お互いいたわり合いの娑婆世界

台風15号も幾多の爪跡を残しながらも過ぎ去った後には、清々しい秋空が甦ってきました。味覚の秋です。グルメの秋です。食欲の秋です。ぶどう狩り、梨狩り、栗拾いもいいんですが、もっと近場に芽を出すミョウガ。派手さはありませんが、湿っぽい裏庭にニョキニョキと頭角を現すミョウガ獲りもまた楽しいもんです。ツーンと鼻をさす香りは新鮮味があります。熱々の味噌汁に入れたミョウガの香りは最高!
         花魁 着物 太夫 遊女 簪  - 写真素材

自由気ままに自然の食材を収穫できる秋は極楽ごくらく(笑)。
まさに娑婆(しゃば)の世界です。「娑婆」とはいまや死語になっているかもしれませんね。
娑婆、それは人が生きる世界をさしており、生老病死(しょうろうびょうし)や人間関係、さまざまな欲望など、煩悩に耐えていかなければならない世界であると解釈されています。サンスクリット語(梵語)sahāの音訳で、私たちが住む国、三千大千世界の名前であり、「大地」という意味があります。
江戸時代、遊郭を金さえ出せば身分に関係なく、自由に心ゆくまで遊べるという極楽安堵の地「浄土」に例えておりました。しかし、遊郭で働く遊女からみれば「娑婆(廓の外)こそ自由の世界」だったんですね。「籠の鳥」になっている遊女には、廓の中は地獄で、外の世界である「娑婆」こそ、自由に過ごせる人間的な世界だったのでしょう。

現在遊郭や軍隊は廃止になりましたが、刑務所や長期の入院を強いられる隔離病棟、老人ホームなどに対し、外の世界を娑婆と言うことが多く見受けられるようです。
よく聞かれるのはドラマなど、刑期を終えて出所するとき「娑婆の空気はうめえ」などと述懐するセリフを聞くことがありますよね。また、合宿中の生徒や新入社員、人里離れた地で勤務する人など、日常生活を制限され、自由のきかない生活をしている人が「早く娑婆に戻りて~」などということもあります。
奥さんの尻に引かれ、鬱積した日常生活に「娑婆に帰りて~」などと決して弱音を吐かないように(笑)。

 傘ひとつ 片方は濡れる 時雨(しぐれ)かな
これは娑婆世界の歩き方を示唆した句です。ここであなたにお聞きします。下記のような状況下で傘をどのように差しますか。
天候はなかなか止みそうにない雨。駅まで行く2人の道のり、傘は一つしかありません。どうしても1人は濡れてしまいます。
1. 自分1人傘を差してすたこら行ってしまう。置いて行かれた人はずぶ濡れになります。これも片方は濡れるわけです。(手前勝手型)
2. 相手に傘を全面的に差しかけます。これだと相手は濡れませんが、自分はびしょ濡れになります。(自己犠牲型)
3. 傘を真中にして、寄り添うように差します。俗にいう相合傘です。これも傘からお互いの外側の袖がはみ出して、片方の袖は濡れます。(相思相愛型)
※これはあなたの性格を判断するものでもなく、正解を引きだす問題でもありません。

いろいろな差し方がありますよね。でも傘1本ではどう差してみたとて、片方は濡れてしまいます。2本3本あれば、濡れる問題は解決するんでしょうが、傘は1本しかないものと諦めてください。
娑婆の世界で、傘を2本にしよう、3本にしよう、満足のいくようにしようという発想は、老いをなくせ、死をなくせ、季節は3月花の頃だけにしろ、というのと同じく理不尽なことなのです。
仏教で言う諦めるとは、絶望的な放棄ではなく、死ぬまで前向きに生きる為の受容であり積極的な姿勢のことを言うそうです。努力をしなくていいと言うのではなく、努力も正しい智慧に基づかなければ方向を見失うのです。きれいさっぱり諦められれば、堪え忍ぶことが満足感に変わるのです。
傘1本だからこそいたわり合いながら歩んでいけるということもできます。これこそがいたわり合う娑婆の世界なんですね
 「晴れてよし 雨もまたよし 路地の花」とはよく言ったものです(笑)。

参考サイト:Wikipediaアンサイクロペディア天台宗公式サイト日本語俗語辞書
写真提供:(c) かとヤンストック写真 PIXTA


FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

本当の幸福は彼岸の世界にある!

台風15号が日本縦断を虎視眈々と狙っているようです。先の台風12号による傷跡がまだ癒えないうちに追い打ちをかけるようです。自然は容赦もないですね。進路にあたる地域の方は十分お気をつけください。
彼岸花.寺山式.曼珠沙華. - 写真素材

さて9月も20日となるとさすが夏の激しい暑さも影を潜め、朝晩は大分涼しくなってきました。暑さ寒さも彼岸までということばが示す通り、ようやくすごしやすいお彼岸のころとなりました。(詳しくは過去記事→2010年9月16日「迷いから悟りへお彼岸のお墓参り」を参照)
20日は秋の彼岸入りです。この日から7日間はお彼岸で、23日は中日であり、秋分の日でもあります。太陽が真東から昇り、真西に沈む日でもあり、昼と夜の長さが同じ日でもあります。そしてそして、お休みの日でもあるんですね(笑)。

このお彼岸年2回ありますけど、春には山の神様である祖先の霊を里に迎え豊作を祈り、秋には豊作に感謝し霊を里から山へ送る自然信仰として農村部で行われていたんですね。その後、仏教が伝来し浸透するとともに自然信仰と習合し、お彼岸として祖先を供養するようになりました。
明治時代には秋分の中日を秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)、春分の中日を春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)とし、宮中で祖先を祀る日となったことがきっかけで、一般市民の間にも定着していきました。1948年には「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」として国民の祝日に制定されたのです。

彼岸とは仏教用語ですが、元々梵語(ぼんご)の波羅蜜多(はらみつた)を漢訳した「到彼岸(とうひがん)」のことだそうです。煩悩に満ちた世界「此岸(しがん)」から解脱した悟りの世界、涅槃(ねはん)を指します。いわゆる死後の極楽浄土であり、亡くなった先祖たちの霊が住む世界と考えるようになりました。これが彼岸なんですね。彼岸とは仏の世界、此岸とは私たちが四苦八苦する迷いの世界なんです。

仏教思想家のひろさちやさんは次のように語っております。
彼岸は仏様の世界、そして仏様の世界でご修行しておられる私たちのご先祖さまの土地、安らぎの境地なんです。こちら岸の此岸は、私たち凡夫が住んでいる世界、煩悩の世界です。
私たちは煩悩の世界に住んでおり、毎日毎日をあくせくと暮らしていますが、たまには彼岸(仏の世界)から此岸を眺めてごらん、そうすればきっと違った世界が見えてくるよ・・・・と。つまり安らぎの世界から煩悩の世界を見ることは、仏様の目で、私たち凡夫の世界を見ることであります。そうすると、この世界のありようがまったく違って見えるのです。それがお彼岸の意味なんです(曹洞宗・特集お彼岸より一部引用)。

また、ひろさちやさんは天台ジャーナル「仏教の散歩道」で、本当の幸せを得るためには、此岸(仏教でいう娑婆の世界)を捨て、彼岸に渡れという仏教の教えを取り上げています。
激烈な日本の競争社会(つまり此岸、娑婆)に勝ち抜いてもその先に幸福があるとは限りません。負けたからといって不幸が待ち受けているとも限りません。お金持ちに執着している私たちは、お金にこの世の価値観を絶対視しています。その結果、欲望に苛(さいな)まれながら生きています。競争社会の中で真の幸福を得るためには、此岸を捨てて彼岸に渡らねばならないのです。所有しているすべてを捨てろというわけではなく、この世に対する執着心を捨てるということです。金持ちになるために、ゆったりと生きる幸せを失ってしまいます。金持ちになったところで、幸せになれるとは限りません。
この世の価値観を絶対視しないこと。それが仏教の教える「彼岸性」なんですよ。(詳しくはこちらから)

確かに今の私はゆったりと生きております。不幸ではないと思います。でも明日暮らして行く少しだけのお金はほしいな(笑)。

◇二十四節気 秋分のメモ◇は下記「続きを読む」よりご覧ください。

参考サイト:Wikipedia日本文化こよみ事典こよみのページNPO PTPL曹洞宗公式サイト天台宗公式サイト
写真提供:(c) td.lemon画像素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

敬老の日、シニアは大切に

この間、西日本高速道路では「行政境案内標識Tシャツ」「インターチェンジTシャツ」「インターチェンジ案内標識Tシャツ」の3種類を売り出したところ、好評で瞬く間に売れたそうです。ありそうでなかったデザインが人気を集めたんでしょうかね。ICの案内標識などがデザインされたTシャツを着た人を見ていると、そこから進入したくなりそう(笑)。
青梅を収穫するシニア女性 - 写真素材

さて、冗談はそのくらいにして、9月19日は敬老の日ですね(詳しくは過去記事→2008年9月15日「敬老の日おもしろ雑学」を参照)。
「子供の日」や「成人の日」があるのに、「敬老の日」がないのはおかしい、ということで1964年国民の祝日に制定されたんですね。以前は9月15日でしたが、ハッピーマンディの法改正によって9月第3月曜日が敬老の日になりました。母の日のように国外から伝わったものではなく、日本独自の記念日なんですね。

敬老といえばイコール高齢者ですが、高齢者とはいったい何歳からのことなんでしょうかね。
一般的には65歳以上の者を高齢者と定義されているようです。定年退職者あるいは老齢年金給付対象者以上の方を高齢者という説もありますが、国連世界保健機関の定義では65歳以上となっております。また65~74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者、85歳以上を末期高齢者とも言われてますね。
2010年9月19日の総務省の発表では65歳以上の推計人口は前年より46万人多い2944万人だそうです。
高齢者人口が7%以上を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と呼ばれるそうですが、わが国では2007年に21.5%となり、超高齢社会を迎えているようです。
以前は高齢者のことをシルバーと呼び、シルバーシートやシルバー人材センターなどに使われていました。今ではシニアと表現していますよね。高齢者蔑視や高齢者虐待を避けるための配慮なんでしょうね。

道路交通法では70歳以上のドライバーに対し、周囲の車に注意を促すため、今年の2月1日から「四つ葉マーク」を車の前後に張ることを努力義務付けられました。確かに高齢の運転者による死亡事故は増加しています。死者の年齢別では、65歳以上の高齢者が全体の41.5%を占めており、漫然とした運転や不適切な運転操作の原因が約3割を占めているようです。
そうは言っても交通アクセスの不便な田舎では車が必須条件なんですよね。私の親戚にも80歳を越えても今だに現役のドライバーがいるんですよ。危ないからもうそろそろ免許証を返上した方がいいんじゃない、と勧めているんですけど、ついこの間免許証の書換え更新してました。運動神経も衰えてきていることでもありますし、運転には十分気をつけてほしいもんですね。

また高齢者ともなると、年令による長寿の祝いがあります(詳しくは過去記事→2008年10月13日「長寿のおもしろ雑学」を参照)。
長寿祝いは満60歳の還暦に始まり、数えで70歳の古稀、77歳の喜寿、80歳の傘寿などでお祝いしますが、平均寿命が延びている現在、還暦を高齢者扱いにするのはかわいそうというか失礼でもありますね。まだまだ元気だという方は喜寿までは自分で感謝の会を催し、傘寿以降は周囲の人たちに長寿を祝ってもらう方がいいと思いますよ。

また、夫婦にはもちろん、家庭にとっても創立記念日にあたるのが結婚記念日です(詳しくは過去記事→2008年3月8日「結婚記念日おもしろ雑学」を参照)。
ご夫婦も長い間結婚生活を続けていると、大きな節目ともなる25年目の銀婚式や50年目の金婚式を迎えることになります。銀婚式はともかく金婚式は高齢を迎えているケースが多いと思います。お祝いの方法は子供や孫たちにまかせ、長い間ご一緒だった結婚生活を祝ってもらった方がいいかもしれませんね。
私も17年後には金婚式を迎えます。後17年、長い。それまで生きていられるかな(笑)。

参考サイト:WikipediaJ-castGarbagenewsシャディ
写真提供:(c) ファイン写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top