日向ぼっこがよく似合う小雪

11月23日は新嘗祭でした。天皇陛下が五穀の豊穣を神々に感謝されます。伊勢神宮においても天皇陛下からのお供えを奉るなど厳粛な式典が行われたようです。
ところで11月22日、新嘗祭の前日は二十四節気の小雪でした。どうりで最近寒さが一段と厳しくなってたんですね(笑)。初雪の便りが各地から届けられるようになりました。日本列島はこの時季、雪と紅葉が楽しめる季節ですね。
写真素材 PIXTA

吐く息が白くなってきました
11月22日は二十四節気の1つ、小雪(しょうせつ)です。または、この日から大雪(12月7日)の前日までをいいます。暦便覧では、「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明しています。
冬とは言え高い山を除いては、まだ雪はさほど多くありませんが、朝、息が白くなってきます。季節的には冬将軍がやってくると言われる時期ですから、北国ではコタツを出したり、石油ストーブを準備する家が増える頃でしょう。ところが今年は異常気象なのでしょうか。この時期北海道でさえぽかぽか陽気だったり、東北で積雪していたり、各地でこの季節が入り乱れているようです。
西日本では夏みかんを収穫する季節に入ります。

初候(第五十八候)11/22~11/26 虹蔵不見(にじ、かくれてみえず)
陽気もおちて虹もみえなくなる時季。
次候(第五十九候)11/27~12/2  朔風払葉(きたかぜ、このはをはらう)
朔風(さくふう、北から吹いてくる風)が木の葉を払いのける時季。
末候(第六十候)12/3~12/6    橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)
ようやく橘(たちばな)の葉が黄葉しはじめる時季。

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。小雪は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)」をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

冷気で空気が窓を曇らせる結露
寒くなってきたこの頃の朝、窓ガラスが水滴でビジョビジョになっていることがありませんか。思わず「わ~、寒い」って叫んじゃいます。
室内の暖かい空気が外気に冷やされ、水滴になってガラスに付着する結露。結露には「表面結露」と「内部結露」の2種類があり、表面結露は窓ガラスや壁などの表面に水滴が付着する、いわゆる見える結露です。放置しておくとシミやダニ、カビなどの発生の原因となり、健康に悪い影響を及ぼします。内部結露とは壁の中に発生するいわば見えない結露です。気づかないうちに建物の構造材を腐らせることがあり、注意が必要です。
昔、古い団地に住んでいた頃、押し入れの中が結露でびっしょりになったことがありました。中の布団が濡れ、壁の周りにはカビが生え、下敷きの板がめくり返っていたことがあります。結露の大被害を受けてしまいました。それからは壁の周囲や底にすのこを置いたり、襖を半開きにして空気の流れを良くするなど防衛していましたけどね。換気扇を常に回しておくことでも結露を防ぐことができるそうですよ。とはいえ、室内の暖まった空気を外に放出するわけですから、室温が下がることはご承知ください(笑)。

日向(ひなた)ぼっこは郷愁をそそる風情
11月も後半になり、日に日に寒さが増して来ていますね。全国的に強い北よりの風が吹き、北国を中心に雪が降る冬型の気圧配置。冬型が緩んで高気圧に覆われると、小春日和の穏やかな天気になります。縁側では冬の陽だまりを暖かく感じる時です。
この時季、昔は綿入れはんてんを着たお婆ちゃんが、座布団の上で縫物をしながら日向ぼっこをしている姿を見かけたものですが、どうでしょう、郷愁をそそる風情も今はあまり見かけなくなりましたね。
冬の日光を浴びて日向ぼっこをしている姿には、日差しの暖かさと有難みを感じます。冬の季語になっている日向ぼっこは、日本の季節的な感覚をよく表現した言葉ですよね。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、日本文化いろは事典、こよみ博物館、NPO PTPL、こよみのページ、Infoseek天気きょうの豆知識
写真提供:(c) ShinChan写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

師走を前に気忙しい11月

11月15日は七五三ですけど、前の日の日曜日は晴れ着に着飾った可愛いお子さんが目につきましたね。着慣れない着物に身を包んだ子、逆にむずっている子など様々でしたが、お父さんお母さんもお疲れさまでした。無事成長したことを感謝し、将来の幸福と長寿を祈って氏神様にお参りする七五三。神社も多忙だったでしょうが、美容院、衣裳店も大忙しだったでしょうね。

さて11月になるといろんな行事が重なると同時に、師走を控えて気持ちだけでも忙しくなりますね。七五三もそうですが、東日本では7日と19日の酉の市、23日の新嘗祭、そして早い地方では11月末頃からお歳暮が始まるようです。
写真素材 PIXTA

11月19日は二の酉です
その酉の市(詳しくは2008.10.30お酉さんおもしろ雑学参照)、今年は7日に一の酉が各地で行われました。休日ともあって1年の無事に感謝し、来る年の幸を願って東京浅草の鷲神社(おおとり)には大勢の方が商売繁盛の熊手を求めて訪れていたようです。二の酉の開かれる19日はさらに人出が予想されます。
東京では浅草の鷲神社をはじめ新宿の花園神社が有名ですが、西日本ではえびす講十日えびすが主流のようですね。
三の酉がある年は火事が多いと言われますが、今年は三の酉がありません。言い伝えのように火事が少なければいいんですが(笑)。9~15日は火災予防運動が行われていましたが、この間だけではなく火災予防は必要ですよね。

新嘗祭は現在の勤労感謝の日です
新嘗祭(にいなめさい 詳しくは2009.11.21の記事参照)。あまり聞きなれない行事ですが、これは古くから天皇がその年に収穫された新穀や新酒を天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめとする天地の神に供え農作物の恵みに感謝し、自らも食す儀式でした。明治以降、新嘗祭は11月23日に定められ国民の祝日となり、そして昭和23年より勤労感謝の日と名を変えました。一年を通して行なわれた労働を喜ぶ新嘗祭を勤労感謝の日としたことは、全く合理的ですよね。昔はその年の新米は新嘗祭で神様にお供えし、その後で皆で頂くのが習慣でした。しかし今は新米が穫れるとすぐに食べてしまいます。昔は礼儀正しく、奥ゆかしかったんですね。
特に皆さんは改まって何をするというわけではありません。むしろその年の勤労に感謝し、この日1日ゆっくり身体を労わってください(笑)。

11月22日はいい夫婦の日です
ところで11月22日は「いい夫婦の日」です。夫婦でお互いを見つめ合い、絆をさらに深める日です。皆さんは見つめ合ってますか、絆を深めてますか(笑)。お互いに見つめ合うパートナーがおられない方は‥‥。見つめ会える方をお探し下さい(笑)。
その昔、ヨーロッパでは男性が結婚を申し込む時、感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠の花ことばを持つ12本の薔薇を愛の言葉とともに愛する女性に贈ったそうです。女性は愛を受け入れた証として、その中の1輪を男性の胸に挿して応えました。これが「ダズンローズ」というロマンチックな風習だったようです。日本では、ダズンローズにちなんで11月22日を「いい夫婦の日」に制定したんですね。
この日は理想の有名人夫婦を選ぶ「パートナー・オブ・ザ・イヤー」や「いい夫婦・川柳コンテスト」などが開かれ、いい夫婦の日を盛り上げてくれます。

ちなみに昨年の理想の有名人夫婦は鈴木おさむ、大島美幸ご夫妻だったようです。いかがでしょう、皆さんは仲のいいご夫婦してますか。私はちょっと‥‥う~ん、頑張ります(笑)。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、暮らしのミニ知識、こよみのページ、常識ぽてち、いい夫婦をすすめる会
写真提供:(c) BOSE写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

冬枯れの景色が目立つ立冬

標高のある山は軒並み冠雪が見られるようになりました。北海道や北国の短い秋は、紅葉を置き土産に足早に過ぎ去って行きました。感傷に浸る暇もなく、やってくるのは招かれざる冷たく寒い北の風。
そうです、暦の上では今日から冬なんです。なんか気が重い季節がやってきますね。
写真素材 PIXTA

立冬は冬の始まりです
11月7日は二十四節気の1つ、立冬(りっとう)です。または、この日から小雪(しょうせつ・11月22日)前日までの期間をいいます。初めて冬の気配が現われてくる日として暦便覧では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明しています。
秋分と冬至の中間に当たり、この日から立春の前日までが冬となります。太陽の光が弱まり、昼が短くなったことを感じるようになります。冬枯れの景色が目立つようになり、時雨が降って、しみじみとした気分になるでしょう。北国や標高の高い山々からはすでに初雪や初冠雪の便りが届きはじめていますが、西日本などでは、まだ暖かくなる日もあって、冬を実感するのはもう少し先になるかもしれませんね。

立冬の期間の七十二候は次の通りです。
初候(第五十五候)11/7~11/11 山茶始開(つばきはじめてひらく)
山茶(つばき・さざんかのこと)の花が咲き始める時季。
次候(第五十六候)11/12~11/16 地始凍(ち、はじめてこおる)
陽気もなくなり、大地も凍りはじめる時季。
末候(第五十七候)11/17~11/21 金盞香(きんせんか、さく)
冬の気配さらに強くなり、金盞(きんせん・水仙)の花も咲き出す時季。

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。立冬は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)」をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

冬が深くなる前の小春日和
小春日和には春という字がつくので4月頃かと思ってしまいますが、小春とは旧暦の10月の別称で、現在でいう11月頃の気候なんですね。寒さが増した頃の春を思わせるような暖かい陽気のときに使います。冬が深くなる前のひとときで、何か心も安らぎますね。アメリカではインディアンサマーというそうです。日本は春の陽気を意味しますが、アメリカでは夏の陽気をあらわすそうです。アメリカの夏は日本のように湿度が高くなく、さらりと陽気な暑さだからなんでしょうね。

ボジョレー・ヌーボー 11月18日解禁
11月になるとボジョレー・ヌーボーが解禁になりますね。時差の関係で日本ではいち早く店頭に並びます。ワイン好きの方には待ち遠しいですね。毎年11月第3木曜日。今年は11月18日です。
ボジョレー・ヌーボーはフランスのボジョレー地方で生産される「ボジョレー・ヴィラージュ」という赤ワインのヌーボー(試飲新酒)です。したがって、ボジョレーの通常の赤ワインとは異なります。
このヌーボーはそもそも当地の農民が収穫を祝ったのが始まりとされています。ヌーボーがよく売れるということで解禁日が設けられ、世界各国に出回るようになったんだそうです。
決して高価なワインというわけでもなく、ワインの味とともに季節感を味わうお祭り的な要素もあるようですね。口当たりのいい軽めの赤ワインということで、仲間同士で解禁パーティを開いてる方もおられるそうです。

以前の会社では解禁と同時に大量にボジョレー・ヌーボーを仕入れ、取引会社に販売促進として利用してましたね。皆さんの会社ではそんなに販促費に予算をかけてるんでしょうか。肝っ玉が太いというか、気持ちが大らかというのか(笑)。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、日本文化いろは事典、こよみ博物館、NPO PTPL、暮らしのミニ知識、こよみのページ、Infoseek天気きょうの豆知識
写真提供:(c) kuri写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top