、厳冬にできる見事な大氷柱が見られます。約6kmにわたる葛丸川渓流の水量の多い一の滝に「たろし滝」と呼ばれる滝があります。「たろし」とはこの地域の方言でつららを意味してます。古語の垂氷(たるひ)がなまったものなんだそうです。ちなみに私の地域では「氷」のことを「すが」あるいは「すがっこ」なんて言っていますけどね。たろしがつららとは私も初めて聞きました。
厳寒期になると沢水が崖の中腹で凍り、大きな氷柱になったその高さは13m、太さは最高8mにもなるんだそうです。例年2月11日に氷柱の太さを計測、その年の米の作柄が占なわれます。大豊作となった昭和58年の太さは最高記録だったそうです。さて今年はどうなるんでしょうね。
(たろし滝の太さは最高で8mの年もありました~写真は花巻市よりお借りしました)

◇二十四節気 大寒(たいかん)のメモ◇
第24番目の節気。1月20日および立春(2月4日)の前日まで。
暦便覧:冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也
寒の中日で、武道ではこのころ寒稽古が行われる。大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭もあった。
◆大寒の七十二候は次の通り。
初候 第七十候(1/20~1/24)款冬華(ふきのはな、さく)
寒さ厳しい中に(かんとう・ふき・その花茎を蕗のとうという)がそっと蕾を出す時季。
次候 第七十一候(1/25~1/29)水沢腹堅(さわみず、こおりつめる)
氷が厚くはりつめる時季。
末候 第七十二候(1/30~2/3)鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)
鶏(けい・にわとり)が春の気を感じ卵を生みはじめる時季。





参考サイト:Wikipedia、NPO PTPLぴおgooお天気豆知識花巻市ホームページ八幡平市ホームページ

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top