雪融け、梅、鶯、春の要素がはじまる雨水

北国ではまだ雪に埋もれた暮らしが続いているのに、南の地方では梅の花が咲き、菜の花の色が春を呼びこんでいるようです。小さい国ながらも、北と南の大きな季節の違いを実感させてくれるのがこの時季ですね。季節は2月、如月(きさらぎ)です。
写真素材 PIXTA

草木が蘇り、鶯が鳴き始める雨水
2月19日は二十四節気の1つ雨水(うすい)です。この日から3月6日の啓蟄(けいちつ)までの期間をいいます。雨水は降る雪が雨に変わり雪融けが始まる時季です。そして忍び寄る春の気配に植物も蘇ってきます。野山には鶯の鳴き声が聞こえ始め、小川には雪解けした水が、溢れんばかりにその流れを早めてくれます。春一番が吹くのもこの時季です。寒さも峠を越え、衰退し始めるこの時季、農家では農耕の準備を始めるとされてきました。暦便覧に記されている「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」。とはいえ東日本ではまだ雪が深く、関東・東海地方にあっては、この時期から雪が降り始めることがあります。
雨水の期間の七十二候は下記の通りです。
初候(第四候)2/19~2/23 土脉潤起(つちのしょう、うるおいおこる) 雨が降って土中にいくらか湿り気を含み出す時季。
次候(第五候)2/24~2/28 霞始靆(かすみ、はじめてたなびく) 霞がたなびき始める時季、来る春への期待がふくらむ。
末候(第六候)3/1~3/5   草木萠動(そうもく、めばえいずる) 草木の芽が萠える時季。

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。雨水は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ」をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

冬と春が行ったり来たりする三寒四温
水温む春がやってくると次のような自然現象が起きてきます。十分注意したいものですね。
雪崩(なだれ) 春先の曇りや雨の降る暖かい日に起きます。特に急な斜面の下、建物の屋根の下や道路の側溝、河川のくぼみなどに注意しましょう。
雪融け 川や池では春先に水位が高くなることがありますが、これは上流などの雪解けによるもので、気温に比べて非常に低い水温の水が流れてきます。
三寒四温(さんかんしおん) 冬から春先にかけて、寒い日が三日くらい続き、その後、四日間くらい暖かい日が続くことがあります。こういった現象を三寒四温といいます。体調にはくれぐれもご注意ください。

ところによってはそろそろ花粉が飛んでます
春を待ちわびる半面、このまま一挙に夏が来てほしいと願う方もいるでしょう。そうですね、恐怖の花粉はこの時期から飛び始め、目のかゆみ、鼻や喉に不調をもたらします。地方により飛散する時期は多少のずれがあるにしろ、その種類によってほぼ決まっています。たとえば、スギ花粉が2月~4月、ヒノキ花粉が5~6月、カモガヤ花粉が6~8月、ブタクサ花粉が8~9月、ヨモギ花粉が8~9月などです(参考:関東地方)。
対症療法として花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎の場合、外出時にマスクや眼鏡を使用すること、季節中は抗アレルギー薬を定期的に内服することが特効薬だそうです。まず、お出かけの際は天気予報で「花粉飛散情報」に注意し、花粉防止をしましょう。

参考サイト:Wikipedia、NPO PTPL、JON、 こよみのページ、日本文化いろは事典
(c) HAVA写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。





テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

義理チョコ、友チョコ、自分チョコ

2月14日は期待と恐怖のバレンタインデーですね。コンビニやスーパーの売り場にはチョコレートが山ほど積まれていましたね。デパートではチョコレートと同様に男性用のパンツも置かれていたようですけど、やはり本命視している男性に贈るんでしょうね。まさか「義理パンツ」じゃないでしょうから(笑)。
でもやっぱりうら若き女性が男性用のパンツを買うって勇気がいるでしょうね。それとも今どきは当たり前なんでしょうか。
写真素材 PIXTA

大量の義理チョコに破産宣告も覚悟!
バレンタインデーの雑学は過去の記事「義理チョコおもしろ雑学」をご覧ください。
ところでその当事者の悩みを調査したアンケートがありました。「バレンタインデーの実は女の子も大変なことランキング」(goo調べ)でこんな結果が出ています。
1位は「大量の義理チョコへの出費」
バレンタインデーの習慣は友チョコ、自分チョコなど多様化しているとはいえ、まだまだ男性社員にチョコレートを配る義理チョコが恒例になっています。単価の安いチョコに絞っても大量となると財布も底をついてしまいますよね。大きな事務所だと男性社員もそれなりに多くいますから。ホワイトデーに貰った男性全員がお返しチョコをしたら、その子の目の前にはチョコの山が築かれるんでしょうか。
2位の「部長用」「課長用」など、複数の種類の義理チョコの用意
肩書によってチョコを変えなければならないとなると大変です。渡す側としてはランク別に商品を選ばなければならないし、高額な義理チョコが必要になってきます。貰う側としては、みんなとは違うチョコだと悦に入るかも知れませんけどね。そこの課長さん、部下が貰ったチョコと見比べてるんじゃないですよ。
3位は「あげるつもりのない人から期待される、ねだられる」
いるんですよね。こういう男の子。若い女の子を目の前にして、「チョコ食べたくなったよな」とか「あそこのチョコ美味しんだよね」とか、その気もないくせに女性の気を引こうとする男性。同性から見ていても、嫌らしさが目に付きますよ。

ここでちょっと目を引いたのが10位にランクインした「みんなで渡す場合のとりまとめ」。義務化したともいえる義理チョコ。同じ部署内の女子社員が徒党を組み「女子社員一同」で贈るといったケースも出てきましたよね。
その取りまとめ役も大変なんでしょうね。「あの人に贈るなら、私パス」とか「私、自分であげるから」などと、足並みを乱す女子もいるかもしれませんからね。女同士の戦いは怖い。


せっかくならバレンタインデーを楽しいイベントにしたいものです。その分女性にとっては大変なことも増えるでしょうが。今年はたまたまバレンタインデーが日曜日になってしまいました。そんな時はどうするんでしょう。前日に贈るんですかね。それとも「ラッキー」と言って今年は知らんぷりでもするんでしょうか。
本来バレンタインデーは、愛する人に「愛しています」と伝える日。その気持ちをどう表現するかはあなた次第ですよ。

参考サイト:gooランキング、暮らしの歳時記
(c) ぱぱ~ん写真素材 PIXTA


FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。



テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

2月11日は建国を祝う国民の祝日!

2月11日は「建国記念の日」、国民の祝日ですね。お仕事の方頑張ってますか。ご苦労様です。お休みの方、飛び石ですけどゆっくりと身体を休めてくださいね。
写真素材 PIXTA


四大節は大日本帝国憲法での祝日
四大節(しだいせつ)とは、四方拝(節)、紀元節、天長節、明治節のことで、戦前に実施されていた祝日(4祝日9祭日)に制定されています。ちなみに現在の国民の祝日は15日あります。
四方拝‥元祝日の中の四大節の一つで、1月1日における宮廷行事。その年の天災を払い、五穀豊穣(ごこくほうじょう)、宝祚長久(ほうそちょうきゅう)、天下泰平(てんかたいへい)を祈願する朝儀のことです。戦前は四方拝(節)と呼ばれ、国の行事として行われていましたが、戦後は天皇家の私的な行事として行われているようです。
紀元節‥2月11日。日本の建国をしのび、国を愛する心を養う日として、1966(明治5)年に制定された国民の祝日です。明治のはじめ四大節のひとつとして祝祭日に制定されましたが、戦後占領軍の圧力によって廃止されていました。しかし、主権回復した昭和27年、国民運動によって昭和41年「建国記念の日」として復活したのです。
天長節‥天皇の誕生日で1868年(明治1)に国家が制定した四大節の一つです。天長とは老子のことば〈天長地久〉にもとづき、君主の長久を祈る意味です。天長節は奈良時代光仁天皇の宝亀6年(775)9月の詔勅によって初めて行われたそうです。その後中断していましたが、明治元年になって再興され祝日となりました。戦後は「天皇誕生日」と改称されています。
明治節‥旧四大節の一つで、11月3日明治天皇誕生の日を記念するため1927(昭和2)年祝日として制定されました。当日は学校・軍隊などで祝賀行事が行われましたが、明治天皇の遺徳を仰ぎ、明治を追憶する趣旨で1948(昭和23)年に公布された国民の祝日に関する法律によって新たに文化の日となりました。明治天皇は第122代天皇で、名は睦仁(むつひと)。孝明天皇の第2皇子で母は中山慶子(よしこ)。陵は京都の伏見桃山陵にあります。

神武天皇の即位を紀元節として制定?
2月11日を建国記念としたのは、「古事記」や「日本書紀」に記述されていた神倭伊波礼比古命(神武天皇・かむやまといわれびこのみこと)の伝承から考えられたと言われてます。
神倭伊波礼比古命は宮崎県日向から船出をし、紀の国(和歌山県)の熊野に上陸。辛苦を重ね、八咫鳥(やたがらす)に導かれながらついに大和を平定。神武天皇の皇居である橿原宮(かしはらのみや)において天皇に即位しました。日本書紀によるとこの日は「辛酉(かのととり)年春正月庚辰(かのえたつ)朔(ついたち)」とあり、旧暦の1月1日で、新暦では紀元前660年2月11日にあたります。明治の初め、建国を祝う日として「紀元節」と名付けられたそうです。しかし、一説では神武天皇の実在証明が難しく、即位した事実さえも懐疑的なところがあるようです。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、日本文化いろは事典、NPO PTPL、地球旅行研究所、Weblio、マイぺディア
(c) kisasa写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top