6月と10月は衣替えです

四季の移り変わりの美しい日本では、昔から花の香り、風の気配、月の満ち欠けを肌に感じながら、その時その時の季節を愛でていたのですね。もうすぐ暦の上では6月1日。衣替えの日です。
写真素材 PIXTA

江戸時代の衣替えは年4回
現在衣替えといえば学生や企業の制服(夏服、冬服)を変更することで、6月と10月の1日に行われている場合が多いですね。この時期は明治6年当時の明治政府によって役人、軍人などに定め、制定されました。これがやがて学生や一般にも広まり衣替えをするようになったのです。
ただ南西諸島では温暖な気候の関係もあって5月と11月の1日に行うところもあるようです。

もともと衣替えの習慣は、平安時代の宮中行事から始まったもので、当時は中国の風習に倣って旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えると定められていました。これを「更衣(こうい)」と呼んでいたのです。「更衣」とは、天皇のお妃の位の中の一つで、上から「皇后」「中宮」「女御(にょうご)」「更衣」とありました。源氏物語では天皇に大恋愛していた光源氏のお母さんを「桐壺更衣(きりつぼのこうい)」といっていました。更衣とは「更衣室」、つまり着替えるという意味で、もともと天皇の衣、衣替えを司る役職名だったんです。

もっと複雑になったのは、江戸時代の武家社会からで、旧暦の4月1日から5月4日までと、9月1日から9月8日までは袷「あわせ」(裏地付きの着物)を、5月5日から8月末日までは帷子「かたびら」(裏地なしの単仕立ての着物)を、9月9日から3月末日までは綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)の着用を定め、年4回も衣替えをしていました。これが一般庶民にも浸透するようになったのです。

その後明治以降になって前述したように、学校や官公庁、銀行など制服を着用する所では、6月と10月に行われるようになりました。
衣替えは制服だけではありません。実は和服を着ている人たちの間でもこのしきたりが今も重視されているのです。正式には、6月から9月までは単衣(ひとえ)を、10月から5月までは袷を着用するのが決まりのようです。

大切な衣類を守る衣替え三原則
大切な衣類をカビや虫から守り、次のシーズンも安心して使用するために、日頃のお手入れと収納がポイントです。次の衣替え三原則を守れば、むずかしいことはありません。ちょっとした心遣いで大切なワードローブを長く愛用できます。
汚れを取りましょう
衣類を食べる虫は雑食のため、繊維だけでなく、食べ物のカスやしみを栄養として食い荒らします。とくに牛乳・トマトの汁・汗・紅茶・オレンジジュースなどが大好物のようです。しみを取り、一度でも着たものは必ず洗ってから収納してください。
虫干しをし、乾燥させます
カビの原因にもなるのが「湿気」です。虫干しをし、湿気をよく取り除きます。クリーニング後の衣類やふとん・毛布は蒸れないよう必ずビニールをはずします。頑固なシワや型くずれの原因となるので、箱やハンガーラックへはゆったりと詰めます。また、収納後も2週間に1度くらいは戸を開けて、風通しを良くしましょう。
防虫剤を入れます
家庭で使用する防虫剤としては、パラジクロールベンゼン、ナフタリン、樟脳(しょうのう)およびピレスロイド系の4種類ありますが、違う種類の防虫剤を一緒に使うと衣類にしみをつくることがありますので、混ぜて使用するのは避けましょう。防虫剤が気化したガスは空気よりも重いので、衣類の上の方に置くことがポイント。湿気対策として乾燥剤をいっしょに使うとより効果的です。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、暮らしのミニ知識、WOOLMARK.JP
写真提供:(c) OZYU写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

健康を回復したお礼の快気祝い

皆さんは病気や怪我で入院されたことありますか。病院の厳しい制約のもとで治療し、やっと退院した後はお見舞いいただいた方やお世話になった方々へのお礼がありますよね。そのお礼が快気祝いです。退院したとはいえ本人はまだリハビリ中かもしれませんので、家族や周りの人が手配段取りしてあげたいものですね。
写真素材 PIXTA

快気祝いは全快の報告をかねてお返しするのが一般的です。本来、自宅にまねいて宴をひらき「おかげさまで、こんなに元気になりました」と謝意を込めてもてなしたいものです。現在でも行っている方もありますが、お返しという意味合いから快気祝いとして贈る方が多くなっているようです。

贈る時期は退院後7~10日目位
退院や床上げ後、1週間から10日目ぐらいが適当でしょう。贈る品だったら、病気が残らないように食べて後に残らないもの、あるいは使いきってしまうものにしたいものですね。菓子、コーヒー、紅茶、調味料、石鹸、入浴剤、タオルなどの詰合せセットなどが多いようです。食べ物の好き嫌いが良くわからない場合は、選んでもらえるカタログギフトなどがいいかもしれません。
退院しても自宅療養などで長引く場合は、退院した時に、お見舞いのお礼と自宅療養する旨のハガキをだすことで十分でしょう。お返しは全快してからでもかまいません。もしどうしても退院時にとりあえずお礼の品を贈りたいという場合は、水引は結び切りとし、表書きを「御礼」「御見舞御礼」とします。
不幸にも亡くなった場合は、弔事用の包装にし、無地の短冊に表書きを「御見舞御礼」などとします。また、御見舞いをくださるような関係であればご不幸の折りには弔問されると思います。その場合は、香典と御見舞いのお礼を含めて香典返しをお渡ししましょう。

快気祝いを贈る場合は熨斗つき、紅白結び切り
快気祝いの金額はいただいた金額の半分から3分の1。金額がまちまちでも、一律で贈ってかまいません。会社や仕事関係の場合には、「○○課御一同様」などとしてお菓子などを贈る場合が多いようです。
表書きは「快気祝」「快気内祝」。水引は紅白結び切り、熨斗(のし)つき。下段に病気をした本人の姓のみを書きます。

医師や看護士へのお礼は規則に従って
退院する際には、お世話になった医師や看護師さんに「御礼」の表書きでお祝い金やお祝い品を贈りましょう。
5千円から3万円が一般的で、お祝い品の場合、医師には高級酒、ギフト券、高級ネクタイなど。看護士さんには大勢で食べられる菓子類の詰め合わせなどを贈ります。お礼の手紙を添えるといいかもしれません。ただし、渡す際には他人の目を避けるよう配慮してくださいね。病院によっては規則などで受取らないところもあります。その場合は習慣に従ってください。

災害見舞いのお返し
被災者が最優先すべきことは、生活の立て直しです。そのためには、たくさんのお金もかかります。したがって、お世話になった人やお見舞いを受けた人に、金品でお返しをする必要はまったくありません。
ただし、その後の経過報告なども兼ねて礼状や直接ご挨拶に伺いましょう。お礼の品を持参する場合は無地の短冊に「粗品」「御礼」とします。火元だった場合は、お詫びの挨拶をします。品物を持参する場合は無地の短冊に「御詫び」「お詫び」「粗品」とします。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:All About、冠婚葬祭マナー&ビジネス知識、知って得する!!冠婚葬祭マナー
写真提供:(c) jazzman写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

草木が茂り、田植えも始まる小満

先ごろ日本列島今年最後の桜の開花となるのでしょうか、北海道でも見頃を迎えたようです。爽やかな風が吹き抜けるこの頃は1年の中でも一番過ごしやすく、アウトドア真っ盛りですね。森林浴や釣り、アドベンチャーなど思う存分レジャーに心地よい汗を流してください。
写真素材 PIXTA

黄金色の麦の収穫が始まる小満
さて5月21日は二十四節気の1つ小満(しょうまん)です。または、この日から芒種(6月6日)の前日までの期間をいいます。暦便覧では「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」とされています。
万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来る頃で、山野の緑はいちだんと濃さを増し、麦の穂が成長して稔りの時が近づきます。多くの地方では田植えの準備のため田に水が張られ、早いところでは田植えが始まります。西日本ではしり梅雨が現れるのもこの頃です。沖縄では、次の節気と合わせた小満芒種(すーまんぼーすー)という語が、梅雨の意味で使われるそうです。
小満の七十二候は次の通りです。
初候(第二十二候)5/21~5/25 蚕起食桑 かいこおきてくわをはむ。
蚕が桑の葉を盛んに食べはじめる時季。
次候(第二十三候)5/26~5/30 紅花栄  こうかさかう。
紅花の紅黄色の頭花が盛んに咲く時季。
末候(第二十四候)5/31~6/5  麦秋至  ばくしゅういたる。
麦が熟して畑一面が黄金色になる時季。

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。小満は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ」をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

夏の季語でもある麦秋
小満末候にもある麦秋。俳句の世界では秋という言葉を使いながらも夏の季語として扱われますが、一般的にはほとんど死語化していますね。懐かしく昔の麦畑を思い出させる言葉です。
米の裏作として耕作されていた麦は5月末頃から6月初め頃実りの時期を迎えます。まだ稚い緑の田圃の隣で、そよ風にさざめき黄金色に熟した麦畑のコントラストを眺めることができたものです。
私の子供の頃は麦の丈も高く、子供の姿が隠れてしまうほどでした。取り入れし脱穀した麦わらは積み上げておくと、柔らかくてフワフワしていました。子供たちの恰好の遊び場だったんですね。
世の中の成長とともに米が隆盛となり、麦はほとんどの人が食べなくなりました。同時に麦作が廃れてしまったんですね。一時期黄金色にたわむ麦畑を見ることができませんでしたが、ここ何年か前から健康食品や家畜の飼料として見直されるようになってきたようです。品質改良を加えられた麦は各地にその姿を再現してくれています。

牛豚などの餌として麦が重視されています。いま悲痛な訴えで波紋を呼んでいる畜産農家。このまま口蹄疫が蔓延すると麦作農家にも影響が出てくるでしょう。1日も早い終息を願うところです。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、NPO PTPL、こよみのページ、こよみ博物館、全麦連
写真提供:(c) ししまる写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top