正月準備を整え 来るべき年を新たな気持ちで

年末の一大イベントであるクリスマスも終わって、もうすぐお正月。さらに慌ただしさが漂ってきます。皆さんはもう大掃除も済み、後はお正月の準備に気持ちが切り替わっているでしょう。

正月準備には年越しそば、お節料理などいろいろありますが、正月飾りは新年を迎えるにあたり、これも大切なものであります。
正月飾りの準備は、12月28日までに飾るのが基本です。29日は「9」が苦に通じます。特に門松はこの日に立てると「九松」が苦を待つに通じ嫌がられます。餅つきも「苦餅」「苦をつく」に通じます。当然お店で餅を買った場合も28日までに配達をすませてもらいます。
また31日は「一夜飾り」と言われ避けられます。これは一般的に葬式の祭壇が一夜飾りになるからだと言われてます。最悪30日でもいいのですが、やはり縁起物ということもあり余裕を持って28日までにすませるのが無難でしょう。

竹治郎〈たけじろう〉正月飾り注連飾り雪月風花千代

年神様である歳徳神(としとくじん)を迎える神棚。門松が歳徳神をお迎えする目印なら、恵方棚か神棚は歳徳神が鎮座する神聖な場所。神棚のある家なら神具を洗い、しめ縄やしめ飾りで古い年の不浄を断ち、歳徳神を迎えます。忘れてはならないのが灯明に使うろうそくなどの消耗品。手入れや飾り付けをするため怠りなく、新年に相応しいお正月を迎えたいものです。

しめ縄は、周囲の邪悪やけがれを断って神聖な場所を守るために張りめぐらすもので、新藁の縄に「四手」をつけて垂らします。しめ縄飾りは、しめ縄にうらじろ(長寿を表わす)、だいだい(家が代々繁栄する)、ゆずり葉(家督を譲って家系を絶やさない)、昆布(みなが喜ぶ幸福)などの縁起物を飾り付けます。他にも伊勢えび、干し柿、南天、ほんだわらなどを飾ることもあります。
しめ飾りは玄関の軒下、神棚、台所などに飾ります。輪飾りはしめ飾りを簡略化、小型化したもので、市販されておりますので、玄関、各部屋、水道の蛇口等の台所、蔵、仕事場、机、鏡台、本棚、自動車、自転車などに飾り、一年の無事を祈ります。

魂や生命の象徴とされてきた鏡は古くから魔除けとも信じられていたところから、鏡餅は歳徳神への供え物として用いられてきました。奉書紙を敷いた三方の上に、うらじろかゆずり葉を配し、その上に大小二個の丸餅をのせます。鏡餅には葉のついただいだいやみかん、伊勢えび、昆布、干し柿などの縁起物を、紅白蝶結びの水引をかけて飾るのが正式です。市販されている鏡餅を飾ると便利でしょう。
鏡餅を神棚に供える場合は、太い方を右側にしたしめ縄の下に、御神酒、白米、塩、するめ、かち栗などを備え、灯明をあげます。床の間に飾る場合は中央に鏡餅、上手に屠蘇器か香炉、下手に生け花を飾ります。壁には七福神、日の出、蓬莱、松竹梅、鶴亀など、いわゆるめでたい書画の掛軸を掛けます。床の間や神棚のない住宅では、白木の箱や塗り盆などの上に半紙を敷き、飾り棚やサイドボード、たんすなどの上に鏡餅を飾ります。

一般的に門松は家の門口に立てられます。「門」とは「庭」の意味が含まれており、地方によっては屋敷内に大きな松を立てる風習があります。松は神の依代(よりしろ)と信じられ、歳徳神が乗り移る木と崇められており「お松様」あるいは「松飾り」とも呼ばれています。
最近では大きな門松を飾るには場所が限られますので、マンションなどの玄関ドアに、松の枝を飾って門松を代用しているケースが増えてきました。

一年間お世話になったお札、護符は、新しいものに替えます。お近くの神社で新しいお札をご用意しております。地方によっても習慣が違いますが、古いお札は小正月のどんと焼などで焼却するようにします。

今年ももうすぐ暮れてしまいます。新鮮な年を迎えるためにも、今年できなかったことを残り少ない日々に託したいものですね。
なお、今回の記事は標準的な内容でまとめてあります。各地方によって慣習が異なることもあるでしょう。相違する場合は地元のしきたりに従ってください。

今年も皆さまには「華麗なる歳時記」をご覧いただきありがとうございました。来年は1月5日から再開する予定です。本年にも増して、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。
それでは良きお年をお迎えください。




写真左は真ん丸の可愛い菊の花をアレンジした花鏡餅です。菊とは思えないですね。
写真中は縁起の良い竹や南天とお花のコンパクトな門松です。玄関先などにチョコンと飾ると目を引きそうですね。写真右は「ワラ」に似た素材「ギニアグラス」を使用したしめ縄飾りです。29日のお飾りは「福」に繋がるとも言われているようです。


参考サイト:冠婚葬祭ネットお正月ナビ
写真協力:ブログ用の写真検索さん

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

かぼちゃを食べ、柚子湯に入る冬至

今年も残すところ後10日ばかりとなってしまいました。皆さんにとってはどんな1年でしたか。
12月21日は二十四節気の冬至ですね。この日は夜が一番長い日として知られていますが、中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えられていました。陰が極まり再び陽にかえる日ということで、冬至のことを「一陽来復(いちようらいふく)」といいます。この日を境に運も上昇し、悪いことが続いても回復してよい方向に向かうという意味もあるんですね。

YUZU YOU[2006-2011]【豪華ブックレット付き】(初回仕様盤)

冬至を1年のはじまりとしていた時代には、この日かぼちゃを食べ、柚子湯に入るという習慣がありました。保存できる野菜が少なかった昔は、冬至の時期の貴重な栄養源だったんですね。
かぼちゃの栄養成分は、カロチンを多く含んでいることです。カロチンは、体内でビタミンAにかわって肌や粘膜を丈夫にし、感染症などに対する抵抗力をつけてくれます。冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない、あるいは中風にならない、長生きするといわれるのはそのためなんですね。
また、小豆粥を食べると疫病にかからないという伝承があったり、南瓜(かぼちゃ)、れんこん、うどんなど「ん」の付く食べ物を食べる習慣もありました。

柚子湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも効くし、体が温まって風邪をひかないとも言われています。柚子の芳香成分でもあるクエン酸やビタミンCなどで美肌効果があったり、新陳代謝を活発にし血行を促進、鎮痛・殺菌作用により、体が温まり、風邪が治るということなんですね。他にも柚子湯はアロマテラピーなどのリラックス効果も期待できます。

ご存知のように柚子湯は冬至の「湯治」に、「融通」の効く柚子湯をかけておりますね。毎日入浴する習慣がなかった昔は、運を呼びこむ前に身体を清めて厄払いするための禊(みそぎ)だったんですね。香りを楽しむためにはたくさんの柚子を入れることです。輪切りや半分にカットすると香りもよく、成分も出やすくなりますが、果肉や種がお湯に浮いてお掃除が大変になりますから、洗濯ネットに入れるといいかもしれませんね。
この他にも香りを楽しむにはいろんな方法があります。皮を何ヶ所か削いだり、浅く切り込みを入れてから丸ごと入れてみたり、皮だけとか、液を絞って入れるなどすると香りを十分楽しめますよね。

寒い冬に入るお風呂って、柚子湯でなくとも温かくて本当に気持ちいいです。
湯船に浸かると、「リラックスした」「疲れが取れた」と感じるのは、「温熱」、「浮力」、「水圧」という3つの作用が関係しているからなんですね。
温熱効果で血流が良くなり、体内の老廃物などが押し流されます。コリや疲れが取れ、さらに内臓の働きや細胞も活性化し、自律神経がコントロールされるので免疫力の向上に繋がります。お湯の中で浮力が働くと、私たちの体重を支えている筋肉や関節への負担が軽減され、リラックス感を得られます。また、足元に滞っていた血液が水圧で押し上げられ、血液循環や心臓の働きを促進させることにより、心肺機能がアップします。
これら3つの作用が連動することで、身体の芯まで温まり、リラックスや気分転換効果が得られるのです。
このように「お風呂が気持ちイイ」のは科学的に証明されているんですね。

入浴効果を最大限に引き出すためにはお湯の量の調節です。適度な水圧は身体にいい影響を与えます。首までつかると心臓に負担がかかりますので、お風呂用椅子で水位を調整し、お湯の水面を胸より下にします。湯加減は、体温より少し高い37~40℃が、最もリラックスできる温度です。負担を軽減するために高血圧の方は特に注意してくださいね。

より快適な入浴ライフを楽しむことで寒い冬を乗り越えることができます。かぼちゃを食べ、柚子湯に浸かって風邪にも負けない健康な「大人造り」を心がけましょう(笑)。

◇二十四節気 冬至(とうじ)のメモ◇
第22番目の節気。12月21日および小寒(1月5日)の前日まで。
暦便覧:日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也
冬至には、世界各地で冬至祭が祝われる。太陽の力が最も弱まった日が無事過ぎ去ったことを祝う日。クリスマスも起源は冬至祭である。
◆冬至の七十二候は次の通り。
初候 第六十四候(12/21~12/25)乃東生(なつかれくさ、しょうず)
草木いずれも枯れている中で乃東(だいとう)のみが緑の芽を出し始める時季。
次候 第六十五候(12/26~12/30)麋角解(おおしかのつの、おつる)
大麋(たいひ・おおしか・となかい)のたぐいもその角を落とす時季。
末候 第六十六候(12/31~1/5) 雪下出麦(ゆきわたりて、むぎのびる)
一面、雪におおわれていても、その下では麦が芽を出しはじめる時季。



(写真左)柚子の精油成分には血行促進作用があり、血管の老化を防ぎ血行を良くするといわれてます。
(写真中)無農薬の柚子の皮を細かく砕いて袋に詰めた入浴剤。柚子がたっぷりと贅沢に詰まっています。
(写真右)ゆず酒小左衛門は爽やかな柚子の苦みとふわっとした甘味が新鮮。食事との相性も抜群。ヘルシーに楽しめます。



参考サイト:Wikipedia、NPO PTPL、伝次郎のカレンダー、テポーレトクトクコラム
写真協力:ブログ用の写真検索さん

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

ふんわり肌触りでおしゃれな湯たんぽライフ

二十四節気は「大雪」を迎え、各地からは雪の便りが届いてきています。12月17日は七十二侯の六十三候目にあたる「鮭魚群(さけのうお、むらがる)」。鮭が群がり、河川をさかのぼって行く時季でもあります。折しも北海道や日本海側では降雪がみられるなど、まさに大雪といった厳寒が忍び寄っています。
暖房などによる電力需要が高まると見込まれ、政府からは節電要請が求められています。そのうえ原子力規制委員会では敦賀原発の敷地内に活断層の可能性があり、今のままでは再稼働に向けた安全審査はとてもできないと判断、このままでは敦賀原発は廃炉になることも考えられます。
電力供給の道が閉ざされるとなると、夏と同様、計画停電や節電で電力を確保していかなければなりません。夏の電力消費は日中にピークを迎えますが、暖房は昼夜長時間にわたって電力消費が増える傾向にあります。

湯たんぽ 入り あったか 猫 の ぬいぐるみ 『ぽかぽかにゃんこ』

エコロジーに強力な助っ人の「湯たんぽ」。湯たんぽは古くから伝わる暖房用品です。一時やけどなどの事故で使用されておりませんでしたが、5年ほど前の原油価格の高騰で、省エネが注目され、ブレイク。引き続き愛用者が増えているようです。このエコ商品の湯たんぽを見直す必要性もあるでしょう。
湯たんぽは中国の唐の時代、湯婆(たんぽ)と呼ばれ、腰や足などを温める器として使われていました。「婆」とは「妻」の意味があります。妻の代わりに抱いて暖を取るなどと、なかなか色っぽい意味があるんですね。
湯婆のみで湯たんぽを表わしますが、日本に伝わり、使われていた室町時代に「湯」が付け加えられ「湯湯婆」となったとされています。
湯たんぽっていうとお爺ちゃん、お婆ちゃんのための暖房器具と思われがちですが、今ではポリ塩化ビニール製のおしゃれな湯たんぽが登場。若い人たちから飛ぶように売れているそうです。

湯たんぽの利点は電気代がかからないエコロジー商品であるということです。エアコンを使わないから皮膚が乾燥しないし、喉が渇きません。電気の消し忘れは勿論、自然の暖かさが朝まで残り、快適な朝を迎えられます。そのうえ残り湯は洗顔や食器洗いに有効活用でき、費用が安く済むので人数分揃えられるなど、いいこと付くめです。キャンプのテントでのご利用や、病気で入院の方でもお気軽にお使いいただけるところですね。
逆に欠点はスウィッチ1つで暖まることが出来ない点でしょうね。さらに1番の問題点は低温やけどです。心地よく感じる程度のものでも、皮膚の同じ部分が長い時間接触していると発生してしまいます。
低温やけどになる時間は湯たんぽが44℃でおよそ3~4時間、50℃でおよそ2~3分だそうです。低温やけどは皮膚の深いところまで達することがあるそうです。万が一、低温やけど(皮膚の変色や痛み)が起きた時には、すぐに専門医の診断を受けてください。

この低温やけどを防ぐためには、布団が暖まったら湯たんぽを布団から取り出して就寝すること。一定時間ごとに湯たんぽの位置を変えることだそうです。特に老人や病気の方の湯たんぽは、身体の同じ部位に触れ続けないよう周囲の方が気を使うことです。市販の湯たんぽカバーの上から厚手のタオルや布で包むことも防止の1つとなります。
以前入院していた身内が、やはりこの湯たんぽを使っていました。看護の方が取りかえるんですが、時には腰のあたりが低温やけどで赤くただれていました。本人は熱さに麻痺して平然としてましたが、見た目には痛々しさを感じました。

湯たんぽは、お湯を蓄え、その放熱を利用するもの。腹まきは、体温を外部に漏らさず、断熱の役割を果たすもの。身近にあるエネルギーを使って、この冬の電力消費を少しでも抑えたいものですね。



湯たんぽの各種です。詳しくは写真をクリックしてください。


参考サイト:Wikipediaびお湯たんぽライフ四畳半の住人
写真協力:ブログ用の写真検索さん

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top