3月1日から春季全国火災予防運動実施

例年になく寒かった2月も終わり、明日からは3月弥生です。いい響きですね。草木がますます生い茂る時季です。ルンルン気分になりませんか(笑)。女の子のいる家では桃の節句(過去記事 3月3日は無病息災を願った桃の節句参照)、雛祭りですね。灯りをつけましょ 雪洞に♪‥‥。今はひな段飾りもあまり見かけなくなりましたが、気をつけてくださいよ。雪洞から間違って火災発生なんてことにならないよう。
    写真素材 PIXTA

「消したかな」 あなたを守る 合言葉
3月1日~7日までの7日間は、春季全国火災予防運動が実施されます。火災が発生しやすい時季を迎えますが、火災の発生を防止するためには、一人一人が住宅防火の意識をもち、防火対策を行うことが大切ですよね。これは火災予防運動の1週間に限らず、常にその意識を持つことも必要です。
住宅防火 命を守る 7つのポイント                 
3つの習慣
①寝たばこは、絶対にやめる。
②ストーブは、 燃えやすいものから離れた位置で使用する。
③ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策
①逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災報知機を設置する。
②寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
③火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
④お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

火災予防運動が実施される1週間は、各地でイベントが行われますよ。東京品川では3月4日消防演習が、3月6日にはファイヤーフェスティバル2011が行われるそうです。お近くの方、ご家族連れでご覧なってみてはいかがですか。他にも音楽隊の演奏、有名人の1日消防署長などが開かれるかもしれません。その他の行事予定は各市区町村消防本部のホームページをご覧ください。

消防署の管理運営は各市町村長
火災、地震、風水害など各種災害による死傷者の発生を最小限にとどめてくれるのは消防庁ですが、消防本部、消防署及び消防団を設置管理運営するのは各市町村長です。消防庁、都道府県はこれに必要な助言、指導、支援等を行うものだそうです。立場がはっきりしてるんですね。各市町村長は国民の生命、身体及び財産を火災から保護し、水火災又は地震等の災害を防除、及び被害を軽減しなければならないという使命があるそうなんですね。

町火消し「いろは四八組」が消防団の前身
その中の消防団。皆さんの街にもあると思いますが、消防団の歴史は古く、江戸時代、火消組であった店火消(たなびけし)を編成替えし、町火消「いろは四八組」を設置したのが今日の消防団の前身なんだそうです。
その後、さまざまな変遷を経て昭和26年消防組織の強化、拡充を図るため、消防組織法改正に伴い、消防機関の設置が義務付けられたのです。
これによって消防職員や消防団員は、複雑多様化する災害や救急、火災予防に対応するため教育訓練が行われるようになりました。昨今では男性の団員数が減るなか、女性の消防団員が増えているそうです。住宅用火災警報器の普及促進、一人暮らしの高齢者宅の防火訪問、住民に対する防災教育、応急手当の普及指導など、女性の持つソフトな面をいかして、その活躍が期待されているようですね。

最近の女性の職場進出は目覚ましいですね。昔は自衛隊、警察官は男の職場だと思っていましたけど。「戦後靴下と女は強くなった」という言葉を裏付けているようです(笑)。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:総務省消防庁、消防庁ホームページ
写真提供:(c) ツナ写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

繊細な感情を表現した美しい日本語

昨今、和製英語ギャル語などよくわからない言葉が横行し、日本語が乱れ飛んでいますね。我が国の首相が漢字を間違えて読みあげたり、美しい日本語がどんどん廃れてきています。日本の弱体化はこんなところに波及しているのかもしれません。
虫の音がうるさいと感じる外国人に対し、虫の音をもっと聞きたいと願う日本人の心情には大きな違いがあります。蛙が水に飛び込む音を聞いて一句詠みあげるとか、日本人は繊細な感情を持っています。
心から湧き出る美しい日本語。聞き手に与える美しい響き。日本語が示す美しい情景。日本語の美しい、情緒にあふれた言葉を復活させないことには、我々大和民族が滅亡するかもしれません。
美しい日本語を大切にしたいものですね。 
写真素材 PIXTA

状態を表す美しい日本語
しじま:静まりかえって、物音一つしないこと。静寂。
埴破(はんなり):上品で明るくはなやかなさま。雅楽。高麗楽(こまがく)。四人舞で、埴(はに)の玉を懐中に持ち、取り出して舞う。
(よすが):身や心のよりどころとすること。頼りとすること。また、身寄り。血縁者。
(えにし):えん。ゆかり。多く男女間についていう。
玉響(たまゆら):少しの間。ほんのしばらく。
面映い(おもはゆい):きまりが悪い、恥ずかしい、照れくさい。
木漏れ日(こもれび):木の葉の間からもれてさす日の光。
猶予う(たゆたう):ゆらゆら動いて定まらない。漂う。心を決めかねる。
一縷(いちる):1本の糸。また、そのように細いもの。「一縷の望みを残す」
黄昏(たそがれ):古くは「誰(た)そ彼(かれ)といい、人の見分けがつきにくい時分。 夕方の薄暗い時。

季節を表す美しい日本語
青時雨(あおしぐれ):降ったりやんだりする雨。時雨は冬の季語だが、青葉の「青」を付して初夏の表情をだした言葉。他にも花時雨、露時雨、蝉時雨などがある。
春霞(はるがすみ):冬から春になると、霞が立って遠くの景色が見えにくくなること。
花筏(はないかだ):水面に散った桜の花が連なって流れているのを筏に見立てた語。
氷雨(ひさめ):夏の季語は雹(ひょう)や霰(あられ)のこと。冬の季語は冷たい雨。また、みぞれ。
風光る(かぜひかる):春の日の光が照る中を、そよ風が吹き渡る。
風花(かざはな):晴天に、花びらが舞うようにちらつく雪のこと。
扇の風(おうぎのかぜ):扇で、あおぎ起こす風。
花冷え(はなびえ):桜が咲くころの、一時的な冷え込み。
小春日和(こはるびより):初冬の小春らしい穏やかで暖かい日和。小春は、陰暦10月の別称。太陽暦ではほぼ11月から12月上旬。

1字で現わす美しい日本語
(あかつき):太陽の昇る前のほの暗いころ。古くは、夜半から夜の明けるころまでの時刻の推移を「あかつき」「東雲(しののめ)夜が明けようとして東の空が明るくなってきたころ」「あけぼの」と区分した。
(あけぼの):ほのぼのと夜が明けはじめるころ。
(ほとり):水田と水田との間に土を盛り上げてつくった小さな堤。
(いにしえ):過ぎ去った古い時代。過ぎ去った月日。昔。過去。
(あかし):ある事柄が確かであるよりどころを明らかにすること。証明。証拠。

思いつくままに羅列してみましたが、どうぞ話の合間に、あるいは記事の合間に美しい日本語をご使用してみてください。きっと奥深い文章が出来上がると思いますよ(笑)。
他にもまだまだ美しい日本語はたくさんあります。思いつきましたらどうぞコメント欄でも、メールでもお寄せください。機会がありましたら第2弾も考えてみたいと思います。
じゃね、バハハイ。おっと乱れた日本語でした(笑)。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:YOMIURI ONLINE大手小町、ブログ美しい日本語、Yahoo!JAPAN辞書
写真提供:(c) Taka写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

野も山も春爛漫は雨水から

ホーホケキョの鳴き声も皆さんの地域ではそろそろ耳にする頃じゃないですか。梅の開花とともに自然の移ろいを肌に感じる頃ですね。この辺りは野鳥がさえずり、野草も咲きほころぶ一帯ですが、今年は残雪に遮られ、まだその姿をみせておりません。聞こえてくる鳴き声はカア、カアという力強いブラックバード軍団だけです(笑)。
写真素材 PIXTA

もうすぐ春爛漫です
2月19日は二十四節気の第2節気、雨水です。この日から次の啓蟄(3月6日)前日までの期間を雨水と言いますね。この時季雪が雨に変わって雪解けが始まり、寒さも峠を越えます。忍び寄る春の気配に草木も蘇り、木々の蕾もふくらみを増してくるでしょう。気温はさらに上昇し、水も温んできます。暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されており、この時節桃の節句も近付き、雛人形を飾り、桃の花を供えると、家の中に春らしさが広がってきます。戸外ではウグイスが鳴き始め、ヒバリがさえずりだします。観梅も盛んになり、行楽に人が出始めるでしょう。

残雪から芽吹く山野草
七十二候の初候(第4候)は2月19日から23日までで、土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)といいます。雨が降って土が湿り気を含むようになるでしょう。次候(第5候)は24~28日で、霞始靆(かすみ はじめて たなびく)といい、霞がたなびき始める時季だそうです。末候(第6候)は3月1日~5日で、草木萠動(そうもく めばえ いずる)といい、草木が芽吹き始めるころです。
これからは日毎、春の兆しが見られるようになりますが、北日本などではまだまだ雪が残るでしょう。春を肌で感じられるのはもう少しあとになるかもしれませんね。まさに雨水は、雪の季節から雨の季節へと変わる境目なのかもしれません。

春を告げるウグイス
春を代表する鳥はウグイスですね。ホーホケキョの鳴き声を知らない人はいない位、親しまれています。ウグイスを「春告鳥(はるつげどり)」と呼ぶことからも、この鳥が初めて鳴く初音(はつね)は昔から日本人に春が来たことを教えてくれる役目を担ってきたようです。
鳴き声では親しまれているにもかかわらず、その姿を見たという方は少ないんではないでしょうか。それもそのはず、ウグイスはいつもヤブの中に隠れていて姿を見せないことが多いからなんですね。
ウグイスを見たという方も、大きさも体色もウグイスに似ているメジロと誤認することが多いようです。メジロは花の蜜を好み、梅や椿の花の咲くころ姿を見せるので、ウグイスが来たと思うのでしょう。梅にはウグイスよりもメジロが止まってるケースが多いようです。

ホーホケキョは早春の鳴き声
実際のウグイスは羽色が緑よりも茶に近いくすんだ色ですよね。人里でホーホケキョと鳴く練習をしたウグイスは、春の深まりとともに山へ帰り、巣づくりをするのだそうです。ですからホーホケキョと鳴くのは早春に聞かれるケースが多いようです。ホーホケキョのホーは吸う息、ホケキョは吐く息で、胸をいっぱいふくらませてさえずるんですね。
暖かくなる南の地方から鳴き声を聞くことができますが、八丈島辺りでは例年1月下旬に鳴き始めるそうです。
沖縄や九州の広い範囲、また四国や紀伊半島の南部では2月頃、3月になると西日本や東日本、東北地方南部でもほとんどで聞かれるようになります。北海道の日本海側や東北地方の北部では4~5月頃なって春の知らせが届くでしょう。

春の訪れとともに咲きほこる梅、人里にはウグイスが鳴き始めます。しばしの間あの美しいウグイスの鳴き声に耳を傾けてみましょう。邪魔なウグイス嬢の声も聞かれないこの時季、ウグイスのさえずりにどっぷりと浸かってください(笑)。


色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、日本文化いろは事典、こよみ博物館、NPO PTPL、Infoseek天気きょうの豆知識、サントリー日本の鳥百科
写真提供:(c) 岬太一写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top