豆まき、恵方巻、福茶で厄年を追い払う

つい先日スーパーマーケットに買い物に行ってきたんです。売り場の一角には節分コーナーが設けられ、等身大の鬼が飾られ、節分の雰囲気が盛り上がっていました。近くには鬼の面や折り紙式の升が置いてあり、その横には、というかコーナーの9割方は落花生が展示販売されてるんですね。そうか、2月3日は節分の豆まきですものね。うん!まてよ、豆まきって炒った大豆をまくんじゃなかったのか。どうしてここに落花生があるんだ。その謎は、あ・と・で。
写真素材 PIXTA

豆まきは年男、年女の厄払い
季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」を節分といいます。立春から1年がはじまるという旧暦の考えからすると立春の前日は1年の最後とされ、この日、邪気を祓い、幸せを願う様々な行事が行われてきたのです。室町時代あたりから節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。宮中では追儺(ついな・俗にいう鬼やらい厄払い)という行事が行われ、そのひとつである豆打ちの名残りが豆まきとして今に伝わっているというわけです。

鬼の目に豆を投げて魔を滅ぼす
どうして豆まきに大豆かというと、大豆には霊的な力が宿ると信じられ、神様への供え物として使われていたんですね。昔、京都鞍馬山に鬼(過去の記事・節分鬼のおもしろ雑学参照)が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあります。そこから魔の目(まめ)に豆を投げつけて魔を滅する(魔滅)にも通じるそうです。
豆まきの豆は炒った豆を使います。生のままだと拾い残した豆から芽が出て縁起が悪いそうですよ。

カロリーの高い落花生は寒冷地に最適
北海道、東北、信越地方などでは大豆の代わりに落花生をまくそうです。どうやらこれは昭和30年代全国落花生協会が仕組んだ落花生販売強化作戦だったようですね。大豆は夏の豆ですが、落花生は秋冬の豆。カロリーも高いので寒い地域で好まれるという理由から、広まっていったようです。確かに落花生は雪の中でも目に付き、掃除もしやすく、無駄にならないという便利なところもありますよね。これで冒頭に出した謎が解けましたね。ちなみに日本一の落花生生産地の千葉県では大豆をまくそうです。

恵方巻、福茶、こんにゃく、鰯は節分の行事食
節分には歳の数だけ大豆を食べるという風習がありますが、他にも地方によってはいろいろな行事食があります。そのひとつに全国的に広まっている恵方巻(過去の記事・節分おもしろ雑学参照)がありますね。四国方面ではこんにゃくを食べる風習があったり、地方によっては昆布と梅に3個の大豆を入れた福茶を飲んだり、鬼の嫌いな鰯(いわし)をたべるところももあるようです。

鬼退治の桃太郎は日本五大おとぎ話の1つ
東京の浅草、京都の花街、大阪の北新地などでは、芸者(舞妓、芸妓)やホステスが、節分の前後に通常の芸妓衣装ではない、様々な扮装をするそうです。これを「お化け」と呼び、いつもと違った扮装をすることで魔を追い払うことができると信じられていたようです。また、鬼退治で語り継がれてきた桃太郎」をはじめ、「花咲か爺」「舌きりすずめ」「さるかに合戦」「かちかち山」の5つが日本日本五大おとぎ話と言われています。これはすべて実話が元になってるんですね。

年男、年女の方は鬼が厄の象徴でもある節分に、豆をまいて厄祓いをしておいたほうがいいですよ、念のため。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、All About、こよみ博物館、日本文化いろは事典
(c) 写真素材 PIXTA




FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

田舎の入り、江戸の出を守る江戸しぐさ

写真素材 PIXTA

私の住む町のローカル列車は、通勤時間帯を除いてだいたい空いています。にもかかわらず列車が止まると堰を切ったように一部の乗客が、整列乗車してる人を差し置いて乗車口になだれ込んでいくんですね。席を取りたい気持ちはわかるんですが、ちょっと傍から見てると浅ましく見えますよね。
そうかといえば発車間際に飛び乗ったり、閉まりかけたドアをこじ開けて乗車してきます。危ないですよね、へたをすると怪我をしないでもありません。大都市の電車の乗降にも、往々にしてこんな方を良く見かけます。
心に余裕をもった方ならこんなことはしないですよね。ゆったりと乗車し、降りるときは前もってドア付近で待つ。このマナーができてこそ常識人であり、江戸しぐさの典型でもあるんですね。江戸しぐさでは前者を「田舎の入り」後者を「江戸の出」と言っております。決して前者の例を田舎者と卑下しているわけじゃないんです。出身地に関係なくマナーを心得ていない人のことを、田舎の入りと称しているのです。周囲に配慮しながらみんなが気持ちよく暮らせるように振舞うことが、江戸しぐさなんですね。

江戸商人が作り上げた江戸しぐさ
「江戸しぐさ」とは、過去の記事でも触れましたが、江戸商人たちが創り上げた商人の行動哲学なんですね。いかに生きるべきかという商人道で、人間関係を円滑にするための知恵でもあったわけです。平和が続いた長い江戸時代、安心できる社会を支えたのが「江戸しぐさ」という人づきあい、共生の知恵だったんですね。
江戸しぐさは今の社会にも通じるエチケットです。殺伐とした現代社会で相次ぐ他愛もない悲惨な事件や事故、一人ひとりが思いやりを持って接すれば起こり得ない、住みよい社会が実現するものと思いますけどね。

江戸町民の子供の教育
「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文、十五理で末決まる」と江戸町民は子供を教育したそうです。この意味は3歳までに素直な心、6歳までにその振る舞いに節度をもたせ、9歳で常識ある言葉遣い、12歳では立派な文章が書け、15歳には物の道理がわかるように教育したといいます。この教えは現代にも通用しますよね。

粋な江戸っ子は死んだらごめん
お心肥やし」江戸っ子は教養豊かでなければならない
打てば響く」江戸っ子はすばやく対応することを身上とした。
三脱の教え」初対面の人に年齢、職業、地位を聞かないルールがあった。
他にも江戸しぐさには時間を厳格に扱った「時泥棒」。返事は2度繰り返してはならない「はいはい」。狭い往来をすれ違う時、ちょっと会釈をする「肩引き」や雨のしずくが相手にかからないような仕草の「傘かしげ」など「往来しぐさ」のちょっとしたエチケットが粋にみえたんですね。
指きりげんまん、死んだらごめん」と言われるように、江戸っ子は人間の約束は必ず守るとされていたようです。「死んだらごめん」とは命にかけても約束を守るということだったんですね。

生活規範、マナーを守ってこそ粋な大人です
「江戸ッ子だってね」「あたぼうよ、神田の生まれだい」。この掛け合い、粋な江戸っ子を表す象徴的な会話です。こんな思いやりの気持ちを交わし合う江戸しぐさ。別に東京の人がするから江戸しぐさではありません。地方に住んでいても生活のルールやマナーを守ってこそ江戸しぐさなんですね。それが身につけられない野暮な人は、粋なおとなにもなれませんよ。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、All About、NPO法人江戸しぐさ
(c) GOETHE写真素材 PIXTA



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

大寒過ぎれば陽春近し

暖冬と言われながらも各地では豪雪や極寒の被害が出ていますが、皆さんの地域はいかがですか。考えてみれば今は寒の最中。今が1年で1番寒い時期です。先日降った雪もあまりの寒さにいまだに融けず、万年雪になっているところもあります。暖かい春の日差しが恋しいですね。
写真素材 PIXTA

1月20日は寒さが最も厳しい大寒です
1月20日は二十四節気の1つ、大寒(だいかん)です。大寒はこの日またはこの日から立春(2月4日)の前日までの期間をいいます。太陽黄経が300度で、寒さが最も厳しくなります。小寒から大寒までの15日間と大寒から立春までの15日間の合計30日間を「寒の内」といわれ、最低気温が観測されるのもこの時期です。大寒の最後の日が節分です。逆に言えば、これからは日1日と暖かくなると言うことでもありますよね。
『暦便覧』では、「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明しております。
大寒の期間の七十二候は以下の通りです。
初候 款冬華(ふきのはな さく) 蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す
次候 水沢腹堅(さわみず こおりつめる) 沢に氷が厚く張りつめる
末候 鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく) 鶏が卵を産み始める

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。大寒は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ」をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

寒の内に冷水を被って心身の鍛練
寒の期間には、「寒稽古」のように、寒さの厳しいこの時期にあえて、苦しい稽古をしたり、冷水を被ぶる修行などをして、心身の鍛練をするところもあります。また、昔から「寒餅は長もちする」とか大寒に汲んだ水は腐らないといわれ、容器などにいれ納戸に保管する家庭が多かったそうです。寒には何か特別な力が備わっているように信じられていたんですね。寒いときだからこそ、うまい物に生きがいを感じるのでしょう。

寒の内に醸造された新酒は絶品
この時期、凍り豆腐、寒天、酒、味噌などの食物は、寒気を利用して仕込まれます。寒の内に美味しく食べれる物に寒ぶり、寒ぼら、寒かれい、寒ぶな、寒のり、寒卵など限りがありませんが、究極は何と言っても寒中に醸造された寒造りのお酒でしょう。前回の蔵開きでも触れましたが、各地の造り酒屋さんでは、寒の内に造られた自慢の新酒試飲会などを催うしておりますよ。鍋を囲みながら熱燗で一杯。のん兵衛さんにはたまらないですね。

二十日正月は正月納め
1月20日は「二十日正月」。正月の納めの日です。男正月、女正月、大正月、小正月、それに二十日正月。地方によっては二十日正月を骨正月(ほねしょうがつ)や頭正月(かしらしょうがつ)とも呼ぶそうです。いろいろな正月がありますね。二十日正月は、正月にお迎えしていた神様方が、お帰りになる日だそうですけど、1月15日の左義長と呼ばれるどんと焼きで、神様を天上にお送りしたのではなかったんでしょうかね。居残った神様なのかな。二十日正月の前夜、19日の夜には尾頭付きのお膳や、小豆御飯をお供えする地方もあるそうです。

大寒七十二候の初候は「蕗のとうが蕾をだす」です。雪の下から蕗のとうが咲いてくると、いかにも春の兆しを感じるところですよね。春はもうすぐです。もう少しの辛抱ですよ。
色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、NPO PLANT A TREE PLANT LOVE、日本文化いろは事典、暮らしのミニ知識、こよみの博物館、こよみのページ
(c) Stargazer写真素材 PIXTA




FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。



テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top