葬儀の裏に潜む人間模様

久し振りの更新となりました。そんな深刻な話題は聞きたくないよ、などといわず目だけでも追ってください。
先頃、亡くなった母親の葬儀代が捻出できず、近くの庭に亡骸を埋めていたというニュースが流れていました。葬儀の裏には涙はつきものの反面、人間の心が荒む悲惨なドラマが展開してます。先日も葬儀を職業としている知人からこんな話を聞きました。

飲酒運転で助手席の恋人が即死
10月のある深厚深夜、若い女友達を乗せた若者(19歳)の運転する乗用車が一方通行を逆行し、前方から走行してきたタクシーに正面衝突しました。乗用車は大破し、助手席に乗っていた女性は胸部を強く打って即死。運転していた若者は飲酒していましたが、幸いカスリ傷程度。タクシーも車は傷ついたものの、運転手は無事でした。車の修理は自動車保険で、軽傷のタクシー運転手も治療代程度ですみます。しかし、即死した女性の保障は簡単に解決できるものではありません。ましてや遺された遺族への感情のしこりは一生涯つきまといます。交通事故など一瞬のミスで大惨事となる悲劇には憎悪がからんできます。

謝罪する本人に娘の母は激怒
その日は悲しみの中で、通夜の準備が進められていました。親族控室となったマンション集会所の一室には多くの親族が駆けつけ、娘の死に涙を流していました。そこに加害者となった若者が、両親と一緒に遺族へのお詫びに姿を見せたのです。3人とも神妙な顔つきで、身体は硬直しきっていました。
「こ・の・た・びは…息子が…、何とお詫びしていいものか……大変申し訳ありません」
声は上ずり、青ざめた表情で亡くなった娘の母親の前に進み出、額を床に擦りつけんばかりに土下座して謝罪。母親と息子も「申し訳ありません」の連呼。娘の母親は流れる涙を拭おうともせず、目を吊り上げて親子を罵ります。愛する娘を失ってしまった悲しみと、その娘を奪った憎い本人が目の前に現れたことで、母の心情は高ぶってしまったのです。いくら謝罪されても母親の気持ちが安らぐわけもなく、いますぐ和解するようなこともありません。まして激情の中で保障問題などの話し合いができるわけもありません。とりあえず加害者の親子にはその場を一旦引き取っていただくことにしたんです。日を改めて両家がお互い冷静になった頃、供養に訪ねた方がいいだろうとの考えでした。

通夜の席上、修羅場はどうにか回避
午後6時通夜が始まりました。ところが一旦帰っていたはずの親子の弔問姿が目に入ってきました。ここでまた遺族の目に3人の姿が映ったら罵声だけでは終わらなくなってしまうでしょう。読経の中、修羅場になるかもしれません。じっとしていても落ち着かないという彼らを引きとめ、喪家の目の届かない場所に誘導したのです。葬儀で供養することが、亡くなった彼女とご遺族への誠意ではないかと哀願する親子の思いを説き伏せ、その日の焼香はご遠慮いただきました。翌日の告別式にも親子3人は姿を見せていましたが、遠目から彼女の成仏を祈っていたようでした。

その後両家の話し合いがどうなったか、私たちが立ち入る問題ではないのでわかりません。風の便りに聞けば、加害者となった青年はもう2度とハンドルを握らないと猛省しているそうです。それにしてもプロとして葬儀後の相談を受けることはたびたびあるにせよ、争議の仲裁じみたことまでやるケースはめったにありませんね、と彼は述懐していました。

皆さんはこういったケースで、葬儀の場所まで気持ちが治まらないからと謝罪に伺いますか。それともお互い冷静になるまで待って、あらためて謝罪に伺いますか。また、娘の母親の心情は理解できますか。

高齢化時代、もしもの機会はますます増えます。
その時慌てないためにも、事前のご相談を。

葬儀

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

胃腸薬に化けた清め塩

久し振りに雨降る東京の街角を歩いてきました。どこへ行ってもサラリーマンの姿で埋め尽くされた居酒屋の暖簾。満員の通勤電車、渋滞の続く高速道路。懐かしい光景を堪能できました。

ところで先日来話題を独占している第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」。
遺体を棺に納める"納棺師"をテーマに制作された滝田洋二郎監督の作品です。本木雅弘扮する主人公が、さまざまな死に向き合うことで、そこに息づく愛の姿を見つめた映画だそうです。実は私、まだこの映画を見ておりません。見てもいないのに葬儀の体験談を書くんじゃない、といわれそうですが、聞いてください。葬儀の裏側にもこんな笑えないユニークな話があるんです。

千人超の葬儀は準備が大変です
葬儀っていうと縁起でもないから避けて通りたい話ですよね。でも避けられないのが現実です。
これはある葬儀社で起った本当の話です。毎日葬儀を執り行なってるプロでも想定外のトラブルが起ってしまうんですね。葬儀社では会葬者の予想人数で葬儀の規模を図っております。この日の葬儀は約千人と予測していました。規模からいったら大型葬儀です。
このくらいの規模になると、会場の設営から導師との打合せ、遺族との進行手順など通夜開始までの準備が大変です。普通なら開式時間までにはゆとりを持って準備されますが、今回は他社との見積り比較により葬儀社への依頼が伸び伸びとなり、時間ギリギリの決定になってしまったのです。後は開式前の時間との勝負。段取り良く手配、準備をしなければなりません。

刷り直した礼状の差し替えに汗だく
その手配するものの一つに会葬礼状があります。会葬者の予測人数に合わせて礼状を用意しなければなりませんが、故人名、喪主名に間違いがあってはなりません。何度もくどいように、喪主に確認を取ります。にもかかわらず開式間際に仕上がった礼状に、誤字が発覚。さあ、大変です。急遽千枚の礼状は刷り直し。間違ったカードを封筒から取り出し刷り直したカードと差し替えるため、会場の裏側ではスタッフ総出で必死の汗だく作業です。

清め塩に成り変って胃腸薬が混入
式の前半に食い込みながらも差し替え作業が終了。ホッとしたつかの間今度はなんということでしょう、礼状についている清め塩が分包の胃腸薬にすり替わっていたではありませんか。なんということを。宗派によっては清め塩をつけない会葬礼状もありますが、胃腸薬が混入されている礼状など、前代未聞の珍事件です。もちろん千個の胃腸薬をすり替えるなど不可能なことで、発見されたのは数個だけでした。
決して会葬者の健康を気遣ったわけではないでしょうが、いまだに誰が混入したのかは不明なそうです。ちなみに胃腸薬を受け取った会葬者は誰一人いなかったようで不幸中の幸いです。いつも冷静沈着に葬儀を進めるスタッフにも冷や汗をかくことがあるんですね。人には言えない葬儀の裏話です。

高齢化時代、もしもの機会はますます増えます。
その時慌てないためにも、事前のご相談を。

葬儀

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

桃の節句のひな人形

明日は5節句(1月7日人日「七草」、3月3日上巳「桃の節句」、5月5日端午「菖蒲の節句」、7月7日七夕、9月9日重陽「菊の節句」)のうちの「桃の節句」にあたります。女の子が誕生して初めて迎える桃の節句には、祖父母や親戚、仲人がひな人形を贈ってお祝いするのが慣わしだそうです。
※この項は昨年2月24日にアップした「初節句おもしろ雑学」より一部引用しました。

内裏雛をはしりに年とともに買い揃えましょう
3月3日のひな祭りにはお母さんの実家から、男女一対の内裏雛を贈るのが昔からのしきたりといわれています。市販の雛壇は5段、7段など豪華で、また高価でもあります。例え生活にゆとりのあるお祖父ちゃん、お祖母ちゃんでもなかなか手が出ませんよね。いいんです。初めから無理をして全部揃える必要はありません。年ごとに増えていくのが良いとされているので、初節句は内裏雛、2年目は3人官女というように、何年かで買い揃えてもかまわないんです。もっとも現代の住宅事情では、雛壇を飾るスペースがない家庭も多くあるでしょう。
中には代々伝わる雛人形を、女の子の誕生祝に飾ってあげるおばあちゃんもおられるようですよ。

2週間前から飾り、終わったらすぐに仕舞いましょう
ひな人形は1~2週間前に飾り、節句が終わったらすぐに片付けます。俗説ですが、いつまでも飾っておくと娘が縁遠くなるといわれてますよ。とはいえ、娘が嫁にいった後でもお部屋に飾るうちもあるようです。やはり女性にとってひな人形は愛着があるんですかね。
天皇を表す内裏雛の飾り方は、男雛を向かって左に、女雛は右と言われてますが、地方によって違いがあり、決まりごとはないようです。その前の階段に3人官女、5人囃子を飾ります。ひな壇には桃の花、菱餅、草餅、白酒、雛あられなどを供えます。ちなみに菱餅の3色は桃の花、白酒、草餅の色の象徴なそうです。白酒や草餅は、病気や邪気を払うといわれています。

「おめでとう、新米パパさん。頑張んなさいよ」などと声を掛けてあげたいものですね。初孫だったら嬉しそうにお祖父ちゃん、お祖母ちゃんとしての自慢話に花が咲くかもしれませんね。

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top