季節が移り変わる季節点だった二百十日

衆議院選挙も終わり、まだその余波も治まらないこの時期、関東、東北を台風11号が襲撃。各地に大雨の被害をもたらしているようです。二百十日を暗示するように。
皆さんのお住まいの地域は大丈夫ですか?
写真素材 PIXTA
(c) maskin写真素材 PIXTA


9月1日は台風、地震、火災の防災の日です
折しも9月1日は「防災の日」であります。防災の日は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなみ、昭和35年に災害対策基本法として制定されました。その前年には、伊勢湾台風が襲来するなどこの時期は台風が集中し、甚大な被害となることも多かったので、それを警戒する意味もあったようです。

二百十日、二百二十日、八朔は三大厄日
江戸時代のその昔、暦学者の渋川春海は釣り好きで、ある日品川の海に舟を出そうとすると、一老漁夫が海上の雲を指し「50年来の経験から言わせると210日目の今日は大暴風雨になる可能性が高い。舟を出すのはやめなさい」と教えられたそうです。これがその通りになったところから「二百十日」といわれ、雑節の一つとして、渋川は貞享暦に書き入れたという説があります。この話には矛盾するところもあり、真偽の程は確かではありませんが、立春から数えて210日目、9月1日前後は二百十日といわれてきました。季節の移り変わりの目安となる「季節点」のひとつだったんですね。
特に農家にとって、このころは稲が開花するとても重要な時期であり、農作物に甚大な影響を与える台風が襲来することで、この日を厄日として戒めたのです。それは漁師にとっても生死に関わる問題だったのでした。この日を台風襲来の特異日とする裏づけはありません。台風襲来の多い8月下旬と9月中旬にはさまれた二百十日頃はむしろ少ないようです。
また「二百二十日(にひゃくはつか)」も同様の雑節で、旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」、「二百十日」と共に農家の三大厄日としています。この頃が稲の出穂期に当たり、強風が吹くと減収となる恐れがあるため、注意を喚起する意味で言われ始めたようです。

収穫の無事を祈るおわら風の盆
奈良県大和神社で二百十日前3日に行う「風鎮祭」、富山県富山市の「おわら風の盆」など、各地で風鎮めの祭として催されてきました。越中富山の八尾町で行なわれるこの風祭は、風を鎮める豊年祈願と盆踊りが融合し、娯楽のひとつとして親しまれてきたお祭りで、300年以上も続いております。現在のように台風の予測ができなかったそのころ、この日を警戒し、風を鎮める祭に興じて収穫の無事を祈るようになったのでしょう。

二百十日は台風の襲来は少ないとはいえ、二百二十日までの間は十分警戒は怠らない方がよさそうですよ。異常気象の続く今年なんか、二百二十日以降でも台風がやってくるかもしれませんからね。気をつけましょう。



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

お洒落や実用性に富むふきん 日本手拭い

写真素材 PIXTA
(c) ララ写真素材 PIXTA


暮らしに彩を添えるふきん
昔から重宝に使われているふきん。水や汚れを吸収し、洗いやすくて汚れ落ちもよく、乾きも早くて便利ですよね。ふきんは綿100%の蚊帳生地でできており、調理にも使われています。この30cm四方の魔法のふきん、主婦の皆さんには好評なんではないでしょうか。
最近ではシンプルな絵柄でデザインされた花ふきんも出回り、普段の暮らしに彩を添えております。大判サイズもあり、見た目洒落ているので拭いたり、掛けたり、敷いたりだけではなく、ちょっとしたお使い物を包んだり、適当な大きさに畳んで鍋敷きにしたりとその幅広い用途は重宝しますでしょう。
蚊帳生地ですから水気がさっととれ、キュッと絞ればすぐに乾き、また使える。こんな便利なふきんを日本の台所では昔から使っていたんですね。

お洒落なグッズとして見直される手拭い
ふきんと同じように日本古来から使われてきたものに、手拭い(てぬぐい)があります。西欧のタオルと区別するため、日本手拭いなどとも言われています。木綿の平織りで作られた手拭いは手を拭いたり洗顔したり、入浴時に体を洗ったり、日よけや汗拭いなどで頭にかぶることもあります。大きさは約90cm x 35cm程度で、白地に藍染による柄物が多くあります。農作業、伝統芸能、祭、剣道などでのかぶり物、鉢巻、目隠し、汗ぬぐいなどとして今なお利用されているんですね。

手拭いは江戸時代頃に庶民に普及したようです。水切れがよく、早く乾くようにという工夫で、手拭いの端は縫われていません。だからこそ雑菌がたまることもなく、清潔に長く使えるのですね。手で裂けるのでいざという時止血などの応急処置にも使えます。汗止めを兼ね、首に巻いたりタオルにしたり、防寒にもなり、その季節ごとの実用性にもたけてます。近年では手拭いの良さが見直され、いろいろな柄を和小物の店や手芸店でも見られるようになりました。

現代の若い人たちは手拭いをお洒落のアイテムとして使いこなしているようです。例えば、最初スカーフ、着物の半襟などで使った後はプランター用マット、テーブルセンターなどのインテリアグッズとして使い、最後は雑巾として手拭いを使いこなしている方もいるようです。
色や柄も豊富に揃い、花鳥風月が描かれた手拭いには、四季折々の風情が漂いますね。もう1度手拭いのよさをあらためて見直して見ませんか。

同じように昔から伝わる風呂敷は軽量で、その融通性・自在性が利いた包装グッズです。最近は環境問題などでその存在が見直されており、機会がありましたらその辺を紐解いてみたいと思ってます。



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

そろそろ暑さも峠を越える処暑

異常気象が続いていた日本列島。残暑が続いているところもあるでしょうが、もうそろそろ暑さもおさまります。その後は寒い冬の到来です。その前に再び猛威を振るいだした新型インフルエンザに気をつけなくちゃね。こまめなうがい、手洗いの励行でしっかり予防しましょう。
写真素材 PIXTA
(c) かめらん写真素材 PIXTA


9月にはいると台風の襲来です
8月23日は二十四節気の1つ処暑(しょしょ)で、この日から白露(9月7日の前日)までの期間をいいます。太陽黄経が150度のときで、暑さが峠を越えて後退し始めるころです。「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と暦便覧では説明しています。
この頃から台風が日本に影響を及ぼすようになります。台風の襲来は9月が一番多く、10月に入ってから来ることもあります。昔から二百十日(9月1日頃)、二百二十日(9月11日頃)の頃には必ずやってくる、と昔から言われています。暴風雨を伴い、海難や風水害を起こしますので、前もって家屋や身のまわりの点検・修理をし、充分な備えと心構えをしておきましょう。
処暑の期間の七十二候は次の通りです。
初候 綿柎開(めんぷ ひらく) 綿を包む咢(がく)が開く
次候 天地始粛(てんち はじめて しじむ(しゅくす)) ようやく暑さが鎮まる
末候 禾乃登(か すなわち みのる) 稲が実る

日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が思い浮かんできます。処暑は日本の四季の移ろいを肌で感じていただくことができる季節です。「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)」(←クリックして見てください)をご覧いただくと、より一層心の安らぎを感じていただくことができます。

清楚な女性の象徴「大和撫子」
「処暑」は暑さがおさまる頃です。時折涼風や朝晩の涼しさに、初秋の季節を感じませんか。
夏を象徴するひまわりもこの頃になると葉を落とし、変わって私達の目を楽しませてくれる花に撫子(なでしこ)があります。昔から言われてきたように可憐な撫子は日本女性の象徴であり「大和撫子」として、その清楚でつつましい姿を重ね合わせるようでもあります。
撫子は4~10月頃咲く、秋の七草のひとつです。秋の風情を匂わす撫子は品種の数も多く、切花、鉢植えなどガーデニングとしても人気があります。
撫子の花言葉は大胆、純愛、野心、才能、深い愛情、陽気な恋だそうです。
撫子や 堤ともなく 草の原(高浜虚子)などと俳句にも詠われています。



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top