師走!! 年内犯した小さな罪を悔悟!

明日から12月。師も忙しく走り回る師走です。師とは誰のことかというと、教師、ご存知の通り、いわゆる学校の先生ではないんですね。師走と呼ばれていた奈良時代に、学校の先生などという職業はありません。

永平寺 「104歳の禅師」・「修行の四季」 [DVD]

師とは大辞泉によると、人を教え導く人。先生。軍隊。僧・神父・牧師などを敬う語、と出ております。ここでいう師とはお寺のお坊さんのことなんですね。それではこのお坊さんがなんで12月は忙しく走り回っていたんでしょうかね。寒さに耐え切れない人々の死による葬式で忙しかったのでしょうか。
実は葬式で忙しかったわけじゃないんですね。

一説によれば、昔は各家で、その年内に犯し気づかなかった罪を悔い、年越し月の12月、その罪を消し去るため僧侶を招き仏名会(ぶつみょうえ)を行っていました。そのため12月は師が走りまわる師走(しはし)り月が師走(しわす)になったと言われていますね。平安末期の「奥義抄」には、「僧をむかへて経を読ませ、東西に馳(は)せ走るが故に、師走月といふ」とあります。
この師とは、伊勢の神宮を始め、著名な神社やお寺の新しい暦や神札を配布し、新年の参詣の勧誘をして宿泊などの世話をする御師(おんし)のことを指すとも言われているようですね。

伊勢神宮<現代に生きる神話> (講談社文芸ヴィジュアル)

「日本書紀」には「十有二月(しはす)」、「万葉集」には「十二月(しわす)」とあり、古来から12月を「しわす」と呼んでいたようです。師走とは後世の当て字なんですね。
ほかに、1年の終わりの12月は万事を為(し)終えるので「為終(しわ)の月」、年が果てるので「年果(としは)つ月」、四時(四季)の1年が極まったので「四極月(しはつづき)」、などが「しわす」になったとも言われています。他の月名に、極月(ごくづき)、親子月(おやこづき)、春待月(はるまちづき)、臘月(ろうげつ)、茶月(さげつ)、三冬月(みふゆつき)、弟月(おとづき)、限月(かぎりのつき)、などもあります。
春待月、蠟月、三冬月。なんとなくロマンが漂いますね。師走の忙しさをも忘れてうっとりしそうです。

江戸時代には12月の年越しを迎えると、手習い所の師匠は弟子や門下生に正月くらいいいものを食べてもらいたいと、金銭の工面に走り回っていたそうです。それを皮肉って町民は師走と揶揄していたそうですが、江戸っ子も洒落っ気があったんですね。





参考サイト:にっぽん文明研究所つぶやき古道
写真協力:ブログ用の写真検索さん

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

復興祈願!鮭・あわびまつり再開

去る11月24日、地元特産で今が旬の鮭とあわびの味を楽しんでもらおうと「鮭・あわびまつり」が岩手県内では漁獲量が最も多い、宮古市の田老地区で開かれ、大勢の人でにぎわっていました。

あわびまつり・鮭つかみどり(男)
毎年行われている「鮭・あわびまつり」ですが、地元の田老漁港が昨年の大震災で被災したため、今年は2年ぶりに近くの中学校の校庭で再開されました。会場には朝早く近くの仮設住宅からお見えになった来場者などで、水揚げされたばかりの新鮮なあわびの即売、串刺しにされた秋鮭の炭火焼販売に長蛇の列ができました。
今にも雪が降り出しそうな悪天候の中、熱々に煮えた鮭汁の無料サービスは、1000杯の予定がアッという間に終了、500個限定500円の復興鮭弁当も即座に売り切れでした。
今が旬の新鮮な魚介類は地元でも人気が高く、あわびはキロ8000円で飛ぶように売れていたようです。私が会場に到着した時は既に用意された300kgが完売。熱のこもった販売シーンを見ることができませんでした。

あわびまつり・鮭串焼き あわびまつり・鮭つかみどり(女)
鮭を切り身にし、竹に串刺してその場で炭火焼した串焼きを求めて長蛇の列。4台の急造囲炉裏ではさばき切れなかったようです(写真左)。大型いけすで泳ぐ鮭をつかみ取り。女の子も元気よく追い掛けておりました(写真右)。小さな男の子は肩くらいまである鮭を捕まえ、あまりの重さに係員に手伝ってもらっていました(写真上)。

あわびまつり・鮭釣り あわびまつり・復興娘
こちらでは鮭の釣り大会。発泡スチロールで作られた鮭を釣りあげる子供たちは真剣そのもの。釣りあげた子供はニンマリ(写真左)。この秋誕生したミス宮古の佐々木日和さんも駆けつけ、魚介類の販売や無料サービスに一役(写真右)。

あわびまつり・鮭汁 あわびまつり・鮭弁当
鮭の身がたっぷり入った鮭汁を1000食分無料サービス(写真左)。冷えた身体に美味しい鮭汁、朝から詰めかけた来場者で、またたく間に終了です。代わって昼からは鮭弁当の限定販売(写真右)。イクラと鮭の切り身1コのシンプル弁当ですが、復興弁当と名付けられ、たちまちにして売り切れ。30分位行列に並んでやっと手に入れました。苦労して入手した弁当は、美・味・し・い(笑)。

あわびまつり・新巻
会場内は地元漁港内で水揚げされた魚介類のオンパレードでした。
天日干しで加工された秋鮭の新巻(あらまき)。1本2300円位から3500円位まで。それでも市価より格安のお値段で売られておりました。新巻は、鮭や鱒を食塩で塩蔵したもので、荒巻ともいいますね。一般的な塩鮭よりも塩分が少ないことから比較的貯蔵性が低く、冷蔵して保存しているようです。

あわびまつり・あわび あわびまつり・イクラ
あわびは300kgの限定販売(写真左)。朝からの一斉販売で僅か30分の完売。海の高級品は引く手あまたです。刺身、ステーキ、バター焼き。最高の珍味を味わってみたかったですね。ということで写真は借りものです(アセ)。
この日のイクラは300g2000円(写真右)。イクラは鮭の魚卵で、筋子の卵巣膜を取り除いた産卵前の卵ですね。一般的には加熱加工せず、塩漬けや醤油漬けにして食べます。これもまた高級品ですね。イクラ丼が食べたくなってきました(笑)。

あわびまつり・セイダガレイ あわびまつり・ゾーリガレイ
そして店頭を賑わすセイダガレイ1500円(左)、ゾーリガレイ300円(右)にヤナギガレイ450円(下左)のカレイトリオ。あまり聞き慣れない名前ですが、セイダガレイは正式にはサメガレイ。煮ても焼いてもムニエルでもよし。カレイの中では高級品ですね。ゾーリガレイは正確にはミギガレイと呼ばれ、小型の干し魚で味わい深い味覚があるそうです。ヤナギガレイはヤナギムシガレイともいわれ、カレイの中で最も美味と評され、高級カレイの代表選手みたいなものですね。

あわびまつり・ヤナギガレイ あわびまつり・スルメイカ
当日朝釣りあげたばかりのスルメイカ(写真右)。1杯200円。よく見かけるイカですが、地方によってはマイカ、マツイカ、バライカなどとも呼ばれているようです。昔から親しまれてきた食材のひとつで、煮てよし、焼いてよし、生でよし、さらに干物にしてすこぶるよしと、庶民生活には欠かせないスルメイカですね。

あわびまつり・田老漁港 あわびまつり・観光バス
地元出身の演芸タレントのステージがつづく中、会場を後に近くの田老(たろう)漁港を見てきました。
田老という地名ご存知でしょうか。ここ田老は明治29年と昭和8年、相次ぐ津波で大被害があったのを受け、昭和33年、海面高10mの大防潮堤を完工。当時は日本最大の防潮堤であったにもかかわらず、昨年の東日本大震災で津波はこの防潮堤を軽々と乗り越え、町を一呑みにしてしまいました。市街は壊滅状態でした。やはり立派な防潮堤があるという安心感があったのでしょうか。
写真は復旧した田老魚市場で、一部営業が再開されていました(写真左)。かろうじて残った防潮堤の一部に登り、被災した町内や港内を眺望する観光客も、いまだ足が絶えないようです(写真右)。







FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:地震・災害対策
ジャンル:ライフ

古代の鉄づくりに挑戦

ここ2,3日真冬並みの寒さが続いていますね。北海道札幌では平年より21日遅い初雪があったり、東京でも木枯らし1号が吹き荒れたり、日本列島は寒さにすっぽり覆われているようです。
明後日11月22日は二十四節気の小雪です。この頃から冬将軍が押し寄せ、冬の寒さを肌に感じるようになります。人々の背は寒さで丸くなり、小走りに先を急ぐようになりますね。どなた様も風邪、召さぬようお気をつけください。


古代鉄づくり
さてさて、華麗なる歳時記ではこの寒さと関係なく、日本の古代の文化を探ってみました。
貝塚ってよく耳にしますが、貝塚って何なんでしょうね。
日本にはいたるところに貝塚跡地が見られます。代表的な貝塚には、1877年にアメリカの動物学者エドワード・S・モースさんが東京都大田区の大森貝塚を発見した頃から発掘研究熱が高まり、日本全国に広まりました。今では全国に2500程の縄文時代の貝塚が発掘されているそうです。
その4分の1近くが東京湾の東沿岸一帯に残されており、最古の貝塚は千葉県の西之城貝塚と神奈川県の夏島貝塚で、紀元前7500年頃の土器が出土しているそうです。東京には大森貝塚、茨城県には陸平貝塚などがありますが、仙台湾や大阪湾などでも発掘されているようですね。

話は前後しちゃいましたが、貝塚って簡単にいえば当時の人達が捨てた貝殻が積み重なったもので、貝殻や獣や魚の骨など食料の残滓(ざんさい)だけでなく、破損した土器や石器、骨角器などの道具類、さらには焼土や灰なども一緒に捨てられているそうです。いわゆるゴミ捨て場みたいなものだったんですね。とはいえ、当時の生活様式を探る上では貴重な遺跡なんですね。


竪穴住居 崎山貝塚入口
私の住む宮古にも貝塚がありました。「崎山貝塚」。
およそ1万年以上も前にはじまった縄文時代は約2300年前まで続いていました。そのうち崎山貝塚で暮らしていたのは縄文時代の前期のはじめから後期の前半(約6000~3500年前)にかけてで、およそ2500年間にもわたっていたそうです。
崎山貝塚からは土偶や石器、土器、縫い針、釣り針やモリなども発見され、この地域では当時から漁が盛んだったことが伺いしれます。
古代の製鉄遺跡も多数見つかっておりますが、どのようにして鉄を作っていたのか、その詳細は分っていないようです。
この日はその鉄づくりを復元してみようということで、11月18日、1日製鉄鍛冶体験講座が開かれており、早速鉄づくりを見てきました。

その鉄づくりの工程をご覧ください。
鉄づくり・泥掛け ①鉄の素材となる砂鉄は宮古湾の海岸から採ってきたもので、あらかじめ粗鋼に固めてあります。粗鋼を焼く木炭は事前に焼いた木に土をかぶせ、蒸す「伏せ焼き」によって作られたものを使用しております。砂鉄は海綿状の粗鋼である鉧(けら)をせんべい状に潰し、四角になるよう数枚積み重ねます。鉧には表面保護のため回りに泥を掛けます。
鉄づくり・炉②泥を掛けた鉧を火の炉に入れ、送風機(ふいご)で炭を起こし約30分。赤く燃え上がった粗鋼からは火花が出るようになります。




 
鉄打ち③焼き上がった粗鋼を炉から取り出し、ハンマーで打って数枚重なり合っていた粗鋼を1つにまとめます。この工程が鍛冶師にとって重労働です。




 
鉄づくり・沸かし④十分に1つになるよう粗鋼を再度炉に入れます。これを「沸かし」工程といいます。表面保護のため、時々砂を少し掛けてあげます。十分熱したら、力強く打ち、長方形にします。この工程を何度か繰り返します。


 
折返し鍛錬 ⑤熱した粗鋼をハンマーでたたいて二つ折りにし、再度炉に入れ熱したものを取り出し、再びたたいて1つに伸ばします。これを折返し鍛錬といいます。





成形 ⑥2,3回繰り返し打ち、返しても取れないよう仮付けし、希望の長さに伸ばします。写真は40cm位に伸ばした粗鋼です。手に取って見るとずしりと重みがありました。



 
製品 ⑦成形したものから希望する製品に仕上げます。上は小刀、下はモリです。







鉄づくりを見ていると昔の鍛冶屋さんを思い出しますね。学校帰りにあった小さな鍛冶屋さんで、鉄づくりに見入っていたものでした。この日の体験では鍛冶屋さんほど道具は揃ってないですけど、鉄を作る工程がよく分ります。昔の刃物作りはこうして作っていたんでしょうね。
この日体験者の服装はジャンバー姿でしたが、昔の刀鍛冶は裃(かみしも)に烏帽子(えぼし)を被り、大名など武士に献上する刀を作っていたんでしょうね。

◇二十四節気 小雪(しょうせつ)のメモ◇
第20番目の節気。11月22日および大雪(12月7日)の前日まで。
暦便覧:冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也
北の地方ではコタツやストーブで暖を取り、西日本においては夏みかんを収穫をする季節に入る頃。
◆小雪の七十二候は次の通り。
初候 第五十八候(11/22~11/26) 虹蔵不見(にじ、かくれてみえず)
陽気もおちて虹もみえなくなる時季。
次候 第五十九候(11/27~12/1)  朔風払葉( きたかぜ、このはをはらう)
朔風(さくふう、北から吹いてくる風)が木の葉を払いのける時季。
末候 第六十候(12/2~12/6)    橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)
ようやく橘(たちばな)の葉が黄葉しはじめる時季。





参考サイト:Wikipedia、NPO PTPL、日本文化いろは事典崎山貝塚

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top