東北・関東大震災地獄絵巻

前代未聞の大震災発生
3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0の東北・関東大震災発生。
突然グラグラッ、ズシンズシンと腰が抑え込まれるような揺れ。蛍光灯が大きく揺れている。室内の空気が重く流れ出した。窓ガラスが不気味な音を立てる。食器棚がガタガタ音を立てて踊っている。床は上下左右に揺れ動く。激しく揺さぶるブランコかシーソーに乗っているような恐怖の時が迫ってきた。
その時、自宅でラーメンを食べていた。思わず立ち上がって背中越しにある食器棚を押さえた。膝がガクガクと震える。石油ストーブは煌々と燃えている。作動してくれ、自動消火装置。頭は真っ白。いつまで続く激震。いつもの地震より長い。まるで地震という悪魔が部屋中を走り回っているようだ。
食卓をふり返ってみたらスープがこぼれ落ち、箸が散乱している。5分くらい経っただろうか、やがて揺れが緩やかに静まる。ストーブを消し、戸を開け、外に飛び出した。
電気が止まり、水道が断水、電話も不通。安普請の家屋は激しい揺れにも耐え忍んだ。この時から外界とは断絶。被災地生活が始まった。時折り続く震度4クラスの余震は、まだ不安の残る被災者の心をもてあそぶようだ。
真っ暗闇の部屋に灯る薄暗いローソクの淡い炎の夜を明かした翌日には、電気の光が復活。暗黒の世界から抜け出し、ホッとする。と同時にそれまで情報不足で知らなかったテレビによる大津波地獄絵図が再現された。

10mの防潮堤を乗り越えて
路上に乗り上げた漁船
大地震より約1時間後、今度は大津波発生。
三陸宮古のリアス式海岸に押し寄せた津波は、入り江でその威力を増し、10mの防潮堤を乗り越えた。町の家々を押し流した津波の破壊力はすさまじい。船舶は町に乗り上げ船底をさらけ出し、車はまるで木の葉のように揺れ浮かぶ。家屋は軒並み倒壊、鉄骨のビルでさえ骨組みを残すだけ。逃げ遅れた人々はどれだけ恐ろしかっただろうか。いまも公立病院には緊急病院として他町村の支援救急車が毎日サイレンを鳴らし、負傷者を運びこむ。警察署、消防署には犠牲者の救出にあたる自衛隊の基地が特設された。他にも身内を失いながらも懸命に人命救助に当たる地元の消防分団員。大震災による犠牲者は8千人を超え、行方不明者を含めると2万人の数となることは、テレビで報道の通りである。

九死に一生を得た知人
家屋の前もガレキの山
職場で津波に遭遇した知人はヘリに救出され、3日振りに帰宅。逃げ遅れ会社のビルの屋上で1晩。翌日ヘリに発見され、同僚数人と近くの神社に運ばれた。寒い一夜を明かした翌日、比較的被害の少なかった山道を車で駆け巡りながら帰宅できた。生きた心地がしなかったろう。運良く高台に逃げのび助かった人々も家々を流され、今は不便な避難所暮らし。燃料がない、食料がない、生活用品がない。風呂の問題、トイレの問題、感染の問題等々山積みだ。広い部屋で毛布1枚。そのうえ積雪4~5cm。真冬並みの寒さもあった。環境の変化とともに、あまりの寒さに夜は眠れなかったことだろう。
被災後3日目には電気と水道が復旧し、暖は取れるようになった。トイレは正常に水が流れる。風呂も入ろうと思えば入れる。しかし灯油がない。灯油を入手できるまで節油しなければならない。1日おき、2日おきの入浴を余儀なくされる。復旧の遅れているのが固定電話。今だに受発信ができない。携帯電話も圏外。auもドコモも通話出来てるのに、ソフトバンクだけが12日間も通じなかった。各地の友人知人と連絡できないどころか、近所の親戚にも連絡を取ることができず、急用の場合は直接訪問するしかない。避難所の避難者名簿や伝言板などは直接避難所まで行かなければ確認できない。郵送物も被災地からの発送はできるが、被災地への配達は受付拒否されるそうだ。不便だ。

店頭には何処も長蛇の列
5日目にして設置されたNTTの衛星電話による無料電話を利用して見た。しかし、これも通じない。相手の電話の着信拒否を解除してもらわないと繋がらないそうだ。どういうことだ。無事を知らせようとダイヤルしているのに、着信拒否を解除してくれと、どういう手段で相手に伝えればいいのだ。
避難所には各地から食料や毛布、薬などの避難物資が届くようになったが、被災を免れた個別の家では各自で必要な生活物資を調達しなければならない。震災直後から仕入れを断たれたスーパー、コンビニなどには長蛇の列。食料品を求めてどこも長い行列が続く。やっと入った店内のショーケースには冷凍やレトルトの食品など何もない。乳製品、魚介類、肉類もない。あるのは近所の農家で栽培された野菜のみ。即席麺などは1人何個までの制限付きだ。それでも買い出しの波は後を絶たない。仕入れがうまくいかない店舗は開店休業状態。

トイレ使えます!その間、車番します
看板
行列ができる店といえばガソリンスタンドもそうだ。「本日500台に限り、ガソリン、軽油、3,000円まで給油中」。燃料に困っているドライバーなら飛びつく。2km、3kmの車の行列は当たり前。朝5時過ぎから並んで給油できるのはガソリンスタンドが開店する8時過ぎ。7時半頃最後尾につけた自分が給油できたのは午前11時過ぎ。列に割り込んだり、怒声を張り上げるドライバーもいない。皆マナーを守って自分の順番を黙々と待っている。
しかし待ち時間3時間半はきつい。暇を持て余す車内は暖房されているとはいえ、長時間の間には尿意をもよおしてくる。思ったところにトイレがあるわけではない。あったとしても同乗者がいないと車を離れるわけにはいかない。皆どうしているのだろう。いざという時はビニール袋に車内で処理しようかと、笑えない話。
そんな時目についたのがパチンコ店の看板。「トイレ使えます!その間、車番します」。思わず走り込みたくなった。そうかといえば、美容院のウィンドウにはこんな張り紙も。「被災者、避難所の方、洗髪無料でいたします」。さすが、この商魂の逞しさ。

町はガレキの山 急がれる復旧
ガレキの山
行方不明者はまだ発見されていない中で、犠牲者の救助もすすみ、復旧のための作業が急がれてきた4日目、5日目。まだまだ壊滅状態となった被災地には入れないが、ガレキの山となった町の中心部では、被害のあった自宅の後片付けが始まった。貴重品や再利用できるものは復旧した水道水で洗い流し、そして濡れた畳などは天日干し。道路は至るところ泥だらけ。スニーカーなどは滑りやすく、長靴は必需品だ。半壊した家々の周りには、伝染病の防止のためか、消石灰の白い粉が撒かれている。放置された車両の撤去や半壊した家屋の取り壊しなどによるガレキの屑は、ゴミ処理場に集積される。

支援物資も避難所まで届かない
ガソリンスタンド
苦しい被災生活とはいえ、徐々に皆さんの好意と、行政面での支援物資が行き渡るようになってきた。被災地までは届くが、避難所へ物資を輸送する手立てがない。ガソリンがない。道が通れない。車両がない。人出がない。避難所優先のためか、流失を免れた個別の家庭までは行き渡らない。ネットが繋がらない、携帯電話も使えない、行列ができる食料品店、そして品不足、買占め、燃料不足、通信不良。避難民と同じように不便な生活を虐げられている。

暖かい支援、メッセージを心強く
今日で震災後13日。未曾有の大震災は被災地の暮らしをついばむ。個々の力ではどうにもできない自然災害。被害を免れた方々からの暖かい支援、メッセージを被災地の避難民は心強く感じている。そして生きて行くために明日への希望を強く抱き、犠牲になられた多くの方々のためにも、この町の復興を誓っている。大震災がもとで発生した原発事故、それに伴って行われた計画停電など、皆さまも間接的な被害を被っていることと思う。にもかかわらずボランティアの申し出、避難民の受け入れなどの協力体制は日本人の情の深さを感じる。

今回「華麗なる歳時記」はテーマを変更し、大震災の被災地となった自らの災害状況を探索してみました。やっと本日23日になって電話も復旧し、ネットもつながってブログを更新することができました。皆さまからご心配のコメントを沢山いただきながら、今日まで拝見することができなかったことをお詫び申し上げます。
我が町そして被災地の1日も早い復興を願うとともに、皆さまの暖かい協力に感謝する次第であります。


FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

もうすぐです 桜の饗宴

期待する春は今足踏み状態ですね。それでも三寒四温を繰り返しながら一歩一歩近づいています。後10日もすると早いところでは桜の花の饗宴が見られるでしょう。寒い冬に閉ざされた分、春の花日和が楽しみです。
待ちかねた桜の季節は意地悪でもあり、雨が降ったり風が吹いたり。絶好のお花日和は毎年2,3日しかありません。ポカポカ陽気の中で待望の桜花爛漫と洒落こみたいところですね。
今日はちょっと趣向を変えて、ひと足早く桜の楽しみ方を見てみましょう。最新のさくら開花予想をこちらからご覧いただき、早めのご計画をお立てになってみてください。さ~、今年のあなたはどんなお花見をされますか。

写真素材 PIXTA水辺の桜が見たい派
水面を流れる花筏。水辺ならではの風情です。船から見る花の浮き橋、桜影も粋なものです。水辺の桜めぐりはこちらから。
(c) okkie写真素材 PIXTA



お城や神社仏閣写真素材 PIXTA
の桜が見たい派
桜と天守閣、桜とお寺や神社。コントラストの美しさは情緒たっぷり。沢山の見どころがあります。名所百選桜巡りはこちらから。
(c) ヒロ難波写真素材 PIXTA

写真素材 PIXTA公園で桜が見たい派
食べて、遊んで桜を満喫。花むしろにお花見弁当を広げて家族でのんびり過ごしたいものです。お花見おつまみレシピはこちらから。
(c) enterFrame写真素材 PIXTA

温泉で桜が見たい派写真素材 PIXTA
温泉に浸かって桜も楽しみたい。そんな欲張りな楽しみ方もあります。花見名所ツアーはこちらから。
(c) Shimizu00写真素材 PIXTA



写真素材 PIXTA夜桜を風流に見たい派
ライトアップされた夜桜。暗闇に浮かぶ花あかり。幽玄の世界に浸る夜桜は見る人を魅了します。
夜桜ライトアップ情報はこちらから。
(c) koutax写真素材 PIXTA

桜を肴に賑やか派写真素材 PIXTA
お祭り気分で賑やかに。会社の宴会やバーベキューで楽しい雰囲気。ちょっと零れ桜の花見酒を。デパ地下お花見グルメはこちらから。
(c) teresa写真素材 PIXTA


写真素材 PIXTA枝垂れ桜が見たい派
日本各地に点在する名木の数々。有名な「日本三大桜」。枝垂れ桜も見どころです。映像で訪ねる桜の名所巡りはこちらから。(映像はInternet Explorer 6.0以降でご覧いただけます)(c) スカイウォーター写真素材 PIXTA

穴場スポット桜と鯉のぼり
で寛ぎたい派
地元の人しか知らない穴場スポットや、人出の少ない時間帯。ゆっくりお楽しみください。



桜を見ながら日本の風情を楽しむ。お天気も 気温も最適 花日和(笑)。
お花日和は晴れて風もなく15度以上あることが一番です。とはいえ、この時期花冷えもありますから、羽織るものを別に用意したいものです。大騒ぎはご法度。泥酔は避け、ゴミは持ち帰るマナーも忘れずに。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:All About、gooお天気豆知識

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

大地も暖まる啓蟄

桃の節句も終わった翌日、真冬並みの寒さの中、片道2時間のドライブ。標高約700mの峠にある道の駅は日中にも関わらず気温-5度。肌をさす冷たい風に保護されるように、広い駐車場の両脇には除雪された残雪が5mを越す高さに積まれていました。この周囲を見渡す限りでは、まだまだ春は遠い先のことですね。
   写真素材 PIXTA

ふきのとうが芽吹き 紋白蝶も舞う啓蟄
しかし、暦の上では3月6日は啓蟄(けいちつ)です。啓蟄は二十四節気の第3節気で、この日から、次の節気の春分(3月21日)前日までのことをいいます。大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃で、暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されています。
啓は「ひらく」、蟄は「土中で冬ごもり(冬眠)している虫」のことで、 文字通り冬ごもりしていた虫が春を感じ、草木が芽吹くと同時に地上へ這い出てきます。昔の農家なら「さぁ働くぞ」と意気込み始める頃だったかもしれませんね。現代のビジネスマンがそんなことを言ったら「お前今まで何をしてたんだ」と戒められるかもしれません(笑)。
この時期、関東では紋白蝶(モンシロチョウ)が見られ、北国では毒草である福寿草(フクジュソウ)が咲き、ふきのとう(フキ)も咲きだします。芽を出したばかりの福寿草はふきのとうと間違えて食べる方もいるようですが、毒性が強いので間違っても食べないようにしましょう。

桃も咲き始める時季です
七十二候の初候(第7候)は6日から10日までで、蟹虫啓戸(すごもりむし、とをひらく)といいます。土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開き広げて出てくる時季です。次候(第8候)は11日より15日。桃始笑(もも、はじめてさく)といい、ようやく春らしくなって桃の花が咲きはじめる時季。末候(第9候)は16日から20日。菜虫化虫(なむし、ちょうとなる)といわれ、成長した菜虫(青虫)が羽化し紋白蝶になる時季でもあります。

冬ごもりから目覚めます
実際に、動物が冬ごもりから目覚めるのは、一般的に最低気温が5度以下、平均気温で10度を下回らない頃と言われています。各地の最低気温が5度以上になる時期は、福岡で3月上旬、ちょうど今頃の時季ですね。
大阪は3月中旬、東京は3月下旬です。金沢や仙台では4月以降、暦とはおよそ1ヶ月のずれがあるようです。北海道は、5月に入ってからのようですから、九州に比べると、2ヶ月も遅れます。
地面に霜が降りたり凍ったりすることもなくなると、春の暖かさが土の中まで届いて、動物や昆虫達も冬の眠りから覚めてくるのでしょうね。

紋白蝶が花畑を舞い始めます
3月も半ば過ぎになると、紋白蝶が姿を見せ始めます。(サナギ)の状態で冬眠をしていた紋白蝶は、暖かくなると蝶々に変わり、花畑を舞い始めます。蝶々での寿命は2週間程度、卵からだと50日程です。秋までに4~5回の世代交代を繰り返します。冬になる前に再び産卵し、青虫(アオムシ)からサナギになって越冬します。
お花畑を優雅に舞う紋白蝶もこんな短い生涯を送っているんですね。

松の菰焼きは春の風物詩です
春が近づくこの時季、庭園などで行われる「菰(こも)焼き」をご覧になったことがあるでしょうか。菰に巻かれた松の木などは寒さ対策のように見えますが、これは害虫駆除の一環なんですね。冬眠する虫たちを暖かい菰に誘い込み、活動しはじめる啓蟄の前に、冬眠していた虫たちを菰ごと焼いてしまうんですね。
菰を巻く「菰巻き」は初冬の風物詩、菰を焼く「菰焼き」は春を告げる風物詩となっております。日本の三大名園の1つ、岡山・後楽園では最近、薬で駆除しているようですが、毎年この時期になると菰焼きが行われます。今年も恒例行事として2月23日に行われたようです。

菰焼きや芝焼きは春の風物詩です。北国にはまだまだ春の兆しは見えませんが、西日本には一歩一歩春が近づいているんですね。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、日本文化いろは事典、こよみ博物館、NPO PTPL、暮らしのミニ知識、Infoseek天気きょうの豆知識、gooお天気豆知識
写真提供:(c) テラ写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top